たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

何か言ってくださいよ

2018年11月10日 | 日記
上司のひとりに「辞めます」と言った日は、社長、副社長が休みの日だった。

上司は動揺しながら、「社長に伝えておきます」と言っていた。

社長達はどう思ってるだろう。

まあ、考えてみれば今の仕事は嫌じゃない。

たぶん私に合ってる仕事だと思う。

ヒロキやセキトリやモリムラはムカつくけど、派遣時代行っていた高齢者施設に比べれば大したことではない。

でも姑と暮らすとなると、仕事はできない。

もし、ちょっとでも仕事をするとなると、もっと近場じゃないとパッと帰れない。

姑を家に長い時間はひとりにしておけないから。

やっぱり辞めなきゃ。

でも、春から姑と暮らすにしては辞めるのは早かったかな。

いや、片付けとか準備があるし、姑と暮らす前にただ単に休んでもおきたいし。

キリがいい、12月いっぱいで辞める。

社長よ止めないでおくれ。

もしかして、せめてもう少し居て欲しいとか言うのかも。


今日は社長、副社長とも出勤。

何て言われるのか少し緊張して私は出勤した。

辞めますと、直接言わなきゃと思ったが、常に他の職員らが居て、なかなか言うタイミングがなかった。

もしかして、事務所に呼ばれるかもとも思っていたが、まったく呼ばれなかった。

それどろかそのうちに、社長と副社長は何も言わず私と目も合わせずに、そそくさと帰って行ってしまった!


へ?


なんですか、この宙ぶらりん。


いっそ止めてくれてもいいんだから、スルーは一番困るのよ。


いったいどうすりゃいいの。























ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 誰も知らない | トップ | 誤作動 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事