たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

いつも笑っていよう

2018年11月01日 | 日記
ショートステイからの話によると、最近の姑は「ごはんまだ食べてない」が頻繁になってきたそうだ。

絵に描いたような症状だな。笑

姑と一緒に暮らしてそう言われたら、私だったらどうしよう。

そうだなあ。

前の私ならイライラして、「さっき食べました!」とか怒りそう。

それはダメだな。

うん、うん、方法は無くもない。フフッ…

おや?

なんかある意味楽しそうではないか。

介護の勉強も研究もできそうだな。

「楽しい介護一年生」とかって何か書けるんじゃないの?


昨日は悩んだが、どう考えてもお金が絡んでしまい、特養から声がかかるのを待つしか方法は無い。

そりゃあ、またショートステイ出たらまた一人暮らしさせて遠距離介護やヘルパーさんを頼む生活を続けることもできる。

でも、2年連続で入院騒動があったし、もう姑の一人暮らしは限界だ。

第一、もうひとりぼっちにしておくのは可哀想だ。


だいじょうぶ。

私ならできる。

介護には、汚いとかイライラするとかマイナスなことが多いかもしれないけど、きっとそればかりじゃない。

そうだ。

息子と姑と私と、一緒に笑って生活しよう。


あ。

もう一人忘れてた。

ダンナ。