たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

大人も子共も男も女も

2017年11月30日 | 日記
職場である障害児のデイサービスの建物は、普通の一戸建ての家だ。

間取りは3LDK。この小さな家を使って事業所にしている。

利用者である子どもは15人、社長ら上司含め職員は10人。

総勢25人がこの家を使っているが、もちろんその日によって利用者数が違うし、職員もシフトで働いているから、みんな揃うことは無い。

それでも毎日少なくても15人以上の人数で過ごしている。

こじんまりの至って普通の家に15人。

家族でいうなら大家族。

そして当然ながら皆で一つのトイレを使う。

そう、大人も子共も男も女も。

そこでおばちゃんは言いたい。

職員の男達よ、できればウ○コは自分ちでして来てくれないかい。

職員達は皆ヘビースモーカーだから、やたら臭い。

煙草吸う人のウ○コの後て、なんか独特の匂いなのだよ。

そんな男のウ○コの後、同じ便座に座って用を足しているおばちゃん。

そして子ども達よ、男の子達、なるべく便座を上げてオ○ッコしてくれないかい。

用足しの前に、アッチコッチに飛び散ったオ○ッコの拭き取りをしなきゃならないというめんどくささ。


こんな感じでたった一つの便座をめぐる、私達はおシリ合いの仲なのである。