自遊日記

定年後の備忘録

ラファエロ 「小椅子の聖母」(大塚国際美術館)

2016-10-08 20:53:15 | 国内旅行

 

 大塚国際美術館でラファエロの「小椅子の聖母」と再会しました。

昔、フィレンツエのピッティ 宮殿で本物を見たことがあります。

華麗な宮殿の各部屋に、すばらしい絵が所狭しと飾られていました。

その中でもピッティ の至宝と言われるこの絵は、ひときわ異彩を放っていました。

宮殿と一体となった絵は、まさに「納まるところに納まっている」という感じで

普通の美術館では味わえない、格別の感銘を受けたことを思いだします。

 

 

 

1995年にフィレンツェを訪れた時に撮ったヴェッキオ橋です。

(まだフィルムカメラの時代です)

ウフィッツィ美術館の見学を終えた後、

このヴェッキオ橋を渡り、左方向にあるピッティ宮殿に向かいました。

 

 

 

頑丈な石の壁に囲まれたピッティ宮殿です。

武骨そうな外観に似合わず、内部は豪華絢爛、すばらしい宮殿でした。

宮殿の中に美術館があると聞いて行ったのですが

入口がわからず、宮殿のまわりを何回もウロウロしたことを懐かしく思いだします。

 

 

 

 1995年の話です。

 フィレンツェでウフィッツィ美術館を見学した後、

我々ツアーの一行は、二者択一を迫られました。

 

一つは、ツアー会社が用意した「ピサ観光」に参加するコース

もう一つは、  フィレンツェに残って(ガイドなしで)自力で観光するコース。です。

ほとんどの人は、ピサ観光を選びました。

私と家内は「街全体が博物館」と言われるフィレンツェをもっと知りたかったので

ピサ行きをあきらめ、フィレンツェでの自力観光を選びました。

苦労してたどり着いた美術館で見た「小椅子の聖母」は思い出深い絵です。

ピサの斜塔は見逃しましたが、すばらしいピッティ宮殿を見られたので、

当時の選択に後悔はありません。

いろんな事が思いだされる「小椅子の聖母」でした。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴッホ 「オーベールの教会... | トップ | 本 「ご隠居さん」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事