ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

【永田町フ〜ゥン録】翁長死去/総裁選/安倍内乱陰謀 2018年9月1日収録

2018-09-08 22:12:59 | 日記

【永田町フ〜ゥン録】翁長死去/総裁選/安倍内乱陰謀 2018年9月1日収録
https://youtu.be/lWCWeLabKLM


*
******************************************************************
【●】関空冠水・北海道地震.体操協会と日本の病理
植草一秀の『知られざる真実』2018年9月 7日 (金)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-ae3e.html


日本社会の歪んだ側面がさまざまなかたちで噴出している。


台風21号による冠水で機能不全に陥った関西空港。


利用者は空港施設に取り残され、深夜まで空港島から脱出できない人が大量に発生した。


日本体操協会では18歳の選手が選手生命を賭けて記者会見を行い、協会の体質を告発したが、迅速な対応が示されない。


自民党の総裁選は自民党内の行事ではあるが、自民党の代表がそのまま日本の内閣総理大臣に就任することを踏まえれば、公共性を有する行事である。


自然災害が相次いで発生し、候補者によるディベートが十分に行われなければ、新しい代表を選出するための情報が不足する。


総裁選日程を柔軟に変更するのが良識あるはずだが、権力を有する者が、自己の利益を優先して行動しているために、適正ではない対応が押し通されている。


日本社会の閉塞感の裏側には、日本の諸制度、諸機関の制度疲労、組織の腐敗と、その背景にある指導的立場にある者の倫理観の欠落が深く影響しているように思われる。


空港は社会的共通資本=公共財であるが、この公共施設の私物化を許していることによる重大な弊害が顕在化したと言える。


体操協会には国民の税金が投入されている。


そうであるなら、少数者による協会支配は排除される必要があるし、組織運営が少数者によって支配されることも、不透明になることも許されないはずだ。


しかし、少数者による協会支配、組織運営の不透明性が浮かび上がっている。



西日本の豪雨災害、台風21号による災害、そして、北海道での地震発生による被害が立て続けに発生したが、安倍首相は、常に自分ファースト、総裁選ファーストの姿勢を示し続けている。


西日本の豪雨災害の際には、気象庁が異例の記者会見まで行い、警戒を呼びかけ、すでに避難勧告などが提示されているなかで、安倍首相は「赤坂自民亭」なる飲み会に興じていた。


国民の命と健康、そして暮らしを守ることなど、安倍氏にとって重要事項ではないのだろう。


北海道で激震が発生し、多数の死者が発生するとともに多数の人々が安否不明に陥り、北海道全道での停電が発生するという非常事態に直面しながら、総裁選日程の一時凍結すら判断しないのは、紛れもない自分ファーストの行動である。


総裁選で石破茂氏と一対一の討論になれば、安倍氏に勝ち目はない。


ディベートで撃破されることを恐れて、安倍氏は石破氏とのディベート機会を極力減少させようとしてきた。


自然災害で実質的なディベート機会が減少することは安倍氏にとっては大歓迎なのだ。


本来は、総裁選日程を変更して、候補者の政見を有権者にしっかりと示すことが必要不可欠である。


また、国民全体に対しても、首相選出の意味を持つ自民党総裁選の論争を広く開示することが必要だ。


しかし、安倍氏は論争で敗北することが明白であるから、これから逃げる姿勢を示し続けている。



関西空港は事前の気象予測で非常に強い台風が関西空港を直撃することを十分に知っていたはずである。


早期に空港閉鎖の措置を取るべきであった。


高潮に対する警戒も気象庁がくどいほどに警告していたはずだ。


関西空港は海上にある空港であり、これまで重大な地盤沈下の現実を確認してきているのであるから、高潮対策は必要不可欠なものであったはずだ。


しかし、高潮対策が不十分であったために重大な冠水被害が生まれた。


また、連絡橋へのタンカー衝突も、関西空港が台風直撃にもかかわらず、空港を閉鎖しなかったために、タンカーによる給油が必要で、その結果として発生した事故である。


すべては、民営化された関西空港が利潤至上主義の行動をとり続けていることによって生じた問題であると言える。


9月5日に空港島に取り残された利用者等が8000人存在したのであるから、あらゆる手を尽くして50人乗りのバスを160台調達すれば、8000人の人々を早期に脱出させることが可能であったはずだ。


しかし、バスの調達が著しく遅れて、市民の脱出が深夜にまでずれ込んだ。


民営化された空港が採算を優先した結果であると考えられる。


空港という公共施設を収益至上主義の資本の手に委ねた結果として、さまざまな弊害が顕在化した。


すべての根底にあるのは「自己利益至上主義」である。


「いまだけ、かねだけ、自分だけ」の「三だけ主義」の蔓延が日本社会をきわめて不安定で住みにくくしている。


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】「「天皇の切実な意向」より「首相の解散権」を当たり前のように優先順位の上位に置く:
山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 016/12/29 憲法・軍備・安全保障
   http://sun.ap.teacup.com/souun/21374.html
  



https://twitter.com/mas__yamazaki

陛下はおことばを公表する直前の7月21日、恒久的な制度による退位を望む考えを学友の明石元紹氏に打ち明けている(毎日)https://t.co/aTm0noNPrX

「明石氏は退位問題を担当する杉田和博官房副長官に陛下の考えを伝えたが、杉田氏の答えは『恒久法ではどうしても国会をまたがないといけないから、難しくて困りますなあ』というものだった」

「官邸は一代限りの特別立法で対応する方針だ。杉田氏が『国会をまたぐ』ことを理由に皇室典範改正(恒久法)を否定するのは、法整備に時間がかかれば、首相の解散権を制約しかねないという懸念があるため」

解散権が優先なのか。


これが憲法改正だったら「国会をまたがないといけないから難しい」とは言わないだろう。

「天皇の切実な意向」より「首相の解散権」を当たり前のように優先順位の上位に置く発想が言葉に表れてしまっている。

彼らの口にする「天皇崇敬」の実体はこの程度。

親玉の首相もその手下も天皇を馬鹿にしている。

安倍晋三首相と彼の私的な諮問会議が勝手に進める「一代限りの特別法」という天皇譲位の解決法は、第一に国民の多数の意向に反し、第二に天皇の意向にも反し、第三に憲法にも違反している。

権力監視を担う野党第一党の民進党は、ことあるごとに、この三点を国民にアピールして世論を動かすべきだろう。

「政局に利用するな」などと言いがかりをつけてくる人間には「そのようなご批判は当たらない。

国民の多数の意向と憲法の規定に反する決定を与党が人治主義的に下すことを阻止するのは、野党として当然の役目。

そして「一国民として、天皇のご意向を足蹴にする安倍首相を看過できない」と明言すればいい。

「一代限りの特別法」という、天皇の意向に反する形で問題解決がなされようとしている状況は、高齢の天皇に要らぬ心労の負担をかけ続けることを意味する。

安倍晋三氏が、天皇にその心労の負担をかけている。

「一代限りの特別法」では天皇は安心して譲位を選べない。

皇室典範を改定するのが当然だろう。

安倍首相が、国民多数と天皇の意向に沿い、憲法の規定にも従って、国会で皇室典範改定の議論を行い、「恒久的制度」としての譲位規定を皇室典範の条文として入れれば、それで問題は円満に片付くはずで、政局上の対立が生じることもない。

一番まっとうな解決法を、なぜか安倍晋三首相は避け続けている。

「皇室典範の改定を議論すれば、女性天皇や女系天皇の問題に論点が広がって時間がかかる」という話は、現実にはない障害があるかのように見せかける欺瞞でしかない。

まず第一段として譲位規定のみの議論を行い、それが済んでからゆっくり時間をかけて、女性天皇や女系天皇の件を国会で議論すればいい。

女性天皇や女系天皇の問題も、いずれ必要になる可能性が高い案件だから、今のうちに議論しても早すぎることはない。

女性天皇や女系天皇を選択肢の一つと見なす議論は、神社本庁や日本会議は嫌がるかもしれないが、日本国の主権者は神社本庁でも日本会議でもないのだから、首相がそれに従う必要はない。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

>池田香代子 省庁関連の行事への列席など、全国民には直接関係のない公務から切るべきでは?でも各省庁のメンツでそっちはなかなか減らせないのだとか。新年の「お言葉」を待っている国民は多いはず→天皇陛下、新年の感想取りやめ=年末年始の負担軽減で-宮内庁https://t.co/W21Kf5sn41

きのうの夜、SMAPの最後の番組を観ようとテレビをつけたら、お葬式の会場のような物悲しい音楽を流しながら過去の写真を映していた。

そして最後の曲が終わっても、メンバーからファンへのメッセージは何もなく、異様な雰囲気で番組が終わった。

権力者に言葉を奪われる事例が、この国で増えている。

SMAP解散「極めて残念」官房長官も会見で(NHK)https://t.co/Wk3G9uj4Vy 

国民的な人気グループだという理由で、この件をニュース枠で報じるのはまだ理解できるが、それなら「なぜ彼らが解散せねばならなかったのか」に踏み込む「報道」的観点がないとおかしいだろう。

単に「惜しまれつつ解散しました」みたいな言葉を、右から左に流すのは「広報」であって「報道」とは違うはずだが、ニュース番組も新聞も、あの痛々しい光景を見て何も感じないのか。

「なぜ彼らが解散せねばならなかったのか」という問題の核心に一切触れないまま「はい、終わりました」で平気なのか。

★詳細はURLをクリックして下さい。





*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ







**********************************************************




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【自民党総裁選】北海道震度7... | トップ | 植草さんが小沢さんと対談さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事