ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

ニッポン無責任内閣

2018-12-01 20:36:45 | 日記





●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1


https://twitcasting.tv/ric_koshimizu


ニッポン無責任野郎
https://youtu.be/dDbRkSEOajc


*******************************************************************
【●】民営化とは国が国民を見放すということ。(谷間の百合)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 30 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo254/msg/369.html



民営化とは国が国民を見放すということ。
https://taninoyuri.exblog.jp/29875209/
2018-11-30 10:26 谷間の百合



先の外遊から2週間も経っていないのに、総理はまた妻を同行させました。

産経の「安倍日録」に「昭恵夫人とともに」と書かれたのは多分初めてだと思いますが、さすがに産経も腹に据えかねるものがあったのかもしれません。

そう言えば以前、少し行動をお控えになってはという記事を載せていましたね。(つまりそれだけ産経は安倍晋三マンセーだということ)

徴用工問題が日韓の火種になりそうです。

文大統領は、いまのところ司法の判断に介入しないという態度をとっていますが、最後までそれを貫くことはできないでしょう。

ところで、きのうベトナム人労働者を取り上げた「報ステ」の特集をもし政府関係者が見ていたらどう思ったでしょうね。

以前、ベトナムの若者は日本よりも台湾や中国に行くというニュースを見たばかりですが、なんと今は韓国を選ぶ若者が増えているということです。

いま、SNSで情報がリアルタイムでやり取りされていることを日本政府は分かっているのでしょうか。

日本が15万なのに、韓国は20万だということでした。

さらに、韓国政府の人は25万から30万だと言っていました。

日本でそんな額は考えられないでしょう。


これだけは韓国を見習ったらいいと思ったのは、間に業者を介在させずすべてを国の責任でやっているというところです。

日本に働きに来るのに借金しなければならないようなシステムはおかしいのです。

また、韓国は家族の帯同を認めていませんが、非人道的に見えてもそれが問題の複雑さや将来の禍根を未然に防ぐためのベターな策ではないでしょうか。

まあいいところだけを見せたのだと思いますが、みんな明るい職場で活き活きと働いているようでした。

いま徴用工問題が浮上したのも偶然とも思えません。

なぜなら、日本は何の反省もなく第二の徴用工問題を起こそうとしているからです。

水道民営化法案はいまどうなっているのでしょう。

小泉元総理が唱えた改革とは民営化のことでしたが、民営化という言葉に騙されてはいけないのです。

民営化とは、利権を作り出すことだからです。

国民が税金を納めるのは何のためですか。

いのちに繋がるインフラを民営化するのなら、当たり前のことですがその分税金を安くしなければならないはずです。

民営化とは、国はもう国民の面倒はみませんよということです。

国民を放置して死ぬに任せていると言っても過言ではありません。

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】安倍内閣は消費税増税によって消滅する
植草一秀の『知られざる真実』2018年11月30日 (金)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-0c5e.html



消費税増税問題についての考察を要約して記述する。。


不確定な増税方針


安倍首相は10月15日の臨時閣議で、2019年10月に消費税を予定通り10%に引き上げる考えを改めて示したうえで、経済に影響を及ぼさないように対応することを指示した。


増税実施に関して、8%の軽減税率の設定、キャッシュレス決済を用いた場合のポイント還元、プレミアム商品券販売などの措置を講じる方針を示している。


これらの措置の結果、消費税増税に伴う負担増が本来の5.8兆円から2019年度は2.2兆円に抑制されるとの見通しも示されている。


2015年10月、2017年4月に予定された消費税率の8%から10%への引き上げが、いずれも先送りされてきた。


3度目の正直で増税が断行されるのか、2度あることは3度ある、の言葉に従って、今回も増税が見送られるのか、不透明感は払拭されていない。


安倍内閣の菅義偉官房長官は10月7日のNHK番組で「(消費税引き上げは)リーマンショックのようなことがない限り実施する」と発言した。


「リーマンショックのようなこと」が発生すれば、消費税増税を実施しない可能性に言及したことになる。


国民生活に重大な影響を与える事項が不確定であることは、個人や企業の経済行動に重大な各種影響を与えることになる。



三つの理由


私は消費税増税を中止するべきだと考える。


さらに、まずは5%の水準に消費税率を引き下げるべきだと考える。


理由が三つある。


第一は、消費税増税が国民の分配上の歪みをさらに拡大させること、
第二は、消費税増税が日本経済を不況に転落させる可能性が高いこと、
第三は、消費税増税が歳出構造の見直しを妨げる原因になること、である。


消費税が導入された1989年度の税収と2016年度の税収を比較すると、重要な事実が浮かび上がる。


国税収入規模は1989年度が54.9兆円、2016年度が55.5兆円でほぼ同額である。しかし、税収構成は激変した。


所得税 21.4兆円 → 17.6兆円
法人税 19.0兆円 → 10.3兆円
消費税  3.3兆円 → 17.2兆円


すなわち、


法人税=9兆円減少、
所得税=4兆円減少、
消費税=14兆円増加


これが、日本の税収構造変化の実態である。


一般的に、消費税増税は財政再建と社会保障制度維持のために実施されてきたとの理解が広がっているように思われるが、税収推移の現実は、事実がこの判断とはまったく異なるものであることを示している。


ひとことで言えば、法人税減税と所得税減税を実施するために消費税増税が実行されてきたとの見立てが妥当性を有する。



消費税増税で大企業減税


法人税について政府税制調査会は2007年11月に発表した『抜本的税制改革に向けた基本的考え方』のなかで、法人実効税率に関して同調査会が行った国際比較について、


「課税ベースや社会保険料負担も考慮した企業負担については、我が国の企業負担は現状では国際的に見て必ずしも高い水準にはないとの結果も得た」


と記述している。


政府は法人税減税の必要性が低いとの判断を示していたわけだ。


その後に主要国の一部で法人税率引き下げ等の変化があった点には留意が必要だが、日本では消費税増税関連法が制定された2012年度以降、大規模な法人税減税が実行されてきた。


消費税増税の賛同を得るために巨大資本に利益供与が行われたと見ることができる。


消費税の最大の問題点として指摘されるのが逆進性である。


所得税が「能力に応じた課税」の考え方をベースに、所得の少ない階層には税負担を求めず、所得が増大するに連れて高税率での税負担を求めるのに対し、消費税は高額所得者と無所得者に同水準の税率が適用される。


このため、低所得者層にとっては、極めて過酷な税負担が発生している。


法人税負担、所得税負担が大幅に軽減される一方で、消費税負担が急激に拡大してきたことが、日本の格差問題を拡大させてきた重要な一因になっている。


これらの状況を踏まえれば、消費税増税がいかに間違った政策であるのかは明白である。



★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】今の日本に「政治」も「統治機構」も「無い」のですよ。「明治幕府」が、今や、「明治馬鹿府」に成り果てた崩壊した姿なのですよ。
投稿者:青トマト 投稿日:2018年11月28日(水) 植草事件の真相掲示板
https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15643

この馬鹿府の有り様と、国民の政治責任放棄つまりは人間放棄(=人間失格…太宰治の小説名)は釣り合った関係であり、

日本人は米国のインディアン・南米のインディオ・豪州のタスマニア人と同じようになって行くでしょうね。

沖縄は離脱して行きます。

そして、やがて日本人は奴隷として連れてこられた米国の黒人の現在の地位のようなものに落ち着くのではないかな?

なんて、思ったりしますよね。

一方で、白井聡さんとか関良基さんとかの極めて優れた若い認識者が出てきていますが、

一般的な日本の在り方とのアンバランスが酷いのですよ。程度の差が酷すぎる。

困った事に、日本人にはベースの思考が無いから、ロシアや中国の持つ抵抗力が無いのです。

トルストイやドストエフスキーや魯迅が現れてから、その危機感をキリスト教や道教・易教のベースを持った国民達は受け止めるのですよ、

しかし、日本人は不信心で傲慢で競争心が強いから、白井さんや関さんの言うことを受け止められず、

「要領の悪い奴らだ」とでも考えて済ませるんじゃないかな。

植草先生もそう思われてますよ。

中国の魯迅が清末に中国人の怠惰を悲しみ嘆いた心情を私は今の日本にいて共有するのです、

日本人は祖国愛なんてレベルよりも、郷土愛、親子愛、すら無くて、隣人愛なんてものもありませんねえ。

入ってきている外国人の方が礼儀正しいのです。

彼らは受け入れられたくて熱心になるからです。

日本人は…只、日本語を話せる血の繋がりを持った奴等の集合体に過ぎない有り様。

何不自由無く育った不作の息子達と娘達の阿呆の群れといった有り様。

これでは、水も土地も種も金も…体も(苦笑)も取られるでしょう。

ブラック・ユーモアだが、移民してきた人達が次の日本を独立国として造り上げて行ってくれるのかな?

使えない奴(奴隷根性者)の集まりでは、そう思ったりしても可笑しくはないのではねえ?


★詳細はURLをクリックして下さい。




*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://ameblo.jp/richardkoshimizu/entry-12408994024.html


WORDPRESSのrichardkoshimizuブログを再現しました。(旧RKブログ保存版)

. URL : http://rkwpblog.wp.xdomain.jp/  

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp


***************************************************************


■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4
《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net

**********************************************************





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 入管法改正・粉砕!ゴーンの... | トップ | 【しつけ絵本】 よくばりない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事