ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

【森永卓郎】大転落していく日本経済

2018-08-10 13:49:18 | 日記







●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



【森永卓郎】大転落していく日本経済
https://youtu.be/4Ntpu3VWnsc


*******************************************************************
【●】反省も謝罪もない今の自民党/政界地獄耳(日刊スポーツ) 
★阿修羅♪ >
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 07 日
 http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/769.html



反省も謝罪もない今の自民党/政界地獄耳
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201808070000170.html
2018年8月7日9時4分 日刊スポーツ


 ★自民党が劣化し、変質してしまった原因の1つに、責任の取り方と処理の仕方が変わったという見方がある。無論、不祥事の閣僚をかばい「任命責任は私にある」とたんかを切るものの、その責任とやらを「受け止めた」かもしれないが、取ったためしがない首相・安倍晋三がその頂点。さらに、党もあまあまの裁定をすることが多い。その結果、けじめがあいまいになり、統率が取れなくなる。その意味では、自分に甘い首相と、その首相に甘い党幹事長・二階俊博は、絶妙なコンビといえる。

 ★自民党衆院議員・杉田水脈(みお)の「LGBTは生産性がない」発言。社会は賛否両論のようだが、人を差別することや生産力で物を測る価値観にならぬように、政治が歯止めをかけるという意味では、賛否の余地がない。真意がどこにあろうが、杉田の説明を読者が拡大解釈し、忖度(そんたく)する必要がない。杉田の考えや発言は、優生思想に基づく、絶対に拒否しなくてはならない考えだと、党は明言しない。党は2日、「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」として、杉田に今後注意するよう指導したとの党見解をホームページに掲載した。

 ★あいまいだ。何が問題かを指摘せず、メディアも一議員の発言を巡り、見解を公表するのは極めて異例という部分にポイントをずらす報道。責任の所在は杉田にあるものの、自分で書いた原稿の責任すら持たない。杉田はただ黙って、騒ぎが収まるのを待っているだけだ。反省も謝罪もない。これが今の自民党のやり方だ。

 ★確かに舌禍事件などを起こしても、「お騒がせしたことをおわびする」という決まり文句があるが、本質については謝罪しない。会見を開いて言いたいことだけを言い、質問を受けずに終わらせる。ひどいものだ。おっと、これは立憲民主党の立派な議員・山尾志桜里のやり口と同じだった。立憲も同じ穴のむじなか。(K)※敬称略

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】すさんだ日本を変えるには政治を変えるしかない
植草一秀の『知られざる真実』2018年8月10日 (金)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-aaf7.html



私たちは政治の問題を真剣に考える必要がある。


なぜなら、私たちは政治に無関心でいられても、政治に無関係ではいられないからだ。


日本のGDPは約550兆円強だが、国家財政だけで1年間に240兆円もの支出が行われる。


このなかには、満期が到来した国債の償還金なども含まれているから、この分は取り除いて考えなければならないが、これを除いても150兆円程度のお金が政府から流れ出る。


1億2700万人の国民が生み出すお金の4分の1が政府に吸収されて政府から流れ出すということだ。


その150兆円のお金の使い方を決めているのが財政であり、財政を決定しているのが政治なのだ。


この意味で、政治の最大の活動は財政活動であると言ってよいだろう。


150兆円のお金を誰からどのように調達するのか。


そして、その150兆円のお金を誰にどのように支出するのか。


これを決めているのが政治なのである。


生活保護は憲法が保障している「生存権」を守るために、政府が市民に支出するお金だが、政府は生活保護支給を恩着せがましくする。


あたかも、上から恵んでやるというような素振りで生活保護費を支給する。



その一方で、自分の親しくしている者には、たとえば10億円の国有地をたったの200万円で払い下げたり、やはり親しくしている者が、獣医学部を新設したいと言えば、行政のルールを踏みにじって新学部新設を認めて100億円単位の補助金を支出したりする。


学校給食の給食費を払うことができずに、おなかをすかしている子どもが多数存在するのに、そのような状況を放置したままで、無駄な政府支出に湯水のように国民の税金をばらまいている。


「空飛ぶ棺桶」と呼ばれるオスプレイ17機を買うのに3600億円を注ぎ込む。


まったく役に立たないと言われるミサイル防衛システムの構築には2004年度以降、総額で2兆円以上の税金が投入されてきた。


さらに、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を導入するとして、たったの2基で6000億円のお金が計上されるという。


全国の小中学校において保護者が負担している学校給食費の年間総額は4,400億円と言われており、「空飛ぶ棺桶」と呼ばれるオスプレイを買うのをやめるだけで、すべての子どもの学校給食を無償化できる。


所得制限をかければはるかに少額の財政負担で済むだろう。


生活保護は憲法が保障している「生存権」を守るためのもの。


拡充するなら分かるが、安倍内閣はこれを切り刻んできた。


2013年から15年にかけて生活扶助費を670億円カットし、さらに本年10月からは、3年かけて生活扶助基準の引き下げ、母子加算の圧縮などで160億円の政府支出をカットすることを決めている。


オスプレイたった1機で、このような冷酷な財政支出切り込みを回避できる。



軍事費が優先されるのは国を守るためではない。


軍事費ほど利権まみれの政府支出はないのだ。


値段はあってないようなもの。


べらぼうな値段をつけて、これを税金で支払い、超過利潤がリベートとなって悪代官と利権業者の懐に入る仕組みになっているのだ。


この現実を、私たちは真剣に考えるべきなのだ。


水戸黄門が懲らしめるのではなく、私たち市民が民主主義のルールを使って政治を変えなければ、このような悪行三昧がまかり通り続けるだけなのだ。


政治を変えるには、選挙で私たちの利益を守る者を当選させなければならない。


選挙には仕組みがあるから、その仕組みを十分に踏まえて、選挙に勝つことを考えなければならない。


選挙に勝たないことには、政治を変えることが極めて難しいのだ。


とりわけ重要なことは、当選者が一人しか出ない選挙では、必ず、私たちの側の候補者を一人に絞り込むことが絶対に必要だ。


沖縄で選挙がある。来年は参院選がある。そして、政治を変える最大の決戦の場は衆院総選挙で、これも当選者が一人の小選挙区中心になる。


選挙は自分に関係ないと思ったら大間違いだ。


選挙に勝って、悪政、暴政を排除しなければ、私たちの命も暮らしも守られない。


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】全国知事会の地位協定改定提言の背景を教えてくれた東京新聞「こちら特報部」(天木ブログ)
投稿者:青トマト 投稿日:2018年 8月10日(金) 植草事件の真相掲示板
https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15451?TEACUPRBBS=2f1bebfd2ccc225850184c20c2fbe081

http://kenpo9.com/archives/4082
全国知事会の地位協定改定提言を報じた東京新聞の功績と限界

(転載)

 憲法9条を否定し、日米同盟を最優先する読売や産経などには到底マネの出来ない報道だ。
 東京新聞と同じく憲法9条護憲を謳える朝日新聞でさえもマネが出来ない。
 なぜなら、朝日もまたはは日米同盟を最優先するからだ。
 安保が憲法9条と矛盾するものであることを知っていながら、護憲を装うだけたちが悪い。
 その意味で、きょうの東京新聞の「こちら特報部」の特集記事は、歴史的で画期的な記事として高く評価したい。

(中略)

いきなり採択されたわけではない。
 2015年1月に翁長沖縄県知事が「日本の安全保障は全国的な課題で、国民全体で考えて行く必要がある」と発言したことがきっかけだった。
 それに基づいて2016年7月に米軍基地のある地域を含む11都道府県の知事をメンバーにした「米軍基地負担に関する研究会(座長・上田埼玉県知事)が設置された。
 また、それに先立つ2016年2月には、基地を抱える全15都道府県でつくる「渉外知事会」の会長である黒岩祐治神奈川県知事が、「(日米地位協定の)改定に向け独自の試案を提示する」と県議会で発言した。
 おりから日米地位協定のありかたが問われる米軍がらみの事故が相次いだ。
 それらが積み重なって今度の全国知事会の決定につながったのだ。
 つまり、「本土の沖縄化」が進むに従って、本土の住民、つまり国民が、在日米軍の不合理に気づき、知事を突き上げ、知事が動かざるを得なかったのだ。
 この背景を教えてくれた東京新聞「こちら特報部」の功績は大きい。

(以上 転載)

天木ブログの優れた要約を評価して紹介するのであって、彼の政治活動?(アベに似た自己満足の一人芝居)を応援支援する目的ではありません。

天木氏は評論を書いていればそれで宜しい。アベと同じく政治家なんかに向いてはいないのだから。

しかしながら、今の日本のマスコミが、如何に政治権力、しかも、国民の意識に立脚しない「幽霊権力(足が無い)」に恐れて、遠慮して存在するものであるか、を表してもいる東京新聞の記事であるわけです。

日本人に倫理観が欠如しているから、こういった流される生き方になってしまうのです。

流される? 何に? 世界の大勢に。となるわけであって、自分がないのであって、

これ、奴隷の運命も受け入れる事になりますね。

物造りや商売が上手いだけでは、奴隷化を回避出来ませんね。

日本の幕藩体制時の農工商が政治意識が無かったのは、米国のかつてのトルーマン大統領が言ったような奴隷国だったからではなく、

完全な分業体制であり、政治を考える必要が無く、リスクを負わない平和な地位に居たからなのです。

これは、奴隷とは違います。

明治近代とは、日本人を政治意識において考えさせず行動を弾圧する政治意識の武装放棄を強いた体制として運営されたのです。

ですから、敗戦後の長きにわたって今も、軍事よりも前に政治意識において武装放棄して、易々と米国支配に安住し、それが永久不滅!?であることを望むのです。

それは、新興宗教の詐欺教義に身を委ねるに等しい奴隷化だ。

明治体制を造った連中は素人(シロウト)達だ。



★詳細はURLをクリックして下さい。




□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ






**********************************************************


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【本間龍×倉田真由美】 ずる... | トップ | 本日のゲストは、山本太郎議... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事