ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

塩崎厚労大臣,残業代ゼロ法案について本音を暴露!

2018-08-02 21:59:06 | 日記









●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



塩崎厚労大臣,残業代ゼロ法案について本音を暴露!




ろくでなし Mauvais Garcon
https://youtu.be/BM_2igjbxjc



人が死んでるときに自民亭(^○^)~ウェ~イ でも安倍政権なら別にいっか❤何でもアリの独裁政権だし


******************************************************************
【●】もう、弱者同士のたたき合いをやめたら!

政権与党に国民貧困化対策でじっくりモノを考えられなくなった国民、それをいいことに一部の安倍忖度議員が飛んでも発言を繰り返す。これは一連の総理案件に対するスピン効果も狙ってのことだが、少なからずそれにつられる人もいることは否定できない。

昔川の封建的身分制度からこっち、弱者同士のたたき合いで権力に行く批判をごまかされてばかり、『隣が困れば鶴の味】というが生活保護たたき、公務員たたき、正社員たたき、電波芸者の御用学者がテレビでいかにもそれらしいことを言う。

今起きているLGBT叩きもその一つ。

憲法99条の公務員の憲法尊重義務に罰則がないから総理大臣や閣僚、議員に至るまで全体の奉仕者という立場を忘れて、まるで国民の牧童のような逆立ちした議論を繰り返す。


日本国憲法第99条 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC99%E6%9D%A1
第九十九条天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

*******************************************************************
【●】売国司令官閣下のアベ首相が率いる自民党・公明党軍部の戦後敗戦が決定的となる。アベノミクスにて日本経済壊滅せり。国民生活は玉砕。
投稿者:青トマト 投稿日:2018年 8月 1日(水) 植草事件の真相掲示板
https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15433?TEACUPRBBS=8001bc8267381db6d8716a8d27d48c1a

https://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/

日本のマスコミは大本営発表だから報じない。

国民の家計経済は、収入より消費が多くなり、赤字。

要するに、貧乏になったのですが、

徳川幕府政治の時代から、近代国家としての国民による政治への責任行使による政治参加の体制建設に失敗した日本は、

国が二度までも破綻することを、国民が阻止できなかった。

いや、多くの国民が敗戦と破綻すら…感知…認知出来ていないのだ。

次には、アベノミクスで国民の多数から移転した「国富」を俄に溜め込んだ日本の俄成金のカネがバブル崩壊とカジノ遊びで取り上げられる事になる。

これ、全て、近代国家建設に失敗した事を表す

★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】深刻!国民の異常事態に対する反応の鈍さ!  
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 30 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/481.html



深刻!国民の異常事態に対する反応の鈍さ!
https://85280384.at.webry.info/201807/article_229.html
2018/07/30 14:35 半歩前へ

▼深刻!国民の異常事態に対する反応の鈍さ!

無法!政策決定はどうでもよくなった安倍政府!
https://85280384.at.webry.info/201807/article_228.htmlの続き。

 政府と自民党に広がる「差別」と「ウソ」。その感染爆発に歯止めがかからない。根底に最高権力者の体質はないか。

 ただ、深刻なのはそうした異常事態に対する国民の反応の鈍さだと話す。

 「『安倍政権を倒したとして、その後どうするんですか』といった声をよく聞く。仕方ないみたいな、ある種の諦め感がある。言っても変わらないし、経済が目に見える形で破綻していないので、支持率が下がらない。

 冷笑主義の風潮、政治的なニヒリズム(虚無主義)が広がっている」

 経済企画庁出身で北海道大の宮城淳教授も「政治が説明責任を果たさず不明確にしている状態が国民や行政組織にも影響している。確かに権力は説明をあやふやにし、裁量権を残しておいた方が力を維持できる。

 だが、それにより政治家や官僚への信頼はどんどん落ちてしまっている」と危ぶむ。

 「国民が関心を持たなくなると、ブラックボックスの中で一部の利害関係者だけが影響力を持つようになる。

 ある意味、政策効率は上がり、説明責任を果たさなくて済むが、国民は国家機構を信じず、国としての一体性も失われる。行き着く先は、民主主義を表向き装った独裁社会になる」


東京新聞「こちら特報部」デスクメモ
 「生産性」の部分が避難された杉田の寄稿だが、印象に残ったのは同性愛者らを「不幸な人」と断言したくだりだ。不幸とすれば、原因は差別にあるのだが、その根には性的少数者を「不幸な存在」と断じる彼女のような視点がある。自ら殴っておいて「不幸」ってどういう神経だ? 

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】文科省汚職捜査でパンドラの蓋開けた検察
   植草一秀の『知られざる真実』2018年8月 2日 (木)
   http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-0e72.html


ジャーナリストの伊藤博敏氏が「現代ビジネス」に


「マスコミ報道だけでは見誤る「文科省汚職事件」の深い闇」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56790


と題する論考を掲載された。


連日報道されている「文科省汚職事件」であるが、この事件について伊藤氏は、


「東京地検特捜部とマスメディアの司法記者が、検察の“落とし所”に向けて事件を作り上げるという構図」


であると指摘するが、その構図に、


「「妻ブログ」が次々に告発する中身」の見出しを付して、


「「ネット時代の犯罪報道」を象徴、「妻ブログ」が上記構図に異議を突きつけるものとなっている。」


と指摘している。


「妻ブログ」とは、


「谷口浩司のホームページ」
http://kojitaniguchi.com/


で「谷口浩司を信じる妻の疑問」のサブタイトルがつけられている。


当該「文科省汚職事件」は、


東京医大前理事長の臼井正彦氏を贈賄側、文科省の佐野太前局長と谷口浩司氏を収賄側とする裏口入学事件、


谷口浩司氏を贈賄側、140万円相当の接待を受け、スポーツ庁幹部の紹介などの便宜を図った文科省の川端和明前国際統括官を収賄側とする接待汚職事件


のことである。


谷口氏の妻が執筆者であるとされるブログは、7月24日に東京医科大学不正入学問題で贈賄側、収賄側が起訴された直後に立ち上げられ、連日のように記事が更新されて現在に至っているという。


伊藤博敏氏が指摘するように、「谷口浩司のホームページ」には、谷口氏がこれまで行ってきた「活動」が、詳細に、写真データなどとともに記述されている。


一般市民はマスメディア報道によって事実の断片しか知ることができないが、流布されている情報だけで問題=事件の全貌と理解してしまうのは危険である。


検察は事案のある一部だけを切り取り、ストーリーを構築して、その切り取ったストーリーをメディアにリークして事件を誘導する。

人気ブログランキングへ

報道するメディアは、検察情報の裏を取り、背景事情を独自に調査して報道するべきであるが、現実には検察情報に依存して、検察情報を右から左に流しているだけのことが多い。


また、メディアの側でも、さまざまな事情から、把握している事実の一部だけを、何らかの思惑をもって、意図的に流布することも多い。


そもそも日本の検察は腐り切った組織であり、刑事訴訟法第1条に記述されている


「刑事事件につき、公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ、事案の真相を明らかにし、刑罰法令を適正且つ迅速に適用実現することを目的とする」


という条文は死文と化している。


重大犯罪が明白に存在しているのに無罪放免にすること、


犯罪事実がまったく存在しないのに、無実の市民を犯罪者に仕立て上げること


が、政治的な思惑を背景に頻繁に実行されている。


谷口氏の妻が執筆しているというブログには、谷口氏の「接待活動」に登場する政治家、官僚、そして、資金を拠出したと見られる企業名および代表者名が実名で記述されている。

ところが、これまでの事件報道では、文科省以外の省庁名および関係者名、政治家名、資金拠出源と見られる企業名および代表者名がほとんど登場していない。


このブログの記述を読む限り、事件捜査および報道が著しく偏っているとの印象を否めない。


★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ





***********************************************************
**********************************************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日銀バズーカ「マイナス金利... | トップ | 深夜のオリンピック?でもす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事