ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

【しつけ絵本】 よくばりないぬ 【読み聞かせ】

2018-12-02 23:38:36 | 日記






●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1


https://twitcasting.tv/ric_koshimizu


【しつけ絵本】 よくばりないぬ 【読み聞かせ】
https://youtu.be/wbkVHNNYMjs


*******************************************************************
【●】"緩和"とは 貧乏人から金持ちへの資産移動!! a/abc 投稿者:rappp
投稿日:2018年11月18日(日) 植草事件の真相掲示板
https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15612

日本の資産移動 ・米国債買い 1/6


緩和は1%の金持ちへの資産の移動

緩和で1%の金持ちに膨大な資産が移動される
民衆には引き締め


2016年10月の日本の米国債保有額は1兆1320億ドル
100兆円を超えている
安倍で50兆円買い増し予定
これは、輸出大企業のための円安誘導に使われている

米国債は、金輪際、売ることができない代物
どぶに捨てたも同然の代物
売れば、米国債暴落
売って得たドルを円に換えるから、とんでもない円高

この金を出すのは貧乏人



日本の資産移動  ・消費税  2/6

植草さんの資料転載です

1989年度の税収は54.9兆円だった。

2016年度の税収55.5兆円と、ほぼ同額である。

1989年度と2016年度で変化したのは税目による税収構成比だけなのだ。

1989年度
所得税 21.4兆円
法人税 19.0兆円
消費税  3.3兆円

2016年度
所得税 17.6兆円
法人税 10.3兆円
消費税 17.2兆円

つまり、この27年間に生じたことは、

所得税が  4兆円減り、 (金持ちの税軽減)
法人税が  9兆円減り、 (金持ちの税軽減)
消費税が 14兆円増えた (その分、貧乏人増税)


日本の資産移動  ・日銀の買い 3/6

買って買って買いまくった日銀

日銀資産528兆円
17年度3月期決算
緩和前の3倍超

2017GDP
530兆円
国内総生産だぞ
その一年分を日銀が買いまくった、ということ!!

緩和とは
嘘誤魔化し詭弁ペテン不正しかなかった政権が言うのだから
誤魔化し用語

緩和とは
貧乏人から金持ちへの資産移動!!


日本の資産移動  ・日銀の買い 3/6 最近の統計

朝日11/14

日銀総資産GDP越え 戦後初
5年で3.4倍

総資産 553兆円
GDP  552兆円

資産内訳
国債    469兆円    流通する金が増える
ETF買い   22兆円    株価を支える
ちなみに、トランプ就任以降の外人の日本株売りは、
-128023億円

資産とは狡い言い方
人の金で、買って買って買いまくった、その金額、という事なのだ

★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】日本国民を欺く9のペテン=国家の嘘
植草一秀の『知られざる真実』2018年12月 1日 (土)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-0912.html


拙著『国家はいつも嘘をつく--日本国民を欺く9のペテン』
(祥伝社新書、税込み907円)
https://amzn.to/2KtGR6k


の発売が開始された。


ぜひご高読賜りたい。


アマゾンでの内容紹介から転載させていただく。


この国では、権力による真っ赤な嘘がまかり通っている。


国民は国家に騙されている。


〝安倍一強〟が続くなか、「森友・加計疑惑」や「戦争法制」をはじめとする諸問題も風化しつつあるように見える。


だが、国民の疑念と怒りの声は消えていない。


鳩山友紀夫氏らと連帯し、政治運動を展開する著者が、本書で「国家が国民を欺く9のペテン」を摘出して読者に問う。


「9のペテン」とは――


1「アベノミクス」の嘘
2「民営化」の嘘
3「働き方改革」の嘘
4「2020東京五輪」の嘘
5「日航ジャンボ機123便の嘘」
6「平和安全法制」の嘘
7「刑事司法」の嘘
8「TPPプラス」の嘘
9「消費税で社会保障」の嘘


国家に騙されないためには、その騙しの手口を知ることが必要なのだ。


安倍内閣は消費税増税に突き進んでいるが、「消費税で社会保障拡充」、「消費税で財政再建」という説明は真っ赤な嘘である。


「アベノミクスが成功している」というのも真っ赤な嘘だ。


第2次安倍内閣発足後の日本経済の実態は惨憺たるものである。


「民営化」と表現すると善良な政策のように聞こえるが、実態は「官業払い下げ」である。


民営化された企業の利権を民営化される前の公的企業の幹部が食いものにしてきた。


国家の財政資金を投じた国民共有の資産を、利権に群がるハゲタカ資本がかすめ取るのが民営化の実態である。


安倍内閣はPFI法を改定して、国民財産をハゲタカ資本に食い尽くさせる路線を鮮明にした。


「日本が売られる」政策が全開なのである。


「働き方改革」の正体は「働かせ方改悪」である。


長時間労働を合法化し、正規・非正規格差を固定化し、定額残業させ放題プランが一気に拡大される。


低迷する日本経済で資本が利益を拡大するには、労働者への所得分配を減らすしかない。


この資本の要求に応えて安倍内閣が労働者の労働環境を劣悪なものにするために制定したのが「働き方改悪法制」なのだ。


刑事司法は腐敗しき切ってしまっている。


日本の政治は危機的な状況にある。


何が危機の本質であるのかと言えば、政治が主権者国民の利益ではなく、巨大資本の利益のために動いてしまっていることにある。


安倍政治の本質は「ハゲタカファースト」であり、政治の本来の主人公である主権者の利益がまったく重視されていないのだ。


安倍政治は


原発を推進し


日本を「戦争をする国」に変質させ、


弱肉強食を推進している。


対外的には「TPPプラス」を強行推進し、


辺野古に米軍基地を建設している。


これらの施策は、グローバルに活動を広げる巨大資本の利潤極大化を目的とする施策である。


これらの施策によって日本の主権者は被害だけを蒙ることになる。


この政治を刷新しなければならない。


原発を全面廃止し、


集団的自衛権の行使を認めない。


弱肉強食を「共生の経済政策」に転換する。


ハガタカファーストのTPPプラスを全面的に排除する。


そして、辺野古の米軍基地建設を中止する。


政治の大転換が求められている。


★詳細はURLをクリックして下さい。




*******************************************************************
【●】防衛費増で財政は火の車 税を巡る“亡国政権”の支離滅裂(日刊ゲンダイ) 赤かぶ http://www.asyura2.com/18/senkyo254/msg/381.html

防衛費増で財政は火の車 税を巡る“亡国政権”の支離滅裂
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/242758
2018/11/30 日刊ゲンダイ 文字起こし


また外遊(29日)/(C)共同通信社

 なぜ、国会で取り上げないのか。いますぐ野党は問題にすべきだ。「東京新聞」が驚くべき話をスクープしている。

 29日付の東京新聞によると、アメリカから兵器を買い過ぎたために、安倍政権は防衛予算が不足し、日本企業への支払いが出来なくなっているというのだ。

 防衛省は今月初め、国内の軍事関連企業62社に対し、2019年度に納品される防衛装備品の代金支払いを最大4年間、延期させてほしいと要請したという。11月2日と5日の2回に分け、航空機や艦船を扱う企業を防衛省に呼び、説明会を開いたという。

 さすがに、支払い延期を要請された日本企業は、「資金繰りに影響が出る」「我々にメリットはない」と反発し、「防衛省は本当に切羽詰まっている」と漏らしているそうだ。

 安倍政権が支払い不能に陥っているのは、この数年、アメリカからバカ高い兵器を“爆買い”してきたからだ。「後年度負担」と呼ばれる兵器ローンの支払いが急増し、現在、編成中の2019年度の防衛予算では、国内企業への支払いを賄えなくなってしまった。

 兵器ローンは2012年度までは3兆円前後で横ばいだったが、安倍政権のわずか6年間で2兆円以上も増え、2019年度は5兆3000億円に膨れ上がっている。なかでも、急増しているのが、アメリカ政府を窓口にした「対外有償軍事援助」(FMS)による購入だ。オスプレイなどを買っている。

 それにしても、アメリカからバンバン兵器を買ったためにローンに追われ、そのしわ寄せで国内企業への支払いが不能になるとは前代未聞のことだ。

 軍事評論家の前田哲男氏が言う。

「FMSで購入する兵器の特徴は、大型で高額なことです。①オスプレイ②イージス・アショア③F35がご三家です。政府間の取引であるFMSは、民間相手のビジネスと比べて割高になりやすい。日本の会計検査院も、割高だと指摘しています。安倍首相は、FMSで次々に購入しているのだから、支払いが膨れ上がるのも当然です。本来、日本は単年度予算が原則ですが、兵器は開発に時間がかかるため、財政法の特例として“後年度負担”、いわゆるローン払いが認められている。ただ、ローンの期間は、以前は最長5年でした。それを安倍内閣は2015年に10年に延ばした。ローンの期間を長くすれば、毎年の支払いを低く抑えられるからです。それでも、ローンの支払いに汲々となり、予算が足りなくなっているのだから深刻です」

 FMSは「アメリカ・ファースト」の最たるものだ。たとえライセンス生産でも、日本企業から購入すれば日本の税金が国内企業に払われ、国内に雇用も生まれる。しかし、FMSでは日本にメリットはなにもない。日本の税金がアメリカの軍事産業に流れるだけだ。その結果、カネがまわらなくなり、日本企業への支払いを最大4年間も延期しようというのだから話にならない。

 どうして、日本企業への支払いに窮するほど、日本国民の税金をアメリカに流す必要があるのか。いったい安倍首相は、国民の税金をなんだと思っているのか。


オスプレイもローン(C)共同通信社


税金を使うことも、税金を徴収することもお気楽

 許しがたいのは、さんざん税金を浪費しておきながら、カネが足りなくなったからと「消費増税」を強行しようとしていることだ。国民をなめるにも程がある。

 なぜ、トランプ大統領のご機嫌を取るために税金を浪費した穴埋めを国民が負わなければならないのか。それもこれも、税金が足りなくなれば、いくらでも国民から巻き上げればいいと考えているからだろう。実際、2016年、安倍は国会で「税収というのは国民から吸い上げたものです」と、顔色ひとつ変えずに答弁している。「吸い上げたもの」とは、ほとんど年貢を納めさせる封建領主の発想である。

 この男には、国民が納めた税金を大切に使うという発想がない。

「トランプ大統領の歓心を買うためにアメリカから兵器を大量に買っただけでなく、安倍首相は外遊するたびに現地で経済支援を約束するなど、税金を大盤振る舞いしています。しかし、巨額の借金を抱えている日本に、外国に税金をバラまく余裕はないはずです。そもそも、税金は国民から預かったものです。だから、先進民主国のリーダーは、どうしたら有効に使えるか、神経をとがらせている。しかし、どこまで安倍首相が“税金を使うこと”と“税金を徴収すること”の重みを自覚しているのか疑問です。使うことも、徴収することも、安易に考えているのではないか」(法大名誉教授・五十嵐仁氏=政治学)

 それにしたって、よくも「税収は国民から吸い上げたもの」などと口にできたものだ。どうして、「国民に納めていただいたもの」という発想にならないのか。しかも、国民から吸い上げた税金を毎年、アメリカに流しているのだから信じられない。


税の役割は「所得の再分配」のはずだ

 いま、安倍政権が進めている消費増税への“景気対策”もデタラメの限りだ。

 商品券配布、ポイント還元、自動車の購入支援、さらに公共事業――と、なんでもかんでも入れている。しかも、公明党が要求すれば「商品券配布」、ポイント還元2%の評判が悪いと聞けば「5%に拡大」と、お気楽に決めている。

 安倍は「消費をしっかり支えていく」などと、もっともらしく語っているが、来年の統一地方選と参院選を意識したバラマキなのはミエミエだ。5兆6000億円の税収増のために、すでに対策は2兆2000億円に達している。いったい、なんのための増税なのか。

 安倍の「税制政策」は、支離滅裂もいいところだ。それもこれも「税金」に対する理念や哲学がないからだ。

「税の最大の役割は、所得の再配分です。富裕層から貧困層に富を再配分する。ところが、安倍首相のやろうとしていることは、アベコベです。消費税はただでさえ逆進性が強いのに、ポイント還元は、高い買い物をするほど恩恵が大きくなる金持ち優遇です。そもそも、クレジットカードを作れない貧困層には恩恵がない。恐らく安倍首相は、税の役割が“富の再配分”にあることも知らないのでしょう」(五十嵐仁氏=前出)

 とうとう、地方生活者を直撃する「税制」まで浮上している。現在、自動車税は排気量に応じてかけられている。一般的に高級車ほど税金が高くなる。ところが、排気量ではなく、走行距離に応じて課税するプランが浮上している。地方ではクルマは必需品だ。走行距離も長くなる。都会でベンツやBMWに乗っている富裕層の自動車税が減税され、地方で軽自動車に乗っている庶民が増税されるのは、どう考えてもおかしい。立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)がこう言う。

「欧米のリーダーが税金の使い方に神経を使うのは、納税者の意識が高いからです。ヨーロッパの納税者は、自分の考えと違うことに税金が使われると当然のように抗議します。ところが、日本のサラリーマンは、所得税を天引きされていることもあって納税者としての意識が低い。それでは政府はデタラメな税金の使い方を変えませんよ」

 これ以上、トチ狂った亡国政権を野放しにしていてはいけない。

★詳細はURLをクリックして下さい。


*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://ameblo.jp/richardkoshimizu/entry-12408994024.html


WORDPRESSのrichardkoshimizuブログを再現しました。(旧RKブログ保存版)

. URL : http://rkwpblog.wp.xdomain.jp/  

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp


***************************************************************


■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4
《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net

**********************************************************





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ニッポン無責任内閣 | トップ | いずみのほとり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事