ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

植草さんが小沢さんと対談されたそうです。

2018-09-09 22:29:11 | 日記


三宅雪子の「この人に訊く!」第1回:小沢一郎[2012年1月1日](1/2)
https://youtu.be/vSkhyEfV4Jc


三宅雪子の「この人に訊く!」第1回:小沢一郎[2012年1月1日](2/2)
https://youtu.be/ibcnQ0dvOu8


三宅雪子の「この人に訊く!」第8回:小沢一郎[2015年3月26日]
https://youtu.be/tStmsb0JhbM


*******************************************************************
【●】小沢一郎代表との対談「自党さえの発想ではダメ」
植草一秀の『知られざる真実』2018年9月 9日 (日)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-1679.html



今後の国政のゆくえを占う重要な意味を持つ沖縄県知事選が9月13日に告示され、9月30日に投票日を迎える。


知事選は沖縄県政与党が支援する自由党衆議院議員の玉城デニー氏と


沖縄県政野党が支援する宜野湾市長の佐喜眞淳氏による事実上の一騎打ちになる。


国政の野党5党(立憲、国民、共産、自由、社民)が玉城デニー氏を支援し、国政与党の自公と維新、希望が佐喜眞氏を支援する。


また、「オール沖縄」は辺野古米軍基地建設に反対する保守勢力を含む運動体で、玉樹候補は「オール沖縄」の保守陣営の支援を得ることにも注力している。


昨年10月衆院選比例代表選挙における沖縄県での各党得票状況は以下のとおりだ。


自公維  302,655
立希共社 325,983


希望の党はその後に国民民主と希望の党に分裂し、今回知事選では国民民主が玉樹氏を支援し、希望の党が佐喜眞氏を支援する。


維新も希望も自公の補完勢力に転じている。


希望支持は稀少であり、昨年10月の衆院選選挙結果を踏まえれば、基礎票において玉城氏の基盤が佐喜眞氏を上回っていると言える。


しかしながら、安倍内閣は予算権限を悪用して利益誘導を前面に押し立てる、実質的な金権選挙を展開しているから、玉城候補陣営は気を緩めることができない。


9月20日に自民党の党首選がある。


安倍晋三氏の三選が有力視されているが、沖縄県知事選はその新体制の初戦となり、きわめて重要な意味を有するものになる。


沖縄では前知事の翁長雄志氏が辺野古の公有水面埋め立て承認を撤回する手続きに着手した局面で急逝した。


今回の知事選はそのために前倒しで実施されるものである。


沖縄県は翁長氏の遺志を受け継いで埋め立て承認の撤回を断行した。


安倍内閣は辺野古米軍基地建設を強行する姿勢を示しており、今回の知事選では辺野古米軍基地建設の是非が最大争点になる。


玉城デニー氏と佐喜眞淳氏による公開討論を佐喜眞氏が逃げている。


唯一、日本青年会議所主催の討論会が実施されたが、佐喜眞氏は辺野古米軍基地建設の是非について明確な公約を示さなかった。


沖縄県民にとって最重要の政策課題について明確な公約を示さないことは、きわめて不誠実である。


このことだけをもっても、佐喜眞氏は知事選に立候補する資格がないと言わざるを得ない。


玉城氏は辺野古米軍基地建設について、明確に反対、阻止の意向を表明した。


辺野古米軍基地建設を拒絶する沖縄県民は玉城氏に投票するべきでだと言える。


2019年夏には参議院議員通常選挙が実施される。


安倍政治を刷新するためには、まず参院選で安倍自公を敗北させなければならない。


その前哨戦として沖縄県知事選の持つ意味は大きい。


私は8月末に自由党の小沢一郎代表と今後の政局について対談をさせていただいた。


データ・マックス社の依頼によるもので、その内容がデータ・マックス社のニュースサイトであるNet IB Newsに公開された。


いま問われる突破力!~野党共闘の行方は(前)・(中)・(後)


https://www.data-max.co.jp/article/24725/1/


https://www.data-max.co.jp/article/24726


小沢氏は日本政治の現状を「突破する」ためには次のことが必要だと強調された。


「「みんなで力を合わせて政権をとろう」「政権をとって自分たちの主張を実現しよう」という強い意志が欠けているように思います。


現状に甘んじて、「自分の党さえ何とか維持できれば良い」というような感覚になってしまうところに一番の問題があります。


その気持ちを変えていかないとダメなのです。」


沖縄県知事選のテーマは


美ら海壊し 基地造る 暴政止める 弔い選挙


である。


美ら海を壊し,巨大な米軍基地建設を強行しようとしているのは安倍政権である。


知事選は安倍政治に対する審判を下す選挙でもある。


★詳細はURLをクリックして下さい。



******************************************************************
【●】 国民の生命と財産を守れ ー日本列島を次々と襲う自然災害ー(長周新聞)-飛んでもこないミサイル警戒より災害への現実的対応を
★阿修羅♪ >投稿者 JAXVN 日時 2018 年 9 月 09 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/453.html


「国民の生命と財産を守れ ー日本列島を次々と襲う自然災害ー
社会2018年9月7日
 猛烈な風と雨を伴った台風21号が大阪はじめとした関西地方を襲い、6日未明には北海道が震度7の巨大地震に見舞われた。列島の各地が自然の猛威によって無惨にも破壊され、無数の国民の暮らしが脅かされている。

 もともと地盤沈下が著しかった関西国際空港は高潮で浸かり、一時は8000人が孤立する事態にもなった。アンカーを下ろしていた貨物船が押し流されて連絡橋を破壊し、道路ではトラックが横転。普通自動車をいともたやすく転がすほど危険な風が吹き荒れた。潰れた木造家屋やへし折られた電柱、街路樹など、目にする光景はどれもこの台風の凄まじさを物語った。

 北海道の惨状も同じだ。崩れた山肌、隆起する大地や地割れは、この地震の威力がどれだけのものだったのかをあらわした。倒壊した家屋やインフラの復旧には相当の期間を要することが避けられない。全域295万戸が停電するというような事態は前代未聞であり、この完全復旧には1週間を要するという。まだまだ被害の全貌をどれだけ把握できているのかわからないものの、当面の水や食料、広範囲にわたって電気が通電しない被災地の対応に全力を注ぐことが求められている。同時に、家を失った被災者の新たな避難先のことを考えると、時間的余裕などあまりない。冬が到来する前に解決しておかなければ、プレハブの仮設で厳冬を凌(しの)げるわけなどないからだ。さらに酪農家や農家への対応など、国民の胃袋を支えている北海道の第一次産業へもきめ細かな対応をしなければ、TPPや日米FTAよりも先んじて壊滅的打撃を被る事態にもなりかねない。

 7月に西日本を襲った豪雨災害に始まり、立て続けに列島各地が甚大な自然災害に見舞われている。広範な地域が激甚災害指定を受けなければならないような事態に直面し、そこで暮らす一人一人の国民の生命や財産、日常生活が脅かされているのである。この同時多発的に起こっている国民の苦難にどう対面するのか、政府なり統治機構の重大な責務が問われている。

 海外にばらまくODA(政府開発援助)なり、米軍需産業を喜ばせる武器購入費(来年度の防衛費は過去最高の5兆3000億円規模)、米軍関係費の6000億円、東京五輪経費、金融市場で多国籍企業や投資家が弄んでいる緩和マネー等等を、自然災害に見舞われた国民の「生命と財産を守る」ために振り向け、それこそ存立危機事態に真面目に向き合わなければならない。飛んでも来ないミサイルに備えたり、指一本触れてもこない仮想敵とたたかったり興奮するまえに、目の前の自然災害にまともな対応をすることが現実的かつ急がれる喫緊の課題である。

 三陸や熊本では、その後も数万人がプレハブの仮設に押し込められたままである。そして広島や岡山も、北海道もその後を追おうとしている。この国では、地震や津波に襲われるたびに住居を追われた国民が行き場を失い、プレハブ列島化するような異常がまかり通っている。被災者の住宅補助についても微微たるものではなく、真に住宅が再建できる金額へと引き上げること、一人も取り残すことのない災害復旧や復興を実現させることが求められている。

 「国民の生命と財産」にどう向き合うのかは、何も戦争だけでなく自然災害でも問われるものだ。前者は外交努力でいかようにも回避できるが、後者は地震、火山噴火がつきものの日本列島で暮らす以上、避けがたいものとしてある。21世紀の先進国にはカネもあれば、住宅建設技術やインフラ復旧のための重機等等もみな揃っている。できることをやらないことに重大な問題がある。」
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/9225  

★詳細はURLをクリックして下さい。



*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ







**********************************************************



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【永田町フ〜ゥン録】翁長死... | トップ | The Womenfolk - One Man's H... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事