ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

ジュゴンの見える丘 Cocco

2018-09-04 21:16:43 | 日記








●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




ジュゴンの見える丘 Coccoh
ttps://youtu.be/uAld78GVsYo


*******************************************************************
【●】沖縄県知事選候補は辺野古基地賛否明確に!
   植草一秀の『知られざる真実』 2018年9月 4日 (火)
   http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-4af5.html



「不幸の入口は矛盾にある」


と言われる。


矛盾があれば、必ず行き詰まる。


沖縄で9月30日に県知事選が行われる。


この選挙の最大の争点は辺野古米軍基地建設の是非である。


翁長前知事が辺野古の公有水面埋め立て承認の撤回の手続きに入った局面で急逝され、知事選が前倒しされることになったため、知事選の最大争点が辺野古米軍基地建設の是非になった。


この現実を否定することはできない。


知事選に立候補する候補者は、この問題についての明確な公約を示す必要がある。


安倍内閣は辺野古米軍基地建設を強行推進しているが、この問題で必要不可欠なことは、沖縄の主権者の同意である。


沖縄のことは沖縄が決める。

これが民主主義、地方自治の本旨である。



面積が日本全体の0.6%の沖縄県に、日本全体の米軍施設の74%が沖縄に押し付けられている。


この沖縄の美しい海=美(ちゅ)ら海を破壊して巨大な米軍基地を建設しようとしている。


この問題について責任ある公約を明示して選挙に臨むことが必要で、各候補者はここに矛盾があれば選挙に勝利することはできないことを銘記するべきだ。



選挙のテーマは、


美ら海壊し 基地造る 暴政止める 弔い選挙


である。


知事選は沖縄県政与党が擁立する自由党衆議院議員の玉城デニー氏と


県政野党が擁立する宜野湾市長の佐喜眞淳氏とによる


事実上の一騎打ちになる。


両者を支援する陣営の、昨年10月衆院選比例代表選挙での得票状況は以下のとおりだ。


自公維  302,655
立希共社 325,983


自由党は比例代表選挙に候補者を立てなかったため、自由党支持者の投票は立希共社の得票に含まれていると考えられる。


「オール沖縄」陣営には保守層の一部が含まれているから、両者の基礎票の差は上記計数よりも大きいと考えられる。


問題は佐喜眞候補が辺野古米軍基地建設の是非について明確な公約を示していないことだ。


これは名護市長選における自公政権側の候補者と共通する姿勢だ。



名護市長選で自公側の候補者は辺野古米軍基地建設の是非を明示しなかった。


応援に入る国会議員には、「辺野古に触れるな、辺野古のへの字も出すな」との指示が示されたと伝えられている。


最重要の問題についての明確な姿勢を示さず、ひたすら利益誘導で投票を要請する。


沖縄の主権者を侮蔑する姿勢だと言わざるを得ない。


辺野古米軍基地建設に賛成なら、その考えを明示すればよいのだ。


その上で、基地を受け入れれば、これだけ利得がありますよということを、明確に、信念をもって訴えればよいのだ。


これが「矛盾のない」立候補者の行動である。


「美ら海を壊す米軍基地建設を拒絶する」のか「見返りがあるなら美ら海を壊して米軍基地を造ることにも賛成する」のかを判断するのは、沖縄の主権者である。


米軍基地建設問題に対する明確な、責任ある公約を示さずに、利益誘導だけ行うのは正々堂々とした戦い方ではない。


公約を明示して、判断を主権者である県民に委ねる堂々とした選挙戦を展開するべきだ。


★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】「理不尽は、怒りの矛先を「上」に向けることでしか解決できない:山崎 雅弘氏」 
   晴耕雨読 2016/12/30 憲法・軍備・安全保障
   http://sun.ap.teacup.com/souun/21375.html#readmore


https://twitter.com/mas__yamazaki

>布施祐仁 護衛隊司令の一佐(大佐)が艦艇広報に来た若者に自ら声をかけて自衛隊に勧誘してるのか…。よっぽど新隊員の確保に苦労してるんだな。。。

先日の神戸での講演のあと、懇親会でお話しした方の中に、鉄道好きの息子さんが防衛大学に進学してショックを受けている、というお母さんがいた。

息子の意向を無下に否定はしたくない、でも心配だと。

こういう葛藤を、首相や防衛相は理解していない。

今の自衛隊ほど、ある意味でブラックな職場は無いかもしれない。


入隊時の契約条件が、半年後一年後に守られている保障はどこにもない。

一方的な理由で変更され、何をやらされるかわからない。

しかも通常の職場とは異なり「文句を言うのは国を愛していないからか」と「愛国心搾取」で忍従を強いられる。

>山ちゃんは警察嫌いなん?

何かあるとすぐに「日本が嫌いなのか」とか「オスプレイが嫌いなのか」「警察が嫌いなのか」と、単純な好き嫌いの問題であるかのように解釈して絡んでくる人がいる。

元の文を読んでいただければわかるように、警察ではなくテレビ局の話をしています。

安倍政権が「悪い手本」を国民に示しているので、国のあちこちで同様の「悪い行い」が真似される。

間に「有識者と称する何か」を挟んで、責任追及を阻止する盾に使う。

公開されるべき文書が勝手に隠蔽される。

これが「教育委員会」というのがすごい。https://twitter.com/tokyohotweb/status/812767860330086400

「日本人番組」と「自滅的愛国心」について(Togetter)https://t.co/JSm7AF99By 表題に関連するツイートをまとめました。

ある時期から、日本の社会で目立ち始めた「日本スゴイ」という自国礼賛の本やテレビ番組の背景には、何があるのか。

>とみ 電車が三分遅れた!タクシー運転手のくせに道を知らない!コンビニ店員の態度が悪い!なんてキレてる人たちが、震災復興予算流用や税金アップや年金ダウンには怒らないんだもの。

どんどん膨れ上がる五輪予算や原発事故処理費用に文句も言わないんだもの。

こんな国が良い方向に向かうわけないw怒りの矛先が、絶対に「目上の者」へと向かわないように、物心ついた頃から調教されてきた。

だから鬱積した怒りは、自分の「横」や「下」に向けて吐き出される。

しかし問題の源泉である理不尽は、怒りの矛先を「上」に向けることでしか解決できない。

トランプ次期米大統領は、核戦力を増強すべきとの発言について説明を求められ、「軍拡競争が起こるなら起こればいい」、米国は勝つと述べた(ロイター)https://t.co/gcZJh0ORqd 

核のボタンを本当に押しかねない核保有国のトップ、私の認識では1人(プ氏)から2人に増えた。

イスラエル入植非難決議を採択 米が拒否権行使せず(日経)https://t.co/vaQyEla7Ik

「入植活動への批判を強めるオバマ政権が、拒否権を行使せず棄権に回った。イスラエル寄りのスタンスを取る米国が拒否権の行使を見送るのは異例」

「米国が反対しなかったことで、議場は拍手に包まれた」

「採決を巡ってはトランプ次期米大統領が22日、米国は『拒否権を発動すべきだ』とフェイスブックに投稿し、決議への反対姿勢を鮮明にしていた」

「トランプ氏は『国連にとって(自身が大統領に就任する)1月20日以降は状況は変わるだろう』とツイッターに投稿」

ネタニヤフ首相は25日、シャピロ米国大使を呼びつけて抗議した(BBC)

「ほとんどの外交使節が休日とするクリスマスに、大使を呼びつけるのは異例」

「米国が慣例通りに拒否権を行使せず棄権したのは、非難決議の容認に等しいとイスラエルは反発」https://t.co/rFnMZ0vmOZ

>ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 【社説】オバマ氏、イスラエルへ最後の一撃 http://on.wsj.com/2hm60mx  

国連安保理決議での「棄権」は、オバマ政権を特徴づける行為 

>BBCニュース - 日本の安倍首相、ハワイで戦没者墓地など訪問 https://t.co/FEiKuMdlCk

クリックすると元のサイズで表示します

本当に、嫌そうな顔しているな。

オバマ大統領「オレが出馬してたらトランプに勝ってた」(朝日)

オバマ氏、イスラエルを国連で突き放したり、もう任期の最後だからと、けっこう大胆に振る舞っている。

真珠湾で何を言うのか、ちょっと期待してしまう。https://t.co/0Dn96w7OBw

「沖縄デモ集団の正体は中国」というnetgeek記事は本当か ソースの「公安調査庁レポート」を読んでみた(BuzzFeed)https://t.co/iJide7gdUo

「『(中国が)琉球独立勢力に接近』『琉球独立を標榜する我が国の団体関係者らを招待』と書かれているが、『沖縄デモ集団の正体は中国』に当たる記述はない」

「『デモ隊の裏で糸を引いているのは中国』『秘密裏にデモ集団を支援』という言葉は見当たらなかった」

「netgeekが引用したNHKの報道はどうか。2016年の『内外情勢の回顧と展望』に関するものだが、やはり基地反対運動への言及はない」

netgeekの当該記事タイトルは「『沖縄デモ集団の正体は中国』 公安が衝撃のレポートを発表しNHKも報じる」というものだが、BuzzFeedの検証が示す通り、悪意で事実を歪曲した内容で、権力者に奉仕するネットのデマ情報攻撃の典型だろう。

翁長沖縄県知事を中傷する画像も載せている。

★詳細はURLをクリックして下さい。

*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ







**********************************************************




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 辺野古埋め立て承認を撤回 沖... | トップ | 大竹まこと ゴールデンラジオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事