ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

9/18/18 森永卓郎

2018-09-27 22:31:49 | 日記


















●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



9/18/18 森永卓郎
https://youtu.be/H-P_Wk5stlU



*******************************************************************
【●】12年前の参院選敗北内閣総辞職を再現する
   植草一秀の『知られざる真実』2018年9月23日 (日)
   http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/12-a538.html


来年夏、参議院議員通常選挙が実施される。


日本政治刷新に向けての試金石になる。


2009年の政権交代実現は、2007年の参院選における民主党勝利が基礎になった。


2007年の参院選で自民党が大敗し、安倍首相が辞任した。


民主党は参院第1党に躍進し、野党過半数の参議院が自民党政治を揺さぶった。


その結果として2009年の政権交代が実現したのである。


2008年9月にリーマンショックが発生し、日本経済が急激に悪化したことも背景になった。


12年に一度、統一地方選と参院選が重なる年が来る。


前回が2007年である。


20007年、民主党代表に小沢一郎氏が就任して奇跡的な民主党大躍進を実現した。


2008年に民主党は代表任期満了を迎えたが、それまでの経緯・実績からすれば、小沢氏の代表3選は揺るがぬところだった。


しかし、メディアは複数候補による代表戦実施を声高に叫び続けた


小沢一郎氏をなんとしても代表の座から引きずり下ろしたいとの思惑が鮮明だった。


同じ時期に公明党の太田昭宏代表が無投票で再選された。


しかし、メディアは公明党の代表戦に複数候補を出馬させろとは一言も言わなかった。

人気ブログランキングへ

「民主・公明代表選の「マスゴミ」報道」
https://bit.ly/2zoLqLu


民主党は2007年の参院選で勝利して安倍内閣を打倒し、その後の激しい攻撃をかわして、2009年総選挙で政権交代の偉業を成就した。


2007年参院選を2019年参院選で再現しなければならない。


そのための方策を明確にして、必ずこれを実現しなければならない。


参院選の勝敗を分ける決め手は1人区である。


2016年参院選では32の1人区で野党は候補者を1人に絞り込んだ。


しかし、結果は与党21対野党11となった。


野党共闘が成立していなければ野党陣営は大敗していただろう。


野党共闘によって敗北をこの水準でせき止められたと言えるが、全体では安倍自公勢力に敗北した。


比例代表選挙の得票率(全有権者比)は


自民 19.6%
公明  7.4%


民共社生4党 19.9%


だった。


自公の27.0%に対して野党4党は合計で19.9%だった。


これでは、自公が勝利するのは当然である。


         2016年7月参院選結果(URLを参照)
2016


獲得議席数は自公70に対して野党4党は41にとどまった。


野党惨敗の結果に終わった。


野党がなんとか共闘体制を構築したのに敗北した。


この教訓から学ばなければならない。


野党が候補者を絞り込んだのに、主権者の支持を集められなかった最大の理由は、野党の政策路線があいまいだったからだ。


当時の民進党には、与党と野党が同居していた。


このために、民進党の政策方針が不明確だった。


自公と類似した政策を掲げている民進党を主権者は支持しない。


同じ政策を掲げるなら、民進党が自公側に所属する方がはるかに自然である。


つまり、民進党が完全に主権者の支持を失っていたから、参院選で野党勢力が大敗したのだ。


自公の路線に対峙する勢力が大同団結するなら、主権者はこの勢力を全面支援するだろう。


つまり、政策を基軸にして野党の共闘を構築することが必要不可欠なのだ。


2017年の衆院総選挙で、ようやく水と油の同居体である民進党の分離が進展した。


しかし、国民新党は立憲民主党との再合流を唱えている。


これでは元の木阿弥なのだ。


国民民主党が安倍政治に対峙する野党としての立場を鮮明にする考えがあるなら、共産党を含む強固な野党共闘構築の方針を明示するべきである。


それを拒絶するなら、国民民主党を除く野党共闘の構築を検討するべきである。


★詳細はURLをクリックして下さい。


デマで県民愚弄許されない
https://youtu.be/9pwZkHQ6mTk

*******************************************************************
【●】日米蜜月は真っ赤なウソ!見限られた安倍晋三! 
★阿修羅♪ > 投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 27 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo251/msg/364.html 



日米蜜月は真っ赤なウソ!見限られた安倍晋三!
https://85280384.at.webry.info/201809/article_261.html
2018/09/27 00:02 半歩前へ

▼日米蜜月は真っ赤なウソ!見限られた安倍晋三!

 安倍晋三とトランプ。日米トップの蜜月など笑止千万。デタラメもいいところ。トランプはとっくの昔に安倍晋三を見限っていると日刊ゲンダイが詳しく報じた。

*********************

 先の自民党総裁選では石破茂との討論から逃げ回る一方、恫喝を繰り返し3選した安倍晋三がまた“得意の外交”でしくじった。

 対日貿易赤字の解消を迫るトランプとトランプタワーで23日に夕食を共にした。安倍は「建設的な議論ができた」と盛んに親密ぶりをアピール。マユツバもいいところだ。

 トランプは苦戦を強いられている11月の中間選挙をにらみ、目に見える成果をつかみ取ろうと死に物狂いだ。

 今月上旬にも「日本が(米国に対価を)どれだけ払わなくてはいけないかを伝えれば、(安倍との良好な)関係はすぐ終わるだろう」

 「日本はオバマ大統領とディールをしようとしなかった。報復を受けないと思っていたからだ。自分はそうじゃない」などと、好戦的な発言を連発している。

 日本の大メディアは安倍の発言を垂れ流し、“日米蜜月”の演出をアシストしているが、日米関係の実態は隷従、服従を通り越して、赤っ恥の連続だ。ジャーナリストの春名幹男氏は言う。

 「安倍が頼みにするトランプとの“友情”はとうに破綻しています。“友情関係”をテコに通商交渉を進めようというもくろみは、木っ端みじんに砕け散るでしょう。

 昨年末に動き始めた北朝鮮を巡る国際情勢の変化に安倍はまったくついて行けず、トランプに見限られています。

 米国の対北融和路線に口を挟むくせに、史上初の米朝首脳会談実施が決まると拉致問題解決の口利きを頼み込んだ。おんぶにだっこでは一国の首脳として相手にされるわけがなく、〈アベはオレに何をしてくれた?〉と不信感を募らせる結果になった。

 通商交渉を巡っても、安倍政権は思い違いの繰り返し。米国が求めるFTA(自由貿易協定)交渉入りをトボけてかわすだけで何ら対策を講じなかったため、事態は悪化してしまった。

 大手マスコミは米国側からの情報を重視せず、官邸や外務省の発表を報じるばかりなので、日米交渉の内幕はなかなか表に出ないのです」  (以上 日刊ゲンダイ)

★詳細はURLをクリックして下さい。

*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ







**********************************************************














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【 いいかげん馬鹿 】とし... | トップ | 水が危ないらしい。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事