ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

大竹まこと ゴールデンラジオ!2018年08月24日

2018-09-05 14:53:22 | 日記







●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1





大竹まこと ゴールデンラジオ!2018年08月24日
https://youtu.be/sAcsnoZtabc


「図書館があぶない!」吉良よし子さん(日本共産党 参議院議員)にきく
https://youtu.be/YpMUSN9A1wk


*******************************************************************
【●】いまや安倍晋三首相は「違憲の存在」か?―改憲発議権を内閣が奪い取り、「投票の秘密」原則も破り、マスメディアも従属させる…

投稿者 笑坊 日時 2018 年 9 月 05 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/284.html



いまや安倍晋三首相は「違憲の存在」か?―改憲発議権を内閣が奪い取り、「投票の秘密」原則も破り、マスメディアも従属させる、とんでもない独裁者だ。
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/dbb87cf56c8a7ae66601dcfbe4d7170c
2018年09月05日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の「現憲法無視」の言動が続いている。1つは、自衛隊高級幹部会同(9月3日午前)で、持論である「憲法9条への自衛隊明記」発言したこと。これは「憲法改正発議」がいかにも内閣の権限行使に聞える「憲法尊重擁護の義務」違反=違憲発言である。明らかに「第96条」に反する。2つには、マスメディア(新聞・テレビ)へ候補者を公平に扱うように指示したこと。これは、「第21条」(表現の自由)に反する。3つには、総裁選挙で安倍晋三首相に投票する旨の「誓約書」を書いて提出させたことである。これは、「第15条」(投票の秘密)に反する。自分の気に入らない条項を平気で勝手に無視したり、違反したりすることは、由々しきことである。こんな人物をいつまでも首相の座に居座らせておくことはもはやできない。


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】不争・無欲・謙虚という水の特性から学ぶ
植草一秀の『知られざる真実』2018年9月 5日 (水)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-fe49.html


台風21号が襲来し、大きな被害が発生した。


「非常に強い勢力」を保ったままの上陸は25年ぶりのことであると報じられている。


この台風では雨よりも風による被害が大きかった。


台風の台風たる所以は「風」にあり、「風」への警戒が必要なのだ。


改めて自然の猛威の恐ろしさを痛感させることになった。


人間は自然の猛威の前には弱い存在だ。


この現実を私たちは銘記しておくべきである。


人として生きてゆく際に、何よりも大切なことは命を大切にすることである。


命あっての人生だ。


そして、傲慢にならずに、謙虚に、身を守ることを考える必要がある。


同時に大切なことは、わが身を大切にするだけでなく、他者の命、人権をも大切にすること。


東日本大震災による津波でも大きなが犠牲が生まれた。


自然の力の前に謙虚な姿勢で、自らの命を守る意識と行動が必要である。


台風の報道では現場から状況を伝えるレポーターが一種のショーを演じる。


現場からの生中継であるにもかかわらず、事前に用意した原稿を読み上げるから、映像と説明がミスマッチであることも少なくない。


テレビの視聴率を上げるには、現場のすさまじさを盛り上げる必要があるのだろうが、過剰な説明ぶりが目につく。


他方で、台風で屋外に出ることが非常に危険であることを訴えながら、レポーターがわざわざ屋外から生中継することが繰り返される。


とりわけ、暴風に襲われている現場では、不測の事態が発生しないとも限らない。


視聴者に安全を重視する対応を求めながら、レポーターが危険な屋外での実況をすることは適正な行動と言えない。


レポーターが暴走しているのではなく、番組制作者がレポーターに危険な実況を強要しているのだと考えられる。


番組制作者の節度ある対応が強く求められる。危険な業務の強要は許されるべきでない。


不可抗力の事故もあるが、自然に対する畏怖=畏れを抱き、謙虚な気持ちで真摯に自然と向き合うことによってわが身を守ることのできる余地は決して小さくない。


猛烈な台風の襲来が正確に予想されており、台風への対応についての情報も十分に提供されているなかで、備えをおろそかにする、あるいは無謀な行動を取ったために発生する被害というものは、天災の範疇ではなく、人災の範疇に入れて考えるべきだ。


自然の脅威と言えば風に並ぶ脅威が水である。


津波にしても高潮にしても水の力に人間が抗うことは難しい。


人は水を畏れる必要があるが、同時に水から学ぶことも多い。


「上善如水=上善は水の如し」は老子の言葉。


デジタル大辞泉に次のようにある。


「最高の善は水のようなものである。万物に利益をあたえながらも、他と争わず器に従って形を変え、自らは低い位置に身を置くという水の性質を、最高の善のたとえとしたことば」


老子は第43章で、


「天下の至柔(しじゅう)は、天下の至堅(しけん)を馳騁(ちてい)す」


と説く。


「あらゆるもののなかで、もっとも柔らかく弱々しいもの(水)が、実はもっとも堅くたくましいもの(岩石や巨木)を思い通り走らせる。」


これが「水」の特性だ。


老子第43章は次のように続く。


「有る無きものは、間(すきま)無きに入る。吾れここを以(も)って無為の益あることを知る。不言の教(おしえ)、無為の益は、天下これに及ぶもの希(まれ)なり。」


「決まった実体を持たぬものだけが本当にわずかな隙間に入り込む事が出来る。私はこのことによって無為であることの有益さを理解している。言葉に頼らない無言の教えと、無為であることの有益さに匹敵するものは、この世にはほとんど無い。」


「無為の有益を知る」は老子の基本姿勢である。


不争、無欲、謙虚の生き方が、道にかなった生き方、まことの善であるとするのが老子の言葉の核心だ。


安倍政治の真逆に位置するものであると言える。


★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】 連合右派が野党共闘の邪魔になる/政界地獄耳(日刊スポーツ) 
   ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 05 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/288.html



連合右派が野党共闘の邪魔になる/政界地獄耳
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809050000305.html
2018年9月5日9時30分 日刊スポーツ


★4日午後、国民民主党は代表選挙のための臨時党大会を開き、玉木雄一郎を新代表に選出した。事実上の再選だが同党の先行きは不透明だ。玉木とともに大いに喜んだのは連合、ことに右派だろう。民進党が分裂し立憲民主党、この5月に希望の党から国民民主党、そして無所属議員と大きなくくりで3つに分裂したが、連合右派、すなわち民間労を当てにしたいといっているのは国民民主党だけだ。

★無所属議員たちは連合の全面支援がなくとも勝てる議員たち。立憲民主党は連合左派を軸にいくつかの労組が支援したり組織内候補を出す関係だ。それも希望の党代表・小池百合子(当時)の踏み絵騒動で野党分断が成功したからだが、野党再編が進まないのは、国民民主党を支える連合右派が憲法改正だとか安保関連法賛成だとかの踏み絵呪縛にとらわれているからと、たいして票も出せないくせに、共産党だけとは一緒にできないとのように唱えているからだ。つまり国民民主党というより連合右派が野党共闘の邪魔をしているのだ。

★それを玉木が乗り越えられるとは到底思えず、結果、国民民主党の末路は来年の参院選挙で玉砕となるだろうと政界では言われている。まして連合は先の新潟知事選挙で野党候補の支援を決めたものの、右派は自民党候補を事実上支援。現場の選対からは「連合の支援が逆に命取りになる」とまで言われた。先月31日、連合会長・神津里季生は会見し、沖縄県知事選(30日投開票)で野党が推す自由党幹事長・玉城デニーを推薦する方針を表明した。だが、ここでも連合右派はオール沖縄には自治労や共産党がいるという理由から、自民・公明・維新が推薦する前宜野湾市長・佐喜真淳の支援に回るといわれている。今、連合が関与する選挙は要注意というのが野党議員の声だ。連合は罪作りだと自覚したほうがいい。(K)※敬称略

★詳細はURLをクリックして下さい。


*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

*


《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34



7

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ







**********************************************************




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ジュゴンの見える丘 Cocco | トップ | 【安倍総理 新潟県へ】って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事