ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

【2018年10月30日】小沢一郎代表・山本太郎代表 定例共同記者会見

2018-11-04 21:25:26 | 日記











●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




*******************************************************************
【●】小沢一郎「一部財界の意向のためにおかしな法律を作ろうとする政府の見識を疑う」 ( 銅のはしご)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 04 日
http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/256.html



小沢一郎「一部財界の意向のためにおかしな法律を作ろうとする政府の見識を疑う」
https://4472752.at.webry.info/201811/article_1.html
2018/11/01 23:48 銅のはしご



「安倍政権の外国人労働者受け入れ政策」

小沢 一郎
✑ まったく,一部財界の単純労働不足を補うために,そういったおかしな制度,法律を作ろうとしている政府の見識を疑う。
そもそも,意欲ある外国の人を入れて,いろんな技術,知識を習得してもらって,また祖国(くに)へ帰って頑張ってもらうという狙いで始まった制度だよね。
それを,人手がないからつって単純労働をどんどん入れちまおうつうことでしょ。
これは,私から言えば,まあ低開発の後進国から奴隷買うようなもんだよね。
その意味で,非常に怪しからん。
道義的にも,あるいは労働政策の意味においても,何の意味においても,よろしくない考え方だ



13:59 自由党
【2018年10月30日】小沢一郎代表・山本太郎代表 定例共同記者会見
https://youtu.be/UjgVkkRAqho


【 記者質疑 】

フリーライター・片田 ; 両代表に。 沖縄県の玉城デニー・新知事が誕生した選挙戦で,日米地位協定の抜本的改定ということを大きく掲げられて当選された。 国政の場におられる両代表は新しい知事とどのように連携して改定に向けて動いていくおつもりでしょうか。 改定がもし実現した場合,この国の形にどういった影響があるとお考えでしょうか。

<小沢代表が山本代表に応答を促す。山本代表&会見場・笑。小沢代表は風邪気味,マスクを外してややハスキーな声>

小沢 一郎 代表
 日本の国にそのことが影響するちゅうんじゃなくて,それをやりきれるようになったら日本の国が変わったちゅうことでしょ。 政府が。

 だから,逆だね。 地位協定変わったからって,日本がどうこう変わるちゅうわけじゃなくて,日本の政府が日米関係のなかで,その地位と言うか,パートナーとしてのあれ(≒立ち位置)が変わったちゅうこと,変わるちゅうことだね,うん。 地位協定が変えられるちゅうことは。

山本 太郎 代表
 ありがとうございます。 地位協定を変えて何をするかと言ったら,当然,対等な関係に,当たり前の独立国と独立国としての付き合いを始めなきゃなんないってことなんですけども,道のりは遠いかもしれませんけれども,玉城(デニー)知事のルーツというものが,やはり大きく影響することもあるのかなというふうに思ってます。

NHK ; 小沢代表に。 アメリカ軍の普天間基地の辺野古移設をめぐって,今日,(石井啓一)国交大臣が,沖縄県が埋め立て承認を撤回した効力を一時的に停止する措置をとることを明らかにした。 玉城(デニー)知事も今日,東京にいらっしゃっていて,この政府の対応を強く批判されていたが,党としてどう受けとめ,沖縄としてどのように行動すればよいとお考えでしょうか。

小沢 一郎 代表
 諸君の報道にもいろいろあるように,行政省庁のなかでね,行政不服審査やって,お互いにハンコついてっていう,まあ筋違いちゅうか,いい加減もほどほどにの話なんだけども。

 まあ何でもかんでも,辻褄合ったかのごとくしてね,強行しようちゅうことでしょ。

 強行しようということであれば命懸けで反対するつうんだから,命懸けて反対する以外ないわね。

France10 ; 先日フランスから来日されたフランソワ・アソリーノさんに,小沢さんも山本さんも会談していただき,ありがとうございました。 昨日メルケルさんが政界を引退するが2021年までは首相を続けるということで,EUの先行きは不明だが,フランソワ・アソリーノさんと会談された感想を両代表に。 山本代表には,街頭記者会見を全国各地で6回か7回行われている。上野ではネトウヨ系の人も来て混乱したが,その感触について伺えれば。

小沢 一郎 代表
 自由党みたいな小っちゃな政党の党首か。うん。

 <会見場・笑。山本代表・笑>

 ものすごく意見が合ったんだけどね。 お互いに。 率直に,僕のことだから率直にズケズケ言って,向こうも「そうだ,そうだ」言って,お互いに共鳴したとこが多いんだけども,それはそれとして,やっぱりEUに対する懐疑的な考え方ちゅうのが,今漸く,欧州各国で広がりつつあるということだな。

 それは,難民の問題だけではなくして,単一の共同体ということで果たしていいのか,というような考え方が,かなり急速に あちこちで芽生えつつあるように思える。 イギリスはEUを脱退する交渉を最後のとこでやってるし,それを彼は主張しておったし,その背景にあるアメリカの思惑を批判しとったな。

 僕は,ヨーロッパのことだから,EUという共同体の背景に,アメリカの思惑がそんなに強く働いているかどうかちゅうことは,よく分からないけれども。 そこまで分かんなかったけども,彼はそう言っとった。

 それでまあ日米関係についての話,欧州,米国,欧米関係の話なんかについても,気が合ったような感じがする。 反米主義者ということではないし,私自身も反米主義者じゃないんだけども,やはりきちんと物言える欧州になりたい。物言えるフランスでなきゃあいけないという感じの主張だったね。

 大いに,酒飲みながらだから,余計話が弾んで,楽しかったよ。

山本 太郎 代表
 ありがとうございます。 私もお会いさせていただきました。 お酒は飲んでませんでしたけれども,EUからの国家主権を取り戻すと。 通貨政策とか,自由を取り戻すという話に始まって,とにかく財政出動が必要だと。

 今、格差が開ているという部分も非常に日本と似通った部分があって,話としては財政政策であったりとか,主権の問題という部分では非常にマッチした部分があるなという感想でした。

 街頭での記者会見という形で皆さんと意見交換をするというところでは,やっぱり,消費税についての話ってのは,皆,足止めますね。

 と言うのは, 2014年での約束では,3%の増税(分を)社会保障に全額使うという約束だったけれども,その充実に使ったのはたった16% っていうようなことを,皆さんご存知ないので。

 またウソつかれてるんですよってことを言い触らしに街に出てます。

 ありがとうございます。

朝日新聞 ; 小沢代表に。今日までに総理の所信表明演説,野党を含めた代表質問があった。 総理の所信表明では 「モリ・カケ」問題,障碍者雇用の水増し問題,消費増税の問題は,触れられなかった。 野党各党のなかからは,言うべきことを言わずに,言わなくてもいいこと,本人の仰りたいことを喋っているという指摘も出ていいるが,どのようにご覧になったでしょうか。

小沢 一郎 代表
 うん。そのとおりで,いいんじゃないですか。

 あえて総理の所信として真剣に評価するほどのことは,何もない,ということだね。

THE PRESS JAPAN ; 両代表に。 福岡県と(宮崎県)2県に米軍の弾薬庫と付属の施設などを建設することが日米で合意されたと報道があった。 日米で合意とは,国会で承認されたとか審議されたとかはなくして決まったということだと思う。どのようにお考えでしょうか。

日本の外務省,防衛省と在日米軍などでつくる日米合同委員会が10月24日に合意。
日本側が全額負担して整備する。

航空自衛隊築城(ついき)基地〔福岡県築上町〕
新田原(にゅうたばる)基地〔宮崎県新富町〕

米軍の武器弾薬庫,戦闘機の駐機場,燃料タンク,庁舎を整備し,誘導路を改修。築城には米兵用宿舎を建設するほか滑走路の延長。

山本 太郎 代表
 日米合同員会で決まったという話で,福岡県と宮崎県に。 赤旗にはそう書いてあった。

 基地の運用について,おそらくその弾薬庫的なものがあったりとかって話ですよね。

 そういうような運用に関して,もしもこれが合同委員会でなされたということなら,そのような特殊な場所で話されて,実際にそれが変わっていくってのは,ちょっと不自然だなあというふうには思いますね。

NHK ; 小沢代表に。 政府は今「外国人材」と言っているが,労働力としての外国人受け入れを拡大することを目指す法案が,今日,自民党内で手続きが終わって,そろそろ国会に出てくる。 臨時国会では数少ない論争が起きる法案の1つになろうかと思うが,自由党としてはこの「外国人材の受け入れ」について,どういうふうに対応していかれるか。

小沢 一郎 代表
 まだその法案が出ていないんで,態度の決定はしてないそうだけれども。

 僕の勝手な話で今のところは答えると,外国人のね,意欲ある人を国内に入れて,そしていろんな技術,知識を習得してもらって,また祖国(くに)へ帰って頑張ってもらうと。 そもそも,たしか,そういう狙いでもって始まった制度だよね。

 それを,人手がないからつって単純労働をどんどん入れちまおうつうことでしょ。

 これは,私から言えば,まあ低開発の後進国から奴隷買うようなもんだよね。

 私はその意味で,非常に怪しからん。 道義的にも,あるいは労働政策の意味においても,何の意味においても,よろしくない考え方だと。

 まったく,一部財界の単純労働不足を補うために,そういったおかしな制度,法律を作ろうとしている政府の見識を疑う。



★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】現代版奴隷貿易制度創設としての入管法改定
植草一秀の『知られざる真実』2018年11月 4日 (日)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-4a88.html


人手不足が深刻と言われる業種がある。


介護・看護
運送
建設
飲食・小売り
宿泊


しかし、労働供給は賃金変化によって変動する。


低い賃金で求職者が少なくても、提示される賃金が上昇すれば求職者が増える。


これが市場原理である。


「人手不足」を叫んでいる業種で、賃金を2倍とか3倍に引き上げてみるとよい。


間違いなく求職者が増えるはずだ。


したがって、「人手不足」ではなく「賃金不足」というのが実態なのである。


安倍首相は、一部の業種で人手不足が深刻だから外国人労働力利用を拡大すると言っているが、これが何を意味するのかを考える必要がある。


人手不足が深刻な業種は


きつい、きたない、危険


の3拍子がそろっている、あるいは、その一部に該当する業種である。


大変な仕事だから、低い賃金では働き手がなかなか現れないのだ。



だから、外国人投入を拡大するというのは、どういうことか。


みなが嫌がる仕事を、安い賃金のまま誰かにやらせるために、外国人を投入する。


外国人労働力の利用拡大は、実質的に「人の輸入」である。


「外国人」を輸入して、みなが嫌がる仕事をさせる。


これは「奴隷貿易」による「奴隷」の輸入と本質的に変わらない。


人権無視、人権軽視の施策である。


きつくて、汚く、危険な仕事であるなら、その労働の重さに見合う賃金を設定すればよいだけのことだ。


高い報酬があるなら、過酷な労働であっても、これに耐えようとする労働者が登場する。


この施策を進めずに、きつくて、汚く、危険な仕事だが、その仕事に見合う賃金を払いたくないから、「外国人に押し付ける」ことは、国の施策として正しいものではない。


「市場原理」を重視する経済政策を謳いながら、なぜ、こうした業種における賃金上昇を国が促さないのか。


世の中にいろいろな仕事があるが、労働の内容によって賃金は千差万別だ。


賃金の水準は基本的に需要と供給のバランスで決定される。


供給に対して需要が過小であれば、賃金が上昇して需給が調整されるのだ。


米国のトランプ大統領が不法入国者に対する規制を強化しようとしている。


米国では不法移民が、上述したような、きつくて、汚く、危険な仕事を、安い賃金で負わされている。


その結果、米国民は、本来は高い報酬を払わなければならない仕事に対する対価を大幅に節約している。


不法移民の入国に対する規制を強化すれば、こうした仕事に安い賃金で就く人は減少する。


このことは、きつくて、汚く、危険な仕事に対する米国人の支払い対価を大幅に引き上げることを迫ることになるだろう。


トランプ大統領が、それだけの覚悟を持って政策を推進しているのかどうかが重要になる。


トランプ大統領は米中貿易戦争を激化させて、中国からの対米輸出製品に対して制裁的な関税率を設定した。


その結果、中国の対米輸出は減少するだろうが、米国人は国内物価の上昇に直面することになる。


そのことを覚悟の上で、米中貿易戦争を推進しているのかが問われることになる。


外国人の流入を増加させることによって、日本の国内でさまざまなコストが発生する。


入国する外国人に対するさまざまなケアも必要になる。


安い賃金で労働供給を得る企業が、そのコストを負担しなければ、そのコストは一般市民に被せられることになる。


一般庶民にコストを被せて、企業が安い賃金コストだけを享受することは不公正である。


実質的な奴隷貿易制度創設と言える入管法改定を、まずは阻止する必要がある。


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】防衛費リボ払い批判され…安倍首相は民主党政権に責任転嫁(日刊ゲンダイ)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 03 日
 http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/243.html     



防衛費リボ払い批判され…安倍首相は民主党政権に責任転嫁
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/240968
2018/11/03 日刊ゲンダイ


衆院予算委員会で答弁する安倍首相(C)日刊ゲンダイ

 高額武器の爆買いをごまかすために、将来にツケを回す防衛費の「リボ払い」(後年度負担)。岩屋毅防衛相は2日の衆院予算委で、19年度分が1兆5076億円になる見通しを示した。これでたまったツケ総額は5兆3372億円。防衛費の1年分とほぼ同額の借金を負っていることになる。

 安倍政権が涼しい顔で高額武器を爆買いできるのは、リボ払いを利用しまくっているからだ。実際、2012年12月に安倍政権が発足してからリボ払いのツケは2兆円も増えている。

 2日の衆院予算委で宮本徹議員(共産)が「米国製兵器の爆買いを続けたら未来にわたって暮らしのための予算を圧迫することは明らかだ」と指摘すると、安倍首相は「安倍政権になって米国からのFMS(対外有償軍事援助)が増加しているが、全体の4分の1は民主党政権が42機の導入を閣議決定したF35戦闘機に関する経費だ」と答弁した。

 自分は、前政権のツケを負わされた被害者だと言わんばかりだ。そうだとすれば、民主党政権を反面教師に、ツケには抑制的になるべきなのに、安倍はここぞとばかりに「リボ、リボ、リボ」……。国のトップが“リボ中毒”とは世も末だ。


★詳細はURLをクリックして下さい。



*□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://ameblo.jp/richardkoshimizu/entry-12408994024.html


WORDPRESSのrichardkoshimizuブログを再現しました。(旧RKブログ保存版)

. URL : http://rkwpblog.wp.xdomain.jp/  

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp


***************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4
《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net

**********************************************************





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本多平直・立憲民主党 VS 安... | トップ | 政府の外国人労働者受け入れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事