LITTLEWHEEL Modeler's Diary

モデルフィニッシャー北澤志朗が、カーモデル作りに明け暮れる日々の暮らしを赤裸々に綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シェルビーGT350R(1)

2009年02月19日 14時39分06秒 | モデルカー製作記
いよいよ始まりました。シェルビーGT350R製作記。
ニューイヤー・ミーティングで見た個体は白地に青帯のロードカーでしたが、キットの通り青地に白帯のレース仕様として作る事にします。

趣味の模型で1/24のレーシングカーを作るのは、考えてみると、えらく久しぶりなんですね。
キットのインストはなぜかボディ関係の組立てから始まってますが、私はエンジンから作り始めました。外を先に作るか、中を先に作るか、別にどっちからでもイイんですが、私は中身から行く方が好きなんです。どちらかというとね。

モノグラムのGT350は、若かりし頃にロードカー仕様を一度作った事があります。パーツを弄り始めたら懐かしい気分になるかな、と思いきや、これが全然。
25年以上前に作った時の事なんて、全く覚えちゃいません。初めて触るキットと同じにマッサラな気分でワクワクしてます。

エンジン本体のパーツはこれで全部です。かすかに色が違うパーツはメッキがかかってた奴。有無を言わせず剥離です。ピカピカ過ぎて軽く見えますからね。
レベルのメッキはキッチンハイターだけだと、なかなか落ちません。表面にクリアーコートしてあるんですね。シンナーに浸けてしばらくすると、表面のツヤが少し落ちます。これがクリアーが落ちた証拠。それからキッチンハイターに付けるとメッキはキレイさっぱり落とせます。
メッキの下にもベースコートがありますが、これは落とさなくても塗装に支障はありません。

さすがに金型が旧いので、パーツの合わせはあんまり良くない。でも、モールド自体には古臭さは全く無し。モノグラムのメカパーツのモールドはリアリティがあって素晴らしいです。
エンジンブロックとミッションケースは左右合わせですが、抜きテーパーが結構きついです。思わず合わせ目をガリガリ擦って平らにしたくなる。でもストーップ! 
ブロックの上に乗るインマニ、下側に付くオイルパン、そして前側のポンプ部。どれもブロックの抜きテーパーに対応して、接着面がユルーいV字形。合わせ目を削らんでもちゃんと水平垂直が出るんです。
こういうの、ジーンとしちゃいますヨ。設計者の愛です。さすがはモノグラム様。

手を加えたのはブロック側面とデスビのプラグコードをさす穴。プラグがどこに付いてるかは、モノによっては判りにくかったりしますが、シェルビーのフォードV8は資料が多いので大丈夫。エキマニの足の間から出てくるんですが、熱の影響は大丈夫なんでしょうか?
デスビはコードの根元の形がちゃんと突起状にモールドされていますが、そのままだとピンバイスで穴を開けるのは小さ過ぎて難しい。少し突起のアタマを削ってやりました。抜きテーパーがあるせいで、アタマを低くしてやると上面の面積が増えて、穴を開けやすくなります。

あと、オイルパンは2つのパーツからなってるんですが、下側の冷却フィンを切ってある部分は、上側が皿上に凹んでいるので、そのままだと凹みが丸見え。プラ板で蓋をしました。ま、載せちゃったら見えないのかもしれませんけどね。
今回は、なんか細かい所にこだわりたい気分なんですよ。

『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 撮影ブース新調 | トップ | シェルビーGT350R(2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rocketeer)
2009-02-20 02:04:12
始まりましたねえ。
こっちは出遅れちゃってます。
とはいえ、先日Herts版を購入。
もう少しで追いつきますぜアニキ!といいたいところですが、ここのところどうにも思うように事が運ばない状況でして。
しばらくはKitazawaさんの記事で、作ったような気になろうと思います。
いざ作るときには参考になりそうだし。しめしめ。
忙しそうですねえ (kitazawa)
2009-02-20 17:03:45
体、壊さないようにして下さいよ。
私もねえ、最近ちょっと物事の回転がよろしくない感じでして。まあ無理せずゆっくり作りましょう。 でもあんまりゆっくりだと、モチベーションが失せたりもするから難しいんですよね。
静岡では私のRとそちらのHertsで2ショット写真を撮りたいですね。

コメントを投稿

モデルカー製作記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ニッケルめっき (高品質めっき加工の三鷹金属化工所)
ニッケルは鉄に近い金属になりますが、湿度や空気に対して鉄よりもはるかに安定ですが...