今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モーゲージ救済策:下院ショック

2008-09-30 19:45:40 | Economist

The mortgage-rescue plan:A shock from the House
(モーゲージ救済策:下院ショック)
Economist.com:Sep 29th 2008 | WASHINGTON, DC
The House of Representatives rejects the $700 billion bail-out plan

下院、$7,000億救済策を否決。



IT WOULD have been one of the most unpleasant laws that Congress had found itself writing so close to an election. Devoting $700 billion of taxpayers’ money to rescuing the country’s least popular industry was clearly not a vote winner. That Democratic and Republican congressional leaders held their noses this weekend and came up with the Emergency Economic Stabilisation Act was encouraging evidence that they appreciate the gravity of the financial crisis. But with a vote of 228 to 205, the House rejected it. World stockmarkets promptly slumped. At one point the Dow Jones industrial average had fallen than 700 points, its biggest intraday drop ever. The oil price slumped by $10 to less than $97 a barrel.

先方議会にとって、選挙を目前にして成立するに、これほど不愉快な法律はなかっただろう。
納税者の納めた税金$7,000億を、アメリカで最も嫌われている業界を救済するために費やせば、明らかに票は獲得出来ないだろう。
週末、民主党、共和党の議会首脳陣が思い切ってひねりだした緊急経済安定法は、彼らが金融危機の深刻さを理解しているのだ、と励まされる証拠だった。
しかし228票対205票で、下院はこの法案を否決した。
世界中の株式市場が暴落に見舞われた。
ダウ・ジョーンズが史上最大の、700ポイント以上も下る場面もあった。
石油価格は$10も値下がりし、バレル$97を切った。

The House voted against the bill despite the best efforts of the two candidates to be president. “This is something that all of us will swallow hard and go forward with,” John McCain had said. Barack Obama had added that “What we can't do is do nothing.” As it stood on Monday, that was precisely what the House had chosen to do. The White House issued a statement expressing its severe disappointment and promising to get an economic team together to consider its next steps. It remains possible that the House will vote again. The Senate had been due to vote later in the week.

両大統領候補者の最善の努力にも拘らず、下院は法案を否決した。
「これは我々全員が我慢して受け容れ、前進しなければならないものだ」とジョン・マケインは言った。
バラク・オバマは「何もしないわけにはいかない」と付け加えた。
月曜日の時点で、下院が選択したのは正にその何もしないことである。
ホワイトハウスは深い失望を表明し、次の対策を検討すべく経済チームを結成するとの声明を出した。
下院が再び票決を行う可能性は残っている。
上院は今週中に投票する予定だった。

The bill had been widely expected to pass. Legislators from both parties wrung concessions from Hank Paulson, the treasury secretary, to provide necessary political cover. But voters seemed unconvinced. In a USA Today/Gallup Poll conducted on September 24th just 22% favoured Mr Paulson’s proposal while 56% wanted something different; only 11% preferred that no action be taken.

法案は可決されるものと広く予想されていた。
両党の議員等はハンク・ポールソン財務長官から、必要な政治的フォローを行うとの妥協を獲得していた。
しかし有権者は納得しなかったようだ。
9月24日に実施されたUSAトゥデイ/ギャラップの世論調査は、何か違う対策を求めるとの回答は56%だが、ポールソン氏の提案への賛成はたったの22%だと示した。
何もしない方が良い、とした回答者は11%にのぼった。

By legislative standards Congress moved at light speed after Mr Paulson and Ben Bernanke, the Federal Reserve chairman, proposed action on September 18th, warning of serious doom and gloom if nothing were done. In the past week the financial crisis has erupted in even more dangerous forms globally. The interbank-funds market has seized up and even the most creditworthy corporate and financial firms are paying punitive rates. Last week Washington Mutual became the largest-ever American bank to fail. In Europe, three countries had to come to the rescue of Fortis, a Belgian banking group, and Britain did the same with a mortgage lender, Bradford & Bingley. And on Monday Citigroup agreed to buy most of the assets of Wachovia, another beleaguered American bank, in a deal brokered by regulators.

議会の基準でいけば、何も手が打たれなければ深刻な大惨事に見舞われる、と警告するポールソン氏とベン・バーナンキFRB議長が9月18日に対策を提示した後、連邦議会は電光石火で行動したことになる。
この一週間、金融危機は更に危険な形で、世界中で勃発した。
銀行間貸付市場は凍結し、最も信用力の高い企業や金融機関まで、懲罰的金利を支払っている。
先週は、ワシントン・ミューチュアルがアメリカ史上最大の破綻を記録した。
ヨーロッパでは、3カ国がベルギーの銀行グループ、フォルティスを救済せざるを得なくなり、イギリスもモーゲージ貸付機関ブラッドフォード&ビングレーを救済することとなった。
また月曜日、シティグループは監督機関が仲介役を務める取引の中、経営難に陥ったアメリカの銀行、ワコヴィアの資産の殆どを買収することに合意した。

The new law would have provided the Fed with an additional tool for combating the latest stage of the crisis: from October 1st it would have paid interest on reserves that banks maintain at the Fed. This would have let it pump almost unlimited cash into the money market without fear of interest rates falling to zero, Japanese-style.

新しい法律は、危機の最新段階と闘うための更なる武器を、FRBに提供したはずだ。
銀行がFRBに預けている準備金に対して、10月1日から支払うはずだったのだ。
これは日本のようにゼロ金利にすること懸念なく、資金市場に流動性をほぼ無制限に注入するはずだった。

Mr Paulson or his successor would have been given $250 billion immediately, $100 billion more at the president’s discretion and $350 billion upon Congress’s approval. The Troubled Asset Relief Programme, or TARP, would be allowed to buy mortgage-backed securities, whole loans (those not bundled into pools) and, in consultation with the Federal Reserve chairman, anything else necessary to stabilise the financial system. That includes taking control of entire companies. Mr Paulson said on Sunday that would get the power to avert “the potential systemic risk from the disorderly failure of a large financial institution,” implying the ability to bail-out a company while punishing its owners, as was done with Bear Stearns, Fannie Mae, Freddie Mac and AIG. Given the frequency with which institutions are collapsing, he would have been keen to invoke that power soon.

ポールソン氏、または彼の後任は、直ちに$2,500億を与えられたことだろう。
そして大統領判断で更に$1,000億、そして連邦議会の承認で$3,500億を得ていたはずだ。
苦境に陥った金融安定化法案(TARP)は、モーゲージ担保証券、全ての融資(まとめられていないローン)、そしてFRB議長との協議により、金融システム安定化のために必要なものを全ての購入を許可するはずだった。
それには全社の経営権取得も含まれている。
ポールソン氏は日曜日、ベア・スターンズ、ファニー・メイ、フレディー・マック、おそしてAIGで行ったような、社主を処分しながら企業を救済する能力をほのめかし、「大型金融機関の無秩序な破綻による潜在的システミック・リスク」を回避する力を得るだろうと語った。
企業破綻の頻度を考えてみれば、彼は近々その力をしきりに発動することになっていただろう。








KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« カドバリー社、メラニン汚染... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Economist」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事