今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀行クラッシュがヨーロッパを襲う

2008-09-30 19:44:14 | Telegraph (UK)


Banking crash hits Europe as ECB loses traction
(ECBが牽引力を失う中、銀行クラッシュがヨーロッパを襲う)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:29 Sep 2008
The global credit crisis has slammed into Europe with stunning violence over the last two days, triggering five major bank rescues and a near total shut-down of the region's credit markets.

この2日間、世界的信用危機が恐ろしい勢いでヨーロッパに襲い掛かっており、五大銀行救済劇と欧州信用市場のほぼ完全シャットダウンを引き起こした。


The Dutch-Belgian bank Fortis, Britain's Bradford and Bingley, and Iceland's Glitnir, were all partially or fully nationalized after failing to roll-over debts in the short-term money markets, while the French state pledged support for the Franco-Belgian lender Dexia after the share price collapsed on reports of a capital shortage.

オランダ・ベルギーの銀行フォルティス、イギリスのブラッドフォード&ビングレー、そしてアイスランドのグリトニル。
短期資金市場での負債の借り換えに失敗した後、部分的、または全面的に国有化されてしまった。
一方、フランスは同行の株価が資本不足との報道により暴落した後、フランス・ベルギーの銀行デクシア支援を誓った。

"The European financial sector is on trial: we have to support our banks." said French President Nicolas Sarkozy. He has reportedly ordered the state investment arm Caisse Des Depots to shore up Dexia, even though the bank is based in Belgium.

「ヨーロッパの金融セクターは試練の時だ。我々は銀行を護らなければならない」とニコラス・サルコジ大統領。
デクシアの本店はベルギーにあるのだが、彼は国家投資機関である預金供託金庫に、同行の支援を命じたと伝えられている。

Germany's Hypo Real Estate, a commercial property lender, was rescued with a ロ35bn lifeline from a consortium of local banks. The lender has $560bn in liabilities, almost as much as Lehman Brothers.

ドイツの商業用不動産向貸付業者、ハイポ・リアル・エステートは、地元銀行のコンソーシアムから、EUR350億相当のライフラインを得て救済された。
同行の負債は$5,600億。
リーマン・ブラザーズとほぼ同額である。

Hypo Real's share price crashed 74pc, setting off a masse exodus from financial stocks in Frankfurt. Commerzbank fell 23pc and Aareal Bank was off 43pc.

ハイポ・リアルの株価は74%も大暴落し、フランクフルトの金融銘柄から大量の資金流出を引き起こした。
コメルツバンクは23%、Aareal銀行は43%も値下がりした。

Anglo Irish Bank was down 44pc in Dublin on wholesale funding fears.

ホールセール資金供給への懸念により、ダブリンではアングロ・アイリッシュ銀行が44%値下がりした。

Europe's credit markets have come close to seizing up as three-month Euribor jumped to a record 5.22pc and OIS spreads rocketed to 113 basis points.

3ヶ月EURIBORの金利が記録的な5.22%へ、そしてOISのスプレッドが113ベーシス・ポイントへと跳ね上がり、ヨーロッパの信用市場は取引停止寸前となった。

"The interbank market has collapsed," said Hans Redeker, currency chief at BNP Paribas.

「銀行間貸付市場は破綻した」とBNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカー。

"We're now seeing a domino effect as the credit multiplier goes into reverse and forces banks to cut back lending to clients," he said.

「クレジット・マルティプライアーが逆転して、銀行に顧客への貸付を削減させるわで、今や将棋倒しだ」。

そこでこの話ですよ。

Mr Redeker said the latest alarming twist is a move by banks to deposit ロ28bn in funds at the European Central Bank in a panic flight to safety. This has jammed the mechanism used by the authorities to shore up the financial system in a crisis.

レデカー氏は、最新の危険な展開は、安全を求めるパニックの中、銀行がECBにEUR280億も預金しようとする動きだ、と語った。
このような行動が、危機の中で金融システムを支えようと、当局が使った仕組を台無しにしてしまったのである。

"The ECB is no longer able to inject liquidity because the money is just coming back to them again. This is extremely serious. If monetary policy is no longer working, there is a risk that the whole system will blow up in days," he said.

「ECBはもう流動性なんか注入出来ない。兎に角、注入した資金がまともに戻ってくるんだから。これは恐ろしく深刻な事態だよ。金融政策がもう機能しないとなったら、数日以内に全システムが木っ端微塵になる危険性がある」。

The euro plunged on Monday as the wave of bank failures hit the newswires, dropping 2pc to $1.43 against the dollar. It recovered slightly as the US Federal Reserve flooded the markets with $630bn of dollar funding with fellow central banks in the biggest liquidity blitz in history.

一連の銀行破綻が報じられる中、月曜日、ユーロはドルに対して$1.43まで2%値下がりした。
FRB他の中央銀行と共に、$6,300億もの流動性を市場に注入して少々回復したが、これは史上最大の流動性注入劇だった。

Analysts say German finance minister Peer Steinbrueck may have spoken too soon when he crowed last week that the US would lose its status as a superpower as a result of this crisis. He told Der Spiegel yesterday that we are "all staring into the abyss".

アナリスト等は、ドイツのピール・シュタインブルック財務相は先週、この危機の結果、アメリカは超大国の地位を失うだろう、などと得意げに話していたが、彼は先走り過ぎたかもしれない、と言っている。
彼は昨日デア・シュピーゲル紙に、我々は皆「地獄の底を凝視している」と語った。

Germany - over-leveraged to Asian demand for machine tools, and Mid-East and Russian demand for luxury cars - is perhaps in equally deep trouble, though of a different kind.

機械需要はアジアに、高級車は中東とロシアに過剰依存するドイツは、種類は違うが、やはり同じくらい深刻な問題を抱えているのだろう。

The combined crises at both Fortis and Dexia have sent tremors through Belgium, which is already traumatized by political civil war between the Flemings and Walloons. Fortis is Belgium's the biggest private employer.

フォルティスとデクシアというダブル危機により、フランドル人とワロン人の政治内戦で既にトラウマを抱えるベルギーに、激震が走った。
フォルティスは、ベルギーで最も沢山の従業員を抱える民間企業だ。

It is unclear whether the country has the resources to bail out two banks with liabilities that dwarf the economy if the crisis deepens, although a joint intervention by The Netherlands and Luxembourg to rescue Fortis has helped Belgium share the risk. Together the three states put ロ11.2bn to buy Fortis stock.

オランダとルクセンブルクが合同で行ったフォルティス救済介入のおかげで、ベルギーはリスクを軽減出来たとはいえ、危機が深まれば同国経済の規模を遥かに上回る債務を抱える両行を救済するリソースが、ベルギーにあるかどうかは明らかではない。
フォルティス株を購入するために、3カ国が出した金額は総額EUR112億だ。

This tripartite model is unlikely to work so well in others parts of Europe, since Benelux already operates as a closely linked team. The EU lacks a single treasury to take charge in a fast-moving crisis, leaving a patchwork of regulators and conflicting agendas.

しかし、ベネルクスは既に密接に結びついたチームとして活動していたので可能だったが、このような三カ国による合同救済モデルは、ヨーロッパの他の地域ではそう上手く行かなさそうだ。
EUには急速に変化する危機の中で指揮する統一財務省がなく、あるのはバラバラの監督機関と相反する政策だ。

Carsten Brzenski, chief economist at ING in Brussels, said the global crisis was now engulfing Europe with devastating speed.

ブリュッセルINGのチーフ・エコノミストCarsten Brzenskiは、世界危機は今やヨーロッパを恐ろしいスピードで飲み込みつつある、と言った。

"We are at imminent risk of a credit crunch. Key markets are not functioning properly. The Europeans thought the sub-prime crisis was just American rubbish that the US should clean up itself, but now they are finding out that it is their rubbish too," he said.

「信用危機のリスクは目前。主要市場がまともに機能していない。ヨーロッパは、サブプライム危機など、アメリカが自分で始末すべき米製ゴミクズに過ぎないと思っていたけれど、今では自分達のゴミクズでもあったとわかってきた」と彼は言った。

Data from the IMF shows that European banks hold 75pc as much exposure to toxic US housing debt as US banks themselves. Moreover they have mounting bad debts from the British, Spanish, French, Dutch, Scandinavian, and East European housing markets, where property bubbles reached even more extreme levels that in the US.

IMFのデータは、欧州系銀行が米系銀行の猛毒住宅債務へのエクスポージャーn75%も保有している、と示している。
更に、ヨーロッパの銀行がイギリス、スペイン、フランス、オランダ、北欧、そして東欧の住宅市場からの不良債権は増加し続けているのだ。
これらの地域の不動産バブルは、アメリカよりも極端なレベルにまで達していた。

The interest spread between Italian 10-year bonds and German Bunds have ballooned to 92 basis points, the highest since the launch of the euro. Bond traders warn that the spreads are starting to reflect a serious risk of EMU break-up and could spiral out of control in a self-feeding effect.

イタリアの10年債とドイツ・ブントのスプレッドは、92ベーシス・ポイントにまで膨れ上がった。
これは統一通貨発足以来最高である。
債権トレーダーは、このスプレッドは深刻なEMU崩壊リスクを反映し始めており、悪循環により制御不能に陥るかもしれないと警告している。

As the eurozone slides into recession, the ECB is coming under intense criticism for keeping monetary policy too tight. The decision to raise rates into the teeth of the crisis in July has been slammed as overkill by the political leaders in France, Spain, and Italy.

ユーロ経済圏が不況に陥る中、ECBは金利政策を引き締め過ぎたとの強烈な非難にさらされている。
危機の真っ只中に突入することとなった、7月の利上げ決断は、フランス、スペイン、イタリアの政治首脳陣によりやり過ぎだと酷評されている。

Mr Sarkozy has called an emergency meeting of the EU's big five powers next week to fashion a response to the crisis.

サルコジ氏は危機対策をまとめるべく、来週にも緊急会議を開催すべくEU五大国を召集した。

Half of the ECB's shadow council have called for a rate cut this week, insisting that the German-led bloc of ECB governors have overstated the inflation risk caused by the oil spike earlier this year.

今週、影のECB金利決定委員会のメンバーの半数は、ドイツ率いるECB理事等が今年先に、石油価格高騰によるインフレ・リスクを誇張し過ぎたと強く主張し、利下げを実施するよう要請した。

Jacques Cailloux, Europe economist at RBS, said the hawks had won a Pyrrhic victory by imposing their hardline monetary edicts on Europe. "They have won a battle but lost the war. The July decision will hardly go down in history books as a great policy decision," he said.

RBSのヨーロッパ・エコノミスト、Jacques Caillouxは、タカ派がヨーロッパに強硬金融政策を実施して、全く割に合わない勝利を獲得したと語った。
「連中は戦いには勝ったが戦争には負けた。7月の利上げ決断は、偉大なる政治的決断とは歴史の本には記されないよ」。










KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« ニュースフラッシュ | トップ | 日本のMUFGがモルスタ株を購... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事