今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドイツの二大ユーロ殉教者、メルケル独首相に忍耐か破壊を指示

2012-07-19 11:29:47 | Telegraph (UK)
Germany’s twin euro-martyrs tell Merkel to put up or break up
(ドイツの二大ユーロ殉教者、メルケル独首相に忍耐か破壊を指示)
By Ambrose Evans-Pritchard Economics
Telegraph Blog: Last updated: July 18th, 2012
Thilo Sarrazin is not everbody’s cup of tea. The ex-Bundesbanker and shock-jock critic of Islam in Europe loves to make mischief.

ティロ・ザラツィン氏は曲者です。
元ドイツ連邦銀行理事であり、ヨーロッパのアンチ・イスラム教毒舌評論家の同氏は、騒動を起こすのが大好きなのです。

But his latest broadside against monetary union in the Frankfurter Allgemeine is spot on. The Maastricht Treaty 20 years ago was a wild lurch into strategic incoherence.

とはいえ、彼が先日フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥンク紙で行ったユーロ一斉攻撃はお見事でした。
20年前に締結されたマーストリヒト条約は、戦略的矛盾への無謀な傾倒だったのです。

Europe’s leaders fell into the trap of Goethe’s Zauberlehrling or Sorcerer’s Apprentice, launching a currency experiment that they could not control. Now the magic word eludes them. They cover up their impotence by deflecting blame onto markets.

ヨーロッパの指導者等はゲーテの『魔法使いの弟子』に出てくる罠にかかって、手に余る通貨実験を開始したのです。
もはや、その魔法の呪文は彼らの手を逃れてしまいました。
彼らは非難をマーケットに向けることで、自らの無能さを隠蔽しているのです。

Mr Sarrazin said EMU has demonstrably failed. Germany must draw the proper conclusion: either abandon the euro or accept the revolutionary step towards a European superstate. Morton’s Fork has arrived, with all its fateful consequences.

ザラツィン氏いわく、EMUは物の見事に失敗したのです。
ドイツは適切な結論を出さねばなりません。
つまり、ユーロを放棄するか、EUという超国家への革命的一歩を受け容れるかという結論です。
運命的結末の待つ、究極の選択を迫られているのです。

Europe’s integration process stands at a parting of the ways and we must now choose between a dangerous step back on the one side and a full-blown loss of sovereignty to Europe on the other."

ヨーロッパの統合プロセスは岐路にあり、僕達はこれから、危険な一歩後退か、欧州への完全主権移譲のいずれかを選択しなければならないのです。

He said the pre-1999 system of periodic currency adjustments was much better suited to the vastly different needs of Europe’s eclectic and historic nation states (why not floating currencies, and be done with it? but let’s not quibble).

ザラツィン氏は、1999年以前の定期的通貨調整システムの方が、ヨーロッパの多種多様かつ歴史ある主権国家の非常に多岐に亘るニーズに遥かに適していたと言います(変動通貨にして終わりじゃいけないんですか?まあ、屁理屈は止めましょう)。

The democratic order of post-war Europe was already established long before Maastricht, as was a common security system, the free flow of goods and services, and broadly free competition. Europe was working quite nicely without a common currency, and could do so again.

戦後欧州の民主主義的秩序は、マーストリヒト条約が出来る遥か以前に確立されていました。
共通の安全保障システム、商品およびサービスの自由な移動、概ね自由な競争も同様です。
ヨーロッパは共通通貨がなくてもかなり上手く機能していたのであり、またそうなるかもしれません。

The euro has nothing to do with the great issues of war and peace, as so often and so lamely asserted. The "de facto currency union" of 1914 (Gold Standard) did not stop conflict: the dollar and the peseta did not stop civil wars in the US and Spain. The linkage claimed — or inferred — by Chancellor Merkel is preposterous.

非常に頻繁かつ非常にぎこちなく主張されますが、ユーロは戦争と平和という大問題とは無関係です。
1914年に設立された「事実上の通貨同盟」(金本位制のことです)は対立を止められませんでした。
ドルとペセタは、米国とスペインの内戦を止められませんでした。
メルケル独首相が主張する(もしくはほのめかす)関連性など馬鹿げています。

For Germany, ever escalating moves to hold the euro together are leading to "systematic" breaches of treaty law and the German constitution. German democracy and the rule of law is being degraded. That is a very high price to pay.

ドイツの場合、エスカレートし続けるユーロ存続対策は、条約法とドイツ憲法への「組織的」違反につながりつつあります。
同国の民主主義と法の支配が損なわれつつあります。
それは非常に大きな対価です。

Mr Sarrazin is almost alone in German public life, at least until the dam breaks, which cannot be far away.

それもそう遠からぬことでしょうが、少なくともダムが決壊するまで、ザラツィン氏はドイツの公的生活ではほぼ孤立しています。

His one big ally is Hans-Olaf Henkel, former head of the German industry federation and author of a master plan to break EMU in two – with Germany and northern allies withdrawing, leaving France and the Latin bloc with the euro.

彼の頼りになる味方はハンス=オラフ・ヘンケル教授です。
同氏は元ドイツ産業同盟会長で、ドイツおよび北部欧州の仲間はユーロを離脱し、フランスとラテン陣営をユーロに残留させる、というEMU二分割計画の著者でもあります。

I had dinner with Professor Henkel in London last week. He is a brave man, the survivor of two years of vilification in the German press for daring to challenge orthodoxy.

僕は先週ロンドンで、ヘンケル教授と会食しました。
彼は勇敢な人であり、異論を唱えたことへの、独マスコミによる2年間ものバッシングを生き延びた人です。

Much of the German economic and political elite now agrees with him that EMU has become unworkable – he said, over some very good Pouilly Fuisse at the Reform Club – yet almost everybody shrinks from the implications.

今や、ドイツの経済、政治エリートの大多数はEMUは機能不全になってしまったという彼の意見に賛成しています(とリフォーム・クラブで素晴らしいプイィ・フュイッセを片手に教授は言いました)が、ほぼ全員がその意味するところに萎縮してしまっているのです。

The moral baggage of the 20th Century leaves German leaders paralysed. They dare not pull the plug on a project that is becoming more ruinous by the day for fear of further reproach.

20世紀の道徳的重荷のために、ドイツの指導者達は麻痺してしまっています。
彼らは、更なる不面目を恐れて、日に日に破滅的になりつつあるプロジェクトを打ち切れないのです。

But as Prof Henkel says, persisting with EMU is itself doing great harm to Germany’s image and diplomatic interests. Germany has not been so hated in Greece for over sixty years, and a bitter anti-German mood is welling up in Italy and Spain. The goodwill generated by half a century of irreproachable conduct in Europe is being squandered for a cause that has no future.

とはいえ、ヘンケル教授が仰る通り、EMUを執念深く存続させることそのものがドイツのイメージや外交的利益に大きな害悪を与えています。
ドイツがギリシャでこれほどまでに憎悪されるのも60年ぶりです。
また、イタリアとスペインでも辛辣なアンチ・ドイツ・ムードが高まっています。
ヨーロッパで半世紀に亘って誠意を尽くすことで生まれた友好が、前途のない大儀によって無駄にされつつあります。

My own view is that the German-imposed policy of fiscal and monetary contraction suffocating half Europe is foolish and destructive, failing to understand the mechanical Fisherite effects of falling nominal GDP on highly-indebted economies.

個人的には、ドイツが押し付けている、欧州の半分を窒息死させつつある財政金融緊縮策は、馬鹿げている上に破壊的であり、重債務国に対する名目GDP低下というフィッシャー経済学の機械的影響を理解していないと思っています。

The policy leads to an explosive debt trajectory, as we have seen in Greece, and now see in Ireland, Portugal, Spain, and increasingly Italy. There are times for harsh austerity, and there are times when it is self-defeating. Statesmanship is distinguishing between these different circumstances.

このような政策は、ギリシャで確認され、今やアイルランド、ポルトガル、スペイン、そしてイタリアでも徐々に確認されているような、債務軌道の激変をもたらしています。
苛烈な緊縮策が相応しい時期はありますし、それが自滅的である時期もあるのです。
政治的手腕とは、これらの異なる状況を識別するものです。

But precisely because the current policy is so damaging to both Southern Europe and Germany, Chancellor Merkel must change course.

とはいえ、現行の政策が南部欧州とドイツの両方にとって余りにも有害であるが故に、メルケル独首相は路線変更をしなければならないのです。

My criticism of over recent months is that Germany’s political establishment blocks all solutions. It refuses to accept the federalist logic of EMU and embrace fiscal union and debt mutualization, yet at the same time it absolutely refuses to contemplate withdrawal from the euro so that other countries can recover.

ドイツ政界は全ての解決策を妨害している、と僕は数ヶ月前から批判しています。
EMUの連邦主義のロジックを受け容れて、財政同盟と債務相互化を採用することを拒絶しながら、他の加盟国が回復出来るようにユーロ離脱を検討することを絶対的に拒んでいるのです。

For all Chancellor Merkel’s euro rhetoric about the survival of peace in Europe, she is actually behaving as if EMU were nothing more than a fixed-exchange system. It seemed for a few days as if she had agreed to a direct €100bn recap of Spanish banks from the ESM bail-out fund – and in doing so taking the first step towards a debt union – but now we learn that no such concession was in fact made at the EU summit in Brussels.

メルケル独首相のヨーロッパの平和の存続うんぬんですが、同首相は実際には、まるでEMUは固定為替制度以外の何物でもないかのように振舞っているのです。
ほんの2-3日間、メルケル独首相は欧州安定化メカニズムから1,000億ユーロをスペインの銀行に直接注入することに合意し、そうすることで債務同盟への第一歩を踏み出したように見受けられましたが、ブリュッセルでのEUサミットでそのような妥協は一切なされなかったということは僕等にも今や明らかです。

Germany is stringing Europe along, hinting at fiscal union down the road without ever quite delivering. This is dishonest. It is leading to great anger (haven’t the Spanish just been duped horribly). It is ultimately untenable.

ドイツは、財政同盟の可能性をほのめかしながら、一度も実現に向けて動くことなく、ヨーロッパを放置プレー中です。
そうすることで猛烈な怒りを招きつつあります(つい先日もスペインが酷い詐欺にあったでしょう?)。
結局のところ、維持不可能なのです。

Prof Henkel notes wryly that she ditched her whole energy policy in days after the surveying the post-Fukushima opinion polls, without even telling France that Germany was pulling out of nuclear power. That is her ruthless streak. He wonders whether it may prove the blueprint for the final days of the euro.

メルケル独首相は福島原発事故後の世論調査を見てから数日も経たないうちに、ドイツは原発から手を引くとフランスにすら告げることなく、エネルギー政策を丸ごと放り出した、とヘンケル教授は皮肉をこめて指摘します。
そこが彼女の冷酷なところです。
ユーロ最後の日々もこんな感じだろうか、と教授。

The decision can no longer wait. Prof Henkel and Dr Sarrazin say the German ruling class must at long last make their fateful choice. I heartily concur.

もはや決断を先延ばしすることは出来ません。
ドイツの支配階級はいよいよ運命的決断を下さなければならない、とヘンケル教授とザラツィン博士は言います。
心から同意致します。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ファンドマネジャー:ドイツ... | トップ | モンティ伊首相、デフォルト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事