今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

株式売却トリプル警告@テレグラフ

2007-06-07 14:06:26 | Telegraph (UK)
メモメモ………。

Morgan Stanley issues triple sell warning on equities
(モルガンスタンレー、株式売却トリプル警告を発布)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:07/06/2007
Morgan Stanley has advised clients to slash exposure to the stock market after its three key warning indicators began flashing a "Full House" sell signal for the first time since the dotcom bust.

ドットコム・バブルの崩壊以来初めて、3つの重要な警告が売り信号『フルハウス』を知らせた後、モルガンスタンレーはクライアントに、株式市場へのエクスポージャーをばっさり減らすよう忠告した。

Teun Draaisma, chief of European equities strategist for the US investment bank, said the triple warning was a "very powerful" signal that had been triggered just five times since 1980.

アメリカ投資銀行のヨーロッパ株式ストラテジスト、Teun Draaismaチーフは、トリプル警戒信号は1980年以来5回しか発生していない「非常に強力な」シグナルだ、と語った。

"Interest rates are rising and reaching critical levels. This matters more than growth for equities, so we think the mid-cycle rally is over. Our model is forecasting a 14pc correction over the next six months, but it could be more serious," he said. Mr Draaisma said the MSCI index of 600 European and British equities had dropped by an average of 15.2pc over six months after each "Full House" signal, with falls of 25.2pc after September 1987 and 26.2pc after April 2002. "We prefer to be on the right side of these odds," he said.

「金利は上がってやばいレベルまで達している。これは株式の伸びよりもヤバイ。だから中期的回復はおしまい、と考えている。我々のモデルは今後6ヶ月間、14%の相関関係と予想しているけど、もっと深刻かも」
と彼は言った。
Draaisma氏は、ヨーロッパとイギリスの600社分の株式のMSCIインデックスは、この6ヶ月間は『フルハウス』シグナルが出る度に平均15.2%下落し、1987年9月後は25.2%、2002年4月後は26.2%下落した、と語った。
「勝ち目のある方にいたいんだよね」。

The first of the three signals Morgan Stanley monitors is a "composite valuation indicator" that divides the price/earnings ratio on stocks by bond yields. It measures "median" share prices that capture the froth of the merger boom, rather than relying on a handful of big companies on the major indexes.

3つのシグナルの内、モルガンスタンレーがモニターした最初のシグナルは「複合評価インジケーター」。
これはPERを債券利回りで割ったものだ。
主要インデックスの一握りの大企業に頼るというよりも、それはM&Aブームのフロスを捕らえる「平均」株価を測定する。

"If you look at all shares, the p/e ratio is at an all-time high of 20," he said.

「全部の株を見たら、PERは記録的な20だよ」
と彼は言った。

The other two gauges measure fundamentals such as growth and inflation, as well as risk appetite. "Investors are taking far too much comfort from global liquidity. Markets always return to fundamental value, so people could be in for a rude awakening. This is the greater fool theory," he said. "The trigger may be rate rises by the Bank of Japan, or a widening of credit spreads. There are lots of little triggers."

他の2つのものさしは、成長とインフレ、そしてリスクへの選好度といったファンダメンタルを測定する。
「投資家は世界的な流動性にあんまりにもあぐらかいちゃってるから。市場はいつだってファンダメンタルに戻るわけ。だから皆突然しまったやられた!と気づくわけで…。これこそグレーターフール理論よ」
と彼は語った。
「トリガーは日銀の金利引き上げかもしんないし、でなけりゃクレジット・スプレッドの拡大かもしんないし。地雷なら一杯あるし」。

Morgan Stanley is not predicting a recession, believing bond yields will fall during a correction and act as an "automatic stabiliser" for the world economy. Once the market shakes off the latest excesses, it's back to the races.

債券利回りが相関関係の間に落ちて世界経済の「自動スタビライザー」として動くだろう、と考えて、モルガンスタンレーは不敬意は予測していない。
一旦市場が最新の過剰部分を振り落とせば、ゲームは再開する。



↓ま、気が向いたらヨロシク





KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事