今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暴落教歓喜:ギリシャ死亡はユーロ圏問題、スペイン死亡は大惨事

2010-01-29 10:52:53 | Telegraph (UK)
ワロスワロス。

Funds flee Greece as Germany warns of "fatal" eurozone crisis
(ドイツが「致命的」なユーロ圏危機を警告し、ギリシャから資金が大脱出)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph:28 Jan 2010
Germany has triggered a near-panic flight from southern European debt markets by warning that there will be no EU bail-outs, even though it fears the region's economic crisis has turned dangerous and could prove "fatal" for the entire eurozone.

ドイツは、同地域の経済危機が危険な状況になり、ユーロ圏全体にとって「致命的」だと判明するかもしれない、と懸念しながらも、EUは救済しないと警告して、南欧の債券市場からのパニックのような資金逃避の引き金を引いた。


The yield on 10-year Greek bonds blasted upwards by over 40 basis points to 7.15pc in a day of wild trading. Spreads over German Bunds reached almost four percentage points, by far the highest since Greece joined the euro, and close to levels that risk a self-feeding spiral. Contagion hit Portuguese, Spanish, Irish, and Italian bonds.

ギリシャの10年債の金利は、激しい取り引きが行われ、一日にして40ベーシス・ポイントも跳ね上がり、7.15%となった。
ドイツ・ブントとの金利スプレッドは、ギリシャがユーロに加盟して以来最高の4%に近付いた。
この水準は、自律的崩壊に突き進む危険性を伴う水準に近いものだ。
悪影響は、ポルトガル、スペイン、アイルランド、イタリアの債券にも及んだ。

George Papandreou, the Greek premier, said in Davos that his country had been singled out as the weak link in a "attack on the eurozone" by speculators and political foes. "We are being targeted, particularly by those with an ulterior motive."

ゲオルグ・パパンドレウ首相はダヴォスで、ギリシャは投機家や政敵による「ユーロ圏への攻撃」において、一番弱い国として狙い撃ちされていると述べた。
「我々は特に隠された動機を持つ者に狙われている」

Marc Ostwald, from Monument Securities, said the botched syndication of €8bn (£6.9bn) of Greek debt earlier this week has made matters worse. Many of the investors were "hot money" funds that bought on rumours that China was emerging as a buyer, offering them a chance for quick profit. When the China story was denied by Beijing and Athens, these funds rushed for the exit.

モニュメント・セキュリティーズのMarc Ostwaldによれば、今週先に80億ユーロのギリシャ債のシンジケートが失敗したことにより、事態は悪化している。
多くの投資家は、中国が買いに来るので手っ取り早く儲けるチャンスだ、との噂に乗った「ホットマネー」ファンドだった。
中国政府とギリシャ政府がその噂を否定すると、これらのファンドは手仕舞いに急いだ。

However, a key trigger yesterday was testimony in Germany's parliament by economy minister Rainer Brüderle, who said there would be "no bail-outs" for struggling debtors and no move to a "European economic government".

だが、昨日の引き金は、ライナー・ブリューデレ経済技術相がドイツ議会で行った証言だった。
ブリューデレ経済技術相は、悪戦苦闘する債務国への「救済は一切行わない」、「欧州経済政府」への移行はない、と述べたのである。

"A few European nations are exhibiting dangerous weaknesses. That could have fatal consequences for all countries in the eurozone," he said. Despite the warning, he said each country must solve its own problems.

「少数の欧州諸国は、危険な弱点をさらしている。それはユーロ圏の全ての国に致命的結末をもたらすかもしれない」と彼は述べた。
その警告にも拘らず、彼は各国は独自の問題を解決しなければならないと言った。

"Germany is not in a mood to be the deep pocket for what they consider profligate, southern neighbours," said hedge fund doyen George Soros.

「ドイツは、無駄遣いする南部の近隣諸国とみなす連中のために、金を出す気分にないんだね」とヘッジファンドの長老、ジョージ・ソロスは述べた。

Mr Brüderle's hard line contradicts a report in Le Monde that Franco-German officials are discussing a rescue for Greece in order to keep the International Monetary Fund at bay.

ブリューデレ経済技術相の強硬路線は、仏独当局者がIMFの介入を阻止するためにギリシャ救済策を話し合っている、とするル・モンド紙の記事と矛盾している。

The paper cited a source saying that EMU partners were ready to "help" Greece. "It is a question of credibility for the eurozone. The IMF might want to impose monetary conditions."

同紙は、EMU加盟国はギリシャを「助ける」用意がある、とする内通者の言葉を伝えた。
「ユーロ圏の信頼性の問題だ。IMFは金融条件を課したがっているかもしれない」

Le Monde's story was shot down by Berlin and Paris, but there is little doubt that certain officials have been trying to build momentum for a rescue. It is clear that the EU family is split on the issue. Jean-Claude Juncker, head of the Eurogroup of finance ministers, backs "assistance", with support of EU integrationists hoping to nudge the EU towards full fiscal union.

ル・モンド紙の記事は、独仏両政府によって否定されたが、一部の当局者が救済への契機を作ろうとしているのはほぼ間違いない。
EUファミリーが、この問題について分裂していることは明らかだ。
ユーロ加盟国財務相の代表、ジャン=クロード・ユンケルは「支援」を支持しており、EU財政の完全統合を願うEU統合派もサポートしている。

This is fiercely opposed by Berlin, and the German-led bloc at the European Central Bank. There are reports that Berlin is deliberately bringing the crisis to a head, hoping to lance the boil early and force the Club Med states to reform before it is too late. If so, this is a risky strategy. German banks have huge exposure to Greek, Spanish, and Portuguese debt.

これはドイツ政府及び、ECBのドイツが主導する陣営に、猛烈に反対されている。
ドイツ政府は、早めに膿を出して、手遅れになる前に地中海クラブに改革を強いることを願って、意図的に危機を前倒しした、との報道もある。
だとすれば、これは高リスク戦略だ。
ドイツの銀行は、ギリシャ、スペイン、ポルトガルの債券を山ほど保有しているのだ。

Hans Redeker, currency chief at BNP Paribas, said Greece will face "great trouble" if it has to pay 7pc rates for long. Athens must raise €53bn this year, mostly in the first half. It has a been relying on cheap short-term debt to fund the budget deficit of 13pc of GDP, but this raises "roll-over risk".

BNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカー曰く、長期に亘って7%もの金利を払わなければいけない事態になれば、ギリシャは「大問題」に直面するだろう。
ギリシャ政府は今年530億ユーロを調達しなければならず、その大部分は上半期に集中している。
同国は、対GDPで13%に上る予算赤字を埋めるために、低金利の短期借入に依存しているが、この方法は「ロールオーバー・リスク」を生じる。

Tim Congdon, from International Monetary Research, said the danger is that wealthy Greeks may shift money to bank accounts abroad if they lose confidence (akin to Mexico's Tequila Crisis in 1994-1995). This would set off a banking crisis and become self-fulfilling.

IMRのティム・コンドンによれば、富裕なギリシャ人が、信頼を喪失して海外の銀行口座に資金を移動させるかもしれない、という危険がある(1994-95年のメキシコのテキーラ危機に似ている)。
これは銀行危機を引き起こし、自己達成するかもしれない。

Greece has been financing current account deficits – 15pc of GDP in 2008 – through its banks, which have built up €110bn foreign liabilities. "If foreign creditors want their money back, defaults and/or a macroeconomic catastrophe appear inevitable," Mr Congdon said.

ギリシャは経常赤字(2008年はGDPの15%)のファイナンスを銀行によって行っており、外債は総額1,100億ユーロに上っている。
「海外の債権者が金を返してほしいと言い出せば、不履行及び/もしくはマクロ経済危機は避けられなさそうだ」とコンドン氏は言った。

Adding to worries, Moody's has issued an alert on Portugal's "adverse debt dynamics", saying Lisbon needs a "credible plan" to reduce a structural deficit stuck at 7pc of GDP rather than "one-off measures".

更に心配に拍車をかけたのは、ムーディーズが出したポルトガルの「アドバース・デット・ダイナミクス」に関するアラートである。
ムーディーズは、ポルトガル政府はGDPの7%で停滞する構造的財政赤字を削減する、「一回限りの対策」よりも「信頼出来る計画」が必要だ、と伝えた。

The deeper concern is Spain, where youth unemployment has reached 44pc and the housing bust has a long way to run. Nouriel Roubini – the economist known as 'Dr Doom' – said Spain is too big to contain. "If Greece goes under that's a problem for the eurozone. If Spain goes under it's a disaster," he said.

より深刻な懸念があるのはスペインである。
同国の若年層の失業率は44%に達しており、住宅不況は長期的になりそうだ。
「ドクター・ドゥーム」として知られるエコノミスト、ノリエル・ルービニによれば、スペインは封じ込めるには大き過ぎる。
「ギリシャが逝けば、ユーロ圏に問題が起きる。スペインが逝けば、大惨事になる」と彼は言った。

Jose Luis Zapatero, Spain's premier, replied wearily: "Spanish public debt (52pc of GDP) is 20pc lower than Europe's average; our treasury spends 5pc of revenues on debt costs, less than France and Germany. Nobody is going to leave the euro," he said.

ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相は、ぐったりと答えた。
「スペインの公債(GDPの52%)は、ヨーロッパの平均よりも20%も低い。我が国の財務省は歳入の5%を公債費に費やしているが、これはフランスやドイツよりも少ない。誰もユーロ脱退なんかしない」と彼は言った。
K-PAX 光の旅人 [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

コメント   この記事についてブログを書く
« オバマ税、まだまだどうなる... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事