今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嘘じゃなくて嘘だと言って!@テレグラフ

2007-08-24 12:04:46 | Telegraph (UK)
非常に含蓄のあるお話で御座います。
セルフ・デナイアルのやりすぎは健康に良くないですよ、皆さん。

Kate Moss and Amy Winehouse: the girls who just can't help themselves
(ケイト・モスとエイミー・ワインハウス:抑えられない女性達)
Max Pemberton
Telegraph:23/08/2007
Max Pemberton reveals why women like Kate Moss and Amy Winehouse are unable to stop their destructive ways

マックス・ペンバートンが、ケイト・モスやエイミー・ワインハウスのような女性が、自己破壊的なことを止められない理由を明かす


They make you want to bang their heads together. As a doctor I'm aware that this intervention has no clinically proven therapeutic effect, but the desire to do it is overwhelming. Kate Moss, according to rumours, is now back with her on/off boyfriend Pete Doherty, despite claims that she had cut all ties with the man she dubbed "the slug" (because "he's slimy and leaves a trail of mess in his wake").

彼女たちは人に拳骨でも入れてやりたい気にさせる。
私は医師として、この介入が臨床的に証明された治療効果が全くないとわかっている。
しかし、そうしたい、という願望は非常に強い。
噂によればケイト・モスは、今では彼女のくっついたり離れたりしているボーイフレンド、ピート・ドハティとよりを戻したそうな。
彼女が「ナメクジ」(「彼は粘着質で通った後には跡が残される」から)に譬えた男と、全ての関係を絶ったと主張していたにも拘らず、である。

She has apparently been spied sneaking out of the hotel where Doherty was staying, having walked free from court when a police blunder meant he escaped being sent to jail (yet again). He had faced imprisonment after breaching bail conditions and has so far managed to avoid jail despite a string of convictions for drugs offences.

彼女は明らかに、ドハティが滞在していたホテルを抜け出すところを監視されていた。
警察の大失敗のおかげで彼が実刑を(また)間逃れて、無実の身で裁判所を後にした彼が滞在していたホテルだ。
彼は仮釈放の条件に違反した後、実刑に直面していた。
一連の麻薬犯罪で有罪判決を受けたにも拘らず、彼はこれまでのところ刑務所をなんとか間逃れている。

It makes you wonder exactly what you have to do before you get slung in prison these days. Kate's family and management are said to be in despair that the two are together again. Perhaps they could take solace in the fact that the family of the award-winning singer Amy Winehouse are also pulling out their hair over her recent behaviour, which includes drug and alcohol abuse.

最近では刑務所に放り込まれる前に、正確には何をしなくちゃならないのかわからない。
ケイトの家族やマネジャーは、二人が寄りを戻したと悲嘆にくれていると言われている。
彼らは、賞を受賞したこともある歌姫エイミー・ワインハウスの家族も、彼女の麻薬やアルコールが絡む最近の振る舞いに絶望している、という事実に慰めを見出せるかもしれない。

There have been allegations that Blake Fielder-Civil, her husband of three months - they married on a whim in Miami - introduced her to class A drugs. Despite this, she remains loyal to him, refusing to go into rehab unless he accompanied her.

3ヶ月前に結婚(マイアミで思いつき結婚)した彼女の夫であるブレイク・フィールダー・シヴィルが彼女にクラスAドラッグを教えた、との疑いがある。
これにも拘わらず彼女は彼に忠実で、彼が付いてこない限り行かない、とリハビリセンターを拒絶している。

So what is it about such highly successful women, who you'd think could have their pick of eligible men around the globe, that keeps them running back to such characters? Neither Amy or Kate are stupid. They must know that they are at risk from their respective beaux pulling them into a quagmire of misery and self-destruction.

というわけで、世界中で相応しい男性を選べるはずなのに、と思うような成功している女性が、この手の連中の元へ帰らせるのはなんだろう?
エイミーもケイトも馬鹿じゃない。
彼女達は、各々の相手が自分達を惨めさと自己破壊の泥沼に引きずり込む、という危険性を知っているはずだ。

But for some people there is something strangely seductive about such relationships. W H Auden wrote: "Almost all of our relationships begin, and most of them continue, as forms of mutual exploitation, a mental or physical barter, to be terminated when one or both parties run out of goods."

しかし一部の人にとって、このような関係は奇妙に魅力的なのである。
WHオーデンはこう書いた。
「我々の関係のほぼ全ては始まり、その殆どは相互利用、心理的または肉体的バーターの形で継続し、どちらか、または双方が何もなくなった時に終了される」。

Pete Doherty and Blake Fielder-Civil have something to gain, but what's in it for Kate and Amy? Could the appeal of these relationships lie specifically in the fact that they are so painful, so destructive? Psychologists might argue that such cases are part of an acting out of a malignant, deep rooted self-hatred.

ピート・ドハティとブレイク・フィールダー・シヴィルは得るものがあるけれど、ケイトとエイミーにはなにがある?余りにも苦しく破壊的だという事実に、このような関係の魅力があるのだろうか?心理学者はこのようなケースは極めて有害で深く根差した自己嫌悪の発露の一環だと、と主張するかもしれない。

People engage in these types of relationship as a form of self-punishment, usually in response to a notion of perceived personal failure. The fact that Kate and Amy are rich, talented and famous doesn't matter - maybe, deep down, they don't think they are worthy of anything better, despite family, friends and legions of fans trying to tell them otherwise.

人は、通常は知覚される個人的失敗の概念への反応で、自己処罰の一つの形として、このような関係に関わる。
ケイトとエイミーが金持ちで、才能豊かで、有名だ、などという事実は関係ない。
恐らく、深いところで、彼女達がもっと良いものを得る資格を持っていると思っていないのだ。
家族や、友人や、ファンがそうじゃない、と告げようとしているのに…。

I have sat countless times in A & E talking to women - and it is usually women - in destructive relationships, who are adamant that they can't live with their partner but can't live without them either. "But I love him, doctor", they say, as I suggest they pack their bags and run for the hills.

私は何度も何度も女性に対して(通常女性なんだが)、破滅的関係についてA&Eトークを行った。
彼女達はパートナーと一緒に暮らせないが、彼らがいなくてもやっていけない、と聞く耳を持たない。
私が荷物をまとめて兎に角逃げろと提案すると「でも先生、私は彼を愛しているんです」と彼女達は言う。

It is impossible to make them wake up and see what their partner is doing to them, for the simple reason that they already know but choose to ignore it. While the treatment they endure at the hands of their partners would prove too much for most people, it is precisely this which is what makes them stay. It's the old adage of "treat them mean to keep them keen".

彼女達の目を覚まさせることは不可能だし、パートナーが彼女達に何をしているのか分からせることも不可能だ。
理由は簡単だ。
既にそれを知っていて、無視することを選択しているのだ。
彼女達が耐えているパートナーによる扱いは、殆どの人にとっては酷すぎるのだが、これこそ正に彼女達をつなぎ止めているものなのだ。
「酷く扱って必死にならせておけ」という古い格言のままだ。

Simply haranguing them to leave their partners isn't enough and rarely produces lasting results. They can't leave their partner because, subconsciously, they feel that they are worthless and this is all they deserve. It's a notoriously difficult psychological position to shift people from, because it operates on the fundamental level of how people perceive themselves. And, as Kate and Amy's family could testify, it's heartbreaking to stand on the sidelines and watch it happen.

パートナーのもとを去れ、と単純に熱弁をふるうだけでは十分ではないし、長続きする結果をもたらすことも滅多にない。
彼女達は無意識の内に自分は価値のない人間であり、これ以上のものを得る資格が自分にはない、と感じているので去れないのだ。
この心理的ポジションから人を動かすのは悪名高く困難なことだ。
というのも、それは人がどのように自分を認知するか、という根本的なレベルで働いているからだ。
そして、ケイトやエイミーの家族が証言出来るように、傍観する方は胸が張り裂けそうなのだ。

One way for women in such situations to be able to extradite themselves from these sorts of relationships is to address their underlying self-esteem issues through psychotherapy. But this can be a long, drawn-out process and it's frequently too painful for people to address what they have spent so long burying.

このような状況にある女性がこの種の関係から解放される方法の一つは、自分達の根底にある自尊心に関わる問題に、サイコセラピーを通じて取り組むことだ。
しかしこれは長く、辛いプロセスにもなり得るし、自分達がこれほど長く覆い隠してきたことに取り組むのは苦し過ぎる、ということも多い。

Perversely, in the early stages of psychological work, it's often felt to be less painful for them to continue in their destructive relationship than it is to face up to their own problems. Substance addiction is similar to the addiction people exhibit to these patho-logical relation-ships; it's about erad-ication and denial of the self.

心理学的治療の初期段階では意地になって、自分自身の問題を直視するよりも、破滅的関係を続ける方が楽な気になることが多い。
薬物中毒は、これらの病的関係に対して人が示す中毒に似ている。
これは自分を消し去り、自分を否定することなのだ。

It's no coincidence that both Amy and Kate have been associated with other self-destructive behaviours, such as alcohol or drug misuse; if someone else isn't hurting them, they do it to themselves. These kinds of relationships are often also associated with co-dependency, whereby one person enters into a tumultuous relationship with another which they then become consumed by, rather than address their own problems.

エイミーとケイトの両者が、アルコールや麻薬といった自己破滅的振る舞いにゆかりがあることは、偶然ではない。
他の人が彼女らを苦しめなければ、自分達でそうするだろう。
この巣の関係はよく相互依存とも関連付けられる。
それによって人は誰かと荒れた関係を結び、そして自分達の問題に取り組むのではなく、問題に消耗させられるのだ。

This invariably means that the relationship is ultimately unfulfilling emotionally, but it is precisely this nihilistic quality that is so appealing. But both parties suffer as a result. These women collude with their drug-taking partners, who further perpetuate the cycle of self-destruction by rewarding them with their love and attention.

これは必ず、結局この関係が感情的に満たされないものだということを意味しているが、これほど魅力的なのは正にこの虚無的な質なのである。
しかしその結果、双方とも傷つく。
これらの女性は、愛情と注意を彼女らに与えることで自己破壊のサイクルを更に続ける、麻薬を常習するパートナーと結託する。

Poor Kate and Amy. They'll never find someone suitable to love until they start to love themselves a little bit more. All their friends and families can do is hope this happens before things get any worse for them. And resist the temptation to bang their heads together.

可哀想なケイトとエイミー。
彼女達は永遠に愛するに相応しい人を見つけられないだろう…自分自身をもう少し愛し始めない限りは。
友人や家族に出来るのは、事態が更に悪化する前にそうなることを祈ることだけだ。
そして、彼女らの頭を叩きたい、という欲望に抵抗することだ。

The Daily Telegraph's Dr Max Pemberton is a psychiatrist



↓ま、気が向いたらヨロシク





KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金のベテラン「日銀、金利引... | トップ | ブッシュ、あんたが動けよ@... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事