今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バンク・オブ・アメリカがデフレ悪化で中国金融システムに「致命的」ダメージが及ぶぞよとワーニング

2015-01-10 08:21:55 | Telegraph (UK)
Bank of America warns of 'lethal' damage to China's financial system as deflation deepens
(バンク・オブ・アメリカがデフレ悪化で中国金融システムに「致命的」ダメージが及ぶぞよとワーニング)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 7:50PM GMT 08 Jan 2015
'Deflation, Devaluation, and Default' loom in China this year. The denouement for Shanghai's bourse will not be pretty, says the US bank.

今年は「デフレ、デバリュエーション、デフォルト」が中国で接近中です。上海市場の最期はかなりヤバそう、とバンカメ。


China is at mounting risk of a financial crisis this year as growth sputters and deflationary pressures trigger a wave of defaults, Bank of America has warned.

成長がガス欠になりデフレ圧力が倒産津波を引き起こす今年、中国は増大する金融危機リスクに直面してるよね、とバンク・オブ・アメリカがワーニングです。

The US lender told clients that a confluence of forces are coming together that threaten to chill the speculative mania on the Shanghai stock exchange and to expose the underlying fragility of China's $26 trillion edifice of debt.

同行がクライアントに伝えたところによれば、色々なフォースが一緒くたにやって来て、上海市場の投機祭に冷や水をぶっかけて、中国26兆ドルの借金山のもろさをばらすかもしれないとか。

"A credit crunch is highly probable," said the bank in a report entitled "Deflation, Devaluation, and Default", written by David Cui and Tracy Tian.

デイヴィッド・キュイ氏とトレーシー・ティアンシリアが執筆したレポート、『デフレ、デバリュエーション、デフォルト』には「信用不足とか超あり得る」と書かれました。

They said the country's highly-leveraged companies cannot safely withstand President Xi Jinping's drive to stamp out moral hazard and wean the country off excess credit, warning that the mix of slower growth and excess debt "could prove lethal for the financial system".

曰く、中国の山ほど借金を抱えた企業が、習近平主席のモラルハザードを取り締まって信用過剰状態から脱出しようとする努力にまともに耐えられるわけがない、とのこと。
成長鈍化と過剰債務のコンボは「金融システムにとって致命的だとわかるかも」と警告しました。

The report warned that it is rare for countries to escape either a financial crisis, or major bank failures, a currency upset, a sovereign crisis – or a mix of these – after letting credit grow at such vertiginous rates.

同レポートは、あれほどの勢いで信用が膨れ上がるのを放置した後に、金融危機や大規模な銀行破綻や為替混乱や財政危機を免れる国は稀だ、と警告しました。

"The most likely scenario is a bad debt surge as growth slows, followed by a credit crunch in the shadow banking system, followed by a major recapitalisation of the banks," said Mr Cui.

「一番あり得るのは、成長が鈍化するにつれて不良債権が爆増して、それに続いてシャドーバンキング・システムで信用不足が起こって、次に銀行の大規模資本増強が起こるってシナリオかな」とキュイ氏は言います。

The report said China spent 15pc of GDP to rescue lenders in the late 1990s but the scale of the problem is much greater today, and this time the government cannot resort to fresh stimulus so easily.

更に、中国は1990年代終盤に銀行救済のためにGDPの15%を注ぎ込んだのに、問題の規模は今の方が遥かに大きくなっている上に、今回は政府もそう易々と追加景気浮揚策に逃げることは出来ないとしています。

Loans have jumped by roughly 100pc of GDP in the past five years under most estimates. This is twice the pace of growth in Japan over a comparable period before the Nikkei bubble burst in 1990, or in the US before the Lehman crisis in 2008.

大変の予測によれば、融資残高は5年間でGDPの大体100%ぐらい急増したそうです。
これは1990年に日経バブルが弾ける前の日本、または、2008年のリーマン危機前の米国が約5年間に経験した増加ペースの2倍に当たります。



Standard Chartered said total credit has surpassed 250pc of GDP once shadow banking and offshore lending are included, an extremely high level for an emerging economy without mature markets or layers of accumulated wealth.

スタンダード・チャータードは、信用残高はシャドーバンキングやオフショアも含めればGDPの250%を超え、これは成熟した市場も蓄積された資産の層も存在しない新興経済としては超高レベルだとしています。

Mr Cui said the explosive rise on the Shanghai stock market - up 50pc in barely three months - is being driven by "blue-sky talk" and $180bn of margin lending from brokers. It is happening at a time of deteriorating earnings. "When the sell-off happens, we suspect that it will not be orderly," he said. The Shanghai composite index may fall back from 3,300 to 2,400 before it settles in a trading range.

キュイ氏曰く、上海市場の爆上げ(たった3ヶ月間で+50%)は「ほら話」とブローカーからの信用取引に伴う貸出1,800億ドルを燃料としているそうです。
収益が悪化している時に、このようなことが起こりつつあります。
「セルオフが起こったらぐちゃぐちゃになるんじゃないのかね」と同氏は言います。
上海総合指数はトレーディング・レンジに落ち着くまで3,300から2,400まで再び真っ逆さまかもしれません。

He advised investors to stick to defence stocks or equities linked to the nuclear industry given that both are shielded from Mr Xi's efforts to shake out excessive capacity in Chinese industry.

また、軍事銘柄と原子力産業関連銘柄は習主席の余剰生産能力パージ対象になっていないことから、この2つから流れないようにとも投資家にアドバイスしました。

Bank or America said China has been in factory gate deflation for 33 months and the downward slide appears to be deepening. "We believe stimulus-induced overcapacity is the main culprit," it said.

バンク・オブ・アメリカは、中国は33か月間も工場出荷価格デフレに見舞われている上に、右肩の下がり具合が悪化しつつあるようだとしました。
「戦犯は刺激を燃料にした過剰生産能力だろうね」



China has been in producer price deflation before. The index plunged in the late 1990s and it took six years to reverse. All the problems are on a greater scale today, while the country is struggling to find a new "demand driver" to restore dynamism. There is nothing on the horizon comparable with China's accession to the World Trade Organisation in 2001.

中国は以前にも生産者価格デフレに陥ったことがあります。
1990年代終盤に思いっ切り下落した後、回復には6年かかりました。
今や全ての問題がスケールアップしており、それと同時に、中国はダイナミズム復活のための新たな「需要ドライバー」を見つけられずにいます。
2001年のWTO加盟のようなものは全く見当たりません。

One of the side-effects of falling inflation is to raise the real cost of borrowing. The average one-year rate for companies has spiked from zero to 5.50pc in real terms since 2011. This amounts to drastic financial tightening, which the central bank has chosen not to offset, beyond a token 0.25pc cut in rates.

物価下落の副作用の一つは、実質借入金利の上昇です。
2011年以降、企業に対する1年物ローンの平均金利は実質ベースでゼロから5.50%まで跳ね上がりました。
これは急激な金融引き締めに相当するものであり、中銀は申し訳程度の利下げ(0.25%)以外に影響を緩和しないことに決め込みました。

Bank of America said hot money outflows raise the risk of devaluation. This will drain money from the stock market and tighten the vice on those with dollar debts. Chinese firms have borrowed an estimated $1.2 trillion in external currencies, mostly through Hong Kong.

バンク・オブ・アメリカは、資金流出がデバリュエーションのリスクを高めたとしています。
これによって株式市場から資金が流出し、米ドル建て債務の保有者は益々締め上げられます。
中国企業の対外債務残高は1.2兆ドルとされており、その大半は香港経由で借りられました。

The relentless rise in the US dollar is pulling up the Chinese yuan along with it as a result of the China's "soft-peg". The yuan has soared 60pc against the Japanese yen in barely two years.

中国の「ソフトペッグ制度」の結果、上昇し続ける米ドルは人民元も道連れにして上昇させています。
人民元は僅か2年間で日本円に対して60%も急上昇しました。

Diana Choyleva, from Lombard Street Research, said the yuan is 10pc to 20pc overvalued, warning that China has "lost its competitive edge" as wages race ahead of productivity. The real effective exchange rate based on unit labour costs has risen 40pc since 2008. She said investors are acutely alert to risks in the shadow banking system, but have overlooked the mounting threat of a liquidity crisis caused by currency effects.

ロンバード・ストリート・リサーチのダイアナ・ショイレヴァ氏は、人民元は10-20%高過ぎるとして、賃金の方が生産性よりも速く上昇しているので、中国は「競争力を失った」とワーニングしました。
ユニット労働コストに基づく実効レートは2008年比+40%です。
彼女は更に、投資家はシャドーバンキング・システムのリスクを極めて警戒しているものの、為替の影響によって生じる流動性の危機の脅威が高まっていることを見過ごしている、と述べました。

Guan Qingyou, from Minsheng Securities, said hot money may so soon start to leave the country as the US Federal Reserve prepares to raise interest rates, sucking in funds from across the world.

Minsheng証券のGuan Qingyou氏は、FRBが利上げ準備を進めて世界中から資金を吸い上げているので、ホットマネーは間もなく中国から流出し始めるかもしれないと言いました。



"Capital outflow on a large scale may cause a currency crisis and this is what triggered the Asian Financial Crisis in 1997," he told Caixin Magazine. Trackers at the central bank say the capital account has been in deficit for the past two quarters.

「大規模な資本流出は為替危機を起こすかもしれない。1997年に東アジア金融危機を引き起こしたのは正にコレ」と同氏は財新誌に語りました。
中銀のトラッカーからは、資本収支が2期連続赤字になっていることがわかります。

At the end of the day, China has great economic depth and is likely to muddle through without too much trauma. The challenge for investors is judging how far Xi Jinping intends to go in clamping down on excess debt and over-investment before considering the job done, and then reverting to stimulus. He has not blinked yet.

結局、中国経済の懐は深く、大した深手を負うことなくなんとか逃げ切る可能性が高いでしょう。
投資家にとっての課題は、習近平主席が過剰債務と過剰投資をどこまで掃除したら一件落着、景気浮揚策復活とするつもりなのか、それを判断することです。
主席は未だ動いていません。





コメント   この記事についてブログを書く
« ユーロ・デフレは南部欧州へ... | トップ | クルーグマン先生:ツインピ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事