今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーストリア学派が勝利したのか、現実主義者が勝るのか?

2013-08-17 01:38:24 | Telegraph (UK)
HAVE the austerians won the day, or will the pragmatists prevail?
(オーストリア学派が勝利したのか、現実主義者が勝るのか?)
By Jeremy Warner
Telegraph: 8:51PM BST 14 Aug 2013
Economics pretends to be an evidence-based science, but it's really about warring sects

経済学は証拠に基づく自然科学のフリをしていますが、ホントは派閥争いなのです。


Ideology is never a good basis for public policy, a truism that Margaret Thatcher repeatedly recognised in her practical decision-making, despite her strongly held free-market beliefs. Yet it continues to be highly influential in the economic sphere – which is perhaps surprising, given the still-depressed state of most advanced economies, and the urgent need for solutions that actually work.

イデオロギーが良い政策ベースになることは絶対にない。
これはマーガレット・サッチャーが彼女の現実的意思決定において、自由市場への強い信念にも拘らず、繰り返し認識した真実です。
でも、イデオロギーは経済面において引き続き極めて高い影響力を持っています…先進国の大半が未だに落ち込んだ状況にあることを考えれば、また、実際に機能する解決策が喫緊に必要であることを考えれば、これは驚きかもしれません。

We can argue about what's appropriate, but when economies become destabilised, state intervention is not just warranted, it's absolutely necessary. Unfortunately, this remains an issue with which many on the Right still have something of a problem, as the debate now raging in the US about who should replace Ben Bernanke as chairman of the Federal Reserve demonstrates.

僕らは何が適切なのかについて論じることは出来ますが、経済が不安定になった場合、政府の介入は正当だというだけでなく、絶対的に必要なのです。
残念ながら、米国で現在、ベン・バーナンキFRB議長の後任を巡って繰り広げられている激論が見せつけているように、これは保守派の多くが未だに受け容れ難い課題なのです。

In a recent interview, Rand Paul, a potential Republican candidate for president, said that his preferred choice for chairman would be Friedrich Hayek. When it was pointed out that Hayek, the intellectual godfather of Thatcherite economics, was in fact dead, and therefore unavailable for the job, he opted for Milton Friedman, another of the 20th century's leading free-market economists.

最近のインタビューで、共和党大統領候補の候補者、ランド・ポール上院議員は、次期議長はフリードリヒ・ハイエクが良いと発言しました。
サッチャー主義経済の知的ゴッドファーザーであるハイエクはもう亡くなっていますから議長を務めるのは無理ですね、と言われると、上院議員は同じく20世紀を代表する自由市場主義エコノミスト、ミルトン・フリードマンを選びました。

He's dead, too, the interviewer reminded Mr Paul, only to draw a quick-witted retort. A dead chairman, Mr Paul said, would actually be something of an advance, "because then you probably really wouldn't have much of a functioning Federal Reserve".

彼もお亡くなりになってるんですが、とインタビュアーがポール上院議員に思い出させましたが、気の利いた切り返しを受けるだけでした。
曰く、死人議長なら進歩じゃないか、「だってそうすればFRBは殆ど機能しなくなるだろうからね」と。

This had the merit of being quite funny, but actually the senator from Kentucky was making what to him was a serious point. Like his father Ron, Mr Paul is a committed libertarian who believes that all state intervention is bunkum. That goes for the actions of central bankers, too. In the Pauls' view, any such interventions make matters worse, if only because they end up sowing the seeds for the next crisis.

誰がうまいこと言えと、という感じですが、ケンタッキー州選出の上院議員は実際には真剣なのです。
父親のロン・ポール氏のように、ポール上院議員は、あらゆる政府の介入はナンセンスだと考える根っからのリバタリアンです。
それは中央銀行マンの行動にも適用されます。
ポール上院議員の目には、たとえ単に次の危機の種を蒔くだけという理由でも、全てのそのような介入は事態を悪化させるものなのです。

It is only possible to speculate on what would have happened if there had been no state or central bank intervention after the most recent financial crash – but examples from the past are not encouraging. A serious banking crisis, allowed to run its course, nearly always leads to mass liquidation and economic depression. This is essentially what happened in the US during the Thirties, when a tardy official response compounded by rigid adherence to gold-standard orthodoxy plunged the developed world into economic chaos.

直近の金融危機の後に政府も中央銀行も介入しなかったらどうなったのか推測することは可能ですよ。
でも、過去の例は励まされる例ではありませんね。
深刻な銀行危機を放置すれば、ほぼ100%の確率で大量倒産と経済不況をもたらします。
基本的に、これこそが1930年代に米国で起こったことですよ。
当局が金本位制の常識を厳格に守って大して対応しなかったことで、先進世界は経済的カオスに突入したのです。

It also finds echoes in today's eurozone, where misguided public policy has again combined with a malfunctioning fixed-exchange-rate regime to produce economic catastrophe and mounting political instability. It is only since the European Central Bank intervened, and the high command in Berlin agreed to ease back on deficit reduction targets, that things have begun to pick up.

また、今のユーロ圏でも同じような繰り返しが観られますよね。
誤算政策に機能不全の固定為替制度が組み合わさって経済的大惨事を引き起こし、政治的不安を増大させたり…。
ECBが介入してからじゃないですか、でもってドイツ政府の高官が財政赤字削減目標の緩和に合意してからやっとじゃないですか、事態がちょっと明るくなり始めたのは。

The same might be said of Britain's economic recovery, such as it is. When David Cameron and George Osborne came to power in 2010, they did so on a platform of almost Hayekian rhetoric, which was only faintly compromised by the nuisance of coalition government. The deficit was to be slashed, Britain would get on top of its debts, households were urged to pay down their credit cards, and so on.

同じことは英国の景気回復(大した回復でもないけど)についても言えるかもしれません。
2010年に政権交代した時、デイヴィッド・キャメロン英首相とジョージ・オズボーン英財務相は殆どハイエクっぽい論調でしたし、連立政権の厄介さで若干妥協されたぐらいのものでした。
財政赤字は大幅削減を予定され、英国は債務に取り組み、家計はカードの清算を進めろと迫られたりしました。

In truth, the austerity rhetoric was always much stronger than the plan itself. But over nearly three years of economic stagnation, Mr Osborne has steadily watered down the ideology and replaced it with a more pragmatic approach. This doesn't mean he's abandoned deficit reduction: broadly speaking, fiscal consolidation is proceeding according to plan. But by allowing the automatic stabilisers of welfare spending and deficit financing to operate – standard Keynesian economics, in other words – he has delayed large parts of it. He has also applied a kind of stimulus-lite. Mild tax-cutting has been matched by shameless use of the public balance sheet to encourage business and mortgage lending.

実際のところ、緊縮レトリックはいつだって緊縮リアルよりも遥かに強烈なのです。
しかし、3年近く不景気が続く中で、オズボーン財務相は順調にイデオロギーを希薄化し、これをより現実的アプローチに置き換えました。
だからって、大臣が赤字削減を放棄したわけではありません。
おおざっぱに言って、財政再建は計画通りに進んでいます。
でも社会保障支出の自動安定化装置と赤字財政を許すことで(つまりスタンダードなケインズ主義経済)、彼はその大半を先送りしました。
また、ライト版刺激策のようなものも実施しました。
企業と住宅ローンの貸出を奨励するために、政府のバランスシートを恥も外聞もなく利用して財源を調達し、ちょっとした減税もやりました。

The arrival of Mark Carney as Governor of the Bank of England is further evidence of this change. An overt employment target has been introduced into monetary policy, and there is widespread expectation in the City of a more worldly, less moralistic approach to the "wicked" bankers than under Mervyn King.
In summary, the Government is both trimming in its attempts to get on top of public debt, and giving the all-clear to households and businesses to load up on credit again. All in marked contrast to what it said it would do.

マーク・カーニーがイングランド銀行総裁に就任したことは、この変化の更なる証拠です。
金融政策には公然の雇用目標が導入されましたし、シティでは、「邪悪な」バンカーに対して、メルヴィン・キング前総裁の時よりももっと世俗的で、そこまで道徳的ではないアプローチがあると広く期待されています。
要するに、政府は政府債務への取り組みを縮小すると同時に、家計と企業にもう一度がっつり借入をしてもOKだよというサインを出しているのです。
ぜーんぶ言ってたことと違うじゃん。

One of the big problems with today's economic debate is that, much like religion, it has become dominated by quite marginal theological differences. Economics pretends to be evidence-based science, but in reality it is just a set of different beliefs, which divide its high priests and their followers into warring sects. Both Left and Right have their economic champions; for the Right, it tends to be Hayek, and for the Left, Keynes.

今日の経済議論の大きな問題の一つは、宗教とよく似ていますが、かなりどうでもいい神学的相違に支配されてしまっているということです。
経済学は証拠に基づく自然科学のようなふりをしていますが、現実には、ただの異なる信仰の集まりであり、これは神官と信者を対立する派閥に分裂させています。
左派も右派も経済的チャンピオンがいます。
右派はハイエク、左派はケインズが多いですね。

In fact, neither of these gurus has the whole answer. Hayek and other members of the Austrian school are useful in understanding how distortions to the free market bring crises about, but they are of little help once you're in one. By the same token, Keynes offers no convincing counter to the way his remedies tend to embed much higher and ultimately unsustainable levels of state spending in the system.

実際、これらのチャンピオンのいずれも全ての答えを持っていません。
ハイエクなどのオーストリア学派は、どのように自由市場の歪みが危機をもたらすのかを理解するには有益ですが、いったん危機になったら殆ど役立たずです。
同じようにケインズも、システムにおける政府支出を著しく増大させ、最終的には持続的に不可能な水準にまで膨れ上がらせる傾向のある彼の対処法に、納得の行く対策を一切提示してくれません。

Still, it beggars belief that six years after the financial crisis, economists are still bickering over "stimulus versus austerity". Some take Britain, which suffered its longest and deepest recorded recession, as evidence that austerity doesn't work; others, now the economy is spluttering back to life, that it does. The reality is that sometimes it's appropriate, sometimes it's not. It depends on the circumstances, and your room for manoeuvre.

それでも、金融危機から6年、エコノミストは未だに「刺激策vs緊縮策」を巡ってぎゃーすか闘っているとは信じられませんね。
史上最長かつ最悪の不況に見舞われた英国は、緊縮策は成功しない証拠だと言う者もいれば、こうして経済がなんとか息を吹き返しつつあるのだから、成功すると言う証拠だという者もいます。
適切な時もあるけどそうじゃない時もあるよ、ってのが現実なのです。
状況によりけり、行動の余地によりけりです。

The dead economist who seems to me to square this particular circle is the aforementioned, but surprisingly invisible, Milton Friedman. Friedman was that strange contradiction – a free-market economist who nevertheless thought that economies sometimes need to be stabilised through monetary intervention.
He thus has a foot in both camps. He believed in low taxes and a small state, but he also thought it vital for governments, through their central banks, to intervene in the money supply, both to prevent and to address crises.

この特定の無駄な努力をするように見受けられる故エコノミストは前出の通り、しかし驚くほど透明人間な、ミルトン・フリードマンです。
フリードマンはその奇妙な矛盾でした。
つまり、自由市場主義エコノミストでありながら、それでも経済は時には金融政策介入による安定化が必要だと考えていたのです。
というわけで、彼は両方の陣営に片足ずつ突っ込んでいました。
低税率と小さな政府を信じながら、危機を防いだりこれに対処したりするために、中央銀行を通じてマネタリーサプライに介入することが政府にとって重要だと考えていたわけです。

In claiming to be "fiscal conservatives but monetary activists", Britain's Tory leadership seem broadly to have returned to a Friedmanite path. In a half-hearted sort of way, David Cameron wants to shrink the state – but he also thinks monetary intervention can counter the adverse consequences on demand. There is also lip-service paid to Hayek, with a little dabbling in supply-side reform.

「財政保守だが積極金融」を掲げて、英国の与党保守党上層部は概ねフリードマン路線に立ち戻ったようです。
中途半端に、デイヴィッド・キャメロン英首相は政府を縮小したがっています…が、それと同時に、金融政策介入は需要に対する悪影響に対応出来ると考えてもいるのです。
また、ハイエクへのお世辞もありまして、サプライサイド改革にもちょこっと触れました。

The Coalition has thus ended up with what used to be called the "neoclassical synthesis" – adherence to the basic principles of laissez-faire economics, but with a bit of Friedman, Keynes and even Hayek thrown in. In this sense, the crisis hasn't changed the prevailing economic orthodoxy very much, since this is basically the thinking that has instructed policy-making for half a century or more.

連立与党は、というわけで、かつて「ネオクラシカル・シンセシス」と呼ばれたものに行きついたのです。
つまり、自由競争主義経済の基本原理に従いつつも、ちょこっとフリードマン、ケインズ、しかもハイエクまで混ぜ込んだ代物です。
この意味において、これは基本的に政策立案者を半世紀以上も指図してきた考え方なので、今回の危機は一般的な経済理論を大して変えたとは言えませんね。

What may now be true of Britain is even more so of the US, where leaders have from the start adopted a fundamentally pragmatic approach to the crisis. Rather than let ideology rule, America has focused more on what's proven to work. The result has been a much swifter, albeit still not entirely secure, recovery. Belatedly, the Coalition seems to be following its lead. What took it so long?

今、英国に当てはまるかもしれないものは、指導者が最初から危機に対して根本的に現実的なアプローチをしてきた米国には、もっと当てはまるかもしれません。
イデオロギーに好きにさせるのではなく、米国はもっと成功すると証明されたものに焦点を絞りました。
その結果、まだ完全に安定したとは言えませんが、遥かに迅速な景気回復が実現したのです。
遅れ馳せながら、英国連立政権もそれに続くようです。
いまごろかよ!





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 太陽光が米軍の支援でシェー... | トップ | ドイツの低失業率は真の問題... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事