のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

今年最初の仁頃山

2019年01月12日 17時20分26秒 | 登山




 今日は朝から仁頃山に行ってきました。
 
 今年初登山ですね!

 出発しようとしたら、部活の高校生がバスに乗ってやってきました。 






 冬の定番、東新道から登りました。
 直登している踏み跡もありましたが、まだ柔らかくササも出ているので、帰りは作業道を滑ることにして。






 雲と青空が半々ぐらいの天気。
 日が差すと暖かくて青空と樹氷が綺麗でした。






 まだまだ雪が少ない。






 セリ科植物の花火の上に雪が積もって、ちょっと面白い形になってました。











 風が強い中、青空と樹氷に日が当たる瞬間を待って撮影。






 頂上付近の吹き溜まり。







 スタートから1時間40分で山頂到着。
 電波塔がゴーゴー音を立ててましたが、頂上は不思議と風が弱いです。





 サロマ湖は雪雲で見えず。






 大雪方面も展望なし。
 遠望はうっすらと阿寒の山が見えるぐらいでした。





 登った後の楽しみは・・・




 今日も尻滑り。
 お腹側でリュックをかけると、背中をより反らすことができるので滑りやすいです。
 それと、サングラスよりゴーグルの方が視界良好で良いですね。





 カーブも自在のシュプールあと。







 前方に人が居るので、座ってタイミング待ち。






 待ち時間が長かったので、50分かかって作業道を下山。







 飛沫氷を撮影した小川はすっかり雪の下になりました。




 今年も仁頃山は12回の登頂を目指してがんばろう。







 今日はこれから少年団の練習。

 我ながら、体力だけはあるね。













コメント   この記事についてブログを書く
« 近所の河原散歩 | トップ | 夕暮れのサンピラー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事