のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

今年3回目の仁頃山

2019年03月23日 22時06分00秒 | 登山




 2月下旬に登った仁頃山の報告です。
 あまり天気は良くなかったけど、ホッケーが休みで体力づくりのために行ったような。






 東新道から登りましたが前回と一転、舗装路面のように硬い登山道。
 スパイク長靴やアイゼン付けて登ってる人が多かったですね。
 私はちびた登山靴で滑りながら登りました。






 いつもは気にならなかった枯れ木。





 木の内部が焦げてます。
 落雷の跡ですかね?







 今回は、登山道途中のベンチ脇にも雪像がありました。







 流行に疎いので、何だかわかりませんが・・・







 夏道のようなスピードで、頂上まで1時間25分で到着。






 大雪方面は何も見えず。





 サロマ湖も雲がかかってて見えませんでした。





 硬い登山道だったので、帰りの尻滑りはエキサイティング!

 急斜面は途中で転ばないと危険なぐらい。

 特に樹林帯を降りる最後の方はまともに滑れませんでした。






 激しさを物語る尻滑り。

 正月明けの雪が少ない時に石で傷が付いたのですが、その傷に沿って見事に割れてしまいました。

 まだ2枚あるので、このブルーのとはおさらばしました。




 3月はまだ登ってないけど、今年はちゃんと月1回のペースで仁頃山に登ってます。



 そういえば、去年登った山も幾つか報告してないので、おいおい報告しますね。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« H100(デクモ) | トップ | サクラ咲いてた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事