のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

4回目の仁頃山

2019年04月01日 21時19分28秒 | 登山

 新年度になり、新元号も発表されました。
 あとひと月生きれば、3つの時代を生きた年寄りになるんですね。

 
 で、日曜日に出かけた仁頃山。





 朝はだるくて行く気にならなかったけど、たるんだ生活に喝を入れるため出かけることに。






 東新道からスタート。早く出かけたら尾根の方に行こうかと思ったのですが、新道から作業道へコース取り。





 積雪は少ない所で20㎝位で、木の根元は地面が出てました。






 踏みしめられた道はかなり硬く、アイゼン着けて歩いてる人が結構いました。






 キツツキが、けっこう派手に樹皮を剥がした跡がたくさんありました。
 





 道なき雪も締まって歩きやすい。
 未知の山に行ってみても良い日だったか・・・






 記録がある中で過去2番目に少ない積雪。
 雪の中に08年がありました。






 山頂まであと一息。






 スタートから1時間40分で山頂到着。
 大雪方面はモヤモヤの中。






 到着時は珍しく誰もいない山頂でした。
 その後、ぞろぞろ到着してにぎやかになりました。





 オホーツク海の水平線には流氷がまだとどまってました。



 下山はいつも通りに尻滑り。

 硬くて尻が痛いけど、スピードでまくりでスリル満点!

 


 


 最後は堅雪を踏んで道なき沢に尻滑りで降りました。






 厳冬期には氷の下を流れていた沢も姿をあらわしてました。




 さて、激しく尻滑りをした代償。

 一つ目は、娘の尻滑りを壊しました(今シーズン2枚目)。

 二つ目は、尾てい骨辺りの尻の割れ目が擦り剝けて痛い。

 トホホ・・・



 3つの時代を生きる男として、何やってんだか~










 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年度末の日曜日 | トップ | 手作りのチーズと酵母パン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事