のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

幌岩山

2019年07月11日 21時41分56秒 | 登山

 5月中旬に登った幌岩山の報告です。
 もう、二カ月もたってしまったけど、その間色々あったな。





 サロマ道の駅に車を停めてスタート。





 ニリンソウの散歩道。






 なかなか立派な森です。






 ちょっと歩きにくい階段ですが、壊れた所はちゃんと補修されてました。




 クルマバソウ。





 ルイヨウショウマ。





 フデリンドウ。
 地味だけど、綺麗な花が色々咲いてました。





 ニリンソウのアップ。





 登山口から50分で山頂にある展望台に到着。
 出発した道の駅の駐車場が、歩いたわりに近くに見えます。





 ちょうど新緑の頃でしたね。
 展望台から見下ろした木々は微妙に緑の色が違いました。





 北の方。





 東の方には砂州があります。





 南の方には畑も見えます。





 展望台の柵はホタテ模様。
 山頂では、持参したおにぎりを食べて、50分ほど滞在。
 展望台のちょっと下まで車で来られるのですが、その駐車場からの階段が結構きついので、みんな息を切らして「疲れた~」と言いながら登ってきます。





 来た道を帰るのが嫌いな私。
 なので、帰りは幌岩方面に下山しました。





 クマゲラの食痕。ホント豊かな森です。
 ちなみに私が登った数日後に、クマが出たと新聞に載ってました。





 登り返しもないので快調に下り、20分で下山。





 畑の真ん中に出ます。こちらにもトイレと駐車場がありました。






 で、ここからは国道歩きで帰るつもりでしたが。
 炎天下のアスファルト上はきつい・・・




 なので、少し藪漕ぎして、湖岸沿いの遊歩道を歩いて道の駅に戻りました。






 こちらもニリンソウの道。





 所々に木道もあります。





 ほとんど歩く人が居ないようで踏み跡がほとんど無い。
 そして、しつこく足を登ってくるダニたち。





 通行止を無視して行ったら、橋が壊れてた。
 ここも、藪漕ぎで回避。
 だって、国道歩きは嫌だもん。






 そう、こちらも豊かな林が広がっていて、キビタキを間近に見ることも出来ました。
 (写真は新緑、キビタキはおりません)



 (道の駅側の遊歩道入り口)
 
 のんびりと遊歩道を歩き、幌岩の登山口から1時間で道の駅に到着。
 この間が一番時間がかかりましたね。


 車で登れる山ですが、新緑や花が綺麗な春には、麓から登るのがおススメですね!


 次は、秋に行ってみるかな。















コメント   この記事についてブログを書く
« 久しぶりの河原散歩 | トップ | マシュマロウとチコリ »

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事