のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

天売島・道北遠征1(島へ向かう)

2019年05月14日 22時25分43秒 | 

 ゴールデンウィークに天売島に行った時の報告です。


 午後のフェリーに乗ることにしたので、わりとのんびりと家を出て羽幌へ。




 まだ豊富な残雪が残る霧立峠を越えて。
 そういば、山の中にあった蕎麦屋さん、結構おいしかったな。





 羽幌町に到着。





 早速フェリーに乗り込み。





 海鳥の観察。
 行きは大した波もなく快適な船旅でした。






 これは、赤い足のケイマフリ。
 





 前方を逃げる大型の鳥。





 逃げ切れるかなぁ?





 ダメだから、ちょっと飛ぶか! って感じ?
 尻の重い鳥だな。





 で、その正体は。
 オオハムかな? たぶん。





 綺麗な夏羽のもいました。





 約20年ぶりにやってきた天売島。
 ターミナルは昔のままですが、隣にあった巨大オロロンがいないっ!





 泊った宿は萬谷旅館。





 昭和のにおいがプンプン。
 でも、海の幸の食事は美味しかったです!





 荷物を置いて、早速島内を散歩。






 夕食の後は、ウトウ観察ツアーへ。





 ウトウ君?ちゃん?
 日が落ちて暗くなると、巣穴に帰ってきます。

 その数、なんと80万羽。学生の頃は60万とか言ってたので増えてます。

 ツアーの最後は少し雨に降られましたが、無事に一日目を終了。


 つづく。









コメント