債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党はアメリカでは評判が悪いのか?

2009-08-31 21:07:20 | 金融全般

(本日の内容は大幅に加筆変更の可能性がございますのであしからず。)

どうも民主党大勝利とは書きにくいですね。
大分内容が違います。ファーボール連発した挙句にどかんとホームランを打たれる昔の巨人にいた石毛投手みたいな感じでしたね。

私の所にはアメリカでの受け止め方は? という質問が多く来るのでいろいろ見ていますが、鳩山さんが直前に出した論文のせいか、アメリカでは否定的に捉えられている、というような報道が日本では多いんですがなぜでしょうかね。 (この論文??自体はご存知のようにかなりひどい。本当に鳩山さんが書いたのか、と思うようなもので、これをもって民主党の能力不足・・・日米関係ではなくて・・・・を非難するのはとても正しいと思う。)

朝日新聞も29日にアメリカでは民主党政権が懸念をもって見られているというような報道をしていますね。

しかしね~、よくそこまでバイアスがかかるかな、と思いますよ。

もうたくさん例はあるんですけど、例えばウォールストリートジャーナルの JACOB M. SCHLESINGER 記者はこう言う書き出しで記事をスタートしています。 (日本語は抄訳)

WASHINGTON -- U.S. officials, increasingly frustrated in recent years with what they saw as the paralyzed leadership of Japan's ruling party, are looking to the new regime to bring more-effective handling of shared goals.

アメリカ政府当局者は ここ数年に渡り、日本の与党サイドの悪化する一方のリーダーシップの麻痺に直面し、散々な欲求不満を抱えていたわけだが、より効果的に共通の目標を処理する枠組みを提供しうる新政権に期待している

どうですか?

随分印象が違うんじゃないですかね。
ウォールストリートジャーナルにしてはかなりポジティブな書き様で、他のメディアでも多数のこういう「やっと無責任なやつらがいなくなった」的ニュアンスの記事は実はたくさんあるのですが・・・。 日本では全く報道されないですよね。フシギです。

同記事は更に続いて・・・・

The Democratic Party of Japan, victorious in Sunday's election, has vowed greater independence from Washington as a centerpiece of its foreign policy. But people involved in relations between the two countries play down the notion of a serious break, noting that cooperation has been tepid from the long-ruling Liberal Democratic Party on a range of overlapping interests, from promoting global free trade to containing North Korea's nuclear program.

今回勝利した民主党はワシントンからのより大きな独立を抱げ距離を置くことを外交的政策の中心にすると宣言している。
しかし、これまでの両国の関係に従事してきた人は基本的概念に関する相違というものを軽視し、(意見の)ブレークについてあまりにも長くの間ぬるま湯的「なーなー」な自民党との関係に終始して来ただけであって、それは北朝鮮問題から自由貿易協定に至るまで幅広いテーマにかかわっている。

更に続けて

"All things get harder when the government doesn't have any political capital," said the former U.S. ambassador to Japan, Thomas Schieffer, referring to the LDP's plunging popularity during his tenure from 2005 until earlier this year. "Hopefully, this election will clear that up. ... Hopefully, Japan will take a stronger role in the international community."

2005年から直近まで駐日大使だったシーファーは彼の任期中の凋落し続けた自民党に言及し、政府が政策における支柱を持っていない時ほど物事を難しくするものはない、と言及。今後はこの選挙ですべてがクリアーになり、日本が国際社会においてより強い役割を果たすように望むと述べた。

いかがです?

鳩山論文がアメリカで笑いものになっているとか、大問題になっていてオバマ大統領も頭を抱えてるなどと、今NHKテレビで堂々と発言している細田元幹事長とは何者なのでしょうか??

いい加減にしてもらいたい以外の何者でもない訳です。

よたよたして、何一つ責任力のない自民党よりはるかにましだ、と少なくともWSJとシーファー元大使は評価している訳です。

この先ご興味のある方は原文をお読みいただくと良いのですが、まあ、日本での報道とは大分違いますね。(民主党の弱点として、多くの議員が経験がないこと、左から右に幅広い思想の持ち主がアンチ自民党でまとまってきた経緯からして、きちんとまとまりきれるか、の二点を挙げており、極めて中立的にきちんと評価しているのではないでしょうかね・・・)

財源についてどうのこうの、と書こうかと思ったんですが、結局まあ、新聞はバイアスだらけでほんとにいい加減だ、というオチになってしまうわけですね。

サワリだけ書いておくと・・・

これまでの自民党の無駄遣いにより、たまりにたまった800兆円の公債残高があるわけですね。この借金の塊、ここまで来るのに10年以上、500兆を超えてから約3年でココまで来ている。

今まで黙っていて、何もしなかったくせに民主党の10兆円の支出、つまり借金のわずか1%を増やすのはケシカランといっている新聞がよほどケシカランのです。

もっと言うと、日本には100兆円の予算規模があるわけです。そのうちの10%経費を節減してこっちにまわせ、といっている訳でして、皆さんの会社で10%の経費節減を無理だ、とか不可能だとか言っていたらクビでしょう、それは。

その上でさらにクルーグマン先生の論文のようなお話に至る訳ですね。そちらの話は今週まぐまぐの方で書かせて頂きました。

ということで、まだまだこれからいろいろあります。

では!

 

コメント (53)

盛岡へ 野村胡堂 あらえびす記念館

2009-08-28 12:35:15 | マーケット

今日は盛岡へ。

もともとは田丸大先生のご縁でお知り合いになったアマガミ大王こと岡ちゃん、ともいろいろ関係ができ、いよいよ本格的に仕事をお手伝いすることになり、張り切っております。

岩手県はある意味一番政局見通しが安定しているところ・・・と言えなくもないでしょう。諸事見通しがよく、仕事をするには絶好の環境かもしれませんぞ。

ということで、今後の経過につきましてはいろいろこちらでもお伝えしていくことになろうかと存じますのでよろしく御願い致します。

突如の訪問にもかかわらず、夜遅くまでお付き合い頂いた、3Dのずっぽしキング大社長、お世話になりました。

しかし、怪しいですね~、みんな。なにやってる人たちなんだって??

いや、みなさん本当にすごい方々なんですよ。
最近この人と仕事一緒にやりたいな、と思うと大体年下なんだよね。こっちが年を取りました、ということでしょう。

で、盛岡。

日本全国の大半の地方都市にあるように、景気は大変厳しいものがあります。ただ、お話をしているとナントカするぞ、という気概、というか、気力に満ちている方が多い。僕は仕事がらに日本全国をまわるのですが、一般的な「東北感」とはかなり異なり、仙台とも違うし、津軽とも違う、ちょっとした大陸的な雰囲気と気風というんでしょうか。中国人の北方地域の方々になぜか雰囲気がよく似ているんですね。

一言で言うと、おおらかで、明るい。

例えば遠野というところには河童がいる。
それに遠野で肉といえば羊なんだそうです。ジンギスカンは北海道が有名ですが、北海道が漬け込んでミックスにして焼く、のに対し、こちらはびしっとした生肉を焼いてつけて食べるという、太っ腹、かつ野趣あふれるスタイル。

なんとも大陸的な雰囲気がするでしょう? こういうところで仕事をお手伝いできるということで今かなり喜んでいる次第です。

さて、野村胡堂・あらえびす記念館。

今回は紫波町(しわちょう、と読みます)の皆様のご好意で野村館長自ら後案内いただくという素晴らしい体験をさせて頂きました。(胡堂さんの弟のお孫さんにあたられるそうです)

野村胡堂・・・そりゃー、なんてったって銭形平次ですよね。(なのでこの記念館を建てた建設会社は銭高組、という冗談のような話ですが、本当みたいです!)

しかし、僕らクラッシックファンにとってはこの「あらえびす」としての野村さんの方が有名かもしれません。あらえびすは音楽評論家として活動するときにお使いになっていたペンネーム、いわゆる音楽評論のスタイルを確立した人でして、その評論は今でもバイブルになって読み返されております。(名曲決定盤などは今でも大変素晴らしい内容です)

同時にSP盤のコレクターとしても世界有数と知られている一方で野村さんは大変気前のよい方で困ったひとや落ち込んだ人に自分の大事なコレクションをあちこちにお貸しになっていて、残念ながらまとまったコレクションはたいして残っていないのだ・・・・と僕は聞かされていたのです。

あれだけの評論を書いた方が実際にいったいどういう音楽を聴いていたのか、興味はあるもののコレクションが散在してしまっているのはきわめて残念・・・・と思っておりました。

 ところがあったんですよ、ここに!!

実は、生まれ故郷の紫波町のみなさんが大変な苦労をして守っておられた。

この過程では実は東京都も大活躍をしていて、保管場所がなくなってしまったあらえびすコレクションを一度東京都が預かって、それをきちんと補完整理をして、それが故郷に帰ってきたというプロセスなんだそうです。関係者のご苦労がしのばれますな。

ということで、今回この7000枚にも及ぶSPコレクションの一部を聞かせて頂いた訳です。

いやね、なんとあのメニューイン+ロンドンシンフォニー演奏のブルッフ・ヴァイオリン協奏曲などを聞いてしまったのですよ、SPで・・・。震えましたね、まじで。

メニューインというのは子供の頃には神童といわれアメリカで華々しくデヴューを飾りましたが、ユダヤ人であったのによりにもよってフルトウェングラーと戦後すぐに競演した、ということでアメリカ・ユダヤ人社会から半ば追放され、その精神的ダメージからか、その後はろくな演奏がない・・・・とよくいわれるのです。

その分、自らがどうやったらヴァイオリンが上手に弾けるか、の研究に没頭し、ヨガまで取り入れて「メニューイン奏法」などと呼ばれる技法を開発、いわゆる教える側の人としては歴史に名を残した演奏家です。

しかし、この録音を聞く限りにおいてはやはりめちゃくちゃにうまい。その辺のレベルの演奏家ではないということがわかりますね。その意味でこういう録音、やはり大変貴重なものなんですよね。

記念館の展示品の中にはストラヴィンスキーが火の鳥の初演をニューヨークフィルとやったときのライブ録音なんてのもあり、思わず盗んで帰ろうか、と思ったくらい(笑)。

そのコレクションのすごさはかの小澤征爾さんも舌を巻いたといいます。
本当に貴重なクラシックの演奏記録がこちらにはあるのです。

実際に音が聞けるのはそれほどチャンスはないようですが、この記念館は山に囲まれた静かなとてもいい場所に立っていて、オーラを発しており、ヒーリング効果も抜群。

盛岡にお立ち寄りの節は是非お寄りくださいませ。
特にクラシックファンの方、必見ですぞ!

野村胡堂 あらえびす記念館
http://kodo.or.tv/exhibit/index.html

 

 

コメント (22)

今週のぐっちー・・・おい、こら、しっかり働かんかい!!

2009-08-26 14:50:48 | マーケット

いやはや、インフル疑惑やら広島出張やらでやっと戻りました。
1週間のご無沙汰になってしまいました(笑)。

こうなると笑い話だけど、やっぱインフルこわいっす。

HFT,フラッシュオーダーそして東証のなぞ、については有料配信できちんと書いておきました。本気じゃない人にわざわざお話することでもないので、有料ネタにまわしました。

早速数社取材を頂きましたが、あら、専門家の方にも読んで頂いているんですね。来週あたり記事になりますかね。選挙にかき消されなければいいんですが・・・

先週のSPAはぐっちーのコラムの他に、なんとあのフェルディナント大先生のコーナーのCAネタで登場させて頂いたようで、その反響の大きさにびっくり!

どうやらワタクシの要望どおり、「既婚CA事情レポート」を書いて頂けるようですぞ。
そのうち飛行機に乗り難くなったりしないよう、お手柔らかに御願いしますよ、先生!

クロ・デュ・ボワに免じて放漫経営を許してあげましょうよ、というお誘い。
私もソノマの白は大好きなんで、許しちゃいます! 

ここでフェルちゃんが書いている、こんがりとしたトーストのにおいというのはここのchardonnay の特徴ですが、英語でよく crispy と表現されるものでこれは本当にうまいのです。

うーん、酒やめて一年経つんですがちょっと抵抗しがたい魅力がありますな・・・

さて、今週もアエラから・・・

表紙は漫画家の浦沢さん。

このあたりはやじゅんに任せておくと一晩中しゃべるな、きっと(笑)

個人的に衝撃だったのはお向かいのページの松本さんのスクープ。
おいおい、まじかよ、という話でした。

ぐっちーは選挙モード。来週は結果がでてすぐの発売なのでまあ、私はこのあたりでちょろちょろ書いています。

今回の広島は往き帰りの飛行機のクルーが全くおんなじメンバーでびっくり!
国内線では初めてだわ。何かいいことでもあるかしらね。

飛行機がぼろくて普通に座ってても背中が倒れてリクライニングしているみたいに見えるみたいで何度も注意されて切れかけた。

私に注意する前に、椅子換えなさい!!

テーブルを元の位置に、リクライニングも元の位置に・・・・といいますが、サウジとかに行くと、全くそのまま、つまりテーブルもリクライニングもそのままで突っ込んで着陸してます。高度を下げると携帯電話も通じるらしく、みんなばんばん電話してたりします。最初にカルチャーショックを受ける瞬間かもしれませんね。

では♪

 

コメント (13)

今週のぐっちー

2009-08-17 23:36:25 | マーケット

さて、宣伝。

 

まず、連載させてもらってるアエラから。

表紙は松本人志さん。最近見ていないと思ったら・・・・
テレビに出ていない、ってだけで活躍していない、ってことには
ならないですからね。

記事、韓流「花より男子」イケメンで勝負、がおもしろいね。

はなだん、はどうも日本のドラマや映画だとピンと来ない。
韓国の男の子たちのほうが漫画のイメージに近い気がするのはなぜだろうね。

ぐっちーは今週から選挙モードで記事を書いております。

 

そして今週のSPA!
マネー特捜本部はぐっちーの順番です。

公的資金のカジノマネー化を取り上げました。
借金でパチンコやってるような感じだね。


 

 

 

SPA!名物といえばこのグラビアン魂。
毎週毎週ほんとにぞくっとするような女性ばかりが出てくる。

男が選ぶとこういう女の子が出てくる、という本当に鋭い
選択眼が光る企画だ。

ここまで毎週はずさないグラビア企画は
ほんとめずらしいよね。お二方の選球眼にひたすら敬服。
今週もスバラシイ・・・・

 

ということで、是非ご購読くださいませ。

コメント (21)

有料配信の皆様へ  8月17日号

2009-08-16 23:53:09 | 有料配信

今週の有料配信用のグラフを添付いたします。最初のグラフ。

アメリカの債務残高 シーリングぎりぎり

デットシーリングを引き上げにかかるのは当然ですが、いくらなんでもすごいことになてます。

 こちらもすごいグラフです。
シーラ・ベアー総裁がどこまでガイトナーに切り込めるか、お手並み拝見、なんて悠長なことをいってていいのか、わかりませんが(笑)

FDIC 残高

 

有料配信の皆様には本文で詳しく説明しております。では!

コメント (3)

飛んで火にいる夏の虫

2009-08-14 21:41:54 | マーケット

仲のいい関係者の方から電話が・・・

「いやー、ぐっちーさんのブログに書いてある、というので特定の業者を有利になるような取引を東証はすることがあるのか、とか聞いてくるし、許せんとかいうクレームの電話もかかってくるんですよ。まあ、テキトーに答えてますけど、ぐっちーさんもお疲れ様ですね、がんばってくださいね♪」

それはそれは・・・・いや、どこをどう読むとそういう電話になるんだろうか・・・・ 東証の人が大変なのでくれぐれもそういうつまらない電話は慎むように(笑)。

一方、もし、ご自身の体験で何か腑に落ちないこと・・・自分の注文は本当にきちんと執行されたのだろうか・・・などがあればそれは十分調査するにたる話なので、どうぞ、然るべき関係諸官庁にお話をされたらいいと思います。

前に何度も書いていますが・・・

例えば、ブルームバーグのトレーディングシステムにしても本当に注文やポジションがブルームバーグ社から他の漏れていないと確証を持つのは難しいからこそ、モルガンスタンレーもゴールドマンもそれらは自分のシステムで管理するのです。

ブルームバーグに聞いても、いや、もれているかもしれませんね、という筈がない(爆)。 完璧です、と答えます。

いい、とか悪いではなく、事実かどうかを争うのは別の場所にまかせて、投資家にとってはそうなる可能性が排除できなければ自分で身を守るという話、にしか過ぎません。

みずほの注文取り消しミスで飛んでもない価格が付いたときもそうだけど、そういう話は建前ではないことになっている。キャンセルできますから大丈夫ですと。しかし現実にはあの安値の大量注文が執行されてしまい、被害が出た。

ちょっと話は違うかもしれないけど、今問題になっている格付け会社の問題も、建前では厳密に検査される、ということになっていたのに、結果は高額の格付け料に目がくらんで酷い格付けを執行した罪は重い。

これらは不測の事態が起きたときの危機管理、自己防衛の問題です。

アメリカで現在起きていること・・・・ HFTについてはこれは合法で、そのこと自体は法律的には何の問題もないと書きましたよね。ただし、目的は流動性の供給なんだから、いくら隙をつけば儲かるからといってそれをやるのは証券会社として如何なものなのか、というモラルの問題を私は問うています。

それからNYSEなど、フラッシュ・トレードのない取引所についてそれがおきている可能性もあり、究極は要するにハッキングされているかもしれませんよ、という話なわけですよ。そうこうしているうちにタイミングよくゴールドマンのプログラマーが逮捕されSECも議会も調査に乗り出している。

本当のところは調査結果を待つしかない。 で、こんなのが日本に上陸してくればひとたまりもないですからね、と言っています。既にかなり活躍している可能性は高い。

日本では不可能だ、と言い切る方がいますが、不可能はない。それはおめでたすぎる。

実際後半で書いた部分、成り行き買いの先回りをして売り板を買ってしまう、ということについては日常茶飯事でみんながやっていることですな。

そのあと成り行きの売りがぶつけられないことはあるかもしれない。ただ、売り120円の前に115円で出せばいいだけの話であって、それは機械で処理することができるならマニュアルより効率はいいだろうね。マニュアルで今やっていることができないことはないでしょうよ、って話ですね。

自分で株式注文を出したことがある人ならすぐわかる話です。東証は板が見えますのでそのあたりの操作など朝飯前。ピースオブケーク。キャンオブコーン、です。

 現在の日本では板を読むこと自体は全く問題ないわけで、それ自体は問題にならない。ただし、これを機械でやり始めたら大変なことだろうし、更にマニュアルで板など見なくても先回りして注文が判明するようなこと(今アメリカで疑われているようなこと)が技術的には不可能ではない、ということを言っている。

もっと言えば、フロントランニングなど、そもそも非合法なことがやられていない、という保障はどこにもなく、投資家は常にそういうリスクと隣あわせになっていますが、何があっても結局自己責任とか言われちゃいますよ、ということを書いている。

原子力発電所では本当に事故が起きない、あるいはおきても大丈夫なら、それでいい。でも現実はどうでしょうか。

 赤信号で車はとまる。法律で決まっているから止まるものなのだ、と主張するのはご自由。東証もルールではそうなってます・・・・そう答えるしかあるまい。

しかし、赤信号で突っ込んで来るやつは現実にいる訳だし、そいつを悪者にするのはいいけれど、自分が事故にあったらいくらあいつが悪いといったところで意味がないではないですか、 ということを申し上げているに過ぎません。

ですから、人によってはこれを読んでより注意をしなきゃ、とお思いになるかもしれませんし、そんなことありえん、と思われるかもしれませんし、それはどうぞ各自ご判断下さい、ということでしかないのです。

ただ、首尾一貫しているのは、証券会社自らがいくら儲かるからといって市場を歪めるような真似をするのは如何なものなのか、という私の考え方。

損失補てん問題から続く、これは業界の問題ですよ、と申し当てているのですが・・・・

ということで・・・・

コメントの公開について

コメントにつきましては妙なものは勝手に消しています。出すか出さないか、はあくまでもワタクシ個人の好き好きで決めておりますのであしからず・・・何かありましたらメールのほうにご連絡をくだされば善処致します。

コメント (28)

グラフ

2009-08-14 02:06:07 | 有料配信

有料配信のみなさまへ

今週配信のメルマガに掲載しておりました表をグラフにしてみました。

ご参考までにどうぞ。

 

クリックしてご覧ください。

コメント (2)

日本のお家芸

2009-08-13 20:10:00 | マーケット

もともとは日本のお家芸でした・・・・・

イー・アクセス、スウェーデン政府が保証 低利で長期資金  

イー・アクセスはスウェーデン政府の保証を得て低利の長期資金を調達する。同国の通信機器大手、エリクソンからの携帯電話設備購入に充てる。自国の主要輸出産業を後押しするスウェーデン政府の制度を活用。自社の信用力を上回る好条件で設備資金を得る。  9月末から約2年に分けて、245億円の融資を受ける予定。融資期間は8年半で年利は1.76%。手数料を含めても3%台半ばの見通し。携帯通信網の強化に充てる。 (18:09)

手数料体系がよくわかりませんが、後払いにしてもらえば手前でほぼ国債フラットの調達ができる。合計でもプラス150BPで5年超のファイナンスは非常に有意義です。

昔、日の丸ローンといって、日本企業の品物を買ってくれるなら、ということで商社が通産省の保険をバックにファイナンスをしたというお家芸。

ジャパンバッシングなどでひも付きとかナントカと非難されすっかり陰を潜めてしまったが、昨年の経済危機で優秀な日本製品を買って、競争力の高い製品を作りたい韓国企業にファイナンスを付けたらいいではないか、とワタクシ、申し上げたところ、あんたは時代錯誤だとか、グローバリゼーションに反するとか大分非難されましたね。

まさか、スウェーデンに許されて日本はだめ、ってことはないでしょうね・・・

実はこういうことこそ政治の役割なんですよ。一企業では過去の経緯もありなかなか踏み込めない。そこを政府がバックアップして企業を盛り立てる。日本が一番得意とした方法ではないですか!

そういうことを一切できないできないで、景気回復は私の仕事、とか俺は経営者だったから何でも知ってるなんて口をひん曲げてるおじさんには何も批判する資格はありません。

民主党が本気で政権をとるつもりならこういう政策は大いに参考にしてもらいたいものですね。 日本製品を購入する企業の債券を野村證券が全部引き受けてあげてもいいではないですか。それが資源国なら大いに結構、という話なんですが、まあ、中国に先を越されるでしょうな・・・・

コメント (13)

ついにきた、HFT

2009-08-12 16:57:25 | マーケット

(文章が不完全なので後ほど修正いたします)

有料配信7月20日号にて、ゴールドマンの決算を特集したときにゴールドマンが採用したと思われるHigh Frequency Tranding System が広く関与したためにトレーディングの高収益が出たと思う、と書きました。

その後FBIにゴールドマンのプログラマーが逮捕され、どうやらNYSEのシステムに不正侵入するためのコードを開発していた、などと伝えられるにつけ、やはり、という確信が我々の間にはひろがって行く訳です。24日にはニューヨークタイムズの記事も出ております。

未確認の情報もたくさんあるので、あまり決定的なことは言わずに来ましたが、間違った情報が随分流れるのており、一部ブロガーの方も必死でフォローされている様子ですので、また、CDSのときのように一度間違った認識が広まってしまうと大変なので、ここで不完全ながら一度整理をさせて頂きます。

結論からいいいますと、やっていること自体はシステム売買が導入される以前の場立ち制度や大証の立会い制度の中で普通におきていたことで、今でも頻繁におきていることではあるのです。

ただ、ここまで、システムを開発してまで、徹底してやったのは多分これが初めてでしょう。 その意味ではただでさえ脆弱な東証や、その他東証マザーズ、ジャスダックなどがこのシステムで狙われればひとたまりもない、というか赤子の手をひねるがごとくでしょう。

本件は現在進行形なので内部者もたくさんおられるはずです。、その意味では業界の皆さんの良心が問われる問題ですね。 是非ご意見などお待ちしております。

まず、HFT。
昨日慶應義塾大学の金子勝教授が日刊ゲンダイ紙上でこれを「高周波取引」と訳されていました。

明らかに間違いですが、慶応の先生が言ってしまうと、間違った訳が定着してしまいますので、これは今のうちにジャーナリストの方も徹底して無視してください。内容から言って、別に周波数が変わるとか、スーパーソニックとかいう意味は一切なく、その言葉のとおり、とてつもない頻度で売買を繰り返すこと、以外の何者でもありません。

従ってブロガーの皆様がお使いの「高頻度取引」、Frequency自体に高頻度という意味がありますので、意味を重視して「超高速売買取引」という訳語が妥当でしょうか。

また、システムという単語は付いていませんが、これは明らかに機会執行するものですので、HFT=高頻度取引システム、と訳す方が現実的です。

 さて、その内容。 まず、基本から行きましょう。特に個人投資家の方注目です。

皆様の注文執行が本当のプロフェッショナルの人々、例えばゴールドマンのトレーディングデスクからどれくらい遅れるかご存知でしょうか。これはシステムの能力によるわけですが、恵比寿に引っ越すときにモルガンスタンレーが一番心配したのが、東証から離れることによるコンマ何秒かの執行時間遅れ、でした。

わずか0.01秒が致命傷になる可能性があるので、これは当時はきわめて神経質でした。 結果的にシステムを強化することでラグを解消できる、ということで引越しを決めた経緯があります。

で、先ほどの話・・・・恐らく20-30秒は間違いなく遅れるはずです。結局個人ですと証券会社の端末につないで成り行きで買いをいれ、それが執行されているか確実に確認をとるのにかなりの時間を要します。

しかし、ゴールドマンのトレーディングデスクから発注すると、恐らく1秒もかからず執行しているはずです。そのために膨大なシステム投資をしているわけですから、それはものすごい差があります。

そこで皆様の成り行き買い注文が東証の端末で執行待ちになっている状態がわかったらどうなると思いますか。実はこれは見えるのです。単位株数など細かい観察が必要なので、何画面も使って何人もで手分けをして見ることになります。

つまり、100円で寄り付いた銘柄があり個人の成行買いが100株づつ合計50件あったとします。

で、105円の5000株の売り物が入ってきたとしますね。当然5000株同士ですのですぐ売買が成立します。105円の売り物が消えれば成り行きで買いを入れている個人はどうみても自分の成行買いが執行されたんだ、と思いますね。

でも違います。ゴールドマン(これ、たとえですからね♪)が先回りして、瞬間的にその105円を5000株買ってしまい、110円で売りをぶつけてくると、個人の成り行き買いは110円で執行されます。

これでゴールドマンは瞬間的に5円抜いたことになりますね。 ずるい、って?

いえ、それが仕事ですからね。

その意味では証券会社のトレーダーに株式市場の見通しとか聞いている日本経済新聞はアホだろ、というのはその通りです。

だって、こういう鞘取りをするのに相場の方向性も経済のファンダメンタルズは関係ない。成行買いが向かってきたところに取りやすい売り板があるかどうか、だけをじっと観察しているだけの人々に相場の行方や経済動向などわかるはずがないのです。

ところが外資系のトレーディングフロアーとかの人にインタビューするばかものが後を絶たない。騙されるのは読者だけですな。 ということで、話を戻しますと、もし、自分に入った注文、成り行き買い、に対し今のようなことをやると「フロントランニング」といって法律違反です。

が、実は日系の中小証券会社ではこんなことは日常の風景なのですね。まあ、摘発は金融庁に任せましょう。

そして、この先回り取引、自分で一生懸命やっている分には法律に違反しません。

そこでこれをシステムで自動売買でやったらどうなりますかね??。 自分ひとりあるいは10人で手分けしてこれをやってもカバーできる銘柄は実際にやっている人に聞いてみるとまあ、せいぜい50銘柄が限度だろう、だそうです。

しかし、これを機械にやらせれば・・・・自動的に成行買いを見つけてきてそれが執行される前に売り板をすべて買って成行買いにぶつける・・・無限大にできるでしょうね。

ということでこれがHFTのからくりです。

NYSEは東証のように板がすべては見えないのでこの売買執行待ち状態のものを何らかの形で見つけ出すシステムに相当なお金をかけたり、もしかすると逮捕されたプログラマーのようなスパイまがいのことをやった可能性があります。

そうなると、公表されている手口の中で、ゴールドマンがなんでこんな端数みたいな取引を繰り返すことができたのか、ということがすんなり理解できますね。

更に、同じようなものでちょっと違うのはフラッシュオーダーという制度。
これはあまり売買のないローカルな取引所が売買奨励の1つとしてゴールドマンなどの業者さんには0.03秒とか、0.1秒とかのサービスタイムを差し上げます・・・執行する前に売り買いの情報を差し上げます・・・

という話でさっきの話をこれは合法としてサービスするわけです。もちろん鞘を抜かせるためではなく、売買の透明性を上げ、流動性を高めるためのシステムなんですが、これは考えようによっては合法的に他の人の売り買いの注文がわかるわけ。

0.03秒だって?? そんな短い時間で何もできんだろ、とお思いですか?

システムの演算能力さえ高ければそんなもん、0.01秒が1時間にでも2時間にでも相当しますよね。
先ほどのやり方でちまちまやることになるのですが、確実に儲かりますね。

そもそも NYSEには今でもトレーディングフロアーに売買執行員、スペシャリストといわれる人がいます。システム取引になりましたから、彼らは元来いらないのですが、万が一システムが止まったときのため、と観光資源として残された・・・というのは冗談で、彼らはその流動性確保のためにおかれているのです。

彼らの権限は絶大で、決まった銘柄の売買を自由にすることができる。例えば成り行きの買い注文をもらってもいくらで何枚執行するかは彼らの自由裁量で決められるし、場合によっては自己売買まで認められる。

先ほどの例のような先回り買い、などは制度上はお手の物だ。彼ら経由の売買は大口取引が多く、実際NYSEの取引の50%は未だにこのスペシャリスト経由ではないか、というデータもあるくらいだ。(彼らはシステム売買に参加する権利ももちろんあり、実際にトレーディングフロアーから携帯電話でシステム売買させるケーるもあるようで、その実態は極めてわかり難い。肝心なのはそういう取引慣行が残っている、というそのことだ)

ということで、私の知りうる限りの話はこんな感じでしょうか。 まあ、これで個別取引に異様な数のしょぼい取引が積み重なること、にもかかわらず膨大なトレーディングボリュームができること、などなど、これまで理解不能と思われるようなことが理解できるわけですね。

厳密に言えば法律違反となるでしょうが、、先ほどのスペシャリストなどの取引慣行の問題もあり、解決は容易ではないでしょう。

既に場立ち制度がなくなってしまった日本なので一見グリーンに見えますが、注文の握りこみなど日常茶飯事なので、このHFTの前には無力でしょうね。

結局これを防ぐのはモラル、など、実にアナクロな人間的抑止力しかないと思いますけどね、しばらく話題にはなるでしょう。

**大幅な書き換えの可能性がありますのであしからず・・・・

コメント (49)

草食系焼肉?

2009-08-10 00:26:54 | 音楽

仕事に関係ないっすよ。

ダンスミュージック、昔のディスコソングってやつだよね、はやってるの?

などと友人と話していたら、明らかにダンスっぽいサウンドが聞こえて来た・・・・

Party People  スガシカオ

だそうだ。

あれから~、僕たちは~♪、の人だよね。 確かにサウンドはダンスチューンだけどさ、踊れ、気を失うまで、ってこれじゃ気を失えない、って(笑)。

草食系ダンスチューンだね。こりゃ。
この人、。あまり詳しく知らないんだけど、大江千里を更に薄くしたような感じのサウンドを作りますよね。うまいんだけどね。
やっぱ草食系か・・・・・ とか言ってたら、友人がすごいのがあるよ、と教えてくれたのがこれ。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=F7OXTl-DuZA

近田春雄先生ご推奨だそうだ。

いや、こりゃ参ったわ。草食系の対極。肉も肉、もう腐ってます(笑)。
ダンスチューンといえばダンスチューンだけどね、

昔、場末のロシアパブとかでこういう曲をバックに金髪のロシアンガールが踊り狂っていたのを思い出した。六本木のXXXXだね。

だれが作ったんだろう、この曲。凄いセンスしてます。もしかしたらロシアに相当いたんじゃないかな。じゃなきゃロシアンパブの常連だよ、この人、完璧。
チェブラーシカサウンド!(これは標準語じゃないと思うよ。でもチェブラーシカのアニメを見るとハイキングとか、パーティーとか楽しそうなイベントのときも必ず短調なの。楽しいのに短調でやる曲をチェブラーシカサウンド、とロシアでは言う・・・ってのはうそ(笑)。でも俺たちの間ではそう呼んでるし、ロシア人の女の子もすごくいい、と誉めてくれたよ。)

歌ってる人(lip sync だけどね)??これはもーノーコメント。
名古屋の人々らしい。

さて、たまには日本航空をほめるか。

どうせろくなもんがないだろう、と思ってだーれも聞いていないだろう機内音楽サービスなんだけど、今月のJALはすごいよ。

4チャンネル、クラシックチャンネルでアルゲリッチの特集をしているんだけど、こりゃまたどーした、って位の例の別府のやつで(別府アルゲリッチ音楽祭・・・あのアルゲリッチが別府の温泉が大好きで音楽祭まで主催してしまったのだ・・・・まあ、上手いに決まってるピアニストなんだが、別府の演奏は温泉成分が満ちているらしく、こりゃまたすごいんですよ)、いや、すごいっす。

飛行機の中で温泉に入りたくなるくらい興奮しまっせ、
でもお客様、脱がないでね~♪

飛行機ですからね。そりゃー音はぼろぼろに悪いわけ。もう、あのへんちくりんなヘッドフォンだし。

でも、これ、音じゃない。
タッチでこれだけ聞かせてしまう名演奏はなかなかないです。

プコフィエフ、ピアコン3番の1楽章・・・・絶句。
バルトークの同じくピアコン3番の3楽章・・・・・悶絶。
それにショパンマズルカの#40ときたらもう腸捻転。

これがですよ、同時に聞けてしまう贅沢さと来たら!!

これはすごいだよ。やるじゃんね、JAL。すごいのは林田さんか。
これだけ聞きたいからもう一回乗ろうかと思ってるくらいよ。用事ないけど(笑)。

それからJ-POPチャンネルも(正式な名前は忘れた)パーソナリティーが関根麻里ちゃんに変わってから凄く良くなった。

変なガイジンの日本語を聞かなくて済むだけでも助かったけど、この子の雰囲気はほんとにいいね。音楽の選択はともかくも麻里ちゃんを聴くだけでもほっとするよ。(一曲目はなぜかこのスガシカオさんでした。それからパク・ヨンハ。歌上手いんだね、この人。わざわざ買わないでしょ、パク・ヨンハ。こういう発見もあるんですよ、機内オーディオは!) 

チャンネル1の沖縄ジャズも捨てがたいんですが、すみません、何で宣伝してんだろ。まずはアルゲリッチ。ぜひね!

JALといえば・・・・

コブクロとのコラボレーションだそうだ。

え、焼肉でも出すのか、JAL??

そのコブクロじゃないらしい。

でも、コブクロ、最初の頃マジで焼肉屋のユニットかと思ったんだよ。

サイン入りのCDをくれたU君、ありがとうね。今度チケットよろしく!

で、そのコブクロだ。

いいんだよね、文句はないんだけどさ。うまいし。
どれもこれも初めての歌なんだけど、次に出てくる音が大体予想通りだよね。その予定調和がいい、って感じなんだろうな。これは批判じゃないですよ。モーツアルトがそうだからね。予想ができるから悪いとはいいません。
でもね、大体いつも聞いたことがある。

ミスチル、グレー(あ、すみません、GLAYですね。グレーじゃ変だよね)、ケミストリーとか、B’Zとかその辺。

そのJALとのコラボ曲、虹・・・小林武史さんの名前をクレジットで探しちゃいました。。。。

テレビドラマの主題歌、STAY。いい歌ですよね。え、石井さん??

サヨナラHEROが忌野清志郎インスパイアだったというのには驚いた。
僕らより一世代若いのにね、いるんだね~・・・・

ということで全曲飽きずに聴くことができました。
このCDもJALで聞けるんだよ。お得でしょ?

えっ、767じゃ聞けないってどういうこと!!

大体元々ははAB6だったのに、勝手に機体変えたのそっちでしょ~
マジキレ~。


こういうところがイマイチなんだよね、せっかくコラボしてもさ。意味なくない??

と最後はやはりオチましたね♪

JAL機内音楽サービス

http://www.jal.co.jp/inflight/dom/entertainment/audio.html

夏休みはJALで!

コブクロ Calling いいCDでした!

 

今週のアエラ
表紙のリチャード・ギアに抱えられた犬がすげーかわいい。。。
これはたまらんです・・・・

コメント (22)

本末転倒

2009-08-07 22:53:14 | マーケット

日本航空 4-6 四半期決算で最終損益が900億円の赤字。

例の2000億円は経営改善に使うという触れ込みだが、3ヶ月で半分使ってしまうことになり、砂漠に水を撒いているのと同じ状態。

どうせ4-6月期は世界的景気後退なので仕方ない、とか言い訳しているんだろうが、既にシンガポールエアラインをはじめ複数の航空会社は期限付き給与引き下げの通知を従業員に通知済。

政府融資を受けておきながら、まさか給与削減通知が出ていないなんてことはゆめゆめないですよね、日本航空は。何せ国民の税金投入されてますから・・・・

のりピー

最悪のシナリオに向かっているわけですね。男を選ばないと・・・という話には何人かの女性読者から「本当にそうですよね」、という書き込みやメールを頂いているけど、まあ、ここまで鮮明にそうなっちゃうケースも珍しいだろう。

本人がしっかりしていれば大丈夫だろう、というのはそうなったことがない人の言うセリフで、寂しくなったり、孤独になったりした人間そこまで強くない・・・・と僕は思う。

金融マンなんぞをやっているとそういうことをたくさん見るんですよ、ほんと。改めて男は選ぼう、です。

え、女は選ばなくてもいいのかって?? あ~、その話題一晩かかっちゃうからね~(笑)

自民党

ネガティブキャンペーンばかりやってるとだめだよね。民主党もそれに応酬する必要はない。国民はいくら相手を非難しようとも、この人は本当にどれだけできるのか、を見定めるつもりだ。

その意味ではいづれにせよ、今回一回負けても十分巻き返せるよう、負けっぷりが求められるのだと思う。

民主党が勝ったら勝ったで、我々はいったいなぜ、この候補が当選しちゃったのか、と疑問に思う場面に何回も直面するだろう。 シャドウ・キャビネットでさえ、あんなレベルなのだよ。

自民党はもう、失うものはないんだから、候補者選びから考え直した方がいい。
橋下さんや東国原さんに頼る馬鹿さ加減にはつける薬もないが、例えば候補者によるディベートをさせて一般人による投票で候補者そのものを決める(自民党候補者同士で一度選挙をやっちゃう・・・・一般の人も投票できるので、何らかの形でかかわってしまうと本物の選挙のときも協力が得やすい)、など、アメリカなどで取り入れられている方法をさっさと取り入れてしまったらいい。

その意味でこれはある意味でチャンスだろうね。
しかし、また20日ある。これは長いです・・・・

コメント (38)

そしてまた一年がたった・・・・

2009-08-06 15:30:31 | 平和

毎年この日が来る。

私がどういう気持ちでこの日を迎えているかということはこちらにありますので、新しい読者の方でご存知のない方は是非読んでみてください。

 ヒロシマのアメリカ人

8月6日

ピース長崎

この記事からたった2年ですが、不愉快な話が多い中、この話に関しては毎年少しずつですが確実に進歩しているように思えます。

当時、この記事を書いている時は、やはりアメリカ人にこの話をするのはとてもストレスがかかりました。これで戦争が早く終わった、という考え方、つまり戦争には勝者、敗者とともに善悪がある、という考え方をなかなか曲げてくれないものでした。

確かに勝ち負けは付くのです。
そして日本は敗戦した。

しかし、戦争に善悪はなく、戦ったもの双方にとって悪、でしかないではないか(戦争の犠牲になった人々の命が本当にそれで報われた、と言えるのか)ということをわかってもらうには正直なかなか苦労があったのです。

しかし、まあ、若い世代が育ってきたこともありますが、何と言ってもオバマ大統領でしょう。歴史的な、あのプラハ演説、核廃絶に向けたあの演説はやはり大きかったと思います。大きな流れを作り出しました。

善悪、ではなく "Totally Evil" というものの代表としての核、というものがクローズアップされ、そのプロセスに広島、長崎がある、という理解の仕方ができるようになりつつあります。

特にアメリカ人にとっては大きなブレークスルーになったと、つくづく思います。最近では先方から行きたい所、の中に広島、長崎が指定されることが増えてきました。

一方で何年も平和を訴え続けた広島、長崎の直接被害者の皆様の努力には敬意を評せざるを得えません。
被爆世代もどんどん減った来ましたが、その二世世代が我々の世代になります。引き続き言い伝えるべきこととして言い伝えていく責任が我々にはあると思いを新たにしているところであります。

PS 大地の子はフィクションでしょ、と軽い気持ちでしょうが、書いた人。
人間として、日本人として恥を知るべきです。

コメント (39)

のりピー

2009-08-05 17:30:26 | 社会

いや、参りました・・・・としか申し上げようもありませんね。

さすが、現役のフェルちゃん、最初からCAネタはお任せするべきでした。
ほんとすみません。マキネスティーもばらされちゃったしな~、もう、せっかく内緒にしてたのに! ということで、皆さんSPAで続編をお待ち致しましょう。

で、何でも今日はのりピーだ。
元ファンクラブの人間としては心配せざるをえない。

山口百恵さんのようになりたい、と言っていた(ファンクラブ会報で見た)んですよね。家庭環境があまりよくないのも似ていたらしいけど、やはり男の選び間違いは運命を変えてしまいますね・・・っつーか、三浦友和さんみたいな人、よく見つけたよね。そっちの方がすごい。

芸能人ばっかりつかまるが、あっちの方は放って置くつもりなんでしょうか。

サン・ミュージック、やっぱりトラブル続くよね~、と言いながら今日は四谷三丁目(四丁目)の交差点を通過してみました。

岡田有希子の時は目の前のスナックで飲んでたんですよ・・・・・この子、竹内まりやの名曲を数多く歌っていたんですが、さすがに最近は誰も歌わないな~。 碧いうさぎは織田哲郎作曲なんですが、こりゃー名曲でしたね。

で、のりピー、無事なのか!?

こうなったら、切り込み隊長に探してもらおう・・・・

それにしても・・・・・

不当に捕まったらああやって、元大統領がちゃんと連れ戻しに来てくれる国。
何年立っても連れ戻しに来てくれない国。

まあ、「大地の子」でも証明済みだ。

そりゃ、税金払う先はどっちがいいって、あんた・・・・。

日本国債の最大のリスクは財政じゃなくて、こっちなの。

わかった??

 

 

コメント (30)

黄昏の日本航空とそれを支えるメインバンクのたこ坊主たち

2009-08-03 15:28:22 | マーケット

最後部列に座っていたデッドヘッドのCAが、大きな着替えのガーメントケースを抱えて、55列で、となりの席のおばあさんの荷物おろしを手伝っている我々乗客をさっさと追い越して降りていった。

おばあさんに荷物を渡し、通路をすすみ、では、失礼、先を急ぐので・・・・と小走りに出て行こうとすると、今度はデッキまでの通路を横いっぱいに広がってさっきのCAどもが通路をふさいでいる。 へらへら話をしながら歩いているので後ろに我々がいることにも気がつかないらしい・・・・

「大体、自分たちで客を追い抜いているんだから後ろから客が来るかもしれない、とかそういう普通の頭はないのかね、君たち、大体制服を着ている君たちは立派な日本航空の社員なんだから、顧客優先に気を配るべきだろ!! 」

 と怒鳴ったら、おじさん、思い切り睨まれてしまいました。

あのなー、おれはJGCだぞ、こら!!

と蹴っ飛ばそうと思ったけど血圧がもったいないのでやめた。。。。

降りるとJALアカデミーとか言う会社の看板が出てて、

「あなたの会社の社員にきちんとしたお客様への応対をトレーニングいたします」、

なんて書いてある。 ブラックジョークかと思ったぜ。客を無視して怒らせる方法でも教えるんかな(笑)。

 更にびっくりしたことがある。
私と交代交代でSPAに連載されている須田慎一郎さんによると、その日本航空に対して2000億円の政府緊急融資がされる事態に至っても、メインバンクの頭取だか経営陣の方が「日本航空はメインバンクが支える限り絶対に潰れないし、つぶさない」とおっしゃっていたというのだ。

須田さんのことだからうそを書くわけはないのだけれど、これが本当だとしたらこの銀行の連中は本当に頭がおかしいとしか言いようがないですな。

10年間も赤字垂れ流しの航空会社に効率の悪い融資をはりつけ、今後もつぶさないとか豪語しているなら、さっさと公的融資2000億円を我々に返して一切のファイナンスを自分で責任をもってやりなさい。少なくとも政府融資を仰ぐんじゃないぞ、こら。これは税金だぞ、きみ!!

こういう発言がいったいどういう神経をしていると出てくるのか全く不明。
メインバンクは政策投資銀行ですが、この発言は政策投資銀行から出たともどうも思えないんですよね、私は。民間のメインバンク、すなわちみずほコーポレート銀行の例のおじさんだろ、と推測するしかないのですが、須田さん如何ですか??

メインバンクの横暴は今に始まったことではありませんがそういやって非効率な融資先を政府資金で延命させ、自らの不良債権の表面化を先送りすることで自らも延命をはかる・・・・何がおきたか、バブルのときの経験だけでは不十分だというのでしょうか。

 新たなビジネスモデルがGM並みに見えない日本航空に対する税金投入は言語道断だし、メインバンクが潰さないのだからいいんだ、という発言を本気でしている銀行の首脳はせいぜい日本航空を全力で支えていただき、自らの株主代表訴訟のリスクを負って頂こう。

その見返りが家族旅行のときのアップグレード、っていうんではもう、居酒屋タクシーが笑えませんぞ。

金融庁もあんな細かい融資についてどうのこうの行ってないでこれ、なんとかしたほうがいいんじゃないのかしらね。知らないうちに郵貯がたくさん日本航空のCB買ったりするんだろうなー、そのうち。

国民は既に投入された2000億円についてもっと追求したほうがいい。 大体さっきのデッドヘッドの話じゃないですが、最近世界中の路線で日本航空のほうが値段が圧倒的に高いわけ。高い、まずい、ひどい、じゃ、お客が来る訳ないと思うんですよね、わたしは。

2000億円の片棒を担がされたて持たされている国民としては一体どういうビジネスモデルで経営を再建するつもりなのか、はっきりしてもらう必要があるんですよね。

高い金とるんならそれなりの物がなきゃ、いけない。そりゃそーよ。昔はね(1980年代)、日本航空のファーストクラスは倍くらいの値段がしてたんですよ、他社に比べて。それでも喜んで乗ってた世界のVIPがいた訳ですよ。

結局そのサービスノウハウはしっかりシンガポールあたりにパクられて、ファーストクラスサービスってのは今じゃ彼らの独壇場になってしまいまいよね。次がエミレーツってんですからね、あらまあ、じゃないですか・・・・

激安路線でいくなら、もう日本人CAでは無理です。さっさと入れ替えるべき。 で、結局航空会社なんて黒字にできるわけない、と考えて民営化しなかったルフトハンザとかシンガポールエアラインが正解、ということなのか、そのあたりはなんともいえませんが、ナショナルフラッグがどうしても欲しいなら税金投入して国有化、もう、国内線だけでいいや、というならさっさと倒産させたほうが負担が少なくてすみますね。

それをメインバンクがつぶさなければ永久に潰れない、などとおっしゃるやからがいるんだというのだから、まあ、2000億円もまた消えてなくなるんでしょう。これだけ見ても自民党には投票したくないよな。

以下ご参考まで。
ロス便は世界のドル箱路線なので、太平洋の航空会社がしのぎを削る超競合路線でもあります。

 9月成田発 6ヶ月オープンのディスカウント・ビジネスクラス の値段

NW 232,000
SQ 248,000
JL 485,000 (週末はさらにプラス80,000円)

如何ですかね?

これはだれがどう見ても日本航空には乗らない・・・だけじゃなくて、もし、この価格提示があって、なおかつ日本航空のチケットを経費で落としたら株主総会で問題になりかねない価格差ですよね、これは。

もちろん上場企業に関してはキックバックとかして調整するんでしょうがね。 何せ、政策投資銀行は何も言わないですしね。つまらんアメリカの経営コンサルに何億円も払って改革プランとか練ってたりするようだけど、それ以前の問題でしょう。

恐らく、ディスカウントして赤字で飛ばすのはよくない、とか通り一遍のさっきのコンサルの指導があったんだろうね、これだけの値段差だからね。20万円ですよ、20万円。

こことここが20万円分の差です、と説明できるんだろうか。
それとも日本航空の赤字の一部をお客様に負担して頂いています、と広告でも打つつもりなのか・・・・ ユーザー側のおかれた立場、まして実際に乗る客の立場は全く無視、ですわね。まあ、よくなるわけがない・・・・・

お前ならどうするって??結論は簡単。

会社を二つに分ける。ノーディスカウントの高級路線会社と安売り三昧の激安路線会社に分ける。 前者には1980年代に飛んでた本当に洗練されたサービスが提供できるもう、子育ても終わっちゃったであろう、優秀なメンバーを連れ戻す。皆さん相当なところに嫁がれてますからその後の洗練具合もそのへんのセレブなぞ、鼻息で飛ばせます。(まあ、このあたりはフェルちゃんの専門分野だね!)今なら暇だから安い給料で飛んでくれる筈です。お金はもう十分あるけど、自分たちがいたころにくらべて最近のJALはたるんどる、と思っているからは大勢います。 (優秀な昔の人に戻ってきて欲しくないなー、と思っている「高齢者」もたくさんいるはずです。だからだめなんだけどね・・・)

後者ではそういう連中をマネージメントにして、若いアジア人を鍛え上げる。日本人のきめ細かいサービスができるアジアンフラッグとして立ち上げてしまう。これからどんどん金持ちになるアジア富裕層は安くてサービスレベルの高い航空会社を間違いなく選択していきます。

アジアの労働市場のひどさは日本の雇用状況の比ではなく、今ならまだ優秀な「日本人の心」をもったCAがたくさん雇えます。もちろん男性も。雇った全員にお茶でも習わせることからはじめたらいい。給与差でそのくらい出る筈です。 アジアの雇用対策にもなりますね。

機体なぞ多少古くても飛べるんですよ。そんなに新しい機体が必要だ、ってファイナンスを繰り返してるけど、じゃ、聞くけど新しい飛行機だって、時刻表のどこに書いてあるんだよ。

そんなこと書いてないんだからさ、客はわかんないんだよ。最近までシンガポール線なんかはフルフラットとおれがモスクワに行ってたころに使ってた古いシートが混在してて、同じ料金なんだからさ。詐欺だっつーの。

燃料節約はわかるけど、肝心な情報は客に来てないって。これは会社が脳死してる証拠。 要するに航空会社はピュアなサービス産業、ってことをもう一度徹底するってことに尽きるでしょうよ、これは。サービス産業の財産は人。おいしい機内食じゃないよ・・・・・ ってな話で最後は北野武師匠が乗り移って話が拡散してしまいました(笑)。

最後に一言言っとくよ。

制服着てなくても、持ってるクルーバックと髪型で日本航空の人だって、すぐわかるから、せめてたばこは隠れて吸ってください。

それからリムジンバス社内では携帯電話は禁止ですからね、わかってますか!!

クルーバック引きずって成田から広尾xxxの合コンに直行してるあなた!まあ、これは許容範囲ですかね(笑)。

コメント (57)