債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アラスカ

2008-08-30 21:07:25 | 国際問題

アンカレッジ経由でロンドンに出張してた、なんてのはぐっちーの世代が最後でしょうか。当時、ソビエトが航空機の領空通過を制限していた為に、わざわざアラスカから回って行ったのですよ。ポーラールート、なんて呼んでました。アンカレッジ空港のうどんやはひどくまずかったっす、どうでもいいけどね。

部長は直行便、私はアンカレ経由、なんて感じでした。今考えると冗談みたいですね。

さて、今回のマッケインの副大統領指名、じつ~に奥が深い、と言えましょう。

ここ数年アラスカビジネスを結構やっているので多少おすそ分けできる情報がございます。

それにしてもアラスカはマジー・ジョンソンといい、このサラ・ペイリン(Sarah Palin)といい、白人、しかも美人女性というのが知事や上院議員になる土地柄なんですかね。アラスカ、恐るべしデス。 先ず第一のポイントは雪斉殿ご指摘の通りですね。

雪斉の随想録

アラスカが全米で最大の資源保有州だということが資源外交上重要な意味をもつ・・・可能性は高い。

補足させて頂くと、金もウランも実はネバダ州でもかなりの埋蔵量が確認されているのです。ところがこれらを掘る、そして精錬する、という過程である程度の環境破壊が起きるため、全米の環境保護団体が立ち上がり、存在が解っていても開発など、前に進めない鉱山がほとんど。

所がアラスカはまさにこの鉱業以外に産業がないので、州政府を挙げてこれを保護。日本では住友金属鉱山が早くからアラスカに目をつけて、先日ポゴという金鉱山で金の生産が始まったことが新聞などで報道されたのでご存知だと思いますが、彼らも相当環境保護団体の反対にあったものの、常にアラスカ州政府が生産者側に立ってそれらの環境団体を抑え込んでここまで実現に漕ぎ着けたという背景があります。

更に、オバマの売りであるマイノリティー対策という点でもこのアラスカは注目です。

アメリカで先住民の土地所有権を唯一認めているのがアラスカ州。住友金属鉱山の採掘リース契約も、表向きの相手はアメリカ合衆国アラスカ州ですが、其の向こうにアラスカ州が先住民から土地を借りています、というリース契約が存在します。

こんな先住民の土地所有を大々的に認めているのはアラスカ州だけで、その意味でこれはマッケインによるマイノリティーに対する重大メッセージと言っていいのではないでしょうか。

女性副大統領候補をぶつけることでクリントン票の受け皿に成り得る・・・少なくとも露払いは・・・というのは報道されている通りでしょうか。

ということでマッケイン、流石に老獪です。

因みにアラスカの主要産業はこういった鉱業と水産業ですから、日本との関係は深く、アラスカ州知事は歴代大変な親日家です。余計な話かもしれませんが、日本にとっては悪い組み合わせでは無い筈です。

それにしても、天気、ひどいですね~。私の今居るところはなんというのでしょう、カミナリが何度も光るんですけどね、音もしなけりゃ、雨も降らない。エアー・ギターならぬ、エアー・カミナリ状態でして、なんとも不気味です。では!

 

コメント (10)

曲がり角

2008-08-27 22:57:32 | 国際問題

今回の伊藤さんの殺害事件は後から振り返ると日本にとっての大きな転換点になるのかもしれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000170-jij-int

大変残念な、最も恐れていた結果ですが、今回の場合、イラクで訳の分からんドシロートボランティアが拉致、大騒ぎの上に解放されたのとは訳が違う。

筋金入りの現地に根付いていた、現地の人たちにも慕われた伊藤さんが殺害されたというわけですから、それだけ、アフガニスタンの情勢は危機的だ、ということでしょう。

アルカイダの関与は今の所全く不明ですが、アフガニスタンにおける状況はまさに戦闘状態そのものであって、アメリカのテロとの戦いそのものが機能していない、そしてまさにその状況下を狙って、ここでも書いた通り、ロシアによるグルジアに対する介入がなされるという状況に見えてきます。

本当に残念な事件ですが、ここは大きなターニングポイントと考えていいと思っています。金融とは案外こういう国際情勢に大きく左右されますので、注意が必要です。すでにイラクで「ルビコン」を渡ってしまった日本は、この先どうするつもりなのか、真剣に考える時期が来ています。

コメント (18)

オレノ・ジャパン

2008-08-27 17:20:51 | 野球

しばらくマーケットは見ておりませんので、あしからず。相変わらず閑散としているようですが、前から申し上げているように、本線は欧州。アメリカはあくまでヒモですから。ヒモでこれだから怖いんですよ。(競馬をやらない方には全く意味不明の書き込みかもしれませんな・・・笑)

さて、うまいことを言う人がいるもんでいつも感心するんですが、今回のチームは「星野」ジャパンではなく、「俺の」ジャパンだそうだ。なるほど、「オレノ・ジャパン」、納得ですな。

一方、WBCの日本における興行権は読売新聞社が独占しております。そう、あのナベツネが独占しているのですね。つまり「賭場」が「ナベツネ賭博場」となれば、「つぼふり」の指名権はナベツネにある訳で、その意味ではナベツネが「星野!!」、といえば星野になってしまう。うーむ、恐ろしいことですぞ。オセチア並です。

しかしですよ。前に書いたことの繰り返しですが、このお友達内閣のよさは(もしあるとすると)、それは男気にある。つまり批判を覚悟で取り組んで、だめだったら責任を取るということが大前提の組閣なのですよ。

自分の権限で好きな奴だけ集めてやって、勝てばよし、負ければ潔く去る、というのが前提でして、同じようなお友達内閣を作って選挙に大敗したのに責任を取らずに居座った人がどうなったか、という例を最近我々はどこかで見てますよね。

・・・結果は全ての国民にそっぽを向かれた自民党が残っただけ。すなわち、今回星野監督が自ら進退を決しないと国民は一気に野球なんぞ、見捨てるかもしれません。ふふふ、賭博(野球)は一生人気があるぜよ、などとナベツネさんが思っていたとすると、それは甘い。今の国民は結構よく見てますよ。

さて、だれがいいか、という問題。個人的には前に申し上げたように王さん、ですが、いかんせん体力の問題がある。全体を見れば、今回はアメリカはもちろん、どこのチームもメジャーリーガーとの戦いになります

。ドミニカなぞはレッドソックスのオルティーズ、ドジャースのラミレスが3番4番で出てきて、マルチネスが投げる。日本だって、松井もイチローも黒田も使える訳だ。これをまとめあげるのは、やはりメジャーの監督なのではないか、という気がしてなりません。

そう、ボビー・バレンタイン。彼はメッツを優勝させていたり、アメリカでも名将として名高い。今のメジャーの連中の情報も十分に持っているし、なによりメジャーリーグの監督というネームバリューは大きいと思います。 バレンタイン監督、そしてやはりメジャー経験のある長谷川さんをピッチングコーチにして、バッティングコーチは誰がやっても一緒だろうけど、清原にやらせたらどうでしょうか?

もちろんコーチ経験はないが、彼の修羅場、大一番をくぐってきた経験値はかなりなもの。だいたいベンチで座ってるだけでやくざがいるみたいでこれはかなり怖いぞ(笑)。まあ、落合さんが受ければ彼がベストでしょうけどね。ということでこれぞ夢の組閣。実現しないでしょうけど、この位やらないと勝てませんぞ、ということです。

そういう意味で、今度の大会はメジャーが完全に照準を合わせてくることと、各国とも現役メジャーリーガーを多数率いるという点からすれば、バレンタイン、もしルール上可能ならヒルマンを使う手もあります。ナベツネさん、そしたらあんたは英雄よ・・・。

PS アフガンの伊藤さんが殺害された、という情報が・・・・・本当ならこれは厳しい現実ですね。

コメント (20)

日本にはイタコが必要だ・・・

2008-08-24 20:12:05 | 野球

「うるさいなー、皿洗いで忙しいんだから!!」

「おい、このまま逃げるのか、おまえ」、

とうるさい悪友からの電話。

皿洗いの手をとめて、じゃ、いくか・・・・

アジア予選のときと書いてあることがちがうじゃねーか、という指摘が多いのですが、違うか?? どこが?? といいたい。あの時はとっても高いリスクをとって頑張って結果をとった、その男気やよし、であります。それはいまでもそう思ってますよ。負けたらぼろくそ言われますから。わかってますよね、ということですね。

金メダルを取る、と宣言したからにはそのレベル、つまり男気だけで相手を押し倒せるのか、冷静な判断が指揮官には必要だということです。

思えば、今回ダルビッシュが準決勝の先発予定を勝手に飛ばされた、自分はそれに向かって準備万端用意をしていたのに・・・と首脳陣を非難したように、普通の選手には星野監督の意図が全く伝わって居なかった訳。

結局、岩瀬、川上という「星野スクール」の卒業生に全てを背負わせる結果となった。これはある種「はらきり」であって、実際に腹を切ってしまった・・・しかし、これでは何のためのオリンピックだったんだと・・・・

そして、島野さんの存在を改めて思い出す訳です。つまり、島野さんは星野さんのあの、わけのわからん、檄を飛ばすスタイルを翻訳しているイタコだったのではないかと・・・・

従って、島野さん亡きあと、先発を飛ばされたダルビッシュにしても、星野監督の話す「星野語」を訳すイタコが居なかったために、それを体感的に理解している岩瀬、川上に頼る羽目になったのではないか、ということ。

そうか、イタコ不在がずべてだったのか・・・・、

となんとなく納得した訳です。結局、秀吉の黒田官兵衛、今川義元の雪斉(現代のおふたかたも優秀ですぞ!!)、そして日本帝国海軍における東郷平八郎と秋山真之と、名参謀あるところに勝利あり、という当たり前の結論に達する訳です。

そうなるとWBCは・・・・健康状態を無視するなら、もう王監督に出てもらうしかない。そして参謀として多数の教え子が支えればいいと思うよ。

世界の王、殿、ご出馬を。

最後に・・・

事情により、月曜日、火曜日はちょっと離れます。書き込みができないかもしれません・・・・

 

コメント (19)

マイナーリーグ

2008-08-23 10:29:07 | 野球

まあ、ここまでどっぷり浸かったので今日も書きましょう。本日アメリカ戦。

実はアメリカは4強(という言い方が許されるなら)の中で圧倒的に戦力不足です。しかも昨日のキューバ戦で疲弊してきてますので、ふつうにやれば絶対負けないです。これに負けるようですと日本はかなり重症です。

というのもまあ、メジャーリーグ通の方はご存知のとおり、この時期、アメリカはまさにラストスパート。リーグ優勝、プレーオフをかけてぎりぎりの戦いをしている。松井選手が手術をせずに戻ってくる、ということでもお分かりの通りです。

つまり、使える戦力は総投入という時期です。当然、主力が怪我をしてもすでにトレード期限は過ぎましたので自前の3Aや2Aからつれてくるしかない・・・・ そう、お分かりですね。

オリンピックにまわしてくるマイナー選手は残念ながら今年のWBSでは戦力になりそうもない選手ばかりです。大学生はその限りではありませんが、来年ブレークしそうな将来性が豊かな若手もまず送りません。

なぜなら、キューバあたりの選手にぶつかられて怪我されたら大変ですから。事実昨日もキューバの選手の体当たりで二人吹っ飛んでましたから、もう、これは心配な訳です。

こういう知名度の低い選手しかきていないのでアメリカ国内での注目度も極端に低い。NBAはドリームチームだしね。こちらのほうがおもしろい、ということです。

ということで、星野監督が妙な気合をいれなければ勝てる相手です。気楽にやって銅メダルもって帰ってくる、ということですね。

結果は如何に??

ではまた、後ほど!

コメント (20)

日本惨敗

2008-08-22 18:47:14 | マーケット

わかってるよ、といわないでくれ。これはどーしても書かざるを得ない。

星野が悪い!! 100%あんたが悪い!!

大体仲良し3人組でやろうとしたこと自体が間違い。 星野監督が日本一を取れなかった(短期決戦に弱い)ということを改めて確認してしまったということです。

大体なぜ、1点差の7回に藤川なのか? 

あの交代の仕方をみると、藤川に7回限定という指示が出ていなかったように思う。同点にされて、あわてて藤川を替える位なら、端から出すべきではない。

韓国にしてみれば1点もぎ取れば藤川を引き摺りおろせるとなったら、同点で、もういけいけです・・・ あのまま投げさせない・・・・ほど信頼していないならあそこで出すな!

そして、8回の岩瀬。

WHY?? ホワーイイ?? なぜ~~~(絶叫)

だって、ゼッ不調の時のスンヨプちゃんは左ピッチャーしか打てないのよ~~!!案の定、今まであれだけ泳いでたのにしっかりうっちゃった~~!!
まーくん、どこにいってしまったの??

そして・・・・
GG佐藤の長打力に未練が残ったのはわかる。しかし、あの守備はもうプロではありません。それはわかってるはずで、藤川まで出したら、レフトも替えてくれ。

そもそも、DHがあるんだから、こうやって最後の場面でGGの長打力に未練を残さんように松中と小笠原を呼んでくれ、とあれほどいったじゃないっすか??

ということで、日本は女でもつ。

はい、わかりました。

僕は明日から皿洗いでもやってます・・・・

あんたもだぞ! 星野さん!

もう、WBCには手をださんでくれ・・・・・

コメント (31)

413球 そして400兆円

2008-08-22 10:56:37 | 金融全般

やはり日本は女性、ということをまざまざと見せ付けられた一日。上野投手、二日で413球だそうです。ふー、ため息が出る。

それにしても、勝利の女神は何度も試練を与え続け、どうみてもアメリカに勝たせたい、という感じに見えた。それを精神力ではねつけた、という勝利に見えます。あの連投状況で雨で中断なんて、普通は耐えられません。切れちゃいます。

そのせいでしょうか、勝利のあとのあのエネルギーあふれる「うれしさの爆発振り」は、日頃見ている、泣きじゃくる「なでしこ」の姿ではありませんでしたね。男前、ほんと男前でした。泣きじゃくっているのは宇津木元監督でそれはそれでよかったですね。もう、野球、見たくないかもしれないけど、やっぱり見よう(笑)。

ホームランバッター相手に内角胸元を攻めまくるあの上野投手の投球ができるかどうか、度胸試しで女子に負けていたら、話にならんぞ、杉内君!

一方、情けないx3 なのは私を含めた日本男子と共にこちら・・・・

東証1部の時価総額、400兆円割れ 約5カ月ぶり  

21日の東京株式市場で日経平均株価が前日比99円48銭(0.77%)安の1万2752円21銭と3日続落し、4月1日(1万2656円)以来約5カ月ぶりの安値水準となった。この日の相場下落で東京証券取引所第1部の時価総額は397兆5984億円と3月31日以来、約5カ月ぶりに400兆円を下回った。(日経です)

まあ、証券取引所の時価総額は関係ない、というか意味がない、って話もあるんですけどね、上海も下がっているとはいえ、これだと上海とどっこいなレベルでして、4兆ドルを割り込んでますからね、ロンドンよりは確実に下でしょうか、詳細は見てないけどね。

東証問題についてはこれだけで三回くらいの特集になってしまいますが、端的にいうとあらゆる審査能力が欠如、または破綻している。アジアメディア事件でお分かりの通りで、審査になってないです、あれでは。

アーバンのCBについても開示義務のあるなし、適時開示原則に適合しない等々議論がある訳ですが、プロの金融マンで、あの6月の時点でただでさえ不安定な株価に基づき300億円ものCBが「素」で発行される・・・ことを真に受けた人間はいなかったですよね。少なくとも私のまわりにはいなかった。

事実アーバンの発表から振込み日まで(確か7月11日と記憶する)何度となく、パリバが拒否した、という噂が流れている訳ですよ。上場企業はファイナンスする場合、必ず東証に報告をすることになる訳で、このCBは普通じゃない、と直感的にわかる人が東証にいない、というのでは話にならない。

「これ、大丈夫ですか、裏になんかあるでしょう??」 

という会話がもし無かったとしたらそれこそ大問題です。その上で「何にもありません」、としらを切ったらもう、これは犯罪ですから、すぐその場でキックアウトできる。だから東証の役割は重大なのです。門番ですね、いわば。

転換価格に何か細工がなされている、かもしれないし、転換後の株式買取契約などが裏でなされる可能性は十分にあるわけで、事実、市場ではこれは何かあるぞ、とうわさになっていたわけですから、見張り番役である東証が見抜けないのでは、これは実に間抜けな話です。

ここまで東証が「節穴」、になってしまえばもう未上場企業のファイナンスとなんら変わらない訳で、一般のまじめな株式投資家に向かってつばを吐いているようなもの。

「自己責任だからね。解からなかったら、自分のお金で弁護士と会計士雇って、常に企業の財務活動を監視してないと知りませんからね!」、

などとたわけたことを言うつもりでしょうかね。

ということで、私が言いたいのは証券取引所の時価総額が単に景気がいいとか、悪いとか言う問題ではなく、東証の不透明な審査、ゆるい監視状態にも原因がありますよ、ということですね。この点を忘れてはなりませぬ。

ある意味この東証の無力ぶり、というのはこのブランドなら大丈夫と思ってだまされた雪印の件などと共通する訳で、うん、東証だから大丈夫だよ、って話にならなければいけないのは言うまでもないですよね。

世界No.1のニューヨークは15兆ドルくらい時価総額がありますが、単なる経済規模の合計でこうなった訳ではないのです。奮起を促したいと思います。

最後に・・・
結構な数の医師の方からさまざまな裏話を頂きました。それらを合算するとやっぱりマッチポンプ臭い、ですね(笑)。 

コメント (8)

タイブレーク

2008-08-21 11:03:49 | 金融全般

はじめてみましたねー、野球のタイブレーク。慣れないとまずいです、あれ。岩瀬はせめられん。あそこはベンチが指示しないと。まあ、気を取り直して韓国戦。キューバよりはやりやすいかもしれませんよ、考え方ですけど・・・

それより上野投手の318球の方がよほど凄かったという方もいるでしょうね。日本の最大の資産、財産は女性だ・・・といつもお世話になっているS社長がおっしゃるのですが、ほんとに、そういう気がしてくるオリンピックです。

それにしても、今回何となくうれしいのは「チョコレートしか食べてない」とか平気で言う内村選手や、ジャマイカのボルト選手も「俺は朝から毎食チキンナゲットだ」とか言いつつ世界新記録をたたき出していて、トップアスリートなのにあまり食べ物に気を使っていない、という話がたくさん報道されていることですね。

あれはだめ、これもだめ、なんていってると人生楽しくないし、僕はいまだにあの中性脂肪だとか、コレステロールだとかうるさいのは「薬屋の陰謀」だと思ってますので(笑)。 今回のメタボ検診とかいうのも絶対マッチポンプだ、、と言う気がしてます。そういえば北島選手も何で食べてますよ、とインタビューで言ってたし、どうも昨今の健康オタクぶりは少しおかしいと思います。

エアロビクスの創設者、クーパー博士も早死にしたし・・・、食事も運動もなんでも普通がいい、ってのは言い訳か(笑)。

えー、アーバンの一件依頼、自己資本比率が云々・・という記事が散見されますけど、これ、事業会社の場合あまり参考になりません。(プロの会計士の方は違った見解をお持ちかもしれません。あくまで「金融目線」です。)

金融機関についてはは自己資本比率を一定以上に保つ、という発想はありですが、事業会社にこれを当てはめると、ろくに事業に投資をしていない、ということになってしまい、健全ですが、株主にとってはせっかく出した資本が有効活用されていない、という面があるのです。

株式はクッションですから、いわばゼロになる可能性を常に秘めています。わかって投資をしている訳ですよ、投資家は。その分配当があったり、株価が上昇してくれればいいのですね。

ですから、それをクッションとして活用しつつ、うまく借金を切り盛りするのが経営者の腕の見せ所。無借金経営で利益が出るなら勿論OKですが、そうもいかないのが事業会社、ですね。勿論上場企業の話ですよ。上場企業の株式を購入しているのに、自己資本比率が高いから当社は安全です、なんていわれても困ってしまいますからね(笑)。

金融機関は皆様の預金をお預かりする身なのであまり無理をされても困るのでこの指標を活用する、ということになります。因みに自己資本比率で見ると、アーバンは三井不動産や住友不動産より高いのです。まあ、あてにならない、ということですね。

 

コメント (13)

大相撲方式

2008-08-20 16:34:47 | Weblog

コンビニにお茶を買いにいったらトンボが飛んでました。どうもこの都心部あたりは今年変で、毎年うるさいせみが一向に鳴かない・・・と思っているうちにトンボが飛んできちゃった、という展開。なんかおかしいですね。

さて、アーバン、改めて弁護団を見るとモリハマ(通称)の藤原総一郎氏率いる面々。これは金融機関は苦労しそうですね~(笑)。まあ、本件はちょっと書けなこともたくさんあるので民再の詳細が固まってからご報告します。

今日は文春で、すかいらーく創業家の一人、横川さんのインタビューを読みまして、ふーん、やっぱりね、と感じたので一言申し上げます。

だいたい、はげたか、とか呼ばれて外資のファンドは嫌われる訳ですが、本件は野村プリンシパルという純日本のファンドがMBOファイナンスをアレンジしています。このように外資を嫌い、わざわざ日本のファンドと手を組んだ案件がたくさんあるのですが、だからといってマイルドだと思うと大間違い、ということがこれでお分かりになった事でしょう。

せっかく日本のファンドに決めたのにいつクビにされるか、戦々恐々としている経営陣も多数おられるようです。 そりゃー、日本人だから確かに浪花節が通じる面もありますけどね、甘いです。

そうはならない原因は実は彼らの報酬体系にあるのです。日興プリンシパルがあれだけのいんちきをした原因も同じで、つまり手っ取り早く成功報酬を得てしまえば、みなさん巨額のボーナスを手にする事ができるという、ただそれだけの理由で黒字化を急ぐ。黒字化して再上場するも売り飛ばして儲けるもその後は「野となれ山となれ」状態。

日興ほど下品ではありませんでしたが、横川さんがおっしゃるように、3年再建の約束が守れなかったという責任は確かに追及されるでしょうが、既存店との入れ替えも満足に許可されなかった状況からすればそれもやむを得ず、でしょう。

そんなことは100も承知、しかし一方でただひたすらリストラすれば確かに利益はでるので、そこで再上場を目指してさっさと成功報酬を取りたい、という野村の意図が見抜けなかったのは横川さんにとっては失敗でした。

日本の企業が全くわかっていないところはこういう所で、片方でアドバイザリーフィーを思い切り値切りにきます。その分成功報酬オンリーにすれば一見お金の節約に見えますが、こうなれば成功報酬を得る、というインセンティブに向かってまっしぐら、ですから、その将来などを考える余裕はないし必要も無い。

むしろ、適度なインセンティブを常に与えるアドバイザリーフィーを手厚くしておけば、ファンド側も長く儲けられるので無理に上場を目指したり、ずたずたにコストカットして上場した後は下降一直線といったような事は起こり難いのですがね・・・。

このあたり、ファンドと組む場合はよく考えておいた方がいいと思います。同じ成功報酬体系を取っている限り、早く儲けてしまいたいという気持ちには日本人もアメリカ人も変わりはありません。 むしろ長く末永くお付き合いしたいので、成功報酬はマイルドに、その分アドバイザリーフィーを厚めに頂きますよ、というタイプのファンドが日本にはもっと現れてもいい筈。このあたり、今週のアエラに書いた大相撲方式が応用出来る筈なんですが・・・・

でも麻薬はだめですから!!

 

コメント (3)

2008-08-19 10:03:57 | Weblog

しかし、オリンピックの野球はひやひやですね。当たって欲しくない予想=結構苦戦します、があたってしまい、友人にはお前が変なこというからだ、とか怒られるし、でもね~、カナダあたりに1点しかとれないのは厳しいよ・・・・

 とういことで今日もひやひや、しましょう。

しかしです。あれだけモーションが大きい投手に対して盗塁を仕掛けないのはなぜ??・・・好意的に解釈すれば・・・キューバ、アメリカとの決勝戦に温存しているのかもしれません。日本は機動力を使えない、と思わせて、無警戒にさせるという作戦ですね。

悪くはないですけどね、投手って奴は突然クイックなんてできませんから、足があるぞ、と思わせることによるコントロールミスを誘う方が僕ははるかに効果的だと思うんですけどね~、クイックのへたくそだった投手出身からすると、これはほんとに厳しいですよ。やはり盗塁ががらっと風景を変えるかもしれません。一人一人は本当に能力が高いんだから、首脳陣がしっかりしなきゃね、です。

マーケットは閑散、っていうか俺が見てないだけかもしれない。でもみんな暇そうだ。

でもはっきり言って9月になったら大変だろうなー、と思います。

そうそう、先日テレビ東京で打ち合わせ中、CDOの債券なんて値段がついてないし、売れないよー、としゃべったら、「日経でもメリルが売却、って書いてありますし、その後も売れてるみたいですよ」とおっしゃる。その後もそういう話を結構伺いますが、これいんちきですから。

要するにバックファイナンスつけて売ってます。まじで。

例えば50で評価して、30で取ってもらう。でもこの30は売り手がファイナンスつける訳です。で、万が一最終的に10でしか売れなかったら差額は負担します、って、これ、日本ではやった損失補てんですわな。

バランスシートに余裕のある所に債券を押し付けているだけ。余裕がなくて全部見てないけど、ウォールストリートジャーナルにはバックファイナンス付き、という記事を発見。まあ、業界では常識なんですけどね。ちゃんと取材しましょうね。プロなんだから。

シティーも売却するらしいけど、勿論バックファイナンス付き。バーナンキ議長はあれだけ日本は不透明だ、とかけちょんけちょんに言ってた訳だから、まさか自分がそういう立場になるとは・・・・ということでしょうか。ちょっと可哀想ですね。

あと欧州勢は比較的被害が少ないという記事も最近みますけど、うそですから。だって、購入量自体はアメリカの金融機関より欧州の金融機関が多いんですからね、そんな訳ない。

多分ですが・・・・相当甘い評価を世界中がわかっていて見逃しています。

なぜか?この期に及んで欧州のビッグバンクまでやばい、となったら世界中が飛んでしまうからです。

ということで嵐の前の静けさ、と認識してください。

毎日暑いので是非塩の補給をお忘れなく。汗ででちゃってますから、水分、そして塩分。最近悪者にされてますけど、しお、大事ですよ。私は塩をかけられたようにしなびてきました。では!!

コメント (10)

日本ガラパゴス説を追う・・・

2008-08-18 15:48:52 | マーケット

あはは、笑ってしまいました。ある方からうかがったんですが、最近「3K不況」っていう定義があるらしい。日本経済を苦境に陥れた「3K」ってのがあって、これが建築基準法、貸金業法、金融商品取引法の3Kなんだそうです。

うまいですね~、どうしてこういう事を考える人がいるんだろう、才能ですね。この法律に縛られている3業種は確かにもうめちゃくちゃですものね。

さて、日本の携帯電話はガラパゴスの動物みたいなもんで勝手に進化してしまい世界に通用しない、とよく言われるんですが、でもね、おさいふケータイなんて滅法便利だし、JRも地下鉄も飛行機も一発で乗れるし、何がいかんのか、などと思い詰めていたところ、「あれはですねー・・・・」と、来日1年目の仕事仲間のアレックス君というオーストラリア人がおもしろいことを教えてくれました。

要するに、日本に来て当初、こんなあれこれ機能つける必要はないんじゃないか、と自分も思ったんだそうです。機能が多過ぎてこれは使えんと、と。まあ当然です。

所が日本に長くいるようになると、持ってないと不便でしょうがないことに気がついたというんですよ。「日本ではこれ、ただの電話機の代替だ、なんて思ってたら大間違いですね。」とおっしゃる。

彼が言うには、彼がいた地元、シドニーの町外れにはまず第一に24時間開いてるコンビニなんて無い。シドニーの街中には確かにあるけど、あくまでただの「コンビニ」であって、日本のように24時間おいしいお弁当があるとか、おでんが売ってるとか、挙句の果てに宅急便が出せたり、本を受け取ったり、クリーニング屋まで代行してるなんてことは絶対にない。

電車にしても、新幹線から地下鉄までこんなに走っているのは世界中で東京だけだし、また駅には何でも売ってるキオスクまであり、こういう便利な生活が24時間続けられる極めて高機能な街が東京であって、この高機能、所謂便利さを支える為にはこの「ガラパゴスのような」携帯電話が必要なんだと悟ったと言う訳。

最初、携帯で音楽までDLする必要はないだろ、と思ってたけど、確かにオーストラリアの田舎だったら家に帰ってパソコンで・・・、となるけど、東京のように街中に四六時中音楽が流れていたり、映画が見られたり、とにかく刺激があちこちにあると、あ、あの曲いいな、欲しいなと思うそのときに、「あ、パソコン持ってないや」、とかCDを手に入れてもプレーヤーがないや・・・・、とならずにすぐ携帯でDLできるのはとても素敵な事だ、彼はと言うのですね。

その証拠にオーストラリア人は携帯電話は電話だとしか思ってないけれど、日本人はみんなすごく大事にするじゃないか、と。(国民性もあるけどね・・・)

ストラップつけるのもあれは携帯を自分の分身の様に思ってるからじゃないのかな?? とおっしゃるんですね。(確かに電話番号やメールアドレスをあんなにきちんと管理するのは日本人位みたいですし、海外で携帯買うとストラップの穴なんて最初からないよね・・・)

アレックスも日本にいるともう携帯が「いとおしくて」仕方がないらしい(笑)。これは結構なるほど、ではないですか? 

要するに東京と言う街(日本全般も)がとんでもなく便利かつ高機能に出来ていて、その生活をもっと便利にしようとして、電子マネーなどなどが登場し、それに対応する為には携帯がここまで進化せざるを得なかった、という考え方ですね。

ですから、「電話を買おう」、と考えてしまうと日本の携帯は高スペック過ぎるけれど、そういう「ハイクオリティーライフを支える道具を買おう」としてみると理にかなっているということかもしれませんね。ガイジン、面白い考え方しますね。

そうなってくると、こういう東京のようなハイクオリティーでおしゃれな街が世界中に出来てくれば日本の携帯がばかばか売れるようになるかもしれない。その意味ではドコモさんもドバイあたりでもう街づくりからかかわっちゃって、ドコモの携帯がないと不便でしょうがねーや、って環境を作るのが手っ取り早い、ってことだね、などとアレックスと話してたました。

今は成長市場が中国だったり、インドだったりしてまだまだ街そのものがハイスペックになっていないから日本の携帯電話はオーバースペックで売れないけれど、もしかすると、もしかする・・・といのがアレックスのご意見です。はい、ありがとう。

日本の車も最初のころはオーバースペックだ、って結構言われましたよ、そう言えば。あんな性能のいいカーステなんていらないとか、窓は手で開ければいいとかね。そのうち便利さにみんな慣れちゃった訳ですね。では!

 

コメント (17)

USA

2008-08-15 09:28:45 | サブプライム

アーバンに続いてダヴィンチも来るか!! とうわさされましたが、まあ、とびはしなかったものの、結局ファンドで抱えた不動産が売却できず苦しんでいるという状況に変わりはありませんでした。ファンドからの売却による成功報酬が無い為にキャッシュが入らず。超過資産で倒産したアーバンと同様の会社がこれからも増え続けるでしょう。

私は、昨年の3月にすでにこの種のビジネスモデル、すなわち本業で不動産をしていたり確実なスポンサーの資金を確保して運用しているファンド以外の、所謂CDOを利用した(どこかで聞きましたね!)ファンドの売買収益で儲けている会社はやばいですよ、と書いていますね。

不動産自体も流動性が落ちるので借金をして買うのはやめましょう(余裕のある人はいいんですよ)ということも書きました。

サブプライム問題はアメリカ発の問題で、アメリカのサブプライムローンを担保にしたドル建ての債券をいくらもっているか、大騒ぎしている場合ではなく、日本の不動産はほとんどがアメリカと全く同じこのCDOの仕組みでファイナンスしているので、国内の銀行やらファンド会社やらが続々と購入している不動産担保CDO債券の整理を急ぐべき、これも一年前に書きましたが、さてどうなっているでしょうか。

こうなるともはやCDOを解体しても売れず、アーバンのように資産超過のまま倒産することになります。きっかけはノンリコースローンを大量に供給していた外銀の撤退には違いありませんが、CDOの概念自体が崩壊した時点で今回のことは十分予想されました。

これらの話を一生懸命延々50分もしゃべって、「アメリカのサブプライム問題は大変ですよ」、という発言だけを残し、これらの肝心の部分を全てカットされてしまった某放送局のWBSですが、ビデオまだ消去してなかったら流してもいいですよ、一年前のだけどね(笑)。

ということでまだ来ます、これ。 きっかけはサブプライム損失による外銀の撤退、というのが衆目の一致するところですが、個人的にはどうも北朝鮮制裁と重なってみえて仕方がない。安倍政権誕生後、急に厳しくなったのですよ、その筋の融資が。表面的にはもちろん金融庁が締め上げる訳です。

その結果、パチンコ、ラブホテルといったそちらの筋のビジネスが大打撃を受けた。所謂「反社」問題ですね。ばんばん倒産し、融資も引き上げ。当然それらを支えていたノンバンクが今度はやられる。

彼らはCDOのエクイティー、メザニンなどを積極的にとっていた連中ですから、ファンドの組成スピードが落ちてきたところに、その上の融資をノンリコースでとっていた外銀が撤退してファンド組成そのものが不可能になった。

当然、これらのファンドのクローズ、すなわちCDO担保不動産の売却による成功報酬で荒稼ぎをしていた、アーバンなどがピンチになる・・・

というプロセスで、妙に繋がるんですよね。勿論不動産価格の下落に結びつく、例の耐震偽造問題に拘わる役所の不手際なんてのもあるんですが、どうもおまけに過ぎないような気がします。

いづれにせよ、国内で発行された何兆円というCDOがアメリカのサブプライム問題と同じ展開になることは確実です。セカンダリーでは全く取引不能ですし、ロールできなかった場合、デフォルト扱いになるものもありますので、その時点で更に市場を圧迫します。当局は、仕組み債はかなり注意してみているようですが、まさか不動産担保のCDOにAAが付いているからと言って安全な債券だなんて考えてないですよね(笑)。

ということで流動性のない債券ははやく償却しましょうね!!

変動利付国債はどうするのかって!? うーん、その話はまた・・・

コメント (10)

ロシア情勢

2008-08-13 11:55:15 | マーケット

まあ、とりあえず停戦なのですが、朝方ロシアのテレビニュースを一通り見ましたので、あまり報道されていない点をピックアップして書いておきましょう。

まず、今回はグルジアがロシア領である南オセチアを強引に併合しようとしたことがきっかけであり、先制攻撃はグルジア側だったこと、そして今回の戦闘による死者のうち80%はロシア人であり、やむを得ず参戦した。

しかし グルジア軍は統制が取れておらず、極めて弱く、退散を繰り返し、あっという間に降参して捕虜になる。(捕虜が映り、丁寧に怪我を手当てするロシア人看護婦が映る)。

家族に安全を知らせるため、ロシア軍は捕虜に携帯電話を支給している等々・・・

捕虜から回収した認識票にはグルジアとアメリカの国旗が並んでおり(これもテレビに映る)、アメリカ軍がグルジア軍に対し介入しているのは明らかで、ロシアとしてはアメリカに対し断固講義をしなければならない・・・・・

まあ、大雑把にいうとこんなところ。これをロシア人は朝から見ている訳ですよ、実際に。当然グルジアが発表するニュースは正反対ですから、さて、実際はどうなのよ、という話ですわね。

日本の新聞読んでてもわからないですねえ、こういう話は。確実なのは、ロシア側はアメリカの周辺諸国に対する不当な介入が国の安定を妨害している、という主張を今後も繰り返してくるはず。グルジア問題のみでは終わりそうにないですね。

以上ご参考までに・・・

コメント (21)

気の研究

2008-08-13 08:41:35 | マーケット

オリンピック記事ばかり書いてないで経済記事書け、とか命令してくる人がいるね。ったく、何考えてんだか・・・・

ベテランの方はよくお分かりでしょうけど、俗に「夏枯れ」、といいまして、この時期は流動性が極端に落ちます。参加者が少ない、ということもありますが、マーケットメークに必要なキャピタルを許可できる人がバカンスでつかまらないためにポジションがとれない、なんて恐ろしい事態までありまして、流動性が落ちる訳です。

こういうのは新聞は書かない。従いまして、この時期、極端に振れることがあり、為替も債券も株価もまともに見ていて、あーだこーだとまことしやかな理由をつけていると、目が回って失敗する事が多いのです。相場なんか、しばらく遠目で眺めてオリンピックでも見ていたら如何ですか?ということです。

基本的なスタンスは繰り返し言っております。

円なんか持っててもしょうがない、中国経済の減速感が不明(減速は間違いないが、程度の問題が不明。従って株は??)、アメリカの金融不安が払拭できない(米国債でも??)という、トリレンマ状態なのでしばらく様子見、ということになりますが、まあ、消去法ではUSドルしかないんでしょうね、という結論になる訳です。

但し、これはかなり楽観的、というか希望的観測が含まれていて、中国もアラブ諸国も当面資産を大量にドルで持ってしまったし、自国通貨もドルに連動するので、まあ、無茶はしないんじゃないの、程度の話です・・・ということも何度も申し上げました。

フレームワークが変わる時と言うのはこんな常識は吹っ飛びますからね、そういう場合はごまめの歯軋りにもならない。 景気の「気」ですからね、結局何か熱狂、とか、狂気とかある種全く計算外のものが経済を動かすことがよくあるわけで(日本のバブルの熱狂が当にそうでした)、今回のオリンピックの雰囲気を通じて少なくとも世界経済に対するこの「気」の部分がわかるのではないか、という「気」がする訳ですね(笑)。

中国自体が熱狂のあと疲れきってしまう可能性もありますし、事実ロシアは強引に仕掛けてきた。次の冬季オリンピックがロシアの、しかもグルジアのすぐ隣のソチで行われるというのも何か関連があるかもしれない、などと勘ぐることは必要です。

過去にもそういうことが積み重なって世界経済を突き動かしたことがある、ということで、世の中の「気」というものをじっくり見ることもマーケットを制する為には必要です。

若い人にはそのためにも海外に行って欲しいんですけどね。(例えばブラジル、ロシア、インド、中国でブリックスと我々専門家は十把からげていいますが、投資先としてみたら全く異なる次元にある事くらいは行ってみたらすぐわかることです。)

ということで私はのんびりしております。仕事はしてますが夏休みモード、まあ、エコモード、ということでお許しを・・・

コメント (2)

メンチカツ

2008-08-12 09:22:24 | マーケット

いやー、いいものを見せてもらいましたね。すばらしい。北島選手は本当に育ちがいい(お金持ち、という意味ではありまん)と感じます。インタビューの受け答えなんぞ、完璧です。

そのご実家、北島商店のメンチカツは日本橋高島屋に売ってます。おいしいんですけどね、昼間に買うとついうっかりビールが飲みたくなりますから要注意。

平和の祭典、オリンピック期間中に戦争をおっぱじめる、ってのはなんなんだ、ときっと中国は怒り狂ってるに違いない・・・と思うんですけどね。まあ、中国は中国で問題抱えてますけど、いわばメンツ丸つぶれ、ですよね。

しかもロシア軍は南オセチアをすでにはみ出して、グルジア内に侵攻、首都トビリシを窺うってんだから尋常じゃない。グルジアやウクライナがNATOに参加するという方針に対する牽制球、といったって通常の牽制の範囲は超えてしまってます。グルジア首都決戦なんかになるようだととんでもない事態ですので、しばらくはこのニュース、重要です。

まあ、ロシアはプーチン独裁政権ですからね、なんでもできちゃう訳です。恐いといえば恐い存在です。

そういえば昨日の北島選手の試合が昼間にあったのでちょっと失礼して会社のテレビを見に移動したのですが、今の連中は殆どワンセグ持ってるんですね、僕はこれで見られますから、といわれてしまいました。4年前には考えられなかった事が普通に起きている世の中の進歩の速さに改めてびっくりした次第です。

私も買い換えようかと一瞬思ったのですが、実は日頃殆どテレビなんぞ見ないことを思い出し、危うく踏みとどまりました。また、無駄な買い物をするところだった、危ない、危ない・・・

さて、あとは野球。初戦がキューバ、ってのもね、盛り上がりますな。ダル君のことなのできっと大丈夫でしょう。では!

コメント (3)