債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さりげなく・・・・

2007-10-31 08:53:10 | マーケット

ニュースとしては今日はこれでしょう・・・

【記者:Mark Pittman】 10月30日(ブルームバーグ):格付け会社のフィッチ・レーティングスは 30日、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンを裏付けとした債務担保証券(CDO)は、2年弱前にフィッチが最高の「AAA」に格付けしたものもデフォルト(債務不履行)に陥るとの予想を示した。
フィッチのアナリストらは30日の電話会議で、サブプライム住宅ローンのデフォルトとその住宅ローンを担保とした証券の損失の関連性を過小評価していたと述べた。 フィッチは29日、最高格付け「AAA」のCDO約240億ドル(約2兆7500 億円)相当を格下げ方向で見直すと発表した。フィッチのマネジングディレクター、ジョン・シアベッタ氏は電話会議で「最もシニア、またはスーパーシニアのトランシェ(部分)にもデフォルトが出るだろう」と述べた。
フィッチは29日にCDO150件、368億ドル相当を格下げする可能性を示唆した。また、約42億ドルは既に見直し中。同社は債務3000億ドルに相当する431件の仕組み金融CDOをすべて調査したという。 フィッチによると、160億ドル相当のメザニン・サブプライムCDOは「AAA」から、最低でジャンク級(投機的格付け)の上から3番目の「BB-」まで引き下げられる可能性がある。 原題:Fitch Says Top-Rated CDOs Based on Subprime Loans Will Defa (抜粋) {NXTW NSN JQQNAC07SXKY <GO>}

 もちろん、過去にAAAから一気にデフォルトした企業があるわけも無く、格付け機関自らが、間違ってました・・・と認めたことになる。シニアのその上、AAAのスーパーシニアにもデフォルトが起き得る、と認めた訳だからこれは大変!!

フィッチが特別に格付けがい加減という訳ではもちろんなく、人員的な余力の問題から、もともと取り扱い件数は少ないのです。しかしながら・・・

何年分か不明ですが、3000億ドルに及ぶCDOを再査定して、そのうち160億ドルに及ぶAAAという、最高格付けのものがジャンクグレードに落ちる、更にはデフォルトを宣言するものがある、というのだから、シニアとしてA、AA、あるいはBBBあたりまで購入していた欧米の銀行(投資銀行ではなく)及び日本の金融機関にとってはいよいよすべてが「ゼロ査定」の日が近くなっていることに他ならない。

 Moody’s及びS+Pについては、フィッチでさえ、3000億ドル(36兆円!!)、431件のCDOを再査定していた、というのであれば、取扱量は感覚的にはゼロがひとつ違う。年金の照合問題ではないが、これらすべてのCDOを査定するだけで何年もかかるだろう。

いっぺんにデフォルトすることがないという前提で格付けしていたのだから、いまさらそれをひとつひとつ精査するのは実は不可能なのですね。
不可能だ・・・・といずれどこかの時点で宣言するしかないと思います。世界中でCDOを飛ばして当面どこか「ごみ処理場」にまずは押し込める、という解決法しかないとわたしは思いますよ。それを5年かけて査定して、やられた分はみんなで応分に負担する。どこかで聞いた話ですが、今のG7の面子でそれだけの余力があるのかどうか、実に疑わしいですな。

 さて、もうひとつ、2ヶ月物LIBORが1999年以来の最大の上昇というニュースもロンドンから飛び込んできた。10月なので、年末越えの資金繰りを始めたところ、切迫して一気に28BP上昇、4.59%まで行ってしまった。(ユーロLIBOR)

これだけECBが、やけになって資金供給をしてもこんなもんなんだからね。もしかすると今年の年末ってのがヤマになるかもしれないです。早めに手当てをしようとするので思わぬプレッシャーがかかるのですね。

 さて、接待記事にはたくさんのおもしろいコメントを頂きましてありがとうございました。公開いたしましたので楽しんでください。

笑ったのは

「なぜ、こういうときに出てくるのは、フィリピンやロシアではなくカンクラなのか・・・」

というご質問。

わたしの見るところ、韓国の女性がやはり中では一番親切だ(親切なように振舞うのがうまい・・・陰ではあのくそおやじ、とか言っているのだが・・・爆)、ということに尽きるでしょう。ソウルの金浦空港で涙を流してオヤジを見送っている韓国女性を見てください。でも彼女たちはすぐそのあと自分のボーイフレンドと楽しくデートに行くのもあたりまえだけど事実。残念!

フィリピンだと「おかねおかね」が前面に出てくるのでちと興ざめ、ロシアは僕はいいと思いますけどね、なんか白人女性の前では卑屈になる日本人男性が多いのもまた事実。お役人は基本的に自分が威張れるところが好きなのですよ、でカンクラ・・・

って、おっと、まずいな、これ以上は。
G元長官のボトルがあるなんて、口が裂けても言わないから大丈夫!
わかっちゃいそうだけど(爆)。さ、仕事仕事♪

コメント (15)   トラックバック (1)

日本人の接待

2007-10-30 08:45:11 | 考察

今日は経済ネタではございませんのであしからず・・・

最初ロッキード事件を起こした商社に入り、そのあと外資系一筋のぐっちーはかなりの部分、接待に携わりながら生きてきたといえます。思えばあのノーパンしゃぶしゃぶの楼蘭のご常連であった福井さんが日銀総裁になられるご時世ですから、まあ、あまり目くじらをたてることもなかろうと・・・実は思ったりもします。

守屋氏はもともと接待路線をこの楼蘭事件でぶっとんだ田谷さんに教わったとのことですので、その意味では筋金入り。

楼蘭の場合、やっていることがやっていることですから、見つかると恥ずかしいしかなり後ろめたい。だからこの種のものを受けた方としては万引きを一緒にやっちゃった高校生のようなもので(或いは万引きしたものをもらっちゃった学級委員が表ざたにしづらいのとよく似ている)一蓮托生的にずるずると接待地獄に落ちていくことが多い。ここでも特集したハニートラップがその極地といえましょう。

その点かみさんも一緒に誘ってくれると、ぐっと「賄賂色」が薄まります、家族ぐるみでのお付き合いです、はい、まさかワイフのいる前で業者に便宜を図るようなことは申しません・・・・ということで、ある時期からこの「かみさんを巻き込も作戦」が流行り始める。これははっきりいって奥様の性格によって成功不成功が決まります。

中には、とんでもない、夫の仕事の取引先とのゴルフ接待を受ける、などとそんないい加減なことはやめなさい!! と本気で怒る奥様がおられ、これはそうとう難攻不落といっていい。

が、しかし、むしろだんな様より接待好きの女性が多く生息するのもまた事実でありまして、守屋さんのように奥様がむしろのりのりになってしまうと、やはり業者の狙い通りずるずると行く場合が多い。最後は奥様のお買い物に企業の社用車が使われたりする。ここまでいったらもうだめです・・・(個人的には落ちたら早い、のは女性の方かもしれません)。まあ、ある種どういうかみさんを持っているかでこのあたりの抑止力が問われる。

一方、外資系だとこのあたり、ちまちまやっている場合ではなく、「

クリントン元大統領をスピーカーによんでボカラトンを借り切って、ついでにアル・ゴアからパウエル元国務長官あたりまでずらりとスピーカーに並べて総勢300人くらいでホテル貸切、ファーストクラスあご足つきツアー」

かなんかでもちろん奥様連れでずらっと呼んじゃうから、かかる金は半端じゃないけど、呼ばれるほうの「後ろめたさ度」はかなり低い。みんな呼ばれてるし、だってセミナーだもん、ってことだ。

もちろんゴルフ代もホテルでのドンペリ代も全部モルスタもちなんだけど(いけね!、実名だ・・・笑)これだけ大掛かりにやられるとまあ、足が付きにくいし、罪悪感が少ないよね。いいえ、これは民間セクターによるセミナーでございます、毎年定期的に行われているものでございますのよ、おほほ・・・てな訳。

因みに今年はシンガポールで小泉元首相らしいよ・・・ってこれもまずいか。でもシンガポールまでつれてっちゃって小泉さんのセミナーと処理すればいいじゃない、ということで何せスケールはでかいよね。F1のスポンサーになったりするのもこれの一環。要は足の付きにくい接待攻勢がなされる訳ですね。

民間の一ファンドマネージャーならその辺のキャバクラで十分だけど、然るべき立場の人は気を付けて接待しないとまずい訳です。大手生命保険の運用担当の部長さんあたりだと、民間人とはいえ、接待による情報漏えい及び「タナゴコロ」が運用成績が毀損させた、となれば多分無傷ではすまないでしょうからね。

ということで、昨日の証人喚問はなかなか興味深かった訳です。年間200回は多い少ないということではなく、要は受けるか受けないかということです。前にも書きましたが、官僚及び政治家についていうとアメリカは現職の時はかなり厳しい。やったほうも相当なペナルティーがある。

その分下野しているとき、つまり今ならヒラリーさんとかアルゴアさんであれば信じられないくらい簡単に会うことができる。コネもできる。でも政権に返り咲くととたんにガードが固くなる・・・といった具合で、とにかく政治家官僚セットで変わってしまうので金の使い勝手が悪い、というか使う価値があまりない、というのが実情ではないでしょうかね。その分半官のようなセクターではこういったことが派手になされるって感じです。

一方、欧州に行くともう、比較にならんくらいゆるい。大統領が夏期休暇中にリッツにただでとまる、なんてのは日常茶飯事でニュースにもならんのですよ。

そう見ていくとどっちがどう、というのはそれこそ国民の選択、ということに尽きる訳でして、日本はどちらかというと欧州型ではないでしょうか。つまり、あまり目くじらを立ててもね~、とわたしは思います。ただ、その分、官僚の給料を賄賂なんかもらわなくても十分やっていけるようにあげてしまう、というのがわたしの持論なんですけどね。貧すれば鈍する、っていいますでしょ? 

アメリカの場合も要は下野している間に稼ぎまくるので、政権に帰ってからは妙なリスクをとって個人的な金儲けをしよう、なんて思わないということです。まして、めし、ゴルフ程度では有り得ない、ということだと思います。

そういえば時代劇で賄賂を渡す役目はなんかいつも「越後屋」じゃないですか? 「越後屋、おぬしも悪じゃの~」ですものね、なんでだろ・・・・

コメント (19)

弱いドルをどうするか・・・

2007-10-29 09:35:16 | マーケット

週明けのトレードは既に始まっている訳だが、先ほど遂に1ユーロ1.4420ドルと99年ユーロ導入以来の安値を叩いた。いつかは来ると思われていたのであまり衝撃はないが、実際スクリーンを見ているとなにやら妙な気持ちになるのもまた事実であります。

更にこの時間の本家のオーストラリア市場では1豪ドル0.9196ドルとなり、これも1984年5月以来の安値なんだそうです。プラザ合意前の時代の話ですからね、えらいことです。(年初からみるとドルは主要通貨すべてに対し下落と相成った)

原油などのエネルギー比率の低いCRBインデックスも高いので一概に原油のせいだけではないのでしょうが、ドル安が響いてのコモディティー高、という面も否めません。OPECは原油表示をドルからバスケットにしたい、と意向表明。この話自体は何回か出てきているのですが、OPECで正式に取上げられたことはありません。ベネズエラあたりはやりたいんでしょうが、現実になるでしょうか。

そして、極めつけはアメリカがまだ利下げを必要としていること。まだまだドルに対するアゲインストは続きます。ここでも何回か取上げたように新興国の外貨準備高はG7の主要国をはるかに上回り、彼らがドルの保有比率を下げる可能性は大、であり、ますますコントロールの効かない状態になりつつあることをもう少し強く認識した方がいいでしょうね。こっちの方が心配になってきましたよ・・・・

 今週は雇用統計、FOMCとあり、そろそろ他の業種への波及も心配されるタイミング。IT関係がよさそうなので一安心なのですが、レバレッジドローン比率の高いネット関連など、脆弱な業種への波及を見定めねばなりません。CDOのことを考えるとこのあたり、かなり心配です。

コメント (5)

おー、チキン!

2007-10-26 19:29:46 | ワイン・イタリアン

廃鶏を比内鶏と偽った事件が報道されているけどね、だいたいの感じは・・・

新潟産コシヒカリは生産量の5倍流通している。
名古屋コーチンは生産量の8倍流通している。
国内産うなぎは国内生産量の7倍が流通している。
関さばは漁獲量の10倍流通している。
北海道産毛がには漁獲量の10倍が流通している。
大間のまぐろは漁獲量の15倍が流通している。

ってな感じだそうです。(丸紅食料本部のおっさんのくちこみ)

要するにほとんど偽者ですから、高い金出すのは無駄でっせ、って話。

もひとつ、ぐっちーの同期に「鶏博士」がいます。彼は東大で地鶏の研究をしてましたが、昨今の地鶏ブームでラーメン代も払えなかったくせに突然フェラーリに乗っているというむかつく奴で当然あだ名は「チキンラーメン」。

 で、その「チキンラーメン」によると、地鶏というのは血統がいくら正しくても本来的地鶏のビヘイビアーを示すのはまさに「パレートの法則」だというのです。つまり、ビデオなどで観察していると、放し飼いの血統の正しい地鶏のうち、地鶏らしく走り回ったり、飛び跳ねたりしているのはやはり全体の20%なんだそうです。

だから、例えきちんとした養鶏場と契約して地鶏を仕入れても、たった2割しか本物の地鶏の肉質にはならんそうで、だったら、100g500円も払って名古屋コーチンなんて買わずにあきらめて100g50円のブロイラー買って、料理で勝負した方がいいよ、なんていってる訳ですよ。

一億総グルメみたいになっちゃって、実際は彼らを儲けさせているだけだからね、まあ、普通のものを食べてれば、って感じがしますね。地鶏なんかかっても奴のフェラーリ代に回るだけです(笑)。

 魚も新鮮なものがうまい、って信じている人が多いみたいだけど・・・・

とれたての魚なんて上手くない、ってのは化学的に証明されてます。まじ。
とれたての魚は死後硬直が激しく、身は硬く、うまみ成分であるイノシン酸がほとんど含まれていません(一部の青魚はのぞく)。

死後数時間たって、死後硬直が解けた後このうまみ成分が出てくるわけ。だからうまいの。特にふぐのようなたんぱくなさかなはこのイノシン酸が命で、水槽で泳いでいるふぐを喜んで食べている人!! たんなるあほです。

ちなみに下関の料亭などでは(春帆楼とかね)、1週間前の予約しか受けないのはそのせいです。みがき、といってふぐをさばいてから最低1週間くらいは置かないとイノシン酸が出てこないんですよ。

実は肉も同じです。肉はもう少しながくて2週間くらいかかる。この腐る寸前の肉が美味しい為に、胡椒が世界貿易の中心になったのです。腐りかけているから胡椒で味をごまかすわけ。でもそれがうまい、ってのが肉の本質です。

このあたりは一度広尾の明治屋さんの肉コーナーのおじさんに聞いてみるといいです。

「この肉、熟成はどのくらいですかね?」

「そうですね、シメテからさばいて、1週間程度保管してますから、ちょっとまだ熟成は足りないですね。ステーキで召し上がるならこちらのお肉をお奨めしますが・・・・」

といって、やおら奥から肉の塊をもってくる、ってな感じ。高いけどね、まあ、それだけの価値はあるってことですよ。

朝取れた肉が上手いのはモツだけよ。(モツは筋肉がないのでおいておいてもイノシン酸が増えません)。

事ほど左様に食物に関する知識は間違っていて、「いやー、いけすからとれたての魚はうまい」、とか言ってるわけですから、味がわからんのだったら、安いものを食えばいい、と思うわけですな。ということでこれ、地鶏の教訓。むやみに高いものを食べるのはやめましょう・・・・・

でもね、白トリュフは別。高くてもうまいっすよ!!

 最後にチキンラーメンからの情報。やっぱり卵は新鮮であればあるほど上手いのだそうです。だから、三越とかで高い地鶏の卵とか買っても朝とれたブロイラーの卵にはかなわないんだそうです。

じゃ、日本で一番新鮮な卵って、どこで買えるの? まさか鶏は飼えないだろ、と聞いたら・・・・・

セブンイレブンなんだそうです!!

今日本の小売で一番早く卵を回転させる能力(採卵して、すみやかに搬送し、在庫管理が正確なので売れ残さなくて常に新鮮な卵を供給する能力)があるのはセブンイレブンだそうです。あしたから卵はセブンだね。いい情報でしょ?? 明日朝行ったら卵売り切れてたりして(笑)。

ではね、みなさん、Have a good weekend!!

コメント (37)   トラックバック (1)

メリルリンチを見てみよう

2007-10-26 16:07:36 | Weblog

22億ドルの損失を出し、創業以来はじめての赤字決算ってんだからそれなりにインパクトがあります。

アメリカ大手証券会社、と十把からげて扱われることが多いのですが、メリルはもともと株のブローカーが母体の証券会社で、投資銀行が母体だったゴールドマン、モルガンと一線を画してみておく必要があります。

彼らは(恐らく)ここまで決算がぶれる事はありません。投資銀行の手数料収入というのは実に有難く、安定的に経営に寄与するのです。この面で今ひとつ追いつけないメリルはどうしても株式の売買手数料などのブローキング手数料への傾斜がきつく、こういう事態には弱点がでやすい、という特徴がありますので、それは認識しておいてください。

過去に同じ出自のソロモンブラザースやスミスバーニーなどの株式ブローカー出身の会社が消滅していったのはこういう事情がありまして、メリルでこの程度やられているということになると、同じく株式ブローカーから出発し、証券化商品に傾注していたベアースターンズはかなり危ないでしょう。相応の救済措置が必要だと思われます。

さて、メリルの発表をみて「うーん」とうなったのはCDOのシニア債券部分の保有が300億ドルとかなりの金額に上っていること。ここはAAAなどの格付けがついていたので持っていてもあまり気にならない・・・まさかやられると思わなかったんでしょう。また、その分セカンダリーでも活発に取引されているポーションなので在庫が膨らんでいた可能性はありますね。

300億ドル保有に対して60億ドルの損失を計上しています。つまり、価格100円に対し20%の損失を計上して@80!! の価格で見ていることになります。もともとAAAでこれですから、その後に続く普通のシニア、メザニンなどは一体いくらで評価すればいいんでしょうか。GMが格下げされてジャンクに落っこちたときでさえ80台でうろうろしていたことを考えると事実上格付けはB位という認定ですね。

普通のシニアだと50くらいってことでしょうかね、これは大変です。前にも書いたようにメリルはブローキングとして一時保有していたCDO債券ですので量的には少ないもんです。それでこんなにやられている。ってことはアセットとして(在庫ではなく)これを積み上げてきた一般の銀行(シティー、JPなどを筆頭にドイツなどの欧州勢も)はどれだけやられているのか、皆目検討がつかん、ということになります。

CDO派生商品の手数料収入が8億ドル計上されていますから、まあ、これで荒稼ぎをしたものの結構溶かしてしまったというのが現実ですが、そのメリルでさえ、ここまでやられた、という見方も必要かと思います。

彼らはプロなのになんでやられるの?? というご質問もありましたが、CDOの債券部分、特にシニアについては金利リスクはヘッジしていても(つまり国債の先物を売る)、クレジットリスクはヘッジされていない訳ですから、こういう事態になると損失がかさむ訳ですね。クレジットリスクをヘッジするには売却するしかないのです。(株先を売るってのも考えられるけど、コラレーションがあまりはっきりせず。クレジットリスクがないという前提で走っていたのでこれはあきらめるしかないですね)

やっと週末ですな。今週は大阪を2往復してしまったのでさすがによれよれです。腰痛もあり、まあ、大変な1週間でした。では、みなさまよい週末を!!

コメント (9)

おやまあ・・・

2007-10-25 09:39:00 | マーケット

おこめやさんはみずほですね、っていう人が多いですね。違います。まあ、発表したからいいかしら。日本で最大のCDOシニア(シニアということでAAとかついてるけどそれが如何にうそかはこれまでに書いてきたとおり)ホールダーはお米屋さん。こめっていったら分かるでしょう・・・・あまりなじみがないからね。で、業界用語ではお米屋さん、或いは※といえばのーちゅう。

ミッキーマウスといえば東京三菱。桃太郎といえば岡山なんじゃら県信連だったり、まあいろいろな訳ですよ。「うどんや」ってのもいました。昔JGBオプション(プット)2000億くらい売りまくって本当にストライクされちゃったというなんとも勇ましいところですね。農林系ってのは結構穴馬で、派手にやられるけど闇から闇に葬られるので(政治利権が絡みすぎ)滅多なことでは表ざたにはなりません。

で、メリルさん、9000億出してきた。彼らはある種仲介業者ですので、これでも被害は少ないほう。実際にプリンシパルをかけてきたJPやシティーがどれだけ大変か、というのはこれで伺い知れるでしょう。

ということで、お米屋さんの500億はあくまで今の推測で、ということです。シニアはゼロにはならんという議論があるんですが、売れれば・・・・の話ですね。実際に債権回収に行く訳にいきませんから、これは永久に腐り続ける腐敗土のようなもので、安閑としている訳にはいかないものです。お米屋さんお得意のナンピンをかけるようです。3兆円とか書いてありましたけど、本気・・・でしょうか。株式会社じゃないので、株主代表訴訟はおきませんが、農林水産省管轄の銀行ですよ。最後はまた税金投入になるんだから、慎重にお願い致します。まじで・・・やるなら組合員だけで解決しましょうね。

CDOってのは債権者の多い債権回収みたいなもんですね、とご指摘された方。あたりです。だから端数は切るしかない。以前マイカルの再生に関わって踏み倒したとき(しまった、再生させたとき・・・笑)債権者の数を数えたら日本武道館で一日3回くらい債権者会議を開かなきゃいかんくらいの人数で面食らったことを覚えています。結局そうなると、300万以下を優先して(零細企業を優先すると裁判所が認めやすいから)それ以上はあとね、ということにして踏み倒す訳です。

CDOはこれとそっくりで、あまり影響が無い金額はちまちま返しますが、大きなものは踏み倒します。マイカルの時は一般売り掛け債権は6%くらいだったかしら。でも個人向け社債は30%を返しました。まあ、CDOもこんな感じだと思っていただければOKですな。

コメント (10)

マイティー・ジャパン

2007-10-23 09:01:50 | サブプライム

大丈夫です・・・というときほど危ないもんだ、というのは昔の上司から教わった鉄則。部下の報告、仕事の進捗状況のチェック、本当に危ないとき、人間は「危ないです」、とはいわんもんなんだよ・・・という言葉を思い出すG7でありました。

日本は関係ないもん、てな顔で帰国の途につかれた額賀財務相と福井総裁。
関係ないもんとか言ってるとまた世界中から嫌われまっせ。このままいくと日本がG7の中で輝きを放てるとすると恐らくあと5年。その間にはインド、ロシアにぬかれ、今のユーロ圏程度の輝きになるでしょう。

思えば野村證券一社でシティー、メリルを買ってお釣りがきたあの頃、なんで買わなかったんでしょう?? 

更に時代が下がってなお、NTTドコモ1社の時価総額(信じられないが2000年で40兆円くらいはあったのですよ・・・)でヨーロッパ中の携帯電話会社を買ってもおつりが来た時代。オレンジから何から何まで参加に入れてしまえば今頃3Gが規格なんてことはなかったでしょう・・・なのにたった4兆円の買収金額にびびって逃げてしまったドコモさん・・・・

事ほど左様に日本人はお金の使い方が下手なのです。

そこで・・・最後のチャンス

として、今回はCDOを逆手にとって、日本主導の世界金融危機救済ファンドをつくるのです。 これは日本の数少ないお家芸。ごちゃませにゴミ箱にいれて知らん振りをして、あとからみんなで考えましょう、ってこと。シティーだ、JPだとこまいことを言っていないで日本が作る。

まず、日本政府主導で、トヨタやキャノン、アメリカに日ごろお世話になっている企業でみんなでお金を出し合う。税金!? 世界金融危機ですよ。FRBもECBも必死になって支えている訳だから大いに投入しましょう。

これでCDOの不良債権を買う訳ですが、ここはCDOエクイティーを思い切りとりに行きましょう。エクイティーは全日本、オールジャパン。そして上位のローンは日本の金融機関+アジアの金融機関によるアジアローンがいいね。

そして欧米の金融機関がスタックしているあらゆるCDOのシニア部分を買い取る。評価するのは難しいのでとりあえず格付け別にAがついていたものは中身を問わず、とにかく一律50%で買取後から評価する。30%でもいいかもしれない。値段がある、無尽蔵に買い続けられるというところがポイントでこれで金融機関にしてみると一定の価格で評価が定まることにより本当のロスが確定する。

このやり方は実は回収でも意外な効果を発揮します。10億のローンをつけていて、そのうち1000万円を単独で持っている・・・という悲しい状況なのがCDOの債権状況です。

住宅も含めて相手のガラが悪ければ、「おめー、たった1000万しかもって無いくせにうるせーなー」、と一蹴され債権者として相手にされない。本来これらをスライスしたものを管理しているトラスティーなりがある訳ですが、ベルギーにある信託銀行が取り立てにはいけません。

しかし、これがオールジャパンファンドにひたひたと集まってくると・・・
名寄せならぬ「財産寄せ」が行われ、そのローンのうち70%が集まるかもしれない。そうなると10億のうち7億を持っている債権者なので・・・・相手とするとそうそう無視できない・・・ということでかなり脅せる。逆に、「てめーこのやろー、返しやがれ」、とこっちが脅かす訳ですから、回収率は格段に上がります。実際ローンの回収をやったことがありますが(不動産だったせいもあり)これはテレビのような世界です(笑)。

価格リスクはエクイティー投資家が負えばいいわけだが・・・ここは一ひねり。

持ち込んだ金融機関は一定比率で買取機構に自社のワラントを渡す(事実上、オールジャパンのエクイティーホールダーのものですな)。

ワラントなので当面の現金負担はない、しかし、最終的にこのワラントが行使されるとマジョリティーをとってしまうくらいいにしておいて、ただし行使価格の倍くらいのところではいつでもその金融機関が買い戻せるようにしておけばよい。

要はこれにより、買い取った資産の毀損をカバーできればいい訳だから、業績がよくなって倍を払って買い戻すのもあり。最終的に経営が上手くいかなければこの買取機構でワラントを行使して日本が世界中の金融機関の大株主として君臨、経営すればよい。

このくらいのダイナミズムをもって考えてもらえないでしょうかね・・・・世界の金融機関を救う訳ですよ、税金で。インド洋の片隅でガソリンスタンドやってるよりよほど世界貢献度が高いと思いますがね。 以上、マイティージャパン計画。民主党の大久保議員、まじめに検討しなさいよ(笑)。

あと、外貨準備高について・・・すべてドルで保有しているとは一言も書いてありません。中身は・・・意外とわからないんですよ。中国はドルペッグしているから多分殆どドルで持っているだろう、という推測ですが、ふたを開けてみたら半分ユーロだったなんてことになってみんなで腰を抜かすかもしれません。ロシアに至っては中身がほとんど不明です。特にヘッジファンドに出している奴は通貨はなんなんでしょうかね~。あれはあくまでドルで算定すると、というランキングですので誤解の無いように。

外貨準備が国力を表す・・・という事はないというご指摘はその通り。ただし、G7発足時はG7がすべてベスト10に入っていたのもまた事実。影響力の低下は著しい・・・と申し上げています。お分かりいただいていると思いますが・・・一応。

それからユーロも立派な基軸通貨というのもおかしい。基軸通貨はドル。原油の決済くらいならユーロでも或いは円でもいけるかもしれません。ただし、50年延払いのプラントの輸出代金をユーロで払う、といってもだれも受けません。シュランベルジャー(フランスの会社ですが)あたりでも嫌がるでしょう。将来はわかりませんけど、今は受けません。

基軸通貨というものは経済力のみで決まるものではなく、これも何度も書いてますけど、国力そのもの、軍事力などを含めた総合力で決定されるもので、いかんせん、何カ国もの意思の総体にしかならないユーロが基軸通貨になる道のりはまだまだ遠いのです。

コメント (23)

無力なG7

2007-10-22 13:33:21 | マーケット

週末G7が閉幕。およそのことは日経の社説を読んでもらいましょ。要は、まあ、サブプライム問題がついにG7でも取りあげられた、という象徴的な出来事ということですね。

http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071020AS1K2000120102007.html

 ただしこの記事も肝心なことが抜けている。つまり、何かが起きたときにこの面子では何もできないということです。特に被害が為替に及んだ場合は完全にレームダックだと思う。前にも取上げた外貨準備のランキング・・・公表タイミングにばらつきがあるのでいつの、と切れないのが難点ですが・・・各国最新データをつぎはぎすると・・・

1 中国 1兆4336億ドル
2 日本 9,456億ドル
3 ロシア 2,770億ドル (まじか~、これ!?)
4 韓国 2,752億ドル
5 ユーロ圏 2,590億ドル
6 台湾 2,534億ドル
7 インド 2,477億ドル 
8 シンガポール 1,524億ドル
9 香港 1,408億ドル
10 マレーシア 982億ドル(1000億まであと一息だ!!)
11.タイ 807億ドル

 因みに昨年末がこれ。

1 中国 8,536億ドル
2 日本 8,500億ドル
3 台湾 2,534億ドル
4 ユーロ圏 2,121億ドル
5 韓国 2,089億ドル
6 ロシア 1,659億ドル
7 インド 1,389億ドル
8 香港 1,227億ドル
9 シンガポール 1,150億ドル
10 マレーシア 730億ドル

 ロシア、韓国が既にユーロ圏を抜いていること、そのユーロ圏最強のドイツでさえ、700億ドル程度、マレーシアとの差はひろがるばかりで、すでにタイにでさえぬかれたっぽい・・・結構僕はびっくりしたんだけどさ・・・

ユーロ圏とかいってもですね、もう、台湾、インドとも紙一重。このユーロは10月発表のものをばか高い1ユーロ=1.4ドルで換算していますから、もうインドにも抜かれちゃった・・・という見方もありです、まじで。

つまり、G7といってもマイナーリーグのメンバーしかいないので、何かおきてもどうしようもないだろう、って話です。陰のG7を至急つくらないと大変なことになりますな。まるでAPECそのままってメンバーですけど(笑)。

そして小さくしか扱われていませんが結構大事なニュースがこれ。

 英バークレイズとRBS、FRBから計300億ドル借り入れ

 2007年10月22日 (月) 09:16 [ロンドン 21日 ロイター] 
英銀バークレイズ<BARC.L>とロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>は今月、米連邦準備理事会(FRB)から合計300億ドルを借り入れることについて許可を得た。短期流動性問題から顧客を救済するためという。  シティグループ<C.N>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、JPモルガン・チェース<JPM.N>、ドイツ銀行<DBKGN.DE>など主力銀行は8月および9月、FRBの貸し出し制度を通じて資金を借り入れたことを明らかにしていた。  FRBのウェブサイトに掲載されたデータによると、バークレイズは最大200億ドル、RBSは最大100億ドルの借り入れをそれぞれ許可された。

彼らは欧州の銀行ですね。日本の銀行が何らかの事情で自国での調達をあきらめ、アメリカで融資を受けたらどうですか・・・という事ですね。欧州で調達できないとは思いませんが、迅速に資金を調達するには現地・アメリカでやるしかなかった・・・ということです。それ以上のこと(欧州では調達不能)はちょっと今は考えたくありません(笑)。

先週アメリカ主要金融機関の決算が発表され、あまりのひどさにさすがのダウも急落しました。しかし、これ、わかっているもので・・・・という条件付。分かっていないもの、値段がはっきりしないものがまだ大量に残っているので・・・例の買取機構の話になる訳です。

わたしたち日本人はこういうの慣れてますよね。値段が分からず、だれも買い手がいないので・・・・・飛ばしてしまおう!! この種のことは日本が先に経験済みというのがなんともブラックジョークですな。し

しかし、当時日本は世界最大の債権国でしたから、国を挙げて救済する資金があったのです。世界最大の外貨準備保有高なんだからびくともしない。

でもね、ドイツ、フランス、オランダはおろかイギリスでさえベスト10の外・・・・本当に国が介入すればOKなのかどうか・・・・実に怪しいところまで来ているのです。

前にも「敵は欧州にあり」、と書きましたが、だんだんそういう様相を帯びてきました。いづれにせよ、これまでは良くも悪くも日本さえ抑えつけておけばこういう混乱は収拾できた訳です。で、日本は100%アメリカに追随しますから、何の問題もない。しかし、あの面子(中国、ロシアなどなど)を味方につけるには、これは相当高くつく、というのが我々の経験です。(北朝鮮問題もこの切り口から見るのはありかもしれない・・・)

もひとつ余計な事を書くと、アメリカにおける有力なる対中国、対ロシアといった交渉ルートは実は民主党人脈が豊富にもっています。「マンデル教授ー中国」 というのがいい例ですね。その意味でブッシュ政権のうちはこのあたりのダイアログも錯綜するのではないか、まして大統領選挙の前で、敵に塩なんぞを贈る物なのか?? というのがわたしの疑問。このあたりは専門家のお考えをお聞かせ願いたいと存じます。

 最後にG7は人民元にも言及。でも同じ理由で今頃北京では笑い転げているんじゃないだろうか・・・

「人民元を切り上げろって?? じゃ、勝手にしろよ、おれドル売るから」

といわれて一番困るのは今のG7諸国でしょうからね~・・・・

コメント (7)

名古屋、一人勝ちの巻

2007-10-21 13:04:32 | 野球

相場が荒れる年は中日が強いという。今年はサブプライムが出た時点で中日だ、という人もたくさんいたのだが、まさかここまではまるとは・・・・・っつーか巨人弱すぎじゃん!! 

ったく、涙の東京ドーム、田中幸再登場とかさ、ダルビッシュ、小笠原から3打席連続奪三振!! とか見られなくなっちゃったじゃない!!。

もっと空気よめよな、って、そうか、今年は空気が読めないってのがキーワードなんだよね、なるほどそれで中日・・・・

ってことは最後はぶん投げて日ハムの勝ちで終わるわけね。いいかも、それ。

実は経済を見ても日本は名古屋の一人勝ちです。
これ、まあ、トヨタの一人勝ち、といってもいいんですが、あれだけお金を使って勝てないF1で、もう少しファンサービスしてもよさそうな富士GPでも5時間待ちを平気で強制するという、実に可愛くないところがあるわけです、この企業。

いいじゃん、一人勝ちだもん・・・・確かにそうだけどさ、言われるといわれるだけ腹が立つよ。なに、ルイヴィトン売り上げNo.1店舗は銀座じゃない!? 名古屋? なんじゃそりゃ。

ってなことで、有効求人倍率がかる~く2倍を超えている愛知県と最下位ではないものの、日本で最悪の経済状況に直面する北海道の戦いとなれば、まあ、名古屋対日本、ってことね。最後はやっぱし全国制覇されちゃうのかしら、織田信長みたいだな・・・・でもな~、最後は本能寺だし・・・って、そうそう、関係ないけどあの東京ガスのコマーシャル、いいですね~。

ご存知だと思いますが、これで織田信長は3回目の登場なのです。織田信長はかなりコマーシャルには向かないキャラ。だって、最後は本能寺で殺される事をみんなが知っている人物ですぜ。最後は殺されちゃうんだから、使う企業はかなり勇気がいると思う。それこそ敦盛を使うようなもんだよね。

このプロデューサー、優秀だと思うのは、信長の、当時の世界中でさえなかったような城づくりや、その後300年くらいたって初めてヨーロッパで使われた鉄砲の使用法(長篠の合戦における三段打ち)などを「宇宙人的」と捉え、最後に予言していたよ、とばかりにプリクラをはった印籠を妻武木君に投げてにこやかに去っていく、という演出・・・秀逸なできですね

妻武木→妻夫木・・・ふん、鯉しかいないようなところすんでるいなかもんに指摘されてしもたわ、ありがとよ!!(笑)

ってな訳でこれで中日が勝ったら名古屋の一人勝ちだと思いますが、もともと爪に火をともすようにやってきた土地柄ですから、これがメジャーになった瞬間やばいんじゃないかな~、と勝手に思っているぐっちーでした。ちなみに何の根拠もありません。いつものように秀逸な馬券王さんに振っておいて終わりにしましょうね。

 http://tameike.net/writing/shanghai.htm

今年の菊花賞は、女に完膚なきまでに叩かれた男が集まってぐじぐじやるオカマレースみたいなもんでこれはこれで今風かもね・・・・

コメント (11)

ありがとうございました・・・

2007-10-19 16:50:55 | 社会
ノリックの記事にはたくさんの心温まるコメントを頂きまして本当に感謝しております。先ほど全て公開させて頂きました。正直かなりダウンしておりましたが、これだけ沢山のみなさまに声をかけて頂けるとは思っておらず、こちらの読者の皆様の心の温かさには本当に頭が下がる思いです。また、ノリックのファンがこれだけこちらにおられたのもちょっと驚きましたが、謹んで後ほど彼の霊前に報告をさせて頂きます。本当にお気遣い有難うございました。
コメント (7)

期待通りの・・・

2007-10-19 12:28:55 | マーケット

えー、大阪から帰ってきました。大阪、あったかい!! 東京寒いぜい、という実感です。やっぱり冬は関東はつらいですね・・・

さて、既に皆さんがご存知の通りアメリカ住宅着工の数字が発表され、実に期待通りに120万戸をきっちゃいました・・・笑い事じゃないですな。昨年の秋口、確かかる~く170万を超えていた筈ですから様変わり。住宅セクターを中心にした全般的な調整はまだまだ終わりません。

消費の数字を見ていると(まだ9月のものです)それほどの減速感はない、というエコノミストもいますが、なんといってもクリスマス商戦がすべてです、アメリカの場合は。ここ1-2ヶ月の動きは細かいもの(百貨店統計とか)まで含めてよくみておきましょう。

通常、トップ3%の収入を得ている層が全米の消費の90%を占める(メリルは95%というレポートを昨年出していましたが・・・)という構造のアメリカの消費ですので、末端の景気動向にはあまり左右されませんが、今回の一連のサブプライムに端を発した金融構造問題はウォールストリートを直撃、一番の富裕層がダメージを受ける可能性があるので要注意なのですね。まあ、50億が10億に減らされたからなんなんだ、という指摘はありますけど(笑)。

さて、CDOについていろいろご質問だ来るわけですが、ひとつだけ。CDOの中に組み込まれている債券、ローンなど、わたしは捕捉できるはずないじゃないか、と申し上げたところ、ブルームバーグなどにだって出ているんだからうそ言うな、というご指摘がありました。

多分、実際にCDOを解かれたり、投げ売ったりしたご経験のない方だと思いますが、そんなこというならブルームバーグはその内容を保証してますか? たまにインディケーションの価格を確かに出していますが、それで買ってくれるのでしょうか? 

さらに申し上げればそれは債券であれば所謂ロットもの(ドルだと1Mil)、ローンであれば全体の価値を表している訳で(それもあくまで推測)、じゃ、単位が0.1MIL ドルなどの細切れになった場合、その価格はどうなりますか?? JGBですら、1億ロット出ない場合、ディスカウントされてトレードされます。東京都債なんかでも1000万円ビットしろ、とかいったら大多数の証券会社はノービットでしょう。

つまり、ローンでもなんでも固まっていてくれればやりようがあるのですが、細切れになっているからこそ困っている・・・・という話を何回も書いている訳で、もう少し現場を勉強された方がいい。実際に運用に携わっている方からのメールを拝見していると、実際に売却しようとして、これほど困難が伴うとは思わなかったという感想が多数寄せられています。残念ながらそれが実情です。

それからCDOの中身について。
これにも誤解があるようですね。サブプライムが所謂モーゲージのCDO(あえてCMBSと分類する向きもある。またはABSと表記しているものもあるが厳密にいえばCDOの仕組みを使っているのでわたしはCDOと取り扱います)はその他のCDO(その他のローン、債券)とあたかも違う仕組みのように考えておられるようですが、そんなことはありません。すべてエクイティーと債券に分けてレバレッジをかけている点では共通の仕組みです。

原資産もモーゲージだけ、というものも確かにありますが、実際には様々なローンや債券を混ぜてしまってますので、ますます実態が分からなくなっています。更に言うと・・・

所謂CDSだけを集めたCDOなんてのもあり、このCDSにはGM,フォードなんてCDSであれば簡単に値段がはじけますが(もちろん先ほどのロットの問題はありますが)、ある特定のサブプライムローンのCDSなんてものがしばしば入っていたりしますので、こうなると最早何がなんだかわかりいませんね。

更に・・・
基本的にCDSは相対で取引していますので、オプションを持っている方が実際にトリガーを引いてみたら相手が倒産していて何の保証も得られなかったということが有り得ますが、この点についてはその他のJGBなどのオプションでも起こり得ることです。

その意味では今は相手が金融機関だった場合、このサブプライムでどのくらいやられているかを想像してみるしかないのが現状ですので、まあ、現物の売買くらいはセトルするのでしょうが、相場が乱高下したときの追証を十分持っているか、同時に様々なオプションを行使されたときにそれを支払う能力を有しているのか、などなど、通常の国債などの取引にまで心配が及んでくる・・・

ということで今回の件を「信用収縮」と申し上げています。このあたりを改めて強調しておく必要がありそうですね。

さて、期待通り・・・と言えば日ハム。

シンジテマシタ~!! はいいですね(笑)。

北海道のみなさまは本当にうれしそうでした。更に言えばあの満員の札幌ドームを見ていると、巨人戦の視聴率が落ちるのはあたりまえだな、とも思います。日ハムが札幌にフランチャイズを移す前までは、北海道というのは巨人のテリトリーだったのです。これがぜーんぶ日ハムにもってかれちゃったんだから、そりゃそうですよ。もはや巨人戦には全国ネットでは価値がない・・・のかもしれませんね。

ここでも3年前に指摘したとおり、巨人も強力なフランチャイズをつくらなきゃいけなかったんですが、東京、という地域名もスワローズに取られちゃいましたから。まあ、ニューヨークにもヤンキースとメッツが存在しますので、スワローズと話し合って東京スワローズ対東京ジャイアンツなんてやったら結構盛り上がるかもしれないですね。いずれにせよ、大胆な発想が必要でしょう。

コメント (5)

重大な決断

2007-10-18 19:30:44 | Dear friends

これは極めてプライベートな話でして仕事の話ではありません。ただ、三日坊主の私が珍しく続いているのがこのブログなもので、書き残しておきたいと思い書く事にしました。忙しい方はとばしてください。

 ノリックの話です。

阿部典史。世界で名を轟かせた天才ライダーです。惜しくも10月初旬、交通事故に巻き込まれて亡くなられました。

もともと私はお父様の阿部光雄さんと飲み仲間でした。年齢が私よりちょい上、しかもまだ現役の川口ベースのオートレーサー。これはこれで毎日命の危険がある職業で、実際オートレースでは一年に一人二人は事故で亡くなるくらいです。

もともと船橋の片平君と仲良くしていたご縁で阿部さんと知り合いました。息子さんが世界的なライダーだという事は聞いていて、おやじさんと一緒に何気なく飯を食ったりしていたりしていたのですが、まあ、弟、というよりほんとうにいい息子のような感じで可愛がっていました。

既に世界のトップレーサーであった息子、ノリックを初めて私に紹介する時に、お父様は

「ぐっちーよ、俺たちの世界は本当に狭い。視野もせまけりゃ、人生なにもわかっちゃいないんだ。とにかくぐっちーがみて何かおかしい事があったら、こいつをぶんなぐってやってくれ・・・」

とおっしゃられ、心底面食らった覚えがあります。既に世界のトップレーサーだった息子を自慢するどころか・・・です。そういう親父さんですからノリックは本当にいい青年に育ってました。本当に可愛がりました。

彼がどのくらいすごいか、というのはモータースポーツ発展途上国の日本ではちょっとわからないでしょう。例えるなら、ヨーロッパで

「俺は中田英寿とマブダチだぜ!」

といっても「だれだそれ??」という話に99%なるでしょう。ただの ONE OF THEM です。

しかし、

「俺はノリックと友達だ」

と言った瞬間にあなたは大勢の人に取り囲まれる事になります。

事実、私はロンドンのドーチェスターというまあ、かなり高級なホテルのバーでノリックと一緒に写っている写真を見せたところ、1週間滞在中のバーでの飲み代はただ・・・でした。もちろんあとで律儀なノリックがサイン入りの色紙をそのバーテンダーにすぐに送ってくれました。

そういう記憶があれこれと蘇る訳です。
そういう訳で、ここ二週間、心底落ち込みました。傍から見たらわからなかったでしょうけどね(笑)。

 事故はUターン禁止区域でUターンしたトラックにノリックが突っ込むという、なんとも納得できないむかつく事故でした。正直、ふざけんなよ!! 以外の何者でありません。

しかしです。
お父様の光雄さんはその事故を起こしたドライバーに向かって、

「事故だから、しょうがないよ。ノリックも多分すごいスピードで突っ込んだんだろう、プロのレーサーだからね、俺があんたでも避けられなかったと思うよ。だからあまり落ち込むなよな・・・・」

と声をかけられたと聞きました・・・・・

こんなこと、誰が言えるのでしょう?? 最愛の息子を失ってなお・・・・

勿論そのドライバーはその場で号泣したそうです。世界的な才能を失ったことは本当に損失です。でもお父様のメッセージはその意味で重い。

つまり車の運転をしている限り、もしかすると僕自身がこういう事故の当事者になったかもしれないという事に・・・・ふと思いが至ったのです。天国からのノリックのメッセージかもしれない・・そう思ったわけです。

私の運転だって、29年間無事故違反ですから。大きなことは言えないのです。
つまり・・・・車の運転をやめる事にしました。免許はまだもってますが、とりあえず手始めに車を売りました。重大な決意というにはあまりにも些細な事かもしれません。ただ、子供が小さくてどうしても車が必要な方などを別にするなら、私はあまり自分で運転する理由がありませんね。

せいぜいおねーちゃんを乗せて走るくらいでしょうが、そんな必要も最近は無くなりました。あまり必要のない人がハンドルを握らなければそれだけ事故の可能性も減るし、環境にもいいよな、と思い始めたという事です。

世界最速の男のメッセージ、それは人によって受け取り方は様々でしょう。しかし、僕は葬式にいって、小さく背中を丸めたおやじさんの姿を見て、さっきの発言を聞いて、なんとなくそういうメッセージをノリックから受け取ったような気がしたので、ここに書いておきたい、と思ったのです。そういう訳で私は車の運転をしばらくやめます。

ここまでお付き合い頂いた方、有難うございました。

コメント (57)   トラックバック (2)

CDOの恐怖・・・再度問う

2007-10-16 11:54:21 | サブプライム

昨日野村證券が米国事業でのサブプライムに関連した追加損失が730億円になり、連結で赤字になることを発表した。

これはまさにCDOの恐怖を体現したような話で、日本の金融機関が無事である、といっていた専門家たちの見通しを完全に裏切っている結果となった(あたりまえだ。)

ここでくどくど指摘しているとおり、これはCDOの仕組みからして当たり前の話であり、世界中の金融機関がほおかむりをしているだけ。

野村の場合、皮肉なことにまだ健全な部類に入るかも知れない。
彼らはCDOを組成して、そのエクイティーを売ることができなかった為、自分で抱えて、債券部分を金融機関に売ることで引き受け手数料を稼いでいたのが実態だ。

サブプライムを筆頭にさまざまなローンや債券をスライスしたプールのエクイティーを保有していた為、結局それはゼロだった・・・ということで今回の損失発表とあいなった。これはむしろ健全で、ゼロです、と宣言してしまえばゼロなんだからもうこれ以上は損失がない。

むしろ深刻なのはその上に乗っかってAA,だのAだののレーティングが着いているシニアと呼ばれる債券を買った金融機関である。エクイティーがゼロになったとして、シニア部分がどれだけ毀損しているか正直不明なために、信じられないことだが、そのCDOの売り手であるモルガンスタンレーだとかゴールドマンサックスだとかが出してくる所謂気配値でいまだに評価しているのが現状だ。

ざっと見てみると大体100に対して80くらいですね、という見当で評価が出てきて、これを元に決算書を作成している訳だ。

よく考えてみて欲しい。中身が1000銘柄にもスライスされているプールの毀損をどれだけ正確に測れるというのか。こんなものは作った当人しか査定できないという際物で、しかも作った本人は既に退職しているのという場合がほとんどなので本当の価値は誰にも分からない。モルガンのビットが余りに低いのでゴールドマンに査定してもらう、という訳にはいかない商品なのだ。

金融庁もこの数字を信じるしかなく、ではいざ売ったら本当はいくらなのか・・・という実態は誰にも分かっていないのだ。

事実、わたしの仲間にこのCDOのAAという格付けが今でも着いている債券部分を叩き売った奴がいるが、結局デスパレートビッドの20でも売れなかったと嘆いている。一般企業が倒産した場合、暖簾代や、さまざまな目に見えない価値に根付けをする可能性はあるが、こういう合成商品はエクイティーが飛んでしまえばただのくずでしかない。

そのエクイティーが立ち直って値段がつく可能性がないからだ。だからだれも@20でさえ買わないのだ。結局こういう債券をムーディーズもS+Pもそのまま格付けを放置して、作り手であるモルガンだのゴールドマンだのはいい加減な気配値をだし、それを鵜呑みにして決算書を作成している金融機関はなんなんだ・・・・ということになる。

仮にGMが倒産すれば、その債券であっても価値をつける、或いはモルスタは20でビットするけれど、ゴールドマンのビットは30だから高い方に売ろう、という逃げ道はありうるがCDOだけは作った本人以外ビットに応じなければそれで価値は無い訳であり、理論上まだ価値が残っているのだ、という主張は誤謬以外の何者でもない。

そういう債券を8000億円がらみ抱えている金融機関があるわけだから、日本も無傷とはいえまい。早く、価値がない、ということを前提に決算処理をすべきだろう。

欧米の金融機関は8000億どころではなく、まともにゼロ、と評価したら、総資産がぶっ飛んでしまう・・・・・この現状に対してアメリカも、ヨーロッパも中央銀行及び政府が大恐慌を越える資金供給を繰り返している訳だ。

これが一大事ではなくなんなのか・・・・・

再度象牙の塔にこもる学者、及び年収何億ももらっているエコノミストに答えを求めたいと思う。誰も買わない、価値算定ができなくかつ無形な価値が何も残っていないスライスされたローン債権とは永遠に価値はゼロ、これがCDOという商品の宿命であることはみんな分かっていた筈である。

コメント (27)   トラックバック (1)

終戦

2007-10-15 11:43:17 | 社会

まあ、広島ファンにとっては関係ないシリーズだった訳ですが、藤川の阪神が優勝すると予想をしていた訳です。だめでしたね~、ルーキーが2戦目の先発をしているようでは厳しいよ。思い切ってウィリアムズ先発位からいく度胸が必要だったと思います。3人で3回ずつ。ウィリアムスは5回くらいはいけるしね。

藤川が見られずに終わってしまったのが実に残念であります。まあ、細かい戦評はわたしがぐだぐだ書くよりもこちらにお譲りしておきましょう。

 純正野球ファンのメモ

 ひとつ加えておくと、この2戦に限って言えば中村紀一人にやられたようなもんです。第1ステージ通算で8打数5安打、打率・625の大暴れ。昨日も初回に先制打を食らった。一人のバッターに短期戦でこれだけ打たれるのはまずい訳で、中村対策を怠ったツケが回ってきたと見ています。

昨日も矢野がキャッチャーだったら・・・という気がしてなりません。ジャイアンツもマークするべきはこの人。何せ史上最強と思われる荒木、井端が一二番で、かき回されつつ森野(ミートはイチロー並に上手い)、ウッズ(コメントがいらないわ)ときてノリが来るってのはピッチャーにとっちゃーつらいだろね。巨人は左エースが二枚なのでこの4-5番は厳しいね。短期決戦の戦い方を知り尽くした中日が有利と見ますがどうでしょうか。(よくハズレます。)

 

コメント (2)

ピザの誘惑

2007-10-15 08:51:11 | ワイン・イタリアン

別に隠すものでもないので多数お問い合わせいただいている仙台のpizzeriaをご紹介します。

PIZZERIA DE NAPULE
宮城県仙台市青葉区立町26-19 井上ビル1階
Tel : 022-713-2737 営業時間 : 12:00 - 14:00 / 17:30 - 21:00(材料がなくなり次第閉店) ランチ時間は変則的なのでお店にご確認ください。
定休日 : 月曜日

仙台駅から車で10分もあればOKです。なにせ旨いよ。ほんと人生かわっちゃうかもよ!。こういうものはうるさいこと言わずに赤白ハウスワインでOKですから、ぐびぐび飲みながら食う、という代物です。仙台にお越しの節は牛タンは食べなくていいからさ、こちらへね♪ 因みに同じナプレでもあの六本木MTにはいってる馬のえさみたいなピザやとは別もんですからね、誤解のないように気をつけて!

さて、我々の年代だと子供の頃にピザと言えばもうご馳走だった訳です。日本にはなぜかピザとタバスコがセットになって入ってきてしまいましたが、もともと東京ではニコラスというイタリアンで出したのが最初でしょう。その後アントニオ、キャンティーなどおしゃれなイタリアンが出てくるのですが、客にアメリカ人が多く、彼らがタバスコを要求した、というのがヒストリーのようですね。何せチーズが溶けているだけでびっくりする訳ね、これは見たこと無い! ってえらく驚いたことを覚えています。いずれにせよ、おやつにピザ、なんてのがおしゃれだったのがこの時代、なつかしいでしょ?

六本木といっても当時は草ばかり生えていたようなところ(渋谷だってそうだよ!)、このキャンティーのあとにananの編集部なんかができてファッション発信の最前線としての六本木という名前が広がっていくんですね。お酒飲むのも六本木がおしゃれだった頃。ぐっちーの大学生くらいまでですけど、いまや跡形もありませんが(笑)。

さて今週はなんだなんだ・・と目をこらすと・・・・

17日アメリカ住宅着工が発表されますな。これはかなり注目されます。どのくらい下がるかしら?? まあ、予想はわたしも含めてあたったためしが無いのですが、120万個を切れていたらもう一度波が、それも大波がきます。なんとか130万個を超えていたい所ですが、ちょっと無理かもしれません。お楽しみに。

今日から始まる中国共産党大会ってやつも要注意ですね。あとから見れば・・・・なんですが、5年に一回ということもあり、その後数年間の中国の舵取りが決まる重要な会議です。現在の「世界の工場」から「世界の消費地」への大転換も今思えば5年前、この党大会でかなり色濃く方針が出たと言えます。まさか、無理でしょう、って当時は思ったわけですが、無理じゃなかった訳で、その意味ではかなり「無理目」な議題が出てきたら無視せずマークをしておくといい、というのが過去の教訓です。

東京も相当寒くなってきました。皆様風邪等ひかれませんよう、お体ご自愛を。

コメント (3)