債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思い切った政策

2007-08-31 17:56:50 | サブプライム

というべきだろう。

報道によると

Bush Moves to Aid Homeowners By DEBORAH SOLOMON August 31, 2007; Page A4 WASHINGTON --

President Bush, looking for ways to respond to the subprime-mortgage crisis, will outline a series of policy changes and recommendations today to help borrowers avoid default, senior administration officials said. Among the moves will be an administrative change to allow the Federal Housing Administration, which insures mortgages for low- and middle-income borrowers, to guarantee loans for delinquent borrowers. The change is intended to help borrowers who are at least 90 days behind in payments but still living in their homes avoid foreclosure; the guarantees help homeowners by allowing them to refinance at more favorable rates.

詳細は不明だけれど、所謂差し押さえされるべき90日間の延滞者を救済する措置と見える。どのくらい猶予するのかわからないが、差し押さえされずに多少は住んでいられ、かつ有利なローンの斡旋を受けられる、と書いてあるのでかなり思い切った策といえます。

ただ、中には住宅ローンを借り替えて浮いた資金で車を買っているなんてやからも多数いるので、所謂モラルハザードに直結する可能性はあるね。借りたもん勝ち、ということだとこれまでに家を手放した人はどうなるか、など数々の問題がおきる可能性がある。実現性には?? がつく政策なので今ひとつ反応しきれないですね。

考えるべきは・・・

これも何度も書いたけど・・・

本来政府がこの種のことに介入しないというポリシーを持つアメリカがここまで介入せざるを得ないほど状況が深刻だということで、これだけは何回繰り返しても繰り返し足りないことはありません。以上取り急ぎ。

コメント (23)

三原御大

2007-08-31 10:01:20 | Weblog

大体この世代の人はやれ、額に汗して働け、とか金儲けはけしからん!!とかしか言わないんだが、三原御大にかかれば「あんたはあほか!!」ということになる。

この世代の方で「金儲け以外に日本が生き残る道はない!」、と断言されているのはこの三原御大と邱永漢さん位だろうか(笑)。

三原御大のHP

 http://www.mihara-atsuo.com/index.html

その三原御大の新著がまたすごい。その名も

金持ちいじめは国を滅ぼす!!

http://www.amazon.co.jp/%E9%87%91%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AF%E5%9B%BD%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE-%CE%B1%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%89%E5%8E%9F-%E6%B7%B3%E9%9B%84/dp/4062724529/ref=sr_1_1/250-5729557-6745057?ie=UTF8&s=books&qid=1188521122&sr=1-1

どうですか、おっしゃるとおり!!
大体ですよ、経済成長率が8%もあればそりゃー、給料も上がるし株式投資なんて必要ないかもしれないよ。でもね、あんた2%しか成長しない国で、実際みなさん、ここ10年で給料上がりました?? あがらんのですよ、給料がどんどん上がるのは中国ですって。

じゃ、日本は何があるかというと、1500兆円とも言われる個人資産があるわけ。ただ、みーんなそれを銀行とか生命保険に預けている。で、わずか0.0いくつの利息や配当をもらって済ませている。で、年金が受け取れないとか文句を言う訳だから手に負えん。

これだけ資産があるんだから自分で稼ぎなさいって

いますぐ預金を下ろして自分の頭で考えないと本当に老後は大変よ・・・ ということで益々意気盛んな三原御大であります。長生きしてください(笑)。

皆様是非ご一読を!!

コメント (10)

猫花園

2007-08-31 09:22:55 | マーケット

2000年前後から台湾で流行っていた猫カフェ(猫花園)が日本に上陸、こちらでも結構流行っているらしいですね。ねこを2匹飼っている(というか居候している感じです)ぐっちーからすると、これはいつか流行るだろ、って予感はありました。

「猫の癒し効果」はすごいんですよ、なんせ。ほんとに和みます。
心理学者の方によると猫の感触は人間の赤ちゃんの感触にとてもよく似ているそうで、要は毎日赤ちゃんをだっこしているようにホットする、という癒し効果が猫にはあるんだそうです。確かに猫はよほど機嫌が悪くなければずーっと触っていられるし、ごろごろいう猫の声には実際に骨折などの治療に使う超音波と同じ周波数が含まれ、本気で病気の治療に役立つかもしれない、なんて研究もアメリカにはあるんですよ。

そのうち「猫をなでていたらがんがなおる」、なんて時代がくるかも! いづれにせよ、疲れたときは変なねーちゃんより圧倒的に猫、であります。ぐっちーの家の猫は2匹ともノラ出身なので見ず知らずの人がくると慣れるまで隠れてしまいますが、ああいうところの猫は生まれたときから人間の中で育っているのであまり人見知りはしない筈。 一度行って見られたら如何でしょうか。

さて、「猫の手も借りたい」金融市場。
昨日張り付いてましたが、一度ぶちきれかけた欧州市場もNYC時間が始まってFRBから数々の牽制球が投げられたためになんとかプラスで終了。世界中の中央銀行がぴりぴりしている中でのんびりしているのは日銀だけか(笑)。福井さん、ゴルフなんかしてる場合じゃないですよ。

というか、蚊帳の外なんじゃないだろうか・・・と本気で心配しつつも市場はきちんと反応、JGBもじわじわ金利を下げてきています。利上げどころじゃないと思いますけどね、「日本は関係ない」って発言しちゃう理事とかいるから、まあ、びっくりというか人材不足というか、蚊帳の外にされるのも分かる気がする(笑)。

いづれにせよ、FRBは恐らく利下げするか、FFをいじるか、さらなる緩和策をどこで打つかが注目であります。短期借り入れ、まさに経済の血液ともいうべきCPの発行量はどんどん減ってきており、FRBによる資金供給の必要性は益々増えていることに注意してください。よくなっているという証拠はマッタクありませんよ。

さて、アメリカは来週月曜日が休みです。今日の午後あたりから、実はオフィスにはだれもいなくなっちゃいます。残っているのは独身のやろーと日本人くらい。家族もちはみんな帰っちゃうので、「おい、ブロー○○○でも行くかよ」、なんてよく話してました。

この日は、アメリカでもっとも古い休日といわれるレイバーデイ(Labor Day) ですが、アメリカに住んだことのあるさくらさんやakipanさんならちょっと寂しくなる・・・・って感じが分かってもらえるかしら。

特に東海岸にいるとこれ、夏の終わり、といった趣の休日で「宴のあと」的な雰囲気のある休日です。だいたい、最後のバーベキューとか、って感じで過ごすのですが春のお休みと違ってなんとなく寂しい感じがするんですね~。

ニューヨークなどは本当にこの日を境にあっというまに木の葉が落ちてきて隣の家(といっても500メートルくらい先だけど)がだんだん見えてきます。こうなると冬支度です。相場も冬支度、ってなことにならんようにして頂きたいものですが、実際来週の真ん中くらいから学校が始まり、秋冬バーゲンの第1弾、「back to school」バーゲンが始まりますので、今回の一連の問題がどれだけ消費にインパクトを与えることになるのかを占う意味でも重要な季節の始まりなのです。大いに注目してください。

コメント (13)

遂に出てきた・・・・メガトン級!

2007-08-30 18:21:49 | マーケット

恐れていたことが遂におきたというべきか・・・・

 SachsenLB Had EU46 Billion in `Secret' Investments
(最初に見たのはブルームバーグ)

ドイツ、ザクセン州の州立銀行(もちろんAAA)がサブプライムの「秘密投資」(この後の記事にサブプライムと書いてあったが恐らく、サブプライムを仕込んだCDOだと思われる)でなんと460億ユーロの損失!! 約7兆円超・・・・

恐らくザクセンだけとは思えず、他の州立銀行も同じでしょう・・・

このランデスバンクと呼ばれる州立銀行は州に「保証」されているわけではありません。所謂キープウェル、すなわち、経営状況を詳しく観察する権利を州に与えているということで、なぜかAAAが付いています。

これを利用してリバースフローターですとか、様々な仕組み債を日本で販売しています。その総額はちょっと想像できませんね(多過ぎて)。

リバフロのほかに、リバースデュアル、ファーストツーデフォルトなど。所謂円建て仕組み債券の発行体としてはポピュラーなものばかり。ギャランティーはついていないのでこれらはすべてデフォルトでしょう・・・・

日本は関係ないと言っていた人々はまたまたボウズ・・・ということですな。

まだ株価は反応していませんが、これはえらいこと・・・だと思われます。

では!

コメント (61)

年金あれこれ

2007-08-29 08:37:38 | マーケット

最近のコメントやメールをじっくり拝見しましたが・・・・たくさんのお褒めの言葉と結構なご批判も頂いております。

もうマーケットは上がってるのにまだ騒いでいるのはお前だけだ・・・
(あがってますか???・・・笑) 

とか

ミッキーマウス銀行とか書くのは風説の流布だとか・・・
(因みに風説の流布というのは自分に有利な情報を流して自分が稼ぐことと定義されます・・・あたしゃー、何一つこれで稼いでいません、つーか、むしろ無料で助けて差し上げている訳ですからこれにはあたらんのです・・・爆)

たくさん読んでいただけるのは有難いんですが少し、読者層が広がりすぎたかな、と思いながらも、まー、それがブログの役割なんだろ、と思いつつ頑張って書いてます。

最近私のブログをそのまま移したような記事もあちこちによく出てます。別に目くじらを立てるつもりはありませんが、書き写した人、ジャーナリストとしてのプライドを少しは持ったら如何でしょうか(笑)。もちろんきちんと断ってお書きになっている方もおりますので(数名ですが)すべてではありませんよ。

それから年金基金がCDOエクイティーを購入、という話。そんなに格付けが低いものを買うわけはないというご指摘が結構ありますが・・・・

じゃ、年金基金は株式を一切買えないことになります。株式投信もだめですね(笑)。ちょっと考えれば分かるようなことはちょっと考えましょう。株式は債券の下位に位置づけられます。潰れたら債券より後にしか返済しません。だから株。格付けというのは債券に対して付与するものでありますので、よくご理解のうえ。

それから何でそんなものを買うのか、という素朴な疑問も提示されていますが、それは私にも分かりません。買った本人に聞いてください(笑)。

みなさんが働かれている職場の年金基金がありますよね。私だと証券業年金基金だとか、大きな会社ですと、単独で野村證券年金基金などなど、となる訳ですね。ご自分の所属する企業年金基金のポートフォリオを一度問い合わせて見られたらどうでしょうか? CDOなどは都合よく「その他有価証券」とかになっている筈ですが、その中身を開示させる事が当然可能です。「ケイマン何号」、とか「スーパーポルシェ」とか結構ふざけた名前が付いていますので、それは何か聞きましょう。細かく見たら結構しびれるかもしれませんよ。

ついでに年金基金の理事とかの投資経験を聞いてみたら如何でしょうか。基本的な有価証券の知識があるかどうか、インタビューを申し込むのもいいですね。CDOの基本的な仕組みを説明してください、とか質問してみたらどうでしょうか。答えられなければ(答えられないはずですが)解任動議でも出されたら如何でしょうか。

申し上げたいのは事ほど左様に「ノーマーク」な業界が年金という訳です。「皆様の年金」ですから、そろそろ一人一人が真剣に考えた方がいいと私は思います。この状態で「溶けて」しまっても文句を言える筋合いではない・・・ような気がしますよ・・・ってもう溶けちゃってるけどね(笑)。

ということで何とか年金に頼らずに生きていけるように頑張ろう、ということでこのブログの存在意義でもある訳です。お後がよろしいようで・・・・

ということでまだまだ結構荒れる訳です。では・・・・

コメント (28)

通知表はこれから

2007-08-28 08:50:03 | マーケット

えー、昨日はどたばたで書き込み損ねているのですが、大変な数のアクセスを連日頂いておりまして、厚く御礼申し上げます。

一応金融業が生業なもので一気に動き出すと書き込む時間がなくなります。ご了解頂くと共に今後ともよろしくお願い致したいと存じます。

 さて、何度も書いていますように、本番は9月でしょう。何せ自分がどれだけやられているか、通知表はオールCなのか、はたまたDが3つもあって進級もままならんのか、微妙だな・・・という感じ。

悪いのは承知の上ながら三途の川を渡らねばならぬほどなのかどうか、固唾を呑んで見守っているという心境でしょう。こういう不安心理に基づいて引かなくてもいいトリガーを引いてしまうとますます大変なことになるのでFRBもECBも死ぬほど供給した。今日明日、資金が足りなくなることはないよ、ということでいらないトリガーを引かせないようにしたということで、この効果は十分に出ているというのが現状。

しかし、通知表をもらってみたら、ごくろーさん、というのが9月でしょう。 あちこちのエコノミストの予測を見ていると日本は被害が少ない、という指摘が多いのが気になります。金融機関はエクイティーの飛んだCDOのシニアを何千億ももっているということは指摘しました。だれも書かないからかいちゃうけど、その飛んだエクイティーそのものを大量に持っているのは企業の年金基金です。かなり大手企業の年金基金もこのCDOの有力なバイヤーでした。何せこれが売れないとCDOそのものが組成できないので日本とスイスでこれを売る、というのが組成プロセス。ご注意あれ。

民間の年金も含めてですが、年金問題の根幹を皆様本当に分かっておられるか。5000万人分の名簿が飛んだ、とか、確かに大変な問題ですが、一方でいったい我々がいくらの年金をもらえるのか、というきちんとした数字を提示されないのはなぜでしょう?? 

単純に考えて、記載漏れを起こすような事務管理能力の組織が複雑な運用益、損、将来利回りの管理をきちんとできているとはどうしても思えないのですよ。

旧年福、例えばグリーンピアでいくら飛んだのかすら、きちんと数字が出されていない。恐らくもう、年金そのものが払えない状態になっているんじゃないかしら、とはうすうす感じているのですが、一体いくら溶けちゃったのでいくら税金投入が必要なのがそろそろはっきりしなければいけない時期に来ていると思います。

安倍さんがもしここに立ち入って、これだけ溶けちゃったので税金がこれだけ必要、よって、厚生労働省の現在の課長職以上は退職金を投入、もちろん歴代の大臣は私財投入、だから税金の投入を許して欲しい、といって辞めて行ったら戦後の名宰相の一人として名を残すかもしれませんね(笑)。

考えてみれば銀行の人は公的資金の投入で退職金を返上した人もたくさんいるわけだからこのくらいやってもいい。

昨日発表された全米不動産業者協会の数字、中途住宅販売7月分は575万戸、相変わらず悪い。在庫も9.2か月分となり1991年以来の悪い数字です。まだまだ住宅部門が停滞すると思われます。

コメント (11)

スピード感

2007-08-24 08:44:23 | Weblog

良くも悪くもこれがアメリカのスピード感ですね。私は速攻での藤川投入に懐疑的だったわけですが、現状上手く言っています。さすが、というほかはないですね。戦力の漸次投入が一番いかんのだよ、という教訓はこういうところで生きていますね。

昨日バンカメがが20億ドルをさくっと出します、といってカントリーワイド救済に手をあげました。ABNアムロ買収合戦の時も書きましたとおり、バンカメにとって一番の弱点は住宅部門。だからこそアムロがもっているLa Salle Bank(ラサール) だけを切り取って買おうとしたんですね。もともとラサールの買収もアムロと競ったという過去もあるくらい住宅部門の強化は悲願でした。

一方今回の一連の問題でバンカメも傷ついており、通常ですと他社の買収どころではないのですが・・・・・

申し上げてきたとおり・・・足元からタームにわたり資金供給がコミットされ、なおかつ相当ひどい担保まで連銀が取るとなると・・・・

俄然元気が出てくるのは金融機関としては当然。しかも垂涎の住宅ローンの雄、最大手のカントリーワイドが転がっているとなればこれは飛んで火にいる・・・という事です。連銀のこれだけのバックアップがあればこそ、自動誘発的に救済の手が次々と挙がってくる。

日本だと、みんな様子見を決め込んで隠しまくって、最後に公的資金が出てくるという展開。この差は大きいでしょうね。いずれにせよ、連銀のすばやい政策がこういう効果を生み出しているわけです。

繰り返しますが、日本株はバーゲンハンティングに徹して頂く、ということになります。雪斉殿はこの3日で大分またお稼ぎになった・・・・と伺っております。さすがです。

一方、底を叩いてしまったあなた!! 結構多いみたいですが(笑)お嘆きになってはいけませんよ。チャンスはこれからです。だいたい頭の先から尻尾の先まで食べようなんて考えちゃいけないんです。大底から見ると随分あがったように見えるでしょ?でもここを買える人はいないんですよ。これからもまだもう一発二発あるでしょうが、大底は絶対に拾えませんから。狙っちゃだめ!

株は値段にほれてはいけない。企業にほれるのだ、と日本でも昔から言われてますが、かのウォーレン・バフェットも全く同じ事を言っていますね。雪斉殿がお上手なのは企業を徹底的に洗い、これなら世界的競合でも十分勝ち残れる、そして株式価値の上昇にその企業がコミットしている、と判断されると速やかにたんたんと買い続けるからです。

今回の急落もチャンス、位にしか思わない。値段がどこにあろうともたんたんと買う、だから最後には必ず勝つ訳です。

私がアドバイザーをさせて頂いている会社の経営陣の方々には自社株の価格を「相場もんだ」と認識しないで下さいと口をすっぱくして申し上げています。つまり、今回のように、当然相場全体の圧力で株価は下がることがあるのですが、経営者たるもの、それを市場の成り行きに任せてはいけない

少しでも早く値段を戻すこと・・・つまり投資家に、他の株は買わなくてもいかにその会社の株を買ってもらうかを考えてくださいね、と常々申し上げています。投資家からすればこういう株を拾っていればこういう大波が来たときも安心です。必ず元の値段にもどりますから。

そういう意味で本当に選択ができるファンドマネージャーがいるなら投信という考え方になるのですが、日本には優秀な選球眼をもったファンドマネージャーは皆無です。そうなると・・ご自分でやるしかない、というのが結論です。

最後に「がばい」を形容詞と書いてしまったようですね(笑)。たくさんご指摘頂きましたようにこれはVERYに相当しますので、副詞です。なぜか形容詞、と打っている・・・・申し訳ありませんでした。では!

それから「がばい」はどこの方言ですか?? という質問がたくさん来るのはなぜでしょうか・・・・わかると思うんですが(笑)

コメント (8)

がばい楽しかったぜ(使い方あってます??)・・・どうやら

2007-08-23 10:03:45 | 金融全般

どうやら・・・

がばい楽しかったばい!

というのが一番正しい使い方だそうです。もう一歩(笑)
あと、やはりこれは形容詞。がばいばあちゃん、の使い方はおかしいのだ、というご指摘を多数頂きました。改めて御礼を申し上げます。(書き込み17時48分)

いや、昨日はお世話になりました。相変わらず、雪斉殿が絶好調。次は立候補したら? と真剣に思います。応援しまっせ!かんべえ先生、さくらさん、そしてイケメンやじゅんさん、楽しかったですぜ!! そしていつもおいしい料理を出してくれる松橋シェフにも感謝!!。フォアグラ食べ過ぎたおかげで体重が2キロ増えましたぜ(笑)。

 溜池通信

それにしても・・・副会長、さくらさん、ともどもブログが停止処分になったとのこと。おい、自民党、何考えてんだよ!!! と私はいいたい。彼らのおかげで普段訳のわからんことしかしゃべらん自民党という組織が本当は何を考えていて、テレビのあほどもでは絶対取材しないような話、例えば石破先生の防衛論など、すばらしい伝達能力ではなかっただろうか。少なくとも郵政解散の大勝にはものすごく貢献していると思うし、今回の参議院選挙でも彼らのブログを読んでみて思い直してもう一回自民党にチャンスを与えようと思う、と言った連中が私の周りにも何人もいるのだ!!。

これを停止するというのだから自民党も看板を変える時期に来ているね。内部のスキャンダルをぶちまけているならまだしも、自分たちの味方を後ろから銃撃したように見えるのは私だけか??  お二人にはまた別な形での発信をお願いする次第です。いろいろありがとうございました。

 さて、本題。
いろいろ仕込まれています。
公定歩合で連銀から借りるというのは反面、よほど危ない、と思われるリスクがあるのです。コールの方が圧倒的に安いので、いわばサラ金に駆け込んだと思われる恐れがある(そのくらい資金繰りが切迫していると思われる)。だから普通は絶対に内緒でやりたいのですが、昨日はなぜか、シティーなどの大手銀行が揃って「僕たちはサラ金から借りました」(連銀をサラ金にしちゃいかんけどね・・・笑)と公表。

わざとらしいですがこれは効果がありますね。調べてみると、かなり怪しい担保を持っている大手銀行が「こんなもん、どうせ、紙切れに近い」のでこれを担保に出したら連銀が引き受けたというのが真相のようです。これが担保になるうちは安泰ですね、ということでこれはもちろんグッドニューズ。かなり効果があります。

それからオーバーナイトではなく、期日物、所謂タームローンにも大幅に資金を供給し始めた。これもここで何回も指摘していますが、資金需要という面では山場は9月です。足元も目先は必要ですがなんと言っても9月から年末にかけてはどういう資金需要がおきるか全く不明。期日物に資金を潤沢に出す、ということは「先まで確保しておいてくれよ」、という連銀のメッセージでこれはECBも全く同じですね。

さて、日本。
「CDOが対岸の火事ということは逆に日本の金融機関が遅れている証左だ」と書いた新聞があるようですが(実際は読んでない)・・・・君たち、一回死んだ方がいい。

このCDOという商品。
シニア部分の債券は99%(これはちとおおげさか・・・)欧州の銀行と日本の銀行に買われているのです。

なぜ日本の金融機関はレバレッジのかかったCDOを買って、しかもとんでもないタイトなスプレッドまで追いかけて、しかるべし判断のできるコラテラルマネージャーが精査したロングオンリーのファンドを買わないのか・・・

ハイイールドの神様と言われるラリー・ポストに何度も聞かれ、結局私は答えられませんでした。CDOをここまでタイトなスプレッドまで追いかけることはきわめて不合理だという事を2002年から彼らは指摘していました。しかしながら・・・今回のこの騒動でびた一文もエクイティーを飛ばしていないCDO・・・つまりデフォルトローンを1円も保有していないCLOがあるのです。

私は3年前にこのコラテラルマネージャーに頼み込んで(日本人なんかには売りたくない、といわれたのだが無理やり引っ張ってきた)これを日本で数億販売しましたが(なんとエクイティーです・・・笑)、ローンポートフォリオの銘柄は100でした。しかし、その一つ一つのローンをすべて彼らは把握している。レバレッジローンですから低格付けなので、当然といえば当然ですがそれぞれの経営者にも何回も会っている・・・20年間これを続けていて、一回も毀損したことがない、というトラックレコードがあっても、この債券部分については(もちろんAAですよ)日本の大手金融機関にはすべて断られました。なぜか・・・

彼ら曰く、

「分散が少なすぎる。」 とほほでござんすな。

「100じゃだめ、最低200、できれば600位の銘柄に散らしていないと商品としては安全とは言えない、これはCDOの常識だ」

と断言してやられまくっているおこめやさんとかミッキーマウス銀行とか・・・あんたらどうかしてまっせ、と、思ってたらやっぱりどうかしてました(笑)。

世の中には一切毀損していないCLOもあるのです。ですから「みんなやられてます・・・」とかいいわけしちゃーいけません(爆)。

 日本の金融機関合計でどのくらいこのCDOを保有しているか正確にはわかりませんが、おこめやさんで8000億円くらいでしょうか。 某信用金庫で1000億円以上持っているところがありびっくりしましたが(ここは潰れます・・・多分)だいたい、すべて合わせると住専くらいの金額になるのではないでしょうか。

これを「小さな問題」というなら「住専問題もたいしたことなかった」、と論評しなければなりません。 これ以上はばらせないのでこのへんにしときましょう。まだ東京湾に浮かびたくないからね(爆)。

しっかし、がばい王子。やりますな。彼らの勝利をくさすつもりはまったくありませんが、この大会の審判はひどすぎた。(副会長殿のコメントを聞きたい所です)

野球留学、特待生のいる学校に対する判定の厳しさは目に余り、これはどうみてもあさましい高野連のしめつけとしか思えない。佐賀北のような公立で、地元の高校生でやっているところを勝たせるように・・・・と絶対指導したと私は確信しています。

あの帝京のスクイズ、誰が見てもセーフでしょ。

昨日の魔の8回のファーボール、ありえない。
広陵の野村君が、切れてしまうのも仕方ないと思うほどコーナーのストライクをすべてボールと判定している。百歩譲って・・・・試合のはじめから取らないならまだいい。ピッチャーはなんとか対応するのです。

しかし、8回、ランナーが出てから突然ストライクゾーンを変えるのはインチキ。今回の審判のどなたかが内部告発すべし、と私は思います。やってる自分が一番わかってるでしょ。これ以上子供たちを犠牲にするのは本当に許せないよ。ついでに主催の朝日新聞も。実際ね、世間は見ているんですよ、ちゃんと。こんなインチキをするんだから、新聞にもうそばっか書いてあるんだろーなー、って大人から子供まで思うんです。こういう世の中で「うそをついてはいけない」と親が教えなきゃいかんのだよ・・・その苦労、わかってんのか、おい(爆)。

では!!

コメント (32)

がばい王子

2007-08-22 14:33:14 | 野球

恐れていました・・・この写真見てください。

今決勝で投げている佐賀北高校、久保投手の応援風景だそうです。友人が送ってくれましたが、やはり来ましたね、いつかくるんじゃないかと思ってたんです、これ。

しっかし「がばい王子」は本人的にはどうなんだろね・・・

がばい、ってのは形容詞だから、「がばいきれい」、とか「がばいでかい」、とか使うと思ってたんですけどね。でも、「がばいばあちゃん」だもんね。いいのか・・・・

島田洋七さんは佐賀で生まれて広陵高校卒業ってんだから、こりゃ~すごい試合だよね。まあ、全く無警戒の佐賀があがってくるってのが甲子園のおもしろさ、でしょう。さて、結果は??

コメント (7)

藤川が何回持つのか・・・・

2007-08-22 14:13:51 | サブプライム

出張続きで失礼しました。マーケットが落ち着いているすきに・・・という訳でいろいろ用事を片付けて参りました。

マーケットは落ち着きましたね、というメールを頂きますが、そりゃそうですって。藤川が投げているんですから。これで落ち着かなかったらもう切り札はない。今のうちに打線を組み替えておいて一気に逆転してしまわないと、頼みの藤川もそうそう長くはもちません・・・・

今回の無制限一本勝負の資金供給、及び緊急利下げは過去の轍を踏まぬよう、とにかく資金繰りがつまらないようにという処置をとった訳です。ブラックマンデー、LTCMクラッシュの教訓は資金が取れなくなった金融機関が仕方なく、お金になるものを投げる(国債、MBSなど)ので余計な所まで大混乱になるということで、今回はこれは回避されている。

いざとなれば金はすぐ取れるぞ、ということで余計なものを投げずに済んでいる訳ですね。しかし本質的な信用収縮問題、クレジットクランチ(お互いのクレジット内容がきちんと把握しきれてない)という状況は何一つ変わっていないということもまた事実です。

これまでの動きを整理すると・・・・

まず、第1段階では。 住宅市場がピークアウトして、リファイナンスを繰り返しその借り換えメリットを享受していた住宅ローンの返済率が低下、そこに留まらず、一番弱いサブプライム住宅ローンから潰れていった・・・

これがCDOに大量に組み込まれていたために、多くのCDOエクイティーが無価値になり、特に2005年から買いあがり続けたローンポートフォリオにおいて、対数の法則という名目で(分散させていても債券のベクトルは一方向にしか動かないというという基本中の基本を忘れた投資かも悪いけどね)そのシニア債券が(AAとかの格付けがついていた、と言い訳をしている)事実上価格算出が不可能な状態まで毀損された・・・というCDOにまつわる問題がひとつ。

これはレバレッジがかかっているので、サブプライムはGDPの3%しかないから大丈夫といっていたエコノミストたちが見逃す原因となった商品でもあります。そしてこの問題・・・・

つまり自分の持っている債券が実際はいくらなのか、という価値算定は恐らく1-2ヶ月はわからない。さらに重要なのは、社債と違ってCDOという仕組み上の債券を買っているためにとんだエクイティーが復活することが無いため、価格が戻る可能性はゼロ、という点ですね。

第二段階・・・・
これが見逃されているケースが多いのですが実はこちらが本家本元。住宅ローンの返済率の下落はクレジットの高いMBSをも直撃します。但し、こちらはクレジットの問題ではなく返済率の低下によるデューレーションの長期化がMBSマーケットのクラッシュを生んだ。ベアスターンズのモーゲージファンドが潰れたのはこのせいです。

これはクレジットとしては高いので様々な担保に供されているために主にレポ市場での追証問題が資金繰りを圧迫させたということになります。信用度の低いサブプライムが担保に取られない、というよりデューレーションの上昇による価格低下が引き起こした追証問題を忘れてはなりません。(今日の日経金融一面はめずらしく、きちんと書いているがこの話にも言及しないとカントリーワイドのリスク説明としては不十分)

こちらはもともと信用度は高いので、ゆくゆくは、ローンの返済率があがってくればもちろん解消される問題ではありますが、現状返済率はますます低下しており、手元のMBSのデューレーションが長期化している訳で、少しでも金利が上がるなら、とんでもない損失をする可能性を抱えている・・・

ということで緊急利下げになる訳ですね。

そして第3段階。

多くのHFが上記の理由で毀損しているので解約が殺到していますが、実際の支払いは来月。その資金が入金されるかどうか、今の段階ではだれもわからないため、相当数のHFが破綻すると見られ、その規模はLTCMを超えるでしょうという、これはこれからの話。

更に、第4段階として。

これは私の懸念ですが・・・・
当然保有しているCDSをHFなどは行使するはずですが、このときに、オプションを保有している相手が倒産していると、元来プロテクトしている筈の自分の債券も同時の破綻するので、恐らくトリガーを引いた方も潰れるのではないか・・・というのが私の予測。 CDSによるプロテクションの喪失の可能性がその他の、全くサブプライムと無縁の企業のクレジットリスクを誘発させること・・・・が最終章か、と想像しています。

そしてそして欄外のリスクとして・・・
まだ日本では騒がれていないのですが、ここで指摘問題が遂におきた。

みんなで沈静化を図って、世界中の中央銀行が資金を供給している最中、約一名、俺は関係ないとばかりに利上げをした国がある・・・・それが世界最大の外貨準備高を持つ国という怖さ・・・・が昨日起きてしまった。

中国は金融市場としての規模が小さいからこれも影響ない、とエコノミストはテレビでまたしゃべるのだろうが、とんでもない。金融市場というのは信用の連鎖なのですよ。

我々プロからみれば世界最大の外貨準備保有国である中国がG7と足並みがそろわない、何をするかわからんぞ・・・・という恐怖感こそ恐怖。もっというと、これを事前に阻止できなかったバーナンキ、特に中国には圧倒的な人脈があるはずのポールソンが事の重大性に気づいておらず、何の根回しもしなかったのではないか??という恐怖まで喚起させてしまった。

昨日、アメリカの大多数の有力ファンドマネージャーはこのニュースには実際震え上がった。まさか、ほんとに利上げするの?? 中国ですらコントロールできないの?? ましてロシア、アラブときたらどうなるんだろう・・・・である。

中国の利上げの必然性は誰もが認めているし4回目だから目新しいものではない、というのであればあほも休み休み言いなさい、ということ。
ここでやるというのは、ノルウェー中銀が利上げするのとは訳が違うのだ。曲がりなりにも世界一の外貨準備高(しかも殆どドル)を持つ国のビヘイビアーであるから第3段階まで事が進んだときにはだれも止められないのではないか・・・・・と真剣に心配している訳ですね。誰も書かないけど・・・

繰り返しますが金融市場は信用の連鎖の上になりたっています。グリーンスパンという稀有な才能があったからこそ、最後は何とかできるだろうという信頼感が醸造されてたためにこれまでは「くもの糸」が切れなかったのです。このあたりはよく考えて頂いた方がよろしいかと存じます。同じ日経金融一面に「中国リスク、世界の火種」とあったのでおー、さすがに日経、分かっている人もいるのね、とびっくりしたら・・・・やっぱりぜんぜん違う話でした・・・・残念!

コメント (10)

切り札

2007-08-18 05:58:45 | マーケット

遅くなりました。まあ、マーケットも戻ってるからいいか(笑)。

グリーンスパン+ルービンコンビに比べ「ひでー」、という指摘の多かったバーナンキ+ポールソンコンビ。今回はバーナンキショックだ、という声もウォールストリートには多い。初動を誤りましたからね。そうもいえなくはないでしょう。

ただ、昨日の公定歩合・・・と訳してしまうと誤解のもとなんですが・・・Discount Rate(DR)緊急引き下げは「何でもやるぞ!!」、という連銀の意思を示したわけです。日本と違い、このDRは今問題の住宅ローンなどでもDR+いくら、といった取り決めをするくらいですから基準金利としての機能は十分にあります。

それを無理やり下げた・・・マーケット至上主義のアメリカがこれをやるのですから・・・・そのあたりの心意気は買ってあげないといけません。市場参加者からすれば「なんでもやる気だな」、ということで、無制限一本勝負流動性無制限供給に加えて効果のある政策でしょう。LTCMの時も、ブラックマンデーの時もそうでした。前にも書いたとおり、これで止まらなければうそです。

ただ、切り札を切ってしまった。言わば「藤川登板」です。

そして、何度も書いているように、一番肝心なクレジットクランチの問題は・・・・全く解決していない。持っている資産の価格が算定できないんだからまあ、手の打ち様はないよね。HFの解約も始まったばかり・・・・FRBの措置で週末の資金繰りの手当てはなんとかすんだ。しかし来週月曜日はnobody knows・・・ブラックマンデーはだからマンデーに起きたんですね。この構図はかわりません。

月曜日の東京市場、すなわち日銀の出方に当面のキーが渡されたともいえますね。当事者の方がわかっておられるかどうか・・・はなはだ疑問ですが、注目しましょう。だって、藤川ですよ!このあとは・・・・誰もいません。例えるなら日銀はあと豊田、上原位は温存している。戦艦大和・武蔵が使い物にならないうちに早く使いましょう。

決定会合を緊急繰上げ、すぐさま利下げを発表する。これしかありません。なんていったって世界最大の債権国なんだから。そのくらい存在感があるのですよ。日銀がぐずぐずするならこのマーケット、本当にメルトダウンします。保障しまっせ。マーケットとしては藤川はそう何回も投げられません、と心してください。

あくまでも個人的な意見ですが、投資家としては足元が見えるうちに逃げる・・・・という事になりますね。今必死になって解約しているHF。9月末、支払い日にはファンドの経営者はみんなどっかに逃げてたりする??かもね(笑)。実際払えないと思いますけど・・・それがはっきりした時どうするのか。答えはありません。

最後に沢山のお礼メール、コメントを頂きました。こういうことを当ててもあまりうれしくないんですが(爆)。まあ、勲章と思ってやっていきますわ。

 デイトレ・・・「デイトレーダー」といってすごく胡散臭く扱われてますけどね。でもね、僕は上司のご機嫌バッカうかがって出世を狙ってる大企業のサラリーマンよりよっぽどすばらしい人生を送っていると正直思ってます。自分のリスクで、命の次に大事なお金をかけて勝負をしている人をばかにする人たちの神経がわかりません。いいじゃないですか、立派な人生観だと思います。

ただし老婆心ながら・・・・
一日の値上がり値下がりで一喜一憂してはいけません。じっくり銘柄を見てください。最近はIRも充実してます。IRが不備な会社はパスしてよろしい。出来れば社長にも会いましょう。単独ではあえないかもしれませんが、一流の会社の社長は投資家と会うことを厭うことはありません。アメリカですと普通のことですが、日本でもそういう会社があります。そういう会社の株は本当にバーゲンハンティングになります。

なんといっても企業はトップで決まります。長年M&Aをやっていろいろな企業の統合、分割をお手伝いしてきました。再生もやりました。ほとんどのケース、社長の力量で決まり・・・です。社員は?という質問がでそうですが、押しなべて、というか99%日本の企業の場合、社員はとても優秀です。世界中これだけ優秀な社員をそろえている国はありません。後はドライバーの腕次第・・・ということですな。

ちなみに日銀もそうだと思ってますけどね(笑)。トップの責任は重いのです。

では、よい週末を!!

 

コメント (25)

メルトダウン

2007-08-17 08:44:13 | マーケット

完全にメルトダウンしかかった・・・・のですが、クビかわ一枚。土俵際でした。

アメリカが崩れてたら本当にメルトダウンでしたね。来週月曜日が結構キモイと思われます。 本日は日中は大阪に、夜もどりますので詳しい書き込みはしばしお待ちを。

では、あついですが頑張りましょう!! ジャイアンツはだめかね~・・・・

 

 

コメント (21)

最後の砦

2007-08-16 09:12:25 | マーケット

えー、とまりません・・・

どこまでいくの、あなた・・・と言いたいんですが、多分9月はもっとひどいような気がする。CDSがじわじわ広がりだしており、前に申し上げたとおり、トリガーを引いたときに本当に機能するかどうかだれもしらない商品というかシステム。デフォルトオプションを行使してみたら相手が資金繰りに苦しんで倒産していた、ということはJGBオプションでもありうる訳で、上場もされていないのだから、何の保証もない。

個人的にはこれが本当に機能するかどうかが現時点での最大の関心事ですね。

さて、アメリカは 本日住宅着工が発表されます。一喜一憂しても仕方ないんですが140万戸を切ると大騒ぎになるでしょうね。

カントリーワイド(アメリカのモーゲージローン及び証券化の最大手)も資金調達ができず、最終的な調達レートは10%を超えたと伝えられてます(未確認)。この会社はこのままFRBが放置するならアメリカの住宅市場は崩壊する・・・なんて繰り返し声明をだしていましたが、人のせいにしている場合ではありませんね。

ただ、ここがもし倒産とかすると、多分被害は今の100倍くらいになるかな。彼らが組成したCDOはかなりましなほうで、これまで逝かれてしまうとさすがに・・・・です。注目しましょう。

昨日の書き込みに対する皆様のフィードバックは本当に興味深いものがありますね。ブランドイメージの毀損についてはさすがに女性はビビッドです。ユニクロがバーニーズを買ってもブランドイメージは毀損しないよ、という声は男性、特に40以上の男性に多い。

ただ、20台の女性はバーニーズどころではなく、セオリーでさえ気に入ってたのにユニクロに買われて嫌いになった、とおっしゃる方が多数。ご主人のスーツは奥様が選んでいるという家庭が90%という統計も三越が出していますが、男性の方ももう少しブランド価値にビビッドになられた方がいいと思いますがいかがですか??

 それからCCCはツタヤそのものですから。あと、タワレコを買収したとは書いたつもりはないんだけどそう読めますか? 申し訳ありません。ツタヤは新星堂、すみやを買収、ご指摘のとおりヴァージンの日本ユニットも買ってます。HMVのオフィシャルアニュアルレポートを再度見ましたが日本法人単独の数字はやはりありません。メガストアが独占状態のシンガポール(2店舗)、香港(4店舗)が入っていてそれで約400億円の売り上げですね。実態はDDをやった大和さんに聞きましょう(笑)。あくまでゲスですが当たらずと言えども遠からず。

 さて、行ってきましたよ、世良公則+原田真二。メガストアの先祖、最後の生き残りWAVEプロデュースでのCDリリースを記念してのライブでした。渋谷DUO! ラブホテルのど真ん中でびっくりしたぜい!

 http://store.yahoo.co.jp/edigi-wave/label.html

まあ、グッチー的には「あんたのバラード」でもう泣けてきました。最後の「宿無し」は思わず腰が浮いてしまうくらい。何せ、カシオペア・桜井+たのきん(としかいいようがないよな・・・笑)・よっちゃんのこの二人が作り出すグルーブ感はすごいものがあります。只者ではありませんぞ。

そして原田真二。
松田聖子と遊んでばかりいると思っていたら実力は健在だね。なぜ売れないのか不思議なくらいです。若いファンも多いみたいなので大いに頑張っていただきたいものです。やはり「キャンディ」は良かったね。 あれで50歳ですか・・・・目標ですね(笑)

昨日は8月15日。終戦の日でしたが、考えてみると二人とも広島出身のミュージシャンなんですね。なんだかそれも偶然ではないような、素敵なライブでしたよ。CDも是非! かなりの出来栄えです!!

コメント (14)

出血大サービス!

2007-08-15 16:39:01 | Weblog

あの六厘舎のつけ麺が通販で購入できるようになった!!

マジですか?

まじです。

グッチー的にはすごいニュースです。教えてくれてありがとう・・・

これ、はっきりいって並びまくるんです。ラーメン二郎より並びます。100人とか並んでるのでもう訳がわかりません。 今から頼むと9月発送分だそうですが、とにかく手に入ります。大勝軒が

実際に作った奴の話を話しによると麺ゆでさえとちらなければ本物に限りなく近いとのこと。自分の分は確保したから教えちゃいます! って怒られるかな~・・・・

http://www.rakuten.co.jp/rokurinsha/796071/#881771

 

コメント (6)

夏休み

2007-08-15 12:43:46 | 社会

今日は私のまわりにもあまり人がいないですね。すっかり夏休み。みなさんからのコメントを拝見しているとほんと、面白いお話が満載。やはりポケモンおそるべし、だとか雪斉殿にコメントいただいた国名漢字テストを若者にやらせてみたりとネタも満載。昨日のセンセックスもきちんと反応して頂いてうれしかったです(笑)。改めて皆様には御礼申し上げます。

 さて、夏休みの方も多いようですがみなさま何をされているのでしょうね。読書ということでしたら是非お勧めしたいのがこちら・・・

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%BF%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E8%8D%92%E4%BF%A3-%E5%AE%8F/dp/4062140527/ref=pd_bbs_1/249-3738565-8734763?ie=UTF8&s=books&qid=1187148570&sr=8-1

アラマタ大辞典・・・
そう、荒俣宏さんの雑学辞典です。博物学というらしいのですがまあ、トリビア大集合ですね。ビール片手にふーん、とやるもよし。お子様かなんかがおられるならこれを材料に自由研究のテーマを選んであちこち調べに行ってもいい勉強になるんじゃないかしら。小学生なら十分読める平易さです。

 恥ずかしながら僕はダ・ヴィンチは、もちろん天才だとは思ってたけど絵の才能が図抜けていると思っていたら・・・・なんと10作しか作品が無く、ミラノ公に提出した自己推薦状には「絵も多少は描くことができます」と書いていたというではないですか・・・・単なるイヤミかもしれないけど(笑)。びっくりした!

という具合になってますので、ぜひお試しを!

 

コメント (1)