債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あんたは偉い!

2005-07-28 11:33:15 | マーケット
急遽出張とあいなりまして、書き込みのペースが落ち、かつマーケットをライブに見ていないため、すっとんきょーな書き込みをする恐れがありますので、ご容赦くださいね。

明日は大事なCPIだっちゅーになにやってんねん!! と複数名のアメリカ人から罵倒されつつ、行って来ます。まさかプラスにならないよね? なったらどーしよー、とびびりつつ行って来ます。

暑さで参っておられる雪斎殿には申し訳ないんですが行き先はなんと札幌!
いェーい! こういうのならいつでも大歓迎じゃ!!

などと言っている場合ではなく、かな~り深刻なトラブルシューティングで気がおもいっす・・・

朝書き忘れた福井総裁発言を本石町さんのページから頂きます。

これ、すごいですよ。中央銀行の総裁なる方がここまで言うか、かんべえ先生流にいうなら、ここでこれを言わせたとなると、おそるべし策士小泉!!であります。これを聞いてなおかつ民営化反対したらあんた、あほか、といわれるおそれありでございます。いつも福井さんには文句ばっか言ってますが今回はご立派、いや見直しました。これまでの数々の失礼非礼、こころよりお詫び申し上げます。あんたは偉い!!

「ここ十年間以上にわたる努力は、民間部門のリストラを優先させることでやってきた。そして、公的部門のリストラがこれからの大きな課題であることはみんなが共通して認識していることだ。その認識さえしっかり築いていけば、公的部門のリストラはかなりの部分が政治的なプロセスを経て物事が決められ、実行されていく、ということだと思う。みんながその意識が強くて今後の日本の民主政治のレベルをきちんと上げていく、そういう方向で認識の一致があれば、短期的に多少遅れるとか、あるいは前進するとかに関係なく最終ゴールは着実に達成されていく。このメカニズムをみんなで築いていけるかどうかの非常に重要な分れ目が今始まっていると思う。
 デフレ脱却とか、持続的な回復とか、いろいろなことを経済の面からこういう言葉で言っているが、もっと大きく社会全般から言えば、これから我々はもっと政治のレベルというか、政治の意思決定プロセスというものを、将来につなげる方向で、みんなが確認できる方向に築き上げることによって公的部門のリストラをきちんと成し遂げていく。そうでなければ民間部門と公的部門が表裏一体となった競争力の強い日本の経済社会はできていかないわけですから、今はそういう意味で重要な局面であり、今回の郵政審議というのは最初の出発点、試金石である。これがうまくいくかいかないかは大きなリトマス試験紙であり、どういう結果が出ようとその経験を踏まえて、この先の我々の政治の仕組みをみんなでもっと真剣に考えるプロセスに入るべきである。
 中央銀行総裁としてあまり政治について物事を言うのは良くないとのことなので、これ以上は申し上げない」

本石町日記
コメント (11)

うーん、暑い・・・・

2005-07-28 09:55:36 | マーケット
あまりに暑いのでつい題名にしてしまいました。本論には関係ないです。

しっかし、東京は少しおかしいですね。本当に例の汐留ビル群が影響しているのだとしたら恐ろしいですね。

先日の地震であそこの33階にあるOFCで会議をしていた友人によると、テーブルの上のコーヒーは全部ぶっとんだそうです。震度4であれだとすると恐ろしくていられん、と本気で移転を考えている、といってました。エレベータも止まってしまい、とてもじゃないけど使えない、それこそ平日の通勤時間だったら、一体何人エレベーターに閉じ込められただろう、と言う話で、それはそうだなー、と感心した次第。六本木ヒルズも大変だったみたいだし、やはり東京の超高層はやばい、んじゃないですか?? と東京のビルを買い込んでいる不動産ファンドのマネージャー(アメリカ人)を脅かしてやりました。「完全に想定外」、だと言ってましたので高層物件に外国人売りが出るかもしれませんね(笑)。

さて、アメリカ。GMACの債権切り売りの話がきっかけで、GM関連は株価(終値では-)、社債、クレデリと全て順調に戻っております。が、待ってください!!
確かに5-6兆円のキャッシュになるので目先はいいでしょう。しかし、買い手のBOAもばかじゃありませんから、当然優良な債権から買い取っていきます。という事は優良債権がどんどん消えていって、あまり程度の良くない資産が残ってしまうという悪循環に陥る訳です。スケールがマッタク違いますが、日本ではマイカルがこのパターンで倒産しました。まだ倒産してませんが、ダイエー、及びカード会社のダイエーOMCもこのパターン、もっというと日本信販もこのパターンでにっちもさっちも行かなくなった訳です。ある種「禁断の果実」に手を出してしまった訳で、我々からみると、本当にこれしか手段がなかったとするなら、内実は相当にヤバイ、と言う事になりますね。要は「たこはい」、が始まったと見る事もできるのです。

倒産はさせないでしょう、という基本線は変わりませんが、債券についてはこのタイトニングのすきを狙って一度利益確定、もしくはプットの買い、プレミアムのコストがもったいないというならアウトのコールを売ってゼロコストで仕上げましょう。相場は先々を読んでいきますので、はやめはやめに手を打ちましょう。
株価の戻りが鈍いのはこのあたりを気にしている可能性もありますね。

最近ノーコメントで諦めていた日本国債。20年債でしっかり崩れました。崩れる時はこれが原因になるケースが多いのですが、このあたりはしこしこ買っておくというもんです。長期的にはあんまり気が進みませんが当面仕方ないですね、といいながら日経平均が予想通り12,000突破なんてことになると、ちょっと見通しを変えねばならないかもしれない・・・・と、自分で突破します、なんていっておいて無責任ですがちょっとあれこれチェック中ですので買うにしても軽め、でお願いします。結局このあたりを買える人はそう多くないんですが・・・

コメント

実は伏兵が・・・・

2005-07-27 08:52:07 | 金融全般
円安です。為替はこれだけ。
元のインパクトは何度も申し上げている通り、政治面でのインパクトに限られ、日本円に大きな影響を与える段階ではありません。昨日有名どころのファンドマネージャー(アメリカ人)10名にインタビュー、「円安の材料はなーに」と聞いた所、驚くなかれ、「小泉自爆解散」だそうです。少なくともNYKではそう認識されています。しばしば日本人が「えっ!!」 と思うような事がNYKで取りざたされるという良い例です。ただ、認識頂きたいのは小泉さんというのはアメリカでは評判がいいのです。だから辞めたら大変だ、となる点はご考慮くださいね。

お騒がせGMがここ5年間なんとかやってこれた最大の功労者である金融子会社のGMACを売ってしまう!!(わきゃーないだろ、と思うものの)噂で右往左往致しました。何が出るかわからん、というのが金融界でして、それにしてもびっくり度満点の噂でした。

(その後、GMACのローン債権の一部を売却と発表があり、どうもこの話を取り違えた奴がいたようです。いやはや・・・・)

さて、今日のお題「伏兵」。
中国関連で日本に影響が一番大きいのは実は今回の切り上げではなく、こちらではないか、と我々マーケット関係者で囁かれている事件があるのです。7月1日に改定された中国の通関申告制度の改正であります。

これまで、海外での買い物は一切関税が掛からなかったのですが、これにより海外での買い物が5000元を超えると課税される事となったのです。ざっと見ると金、銀などが10%、電気製品、時計、化粧品、アパレル(多分かばんなんかも含まれてます)が20%、たばこ、酒は50%など課税されます。5000元というと約7万円ちょっとですので、ちょっと買い物するとすぐ超えてしまうことになります。

一見、何が大変なんだ?? という事でしょうが、中国人とお買い物に付き合った方ならピン、と来る筈です。彼等の買い物熱、消費熱はすさまじいものがあるのです。旅館、ホテルなんかどうでもいい(サービスなどのソフトにお金を払うと言う感覚がまだ余りない)、とにかく「物」に対する欲求は日本人の比較になりません。かつ、既に年収一億円を超える所得人口は(きちんと把握出来ている人だけ数えても)日本を上回り、恐らく5000万以上でも今年で逆転です。その彼等の最も好きなお買い物ゾーンが、日本、ジャパン、リーベン!!なのです。

特に彼等の日本製品に対する信仰はすさまじく、時計などちょっと間違えるとすぐ日本ブランドの「中国製」なんかに出会う訳ですが、値段が倍であっても「メードインジャパン」に固執します。
エルメス、ビトンなどのブランド物も、上海などに回ってないものがいっぱいあるのでそれらをそれこそ「死に物狂い」で買いまくり、持って帰って自慢する訳です。まあ、この辺は30年前の日本かもしれませんが、買い方は半端じゃありません。

つまり、日本の消費はこういうリッチな中国人に相当かさ上げされてるんじゃないのか?? という事なのです。そんなばかな?? とおっしゃらないで下さい。事実私は友人に頼まれてアテンドした中国人は銀座のエルメスでキャッシュで2,000万円払ってました。私は倒れそうだったのですが、店員のおねーさんは慣れたもので、「中国の方はいいお客さんなんです」という事でした。

今回程度の関税なら金持ちなら払うよ、というかもしれませんが、税金なんて払うのが大嫌いな中国人のこと、一大ブームの「日本でのお買い物」がこれにより冷却され、お金が違うほうに向く可能性も否定できず、その影響を日本はモロに受ける事になるのです。秋口に消費関連の数字が落ちてきたら間違いなくこの影響だと私は思いますけど。

さて、この人たちは今度は何を買うんでしょうか? 基本的に土地所有を認めていないので、中国人から見ると買うなら海外の不動産ということになるでしょうが、いかんせん持ってきて自慢できる代物ではない。私はずばり、高級車ブームと見ています。既にかなり高級車が売れてきてるとはいえ、台数から言えばまだまだ。海外で買い物しない分、レクサス色違いで3台もってるぜ、なんてやりそうだなー、などと思っている訳です。ということでこの材料も注目しておいて頂きたいわけですね。では!

コメント (9)

再度中国問題

2005-07-26 08:51:30 | 金融全般
ここにきて頂いている方は大筋ご理解頂いていると思われますが、メディアの解説があまりにもひどいので再度まとめておきます。かんべえ先生が唯一まともな解説を書かれていますが・・・・

繰り返しになりますがポイントは2つだけです。

1.今回は「切り上げ」とはいうものの、実はレートの決定権は人民銀行、というより中国共産党政権そのものが握っているので、その実「切り下げ」だって可能。
唯一の違いはドルペッグを辞めた、その事のみ。

2.中国共産党が人民元の価格決定をする唯一の機関である。

ということのみです。従ってある意味喧嘩を売ったともとれるし、これなら文句無いだろう(当面は切り上げてやったぞ)と開き直ったともとれる。かなり政治的な内容を含んでいる訳です。問題は昨日も申し上げましたが自分がやったことの影響をちゃんと理解しているかどうか、です。

1.ドル以外に8000億ドルもの外貨準備に相当する積み上げるべき資産があるのか。
2.変動相場制が前提の自由主義国家がこういったいつレートが切り替わるかわからないような通貨を受け入れる訳がない。

整理するとこういうことででしょう。

投資に関して今の時点でいえるのは

1.米国債売りにはならない。結局買わざるを得ない。他に選択肢はない。

2.円高?? にはなりません。むしろ円安でしょう。理由はますます日本からアメリカに資金が移動するからです。

3. 米国株は問題ない。もともと中国に「命を預けてしまった」ような企業がないから。いつでも切り離せる。

4.日本株は要注意。中国だけで伸びてきた企業がごろごろしており、これのリスクははかりしれない。

5.中国株・・・論外

後はアメリカ議会がどう反応するかのみです。そう長くはもたんね、というのが本音であります。

では!
かんべえ先生のページ
http://tameike.net/comments.htm#new
コメント (7)

中国元切り上げ総括

2005-07-25 09:23:56 | 金融全般
「やったな、中国」での意見に対しましてたくさんのコメントを頂きましたこと、暑く御礼を申し上げます。あまり判断する材料の無い所で書いておりますので、後から見ると??ということも出てくるでしょうが、敢えてそのままにしておきます。改めて有難うございました。

現在に至ってもどういうバスケットにするのか、よくわかっておりません。ただ、今回は物事を逆から見る必要があろうかと思います。つまり、バスケットを採用する事は溜まっていく外貨準備をあちこちに分散する必要から来る事ですよね、と言う解説が多いのですが、中国より外貨準備の多い日本はドルしか持ってないわけです。
ここで逆、つまり中国としてはドル資産はもうこれ以上持ちたくないよ、というメッセージを感じ取る事が大事だと思われます。橋本総理大臣が日本はアメリカ国債を売るかもしれないとハーバーと大学で講演をして、大騒動になったことがありますが、中国はそうはなりたくはない。必要があれば売るからね、他の通貨でもっているし、他の通貨にも連動しているから別にアメリカの金利が上がったり、ドルが暴落してもヘッジしてありますからいつでも売りまっせ、というかなり強烈な脅し、毒を含んでいると読むべきでしょう。アメリカ側、特に議会筋が一応に沈黙してしまったのもこのあたりが読みきれないため、本音がわからない為と考えます。

しかし、中国も厳しい。アメリカの債券を買わないとなると、それに変わる流動性を保有し、規模が匹敵するのはもう日本しかないのです。この日本債券を買うのかどうか、これは悩ましいでしょうね。

もし、私が中国のブレーンで20年くらいのスパンで戦略を立てるなら、日本債券の30%くらいのシェアを握ってしまいましょうと、提案するでしょう。金利が上がるも下がるも自由自在なんて状態を作り出すのが対日戦略上ベストでしょう。「なに、靖国?? 債券売って暴落させちゃうぞ!!」ってなもんで、かなり日本に対する牽制になるのは間違いありません。こういった政治的なロジックを駆使して果たして相当数の円をバスケットに入れていくことができるでしょうか。
所詮日本の外貨準備は全て米国債なのだから、日本債券を買う事は間接的にアメリカ国債を買う事になるし、「いう事を聞かせやすい分」安全だと考えるなら・・・恐るべし、中国であります。

この「安全」について、クレジットという意味ではなく「いつでも売れる」、という安全性については間違いなく日本の方が上でしょう。米国債は全てFEDWIREを通過して決済する事になるので、その気になれば中国政府のアカウントの決済を停止する事は簡単でしょう。日本の場合、国債は日銀ネットで決済するのですが、中国政府が直接日銀NETに入っている訳ではないので、その意味で例えば野村證券経由で大量の国債が売られた場合、それが誰かを判明させること、更には止める事は容易では無い筈です。このあたりの「流動性安全保障」から見ると日本国債の方が上かもしれません。いろいろな意味で「あなが大きい」ということでしょうか。

最後に大事な点を一つ。

The People’s Bank of China will make adjustment of the RMB exchange rate band when necessary according to market development as well as the economic and financial situation. The RMB exchange rate will be more flexible based on market condition with reference to a basket of currencies. The People’s Bank of China is responsible for maintaining the RMB exchange rate basically stable at an adaptive and equilibrium level, so as to promote the basic equilibrium of the balance of payments and safeguard macroeconomic and financial stability.

この文面から判断するなら、中国政府は人民元を全て自分でコントロールできると言い切っているわけです。これを我々のような民主的資本主義のなかでお金を動かしている人間から見ると滅茶苦茶な論理にしか見えない事を付け加えさせていただきいます。大変な人がゲームの中にはいってきちゃったな~、という感じですね。

では!
コメント (3)

やったな、中国!!

2005-07-22 12:10:43 | 金融全般
既に皆様ご存知の人民元切り上げ騒ぎで昨日の夜からひどいことになってまして、書き込みが遅れた事をお詫び申し上げます。

前にも申し上げましたが切り上げそのものよりも、ドルペッグを辞めた、というほうがマーケットには影響が大きいでしょう。日本に次ぐ外貨準備を保有する中国が、ドルペッグをやめたわけですから、米国債市場に及ぼす影響は計り知れない、というのがまず第一です。しっかしいまになってもバスケットの中身が不明なのはかなりどたばた、した様子が伺えます。一体どのバスケットでどの割合でペッグさせるのでしょうか?? これは基本中の基本なのでこれがいまもって明らかになっていないのは相当違和感があるのです。円をはずしたい・・・なんて意向が入っていたらお笑いです。

いろいろ見方は分かれると思いますが、マーケットからみると、これは中国のアメリカに対する宣戦布告と見てもよいと思われます。ドルにペッグしていない以上、中国としてはこれ以上アメリカの国債を買う必要がないよ・・・ということです。切り上げ、では無くドルペッグ廃止が重要なのだという事をここで申し上げておきます。

細かい点は土日にでも書き込ませて頂きます。米国債は暴落するか?という事に関してはNOと申し上げておきましょう。日本がいるうちは大丈夫です。
では、また後程!!

コメント (10)

英国紳士とやせ我慢

2005-07-21 13:29:20 | 国際問題
またまた、かんべえ先生がおもしろい話をお書きになっています。

http://tameike.net/comments.htm#new

この前私が書いたアングロサクソン魂の原型、まあ、イギリスだから当然なのですが、これにあたる、題して「やせ我慢魂」でしょうか。
イメージとしてはこの英国製「やせ我慢魂」とアメリカ製「突撃ヤンキー魂」の合計がアングロサクソン魂、というイメージが誠に近いような気がしてきました(笑)

さて、そのやせ我慢、これは徹底的に鍛えられるのだそうです。かんべえ先生ご指摘の「Don`t panic」は有名ですし、友人の話では父親が男の子に必ず教えねばならないのは釣り、なんだそうです。彼は貴族なので特に厳しく、「歩くやせ我慢」のような奴ですが、よく釣りに行ったそう。要は釣れなくてもじっと我慢して粘り強くやる、と言う事を教えるのだそうで、日本の「あほばか釣りなんとか」とは主旨からして違う訳です。

ついでに彼等貴族は第2次世界大戦で所謂ブルーカラーや一般庶民とは比較にならない程の高い死亡率だったそうです。なぜなら、一番危険度の高い任務につくのが貴族の務め、だと叩き込まれており、事実駆逐艦など、あたれば一発で飛んじゃうような危険な乗り物の艦長は殆どが貴族階級だったそうです。こうなるとやせ我慢を超えてますけどね。要はすごい、プライドと背中合わせなのです。男子たるもの・・・・であります。

ついでに、彼等はフルートとかの管楽器の演奏も慎むように教えられるんだそうです。なぜだかわかりますか? 演奏するときに顔が歪むのが行けないんだそうです。男子たるもの表情を変えてはいけない。こうなると江戸時代のサムライを思い起こしますが、今でもそういう伝統が生きている訳です。日本人は随分変わってしまいましたけど。

彼と一緒にいるといろいろ教わります。
例のクール・ビズ。
ばかもん!! というのが彼の感想で、暑いときだからこそスーツを着て、ネクタイをして、涼しい顔をしてなければいけないんだ、それが文化だと言って譲りません。ぐっちーがネクタイをはずしてぶらぶらしていると怒られます)
まだインドが植民地だったころ、暑いインドでも彼等はスーツを捨てませんでした。でも暑いので麻でスーツを仕立てる事を考えました。所が、これ、座るとしわしわになるんですよ。じゃー、どうしたかって?? 彼のおじいさん達は仕事中一日中立ってたそうです。
こうなると筋金入りの「やせ我慢おやじ」であります。

これを聞いて思い出したのが松任谷由美、そうユーミンの話。
パーティーでご一緒したとき、おしゃれについて話していて、彼女曰く、「おしゃれする、ということは決して楽な格好をしてはならず、我慢して着るくらいの覚悟が無ければいかん」とおっしゃってました。うーん、含蓄がありますな~。従っておしゃれが出来るように体型も維持しなければいけないのだ、ともおっしゃってました。やせ我慢、に通ずる物があると思われませんか?
ユーミン恐るべし、であります。

さっきまで暑くてよれよれ、でしたが、びしっとスーツを着て涼しい顔をして、小池百合子大臣にご挨拶させて頂こうと思います。では!
コメント (9)

最後のお仕事

2005-07-21 09:15:46 | マーケット
グリーンスパン議長による議会証言が始まっていますが、来年1月に辞めるということなので、2月・8月の定例はこれで最後の登場であります。もちろん何かあれば議会はいつでも証言を求める事ができるので、「本当の最後」ではないかもしれませんが、まあ、公式的には「最後のお仕事」となる訳です。

今回は比較的「謎」の少ない内容で、利上げは、不安な要因はあるけれど(原油価格の上昇や労働コストの上昇)、アメリカ経済は順調に成長をしているので「する」。不安な要因が挙げられたことで「小幅利上げ」と報道されているものと思われます。

面白いのは比較的精密に世界経済に言及している点。これも従来はあまり言わなかったのですが、要は日本、アジアなどがそれぞれバブルの崩壊、アジア通貨危機で実体経済に対する投資機会を失ってしまい、特に日本はその過剰な貯蓄をあちこちにまわした結果、例えばアメリカの国債の長期金利はやたらに引くくなってしまって、その他の市場にも影響している。つまり、世界的な「savings and investment」のアンバランス、が金融マーケットや原油市場に流れこみそれがマーケットのひずみを生む結果となった・・・・

補足するとそれが世界的に妙なイールドカーブのフラットニングや、これは言及していないけれどGDPの150%も赤字を抱えるような日本の国債の超低金利などの説明になるよ、ということだ。
更に過剰貯蓄を実体経済にきちんと投資をしてきたのは産油国くらいだ、というくだりがあるが、これは如何だろうか? 前にも申し上げたように国としての収入という面ではそういう投資に向かった事は認めるけれど、一番資金を持っている王族ひとりひとりの収入はやはり「非実態経済」に向かっているわけでこのあたりは少し疑問を持つ人もいるだろうが、全体的にはさすが「おっしゃるとおり」です。

ということで、ぐっちーは為替を睨んでいたのだが・・・・際立ったのが円安の持続。それ以外にはほとんど何もない。グ議長発言は織り込み済みってことで、結局市場的には「小泉自爆解散」のほうが大きく取られている可能性がある、と書いた昨日の書き込みがまんざらでもない、という悪い冗談のような相場でありました。ま、何でも動けばお金になるというのも事実なのであまり文句を言ってはいけないんですが・・・・

アメリカ株は実は急落のパターンでした。SPのヤフーが下げ(SP指数銘柄中最大の下げ)、ついでにダウのインテルも決算を嫌気して下げ(ダウ指数銘柄中最大の下げ)、とどめのGM売りで「総崩れ」!! のパターンだったのですが終わってみれば全部プラス!!しかもNasdaqに至っては4年ぶり高値更新ですと!?

やはりグリーンスパンの言うとおり・・・アメリカ経済は順調なのだ・・・証明してしまったというお見事な結末の株式市場でありました。

では、本日も猛暑と戦う東京の皆様、がんばりましょう!!
コメント

迷走する中国

2005-07-20 14:53:40 | 国際問題
ちょっと古い記事なんですが、朝書き忘れてしまったので改めて書きます。
そんなばかな! という内容です。


米、中国高官核発言を非難
 米国務省のマコーマック報道官は15日の記者会見で、中国人民解放軍国防大学の朱成虎教授(少将)が、台湾海峡での武力紛争に米国が介入した場合、核攻撃も辞さないなどと発言したことについて、「無責任だ」と強く非難した。
 マコーマック報道官は「この発言が中国政府の(公式な)立場を反映したものではないことを期待している。米国は中国に脅威を与えることはない。われわれは幅広い問題で中国と協力してきており、ライス国務長官も先の訪中で、実りある会談をしている。個人によるこうしたコメントは不幸なことだ」と述べた。(ワシントン 樫山幸夫)
(産経新聞) - 7月16日15時25分更新

この話がどういうルートで出てきたか、サンケイの記事ではちょっと不明なのだが、ファイナンシャルタイムスも同じ記事を取り上げており、朱教授が「外国人記者に対して」と書いてあるので、マコーマック報道官の「期待」どおり、非公式発言で済む問題なのか、非常に微妙だ。
もしこの話が本当だとすると、中国はアメリカという国、少なくともブッシュ政権の事を完全に読み違えいると言う事だけは言えそうだ。「読み違い」、だけならまだましで、それこそ両国関係をとんでもない方向に持っていってしまう可能性があると、大変危惧している。かんべえ先生、雪斎さん、やじゅんさんあたりのご意見も伺いたい所だが、最近の中国の国際問題に関する読み違いは散見されていたものの、ここまでアメリカの神経を逆撫でする発言も珍しいのではないだろうか。今正に核拡散を防ぎたい、というアメリカの最大の戦略に対して、恐らく「核」なんて言葉すら使って欲しくない状況で意図的に「核攻撃」などと表現するとしたら、喧嘩を売っている、と考えられても仕方ない。そのためにイランや北朝鮮に対して躍起になっている時に何を言い出すのか!?

世界的に見ても核はあくまで「抑止力」という事がそれを保有する「建前」になっている訳で「行使」を前提にした議論なんぞはとうてい受け入れられない。それをわかっていながら「若干挑発するつもり」でこの言葉を使ったとしたら、もう完全な読み違いである。例えは太った奴が太った人に向かって「で○!!」と言っているに等しい。一番言われたく事一番言われたくない奴に言われるのだから。

中国は日本と違い言論が統制され得るので、この発言が統制されなかった事自体が何らかの政府の意図を表しているとも言え、「危険なゲーム」に走らなければ良いが、と危惧する次第である。


ついでに・・・
危険なゲームと言えば(ちっともつながってないね)某フジテレビの33歳女性アナが18歳のジャニーズの男の子を呼び出して飲酒を強制だそう・・・・

これは立派な犯罪ですよ。もし、逆、つまり33歳が男で、18歳が女の子だったら即刻逮捕でしょう。なんで逮捕されないのか理解に苦しむ訳です。フジテレビ、いいのか、これで!! 
どうにも腹が立つ事件です。早稲田大学まで出た立派な大人が何やってるんでしょうか。それにこのアナウンサー、フジテレビの社員なんですよね。どこかの芸能プロダクション所属じゃないんですよ。会社として訴えるべきではないでしょうか。これで懲戒にならないとすると、これはプラクティスだったという事を証明している事になりますね。つまり、こういうことは日常的に起きていて、彼女を罰すると他の人も罰する事にしないと会社として立場がないということです。そうしなければ今回の大甘裁定は理解に苦しみますね。

と気味の悪いニュースの二本立てでした!
コメント (6)

多少の不安・・

2005-07-20 09:07:20 | マーケット
マーケット全般は極めて順調に思われます。
ダウも順調、IBMがダウ値上がり寄与率2位なんて、久しぶりに聞きましたね。こういう銘柄が上がっている時は巡航速度でして、夏枯れと呼ぶのは失礼ですが、まあ、運用者としてはあまりやる事がない。必要がない、というハッピーアワーです。ビール200円とかね、そういう幸せな時間。

当然日本株も順調で、まあ、余程の事がない限り今回は12,000を狙うと考えています。
日本国債は相変わらず。コメントのしようもないくらい、動いてません。

その中で支離滅裂な日本銀行。我々の仲間内でも一体どうしてしまったのかという声が高いのが6月の政策決定会合の議事録。メンバーが????なのはもう端からわかっているのでいまさら文句はいわないけど、中身がひどい。親友のS氏がこの人たちに金融政策を決めて欲しくない、というのは良くわかる。これでなんかミスッてもだれも責任とらないんだろうね。指摘をすればきりがないのですが、強烈なのが先のSさんが指摘した、「タイムバリューの無い異常な金利形成」というくだり。自分でやったんだろ、それを。今更異常というなら責任とれよ、ということ。これこそが時間軸効果ではなかったのか?? 自己矛盾、論理破綻、頭悪い。ちょっと限界を超えてますよ、これは。他にもたくさんありますので、是非ご一読をおすすめします。

経済学部の学生諸君には金融、経済のしろーとがこういう政策決定会合みたいな意思決定機関にかかわるといかなる間違った政策が発動されるかという、極めて良い実例学習の絶好のタイミングでしょう。

で、多少の不安というのは円安のことで、ほぼ全面安であります。株はしっかりしているのでこの全面安は・・・・日銀の政策決定会合のレベルの低さに呆れて円を売りまくった・・・というのは考えすぎでしょうか。多分考えすぎだと思いますが、この内容では笑えません。ということで、この円安が何なのか、割と根が深いかもしれないのです。心配です、ぶちきれないことを祈ります。

昨日は本石町日記さんとどらさんと暑気払い。店長北沢の所でくだをまいておりました。
お二人はお立場上かけないこともおありなので、その分は私が引き受けることに。独立系の強みであります。
店長のお店は相変わらずいいですね。こっちまで元気になるもんね。バイト君たちが一生懸命働いているのをみると店長のマネージメント能力の高さがすぐわかります。是非一度ご訪問をお勧めします。あー、これ書くとまた私が入れなくなるんだよね、ま、いいか。是非一度!

店長北沢のお店
http://r.gnavi.co.jp/g068250/
コメント (2)

夏枯れ・・・・

2005-07-19 12:38:37 | マーケット
昨晩東北方面でトラブルが発生し、夜遅くまで処理していたためにちょっと書き込みをさぼってしまいました。申し訳ありません・・・たのむぞ、東北!!

という訳の判らんスタートですが、午前中のどさまわりから帰ってきてみればなんとも閑散な相場。俗に「夏枯れ」といって、子供達が夏休みに入る頃から急に動かなくなるのです。

実はこれは官公庁の人事異動がこの時期に集中しているせいだ、と私は昔から考えていており、どうもほんとにそのようで、どこの業界も同じようにこの時期動きが停滞するようです。我々の世界で行くと、財務省、金融庁などお偉い方が6月あたりからまず動き、それに合わせて課長、補佐クラスのまあ、実務の主役達が(キャリアの人たちね)続々と動いて、先週当たりでほぼ終了。引継ぎなどなど終わるにはやはりそこそこ時間がかかります・・・・と言う訳です。

世界最大の投資家である郵政公社の郵貯、簡保も未だにこの時期に移動がかかっているので、まあ、世界最大の投資家が不在なんだからね、動かなくても仕方ないよな、ってな話です。この話を先週マンデル教授にお話したところ痛く感動され、あちこちで話されてる様子。ちょっとノーベル賞をとったような人に受ける話だとは思わなかったんだけどな~、変なこと言わないように注意しないといけませんな(笑)。この人が言うとどんなうそでもほんとになりそうでこわいもんね(爆)

さて、どうも夏休みが既にスタートしているようで、おとといアテンドしたアメリカ人家族は何を間違ったかスターウォーズをまだ見てないので見たいとか言い出して、おめー、そんなもん日本で見なくてもいいじゃん、とか思ったのだが仕方ないのでチケットだけ購入しに品川プリンスへ。
私はとてもじゃないがおつきあいできまへん。
映画そのものはたいして混んでもおらず、まあ、楽勝にチケットを買ったのですが、びっくりしたのはとなりの水族館・・・・2時間待ち・・・この暑いのにみーんなアスファルトの上でじっとまってる・・・

すみません、ほんと死にますよ、これ。大丈夫ですか~、と声を掛けたくなりました。お子様のためとは言え、何とも大変であります。しかし、2時間も待ってみるような水族館ではないような気がするんですが・・・・

ということで、グリーンススパン先生の議会証言まで、材料を待ってましょう!!
コメントのお返事も少しずつ書いていきます。遅れててごめんなさい!
コメント (4)

アングロサクソン魂?

2005-07-15 09:13:42 | 金融全般
Anglo-Saxon Spirit!!

と立て続けに4回くらい叫ばれた電話を朝の5時にニューヨークとする羽目になりました。
多分アングロサクソン魂・・・って事だろーなー、と勝手に想像した訳です。実はちょっと考えてしまったのですが、その後に just like Samurai!! と叫んでいたので多分アングロサクソン魂で正解だと思います。

何の話かというと、彼はアメリカでは有名な社債の運用をするファンドマネージャーで、最近の株価動向、GMが何でこんなに値を上げてきたの? などと聞いた所このせりふが4回飛び出してきた訳です。
つまり、今回のロンドンテロで、彼等のスピリットに火がついて負けるもんか!!
ということでアングロサクソン銘柄を買い上げるのだと。その代表がGMでありフォードである、とおっしゃる訳です。そんなもんかいのー、と言うしかないのですが、前にGMについて随分アメリカは絶対にこの会社だけは(自動車会社)潰せない!! と再々申し上げたもので、要はそういうスピリチュアルな部分(と言っていいと思う)が投資の世界にもあるんですよ、といういい参考例になったのではないでしょうか。こちらを読んでおられる方で結構GMを買いました!! というメールやコメントを頂いていてちょっとひやひや(汗)しておりましたが、最安値から所謂半値戻し、を達成。恐るべしアングロサクソン魂でしたね。

さて、原油。
ハリケーンの影響がない事がわかって2ドル安・・・・・だそうです。
もともとハリケーンが原因で上がってた訳じゃないんだからさ、そりゃーねーだろ、と突っ込みたくなる所ですが、いずれにせよいつまでこのバブルが続くのか見ものです。
これも繰り返しになりますが、石油の埋蔵量ほどいい加減なものは無く、古くはローマクラブの1990年には地球上の石油が枯渇する!! という訳のわからんレポートから始まって、原油が上がると公表埋蔵量が増えていくと言うなんともイージーな世界です。
まじめな話では業界としては一つ大誤算があったのだそうで、前に登場して頂いたテキサス工科大学の大先生も伺いましたが、どうも中国が原油の埋蔵量を「ふかして」いたらしい、というのです。つまり実際は無いのに、かなりの埋蔵量がある、としていて、これが国際的に不確定要因になったことも今回の原油高の背景だそうです。そうか、だから尖閣ごときに血眼になっているのか・・・
でもそれってたいへんなんじゃないのか、と私のようなシロートは考えてしまうのですが、その5倍位シベリアにあるからへーきだよ、ということでした。物事、おもて・うら 両方見ないとわからんものであります。

原油に関してはぐっちーは皆さんが驚くようなことが近々起きる、と考えています。ブッシュさんは京都議定書にサインしないといっていますが、アメリカの環境問題に取り組む連中のパワーをみているとガソリン車を走らせなくするなんてことが、ここ数年のうちにほんとにおきるんじゃないか、と考えてます。多分カリフォルニアが先頭でしょうけど、そうなったら原油なんてそうそう必要なものでは無くなりますよね。その前に高値で売り逃げてやる・・・・・と考えても不思議ではない。

作られた原油高・・・もちろん主犯はプレジデントブッシュ!

というのが私の見立てなのですがどうでしょう!?
コメント (6)

NIKITA・・・艶女・艶男

2005-07-14 14:35:07 | 社会
会社で読むと危ないブログになってしまうかもしれませんが(笑)

艶女
地味女
眼鏡女
艶尻

これが読めた人はすごい。あたしゃーおどろいたっす。今日発売の週刊文春において、尊敬する豊崎由美先生(彼女はほんとにすごいよ、天才)の記事を見て倒れこみました。ぜひご一読をお勧めします(43ページからです)

これは上から、アデージョ、ジミータ、メガネータ、アデジリと読み、意味はその字の通りです。乳間(ニュウカン)なども含めてすべてこの「NIKITA」なる雑誌から来ているそうでその内容もまた凄い。豊崎先生の抜粋によれば

「コムスメの尻見せに艶男もウンザリ 股浅でも後ろ淑女な艶尻デニム」

ぐっちーの訳
今流行の股上の浅いデニム(ジーンズ)をはいて後ろからおしりの上部、下手をすると割れ目部分まで見せるようなコムスメどもにモテるおじさん(あなた達がエスコートして欲しいような)達はもううんざりしており、もっと同じ股上の浅さでもおしりがモロに見えないけれど、とっても艶やかな形に御尻が見えるすばらしいデニムパンツがありますよ!!

「揺れるジュエリーは艶男ジャラシ」

ぐっちーの訳
ピアスやネックレスなどのうち、密着しておらずゆらゆらと揺れるシルエットのジュエリーをじゃらじゃらとしているとモテルおじさん達がじらされてあせってすぐ寄ってくる効果がありますよ!
あとそのじゃらじゃらでそのおじさん達を撫でてあげると猫のように喜びます。

「4つのキメ技「チラ腹ジュエリー」「乳間見せ水着」「チラ肌コスメ」「天女がけストール」」

ぐっちーの訳
ぐおー、気が狂いそうぢゃ~

となり、これらのあとに当然タイアップのスポンサーが自社製品を並べ買わなきゃまずい雰囲気にさせられて、消費をすることになります。

この雑誌、主婦と生活社という出版社が出しておりターゲットは年収800万以上の30-35歳キャリア女性、もしくは月30万円以上自由に使えるエグゼクティブな奥様、となっておりまして、なるほどね、と思い当たりますが、しっかしこれにのって買い物に走っている35歳の女性にはぐっちーはちょっと会いたくない気がします。

しかし!! もっと驚くべきことはこの雑誌の岸田一郎編集長は同時に「LEON」の編集長でもあるということ。そう、あの我々中年男性に向かって「かっこいいオヤジになろう」「ちょっと不良(ワル)オヤジの作り方」などのキャッチフレーズで一号当たり3億円の広告収入を稼ぐと言われるあの人・・・・

そう、気がつきました? これセットなんですよ。マッチポンプ!
おばさん(失礼!)、おじさんに向かって、

「どーだ、君達もてたいんだろ!? あつーい視線で見られたいだろ!? だったらさ、今はこういうの着て、履いて、こういう車にのらなきゃさー、だめなのよ。いいかい、君、かわいいNIKITAちゃんにモテるにはこれを着てさ、ほら、彼女、かっこいい艶男にベンツでエスコートしてもらいたかったらこのネックレスつけてなきゃだめだよ!!」

ということで双方とも「なるほど、今はこうしなきゃもてないんだ!!」と必死になって消費に走ると言う完全なるマッチポンプであります!これじゃー「やらせのお見合い」ですが(笑)ビジネスモデルとしては非常に良く出来ています。もともとタイアップ記事はいつもぐっちーが叩いている日経さんが始めにやったんです。そう、あの日経トレンディー初代編集長浅川さん。ぐっちーのゼミの先輩だったりするんですが、彼の手法がいまやこの「マッチポンプ」型まで成長を遂げている訳です。恐るべし、であります。

悲しいかな、彼等によると雑誌の採算上一番有効なタイトルは「モテるオヤジのテクニック」だそうです。モテるために内面を鍛えるとかいう視点にはならんのかしら?

ならないそうです。なぜならそこには「クライアントがいないから」・・・・

全国の中年男性女性諸君、主婦と生活社の罠にかかってはいけませんぞ!!
内面を磨きましょう・・・まあ、ここの読者の皆様は心配ないって。
ぐっちーが一番危なかったりする・・・・
失礼しました。



コメント (4)

無駄な元気

2005-07-14 09:05:23 | マーケット
昨日の市場を見るとマッタク無駄に元気をつけてしまったような気がします。北沢店長にも松橋さんにもばれてしまったしな~、まあ、書き込んでるんだからしょうがないけど、ほんと無駄に元気であります!!

さて、貿易収支、財政収支などアメリカは盛りだくさんの数字が発表されましたが何ともだるい反応。為替は何となくドルのショートカバー、あとは、おい、なにやってんだ!!という程度の反応です。実は6月の財政収支も黒字でありまして、アメリカの双子の赤字はひょっとするとひょっとしますね。貿易のほうはナイキがアメリカ国内で生産するなんて絶対に有り得ないので半永久的に赤字です。ただ、財政はわからない。ジャパンファイナンスでカンフル剤を打っているうちに(まさににんにく注射だね)本当に税収で賄ってしまう可能性も無きにしもあらず。これ、基軸通貨の強みです。恐らく日本ならこの過程で円が大暴落して何も輸入できなくなって万事休す。私の生きているうちには起きて欲しくないと願っておりますが・・・

さて、複数の報道で今回のロンドンテロが英国人によるもの、しかも相当に若い奴で一人は確実に自爆した、とされています。これは・・・・
そう、オウムのパターンなんですよ。若い者がこれまで目に触れたことの無いような宗教に出会う。そしてその純粋性に心を打たれて傾倒してしまう・・・
オウムとイスラム教を一緒にするなんて、といわれるかもしれませんが要するに現代はそういう悩める世界であって、ともすると優秀な東大とか出ている若者も惑わされてしまう、という教訓だと思います。実際、時々大学に講師に呼ばれて接すると現代の若者、特に男の子は本当に繊細。精神的に折れてしまいそうな感じがします。まさに純粋培養ですか。
私の見るところ母親が悪い。
世の中の母親よ、男の子を甘やかすな! と言いたいところです。
(大体入社式、入学式ではないよ、入社式に母親がついてくるというのはなんなんだ!!と思いません?)

それともう一つ。イランにいるようなイスラム原理主義ののえらい人がそろそろ「非暴力」のメッセージを出すべきだと思う。ここまで来たらもうそれしかない。イスラムの教義自体良く知らないので何とも言えないけど、少なくとも暴力を推奨しなければ宗教が成り立たん、ということは無いはずです。イスラム原理主義=暴力、自爆のイメージは彼等にとってもマイナス要素しかない、と私は思いますが、どうでしょう?

では、今日も無駄に元気で頑張ります!
コメント (2)

にんにく注射

2005-07-13 17:06:46 | 健康
大分疲れが溜まってきまして、腰痛もひどく、うなぎでもちょっと回復が・・・・

そうです。こういう時は例の一発です!

あの清原選手、浜崎あゆみ御愛用の例の奴・・・・平石クリニック特製にんにく注射です。

にんにく注射といっても中ににんにくの液体が入っているわけではなく、限りなくにんにくに近いビタミン、ミネラルなどの栄養素が入っており、その総量をにんにくに置き換えると標準の50CCで50個分が含まれ、それにコラーゲン、ビタミンCなどを追加した、まあ、「ビタミン注射の化けモン」みたいなものだと思って頂けるとOKです。

清原選手はドームの試合のあるときにはどうも一日2回打っているらしく、しかも一回分は150個相当分の150CCを打ち込んでいるとの事。そりゃー、あのパワーもわかりますわね。因みにこちらの150個バージョンは「清原スペシャル」と呼ばれ、一応医師の診察を受けてからでないと打ってもらえないと言う危険な代物であります。(朝青龍スペシャルもあるのですが、さすがに怖くて試してません)

で、打つとどうなるか?
注射して3秒くらいすると鼻、口、肺と全体ににんにくの臭いを感じます。アリシンが臭いを感じさせるそうですが、にんにくを食べているのと同じような感覚で不思議です。
150CCも打つので結構時間が掛かるのですが、およそ5分くらいで終わります。
効果が出るのは個人差がありますが、だいだい30分もすると、かな~り怪しく元気になってきます。カフェインは一切入っていないので驚くべき効果で鼻血を出す人もいるのですがここは病院なので安心です。

主な効果
まず、目が良く見える。これは90%くらいの人が感じる。
酒を飲んでも酔わない。これも90%くらい。
眠くならない。走り出す。訳のわからないくらい声が大きくなる、などなど、まあ、元気の要素が一杯に広がるわけです。あれだけの試合をして、夜の六本木で大酒を飲で走り回っている清原選手の元気の元が実感できる訳です。まさに、きょーれつ、な効果であります。
因みに周りの人には殆ど臭いを感じさせません。汗はにんにくくさいけどね。

冗談はさておき、かぜなどで熱をだしてへろへろなのに会社が休めない、とか徹夜してしまったのにこれからデートだ!とか、そういうときには是非お試しください。きっと満足されることでしょう。
ぐっちーは無駄に元気になってしまったので今日は変な所にいかないように注意しなければなりません、いや、まじです。まっすぐ帰ります・・・・

因みに料金は清原スペシャルと初診料込みで4200円。
次回からは2200円です。変なドリンク剤飲むならこっちだよ。

平石クリニック
港区六本木7-15-7 新六本木ビル4階
03-3401-7711

コメント (2)