債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本は中国にとっくに抜かれています

2007-09-25 14:50:54 | 金融全般

お昼に旧知の中小、といっても年商30億ほどもある企業のオーナー社長と面談いたしました。「これから中国にいよいよ工場でもだそうか」とおっしゃるので「ご冗談でしょ?」 と思わず聞き返してしまいました。で、表題の発言になった訳です。

その社長の反応はそれこそはとに豆鉄砲でしたし、皆様の中にも冗談でしょ? と思われる方が多数おられると思いますが冗談ではありません。 

ちょっとしたトリックがあるのも確かですし、何を見るか、にもよるといえばよりますが、GDPを見てもらうとアメリカがダントツの12兆ドルです。日本が4兆で何とか2位、中国は2.6兆くらいですが、これに台湾、香港をあわせるとかるく3兆を突破します。かろうじて・・・首の皮一枚ですが、アメリカのGDPが日本の3倍強あることに比べれば最早めくそはなくそでしょう。

それにこれは2006年の数字ですので、2007年は完全に逆転した可能性すらあります。

一方購買力平価でならすと、中国は8兆ドルほどあり、日本は購買力平価でも4兆程度なのですでに軽~く抜かれている訳ですね。実際、携帯電話の販売台数はおろか、自動車販売台数でも抜かれている訳です。単純に考えて、自動車を日本よりたくさん買う人々がいるわけですからフローでみれば完全に抜かれていると考えていい訳です。

11億人が飢え死にしそうでもなんだろうと、残り1億人で日本を抜いているのですから文句はありませんね。この社長のように、日本の方とお話をしていると未だに中国を「世界の工場」だと思っている方が多くて閉口します。これだけ物が売れているのですから、世界の工場ではなく世界の消費地でしょう。賃金もものすごい勢いで上昇しています。こういう国に対して「中国はまだ遅れている。。。」などというのは不見識を超えて非常識でしょうね。

ただし、人口のピークは比較的早く、2030年なので、「中国帝国」もそうそう長くは続きません。しかし、物、フローという面では間違いなく中国が日本を抜き去りました。

 ただ、国としてはなんとなく日本の方が豊かなんじゃないか、と漠然とおっしゃる気持ちも分かりますし、実際中国がまだまだ日本の足元にも及ばない部分があるのです。それが貯蓄、特に個人資産と呼ばれる例の1600兆円の資産です。これをフルに活用すれば中国なんか軽く吹っ飛ばせるだけのパワーがあるのですが、いかんせん日本はこれが金融機関(銀行と生保)に死蔵している・・・という問題があるのです。(しかもここから生まれる配当・・・利息は年に!%も無いのですから、本当に人のいい貸主ですね)

このお金を利用して・・・・具体的には株式市場を通じて世界の資本市場に打って出れば間違いなく日本が世界を圧倒できます。1600兆円ですから。しかし何を間違ったか、わが日本政府は株式投資に税金をかけたり、投資家保護とかいって新しい金取法では70歳以上の人は許可が無くては株式が変えないとか、妙なルールを導入し始めようとして、ますます直接金融の利便性を失わせようとしている訳です。

中国あたりはしてやったり、とほくそえんでいることでしょう。こうやって日本の個人資産が市場に入ってこなければ企業の株価は割安に放置され、買収しようという外国の企業にとってこれほど有難いことはありませんからね。

 日本はどんどん人口が減っていくので生産、消費の世界で中国を上回ることは金輪際ありません。つまり猫の手をいくら借りても日本はこれ以上にはならない。誰が働くのか・・・あるいは猫ならぬ虎の手は何かというと・・・お金そのものしかないのです。

この1600兆円にしっかり働いてもらわねば国が持たない訳でありまして、この1600兆円が株式市場を通じてしっかり国の企業の資本を形成し、企業は企業で外へ出てしっかり稼いで帰ってきてもらう事以外に日本の未来はないのです。

最近私が大変です、と騒ぐ度に、そんなに大変なら政府はなぜ何もしないのですか、というコメントをたくさん頂くのですが、ことほどさように政府はあてになりません。それどころか足を引っ張っているのが現実です。

こと、個人のお金に関しては国を信じないことですね。だんだん邱永漢さんみたいになってきてしまいました(笑)


コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 等価交換 | トップ | この女は・・・・ »
最新の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わはは (tom-kuri)
2007-09-25 16:30:47
ぐっちーさん、はじめまして。
たしか、かんべえさんから頁のリンクで辿りついて以来いつも拝読しております。
> だんだん邱永漢さんみたいになってきてしまいました
に受けました。たまたま誕生日(だけ)が同じなんですよ。そんだけ。
メールモードにて失礼いたしました~
金輪際ない? (K)
2007-09-25 17:47:58
日本の人口は短期間に、江戸時代に3千万人程度であったのが、2006年には1億2千万人に増加しています。
また、平和な江戸時代には、人口が減少している。

それこそ、30年後には再び人口爆発が始まるかもしれない。
1600兆円? (ぉみじょ)
2007-09-25 18:04:48
今の日本に本当に1600兆円もの資産があるのでしょうか?おおかたユダヤ外資に持っていかれて、残ってるのは、ゆうちょ・かんぽの350兆円しかないとよく聞きますが、これも民営化で日本から出て行くのは確実で、国債の発行高が1000兆円を越してますし、
いつ経済破綻してもおかしくない状態だと思うのですが・・・・あなたは妄想でそんなことを書いているのではないでしょうか?
中国 (アラン)
2007-09-25 21:31:09
ぐっちーさんいつも楽しんで読ませてもらってます。

中国は今のところローテク中心の成長で、云わば人海戦術でやってきましたが、労働コストの上昇で国際的な競争力を失っていく中で成長を牽引する原動力が無いように思うのですが、その点グッチーさんはどう思われますか?

結局のところ日本の成功は例外中の例外で、その他の新興国はみんな壁にぶつかり、しかもその壁を越えられなかったように思いますがどうでしょうか?
求む! 実例 (子貢)
2007-09-25 23:25:44
「そもそも株式の価格の見通しは短期売買には不向きで、10年20年といった長期にわたって初めて整合性があるものです。」

9月19日付本ブログで、管理人殿が上記の通り仰っており、同様の主旨の発言をされる御仁が多々いらっしゃいますが、それでは読者を含めてお伺いします。

10年、20年を経て、「持ってて良かった」という実例を、差し障りの無い程度で結構ですから、どなたかご教示願えますでしょうか。

日本株に限ります。そして、できれば「失われた10年」を含め、上記に該当する銘柄をご指摘頂ければ幸いです(でないと内容との整合性が取れないでしょう)。

なお、任天堂は除外します。小生でも昨年から今年にかけて儲けられた銘柄ですから(それに、この銘柄、アップダウンが多いし)。

小生は以前、日本金銭機械がこれに該当するのではないかと思料しておりましたが、1対2の分割の頃から、胡散臭く感じたので、降りました。ご参考までに。
Unknown (Unknown)
2007-09-26 00:04:14
中国は張りぼて国家です。実需はそんなに高くありません。外資+一部富裕層+共産党が消費のほとんどを占めています。
図体がでかいので凄そうに見えますが、実態は張りぼてです。残念ながら中身がありません。
Unknown (st)
2007-09-26 02:48:06
ロシアも中国も絶対人治国家だもんな。近代国家になるには市民革命か大きな犠牲が伴うと思いますね。日本なんか原爆は落とされ、350万人の犠牲者を出してやっと近代国家になれたんだから。ミャンマーも近代国家の産みの苦しみを味わっていますね。
競う必要はない (おじさん)
2007-09-26 09:12:10
>日本は中国にとっくに抜かれています
めでたいことだ。周りが豊かになると、白人どもの嫉妬は避けられるし、きちがいじみた消費をしなくとも良い。
常識的人生をせっせと自分のしたいことを誠意をもって人生を終わるという、日本の国是が実行可能になるのである。
中国の人たちは気の毒にも、満州人に吸血され、白人にあおられた蛮族(日本のこと)に侵犯され、出来損ないの指導者(毛のこと)に大虐殺され、挙句の果てにバブルで世界のあまり資源を口の中にねじ込まれて、地球の滅亡犯人にされかかっている。次はロックの悪党に次は中国の時代だとおだてられている。イギリスにロシアをたたく道具にされた明治維新と同じじゃないか。
これにいつ気がつくか。ね、コキントウクン
日本の国是 (おじさん)
2007-09-26 09:14:39
>日本は中国にとっくに抜かれています
めでたいことだ。周りが豊かになると、白人どもの嫉妬は避けられるし、きちがいじみた消費をしなくとも良い。
常識的人生をせっせと自分のしたいことを誠意をもって人生を終わるという、日本の国是が実行可能になるのである。
中国の人たちは気の毒にも、満州人(清)に吸血され、白人にあおられた蛮族(日本のこと)に侵犯され、出来損ないの指導者(毛のこと)に大虐殺され、挙句の果てにバブルで世界のあまり資源を口の中にねじ込まれて、地球の滅亡犯人にされかかっている。次はロックの悪党に次は中国の時代だとおだてられている。イギリスにロシアをたたく道具にされた明治維新と同じじゃないか。
これにいつ気がつくか。ね、コキントウくん
Unknown (Unknown)
2007-09-26 09:15:03
1600兆は怪しい数字では?
個人の借金が入ってない。かつ1600兆には個人事業主の運転資金が入ってる。もちろん株などには使えない
預貯金。
割り引いて考えたほうがいいと思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融全般」カテゴリの最新記事