債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘリコプター野郎

2008-01-23 10:09:25 | サブプライム

何の根回しもせずに0.75の利下げ。まあ、仕方ありませんね。しかし皮肉なモンで、バブル崩壊以降苦しむ日本に対し、

「ヘリコプターで金をまけばよいのだ」、

とえらそーにノタワマッテいたのがなにを隠そうこのバーナンキ。「ヘリコプター・ベン」というあだ名まであります。まさか自分がヘリコプターで金をまく側に回るとは思ってなかったでしょうね。最初に言い出したのは多分ミルトン・フリードマンですが、このヘリコプターマネー、マジに有効だと思いますか? 

金融緩和に次ぐ緩和、遂にアメリカの短期金利は3.5%です。更に1600ドルもクーポンを配ると言う。ルイ・ビトンのバック買っちゃったらアメリカ経済の役にはたたないような気がしますが、一方でインフレ制御とか言いながら、こうやって金融緩和とばらまきをやる訳ですから元来矛盾する政策を同時にやる訳です。アクセルとブレーキを同時に踏むんです。

で、実は日本はこれをやった。ゼロ金利政策。更に国民にクーポンを配るとどうせろくな使い方をしないだろう、といういつもの国民はばかだ、と思っている政府の方針によって(比喩ですからね)、このヘリコプターマネーを広義に解釈をして、減税をして、その分国債を発行し、更にそれを日銀が買い支えれば同じことだろう、と考えた。そしてある意味成功した訳ですね。

元来こういう政策をとれば将来のインフレリスクを恐れ、更にこれだけ財政赤字のある日本は長期金利が上昇する訳です。しかしいまだに1.2%に維持されている。同じような政策を発動したアルゼンチンやロシアが破綻したことを考えるとこれは奇跡に近い。

この理由は・・・・
国民の皆さんがなぜか律儀に郵便貯金や銀行預金にお金を貼り付けた為に、これが国債を買い支えることに結果的になった、と見ています。日本は90%以上の国債が日本人によって購入されている。だから、こういう「サイレント・マネー」がある限り破綻する懸念はない。しかし、アルゼンチンは国債の70%が外人による購入でした。その中で こういう政策をとれば債務をインフレで棒引きにかかるわけですから、期待インフレ率及びリスクプレミアムが国債の利回りに即効で反映され、長期金利が間違いなく上昇する。

従って今の国債水準が保たれている日本はある意味奇跡です。みんながリスクに鈍感だったってのがあるかもしれない。事実、アルゼンチンの特に富裕層はどんどんアメリカの銀行に資産を移していった。日本人は自分の預金がこんな赤字の日本国債に投資されているとは知ってか知らずか、ずーっと「ゆでがえるの」ように銀行にお金を貼り付けていた。この差は大きいですね。

アメリカも国債の約7割が外人によって支えられているいわばアルゼンチン型。しかも貯蓄率は低く、既にアメリカ国内で国債入札を支えられる状況にはなく、今回のバーナンキの政策で長期金利があがらん、という保証はマッタク無い。第2のアルゼンチンかもしれない訳です。

唯一の頼みは中国や日本が外貨準備の大半をドルでもっているので仕方なくアメリカ国債を買う、ということだけです。

日本の占領政策が大成功だったのでイラクも大丈夫だろう、とイラク侵攻を始めたという説が最近言われていますね。鬼畜米英とか言ってても日本は占領後テロなんか起きなかったでしょ。イラクも同じでいいんじゃねー・・・と思ったらテロだらけ。

日本でヘリコプターマネーが成功したから大丈夫、とまさか思ってないだろうね、と私は本気で心配している訳です。ヘリコプター・ベン、大丈夫か??

ジャンル:
経済
コメント (30)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トヨタ・・・・ | トップ | モノライン »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の場合… (Baatarism)
2008-01-23 12:48:08
日本の場合、減税で国民に対してヘリコプターマネーをしたのではなく、非不胎化の為替介入で円高を阻止することによって、輸出産業に対してヘリコプターマネーをしたのではないでしょうか?まあ、日本であの政策をしなければ、未だに日本は不況に沈んでいたでしょうから、必要な政策だったとは思います。

アメリカについては、クーポンを配る財源を国債で賄うとして、その国債を中央銀行が買い支えれなければ金利が上がる可能性があり、買い支えればインフレが進む可能性があると言うことになるのでしょうね。利下げをしているということは、注目すべきは高金利よりもインフレなのでしょう。
せせら笑った男 (F.Nakajima)
2008-01-23 13:11:29
>日本の占領政策が大成功だったのでイラクも大丈夫だろう、とイラク侵攻を始めたという説が最近言われていますね。鬼畜米英とか言ってても日本は占領後テロなんか起きなかったでしょ。イラクも同じでいいんじゃねー・・・と思ったらテロだらけ。

イラク解放戦争直前、サンデープロジェクトで特集をやったときにこの政策をせせら笑ったのが「あの」宮沢元首相でした。
宮沢氏曰く、「日本とドイツは少なくとも先進国だったんですよ。何を考えてるんですかね」
何やっても貧乏くじを引かされた人でしたが、流石に外交交渉だけは専門だけあって的確でしたね。

Unknown (13代目)
2008-01-23 13:15:25
日本のまねですかー

差し押さえた物件を管理しないから朽ち果てて行っているみたいだし
 家は、凄く管理が大変
其の点日本の差し押さえ物件は、税金は掛かるが
朽ち果ててなくなることは無い

もしかして日本のシステムて結構優れもの?
Jim Rogers氏も (dkc)
2008-01-23 13:19:32
有名なJim Rogers氏もバーナンキ氏のことを「(お金の)印刷機を回せば問題が解決するなんて言っているあいつはアホか?」と発言していましたね。ドルがどんどん弱くなると予想して昨年シンガポールに移ってしまったみたいですが、昨年末頃から彼がしきりに勧めていた農産物への投資は、ここに来てかなり値上がりしています。伝説的な投資家の先を読む強さに感心してます。
米国債等の利子収入 (kw)
2008-01-23 13:44:06
ヘリコプターマネーによる解説、とてもわかりやすく思いました。
ところで、米国債等の利子はどの程度まで、日本は受け取ることができているのでしょうか?
100兆円で足りるはずだが (宗教法人課税)
2008-01-23 14:50:25
郵貯が支えてた日本国債 ハハハ
国営化して、信用保証協会融資を独占すればと思っています。
何故、民間金融機関が、ノーリスク(今は、改正されたかも)融資ができるのか?

まぁ、せっかく空中散布してくれているので、日本にある米国債 全部売って、シティー・メリル・ノーザンロックを買収しては、100兆円あれば、足りそうに思いますが?
忘れてた、シティー エンロン事件の負債 まだ隠してるかも。
ヘリコプター野郎 (ぺルドン)
2008-01-23 15:21:44
今のアメリカではヘリじゃなく、ジャンボで札束をばら撒かねばならない、
知恵がないと、
誰もが酷評するが、グリーンスパンが選んだ男である。素晴らしい男に違いない。テンサイに違いない。
こんな場合、
古代ギリシャでも生贄は必要だった。チョッパー男が相応しいのでは?

グリーンスパンの「波乱の時代」では、希望は消えない・・が結論であります。パンドラの箱であります。
ですから
パンドラの箱を覗いて、まだそれ以外にめぼしいのが残っていないか、
ぐっちーさん確かめたら・・・
バーナンキ (Johann)
2008-01-23 15:42:46
おっしゃる通りインタゲ論者のバーナンキがインフレそっちのけで利下げに走るのは矛盾してるんですが、利下げしないと株式市場崩壊の危機に瀕していたのも事実。利下げで金融危機が収まるかどうかはともかく、株式市場の好感を呼んで急場を凌ぐ苦肉の策だと思いました。
Unknown (Unknown)
2008-01-23 16:09:31
流動性を供給するだけで果たして不況は立ち直るものなのか、サプライサイド経済学は本当に正しい方法論なのか真価が問われる時ですね
こういうときは (abc)
2008-01-23 17:14:33
台風が過ぎ去るのを待つ以外に何かできるという人を私は信じません。
私が権力か、軍事力か、一兆円持っていれば別でしょうがね。もちろん政権入れ替えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サブプライム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

一方、アメリカは底抜け (BUNTENのヘタレ日記)
※画像は直リンです。元画像がどーにかなった場合、こっちの画像表示も異常になります。2枚で200kB以上ありますので、ナローバンド注意…って手遅れですね。すみません。m(_@_;)m 韓リフ先生のブログから、マンキュー大先生のブログを検索して見つけた大画像の、そのまた...
日本が大成功だったのでイラクも大丈夫だろうと (旅行、美術館、書評)
昨日、アメリカはイギリスやソ連のアフガニスタンでの失敗から多くを学んで いないようだけれども、日本ではうまくやってきていたようだと、書きましたが 以下の「せせら笑った男」と題したコメントから   せせら笑った男 (F.Nakajima)   > 日本の占領政...
FRB緊急利下げ (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
米連邦準備理事会(FRB)は22日、フェデラルファンド金利の誘導目標を0.75%緊急に引き下げ、3.5%とすることを決めました。サブプライムローン問題を発端とする米景気の後退や世界同時株安に歯止めをかけるため、異例の大幅利下げに踏み切りました。 ***♪It's Too Late♪...