債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカと言う国

2007-06-28 09:49:35 | 国際問題

もはや触れるのはやめようと思ったのですがあまりにも誤解が多いのでアメリカと言う国について、再度申し上げておきます。

テキストはいつものようにかんべえ先生。

溜池通信

まず、この法案はこの先どうなるかわかりませんが、下院に提出される月何百の法案のひとつに過ぎないこと。過去の法案を見てください。毛皮の着用を慎むべしなんて法案も下院を通過してます。国会で扱うような問題ではない・・・・というようなものまで、およそ考えうるものはすべて法案として出されるといっても過言ではありません。

中には下院を日本の衆議院だと思っている人も多いということに驚かされました。アメリカの下院は、その意味のとおりです。上院はです。上院の方がずーっとえらいんです。これだけは誤解しないようにしてくださいね。 上院議員と下院議員ではフェアドマとデニーズくらい違います。(Mシェフ、最近ご無沙汰しててすみません!)

二番目。
それからアメリカがプロテスタントの国だ、ということを忘れてはなりません。キリスト教の国ではありません。プロテスタントですから。日本では神父と牧師の区別が付かない新聞記者がほとんどだからこういうことになります。

その、プロテスタントから見ると女を買う(しかも強制する)、なんてことはあってはならんのです。カトリックでは売春婦の存在そのものを認めています。だから聖書の中で救われるんだというのがカトリックの、少なくとも現在の理解。プロテスタントではマグダラのマリアは悪の象徴であって、それをキリストが救っていい人になりました、という解釈になります。

ですから、妙な話ですが殺人より買春の方が罪が重いとは言わないが、社会的非難は遙かに厳しいんですぞ。無差別殺人は論外ですが、例えばやむにやまれず親を殺した、なんてものに比べたら買春はよほど罪が重いということを日本人は意識しなさすぎます。

週間文春のような格調の高い雑誌におねーちゃんの水着姿が平気で出てくるような感覚でいらっしゃると(ほとんどの政治家はこのレベルだけでどね)アメリカではまずいです。何せカトリックの腐敗から立ち上がったのがプロテスタントですからね。大塚久雄先生の著作を今一度読みましょう。

そして三つ目。
かんべえ先生もおっしゃるとおり戦前の日本とドイツは今の日本とドイツとは切り離されて理解されているということ。少なくともアメリカではそうなのです。これは議論の余地がないのです。

戦前の日本とドイツは北朝鮮よりひどい悪の帝国。それがアメリカン・プロテスタンティズムのありがた~い救いによって立ち直った・・・すごいでしょ!! というのがアメリカなんですから。

スターウォーズをみてればわかりそうなことなんだけど。プロテスタンティズムってのはこの改心する、悪の存在に気が付いていい人になる、って宗教なんだから、これを地で行ってるのがアメリカ。だからそれをわかっていないとアメリカは理解できないということです。もちろんアメリカにもカトリックの人はたくさんいますよ。ただ、政治に携わっている人のマジョリティーがプロテスタントということ。因みに人権派といわれる人々の99%がプロテスタントです。マルティン・ルターの宗教改革は現代にまだまだ生きている訳です。

でも、なんみょうほうれんげいきょー(創価学会の話をしながら書いてたらつられてしまった・・・・なむあむだぶつ、と書きたかったんです、すみません!!)、っていうとすべてが許されるっていうのにそっくりでしょ?。プロテスタントが特別な訳じゃないんですよ。(親鸞とキリスト教の、特にプロテスタントの教えにはびっくりするくらい似ているものがあります、という事は世界の宗教界で認められています)。

だから今回の法案も良く見ると

Imperial Armed Force's

 となっていますね。いいですか、大文字で始まっている。学校で習いましたね。固有名詞なんです。だからそのもの、つまり戦前の日本軍という意味で現在は存在すらしない。しかもわざわざ帝国!!と断っている丁寧さ。今のJAPANと明確に分けているる所がさすがです。

中国ならCHINAで終わりです。例のPeople`s Republic といういんちき臭い(ってかほとんどいんちきだよね)断り書きはアメリカではまず出てこない。中国は2000年中国ですから、かえってきついかも(笑)。

 このあたりの配慮をせずに新聞広告なんかうってる場合じゃないよ、まったく・・・・ 戦前のことはごめんなさい。だって負けたんだからさ。

で、あの国はもうないの。あなたたちのおかげ。でですわ。で、今はあなたの親友だよ、って話にしないと友達を失います。こういう使い分けを外交と言うのではないでしょうかね。中国では全く通じない議論ですが、アメリカはそういってるわけですからいいじゃないですか。阿部さんが仮にアメリカの下院ですみませんでした、と土下座したところで多分全く傷がつかない問題です、これは。自信を持っていえますね。

更に言うとこのあたりの見方を強化することが対中国にもいいんじゃないですか。アメリカでは戦前と戦後の違いをこれだけ認めているのにあんたのとこはいつまでぶつぶつ言うのか。アイアムソーリーといってる相手に救いを認めないってのはプロテスタンティズムに反する(ひいては資本主義に反すると言うことをマックス・ウェーバーの著作を引用して言ってやる)といえばいいんじゃないのかしらね。

その意味で日本でもしっかり宗教と言う教育をするべきだと私は思いますよ。相手の価値観を認めてあげるってのが真の国際親善でしょ、ってな話でした!勝手に盛り上がって長くなっちゃった・・・・失礼しました。

ジャンル:
経済
コメント (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厚化粧の剥げる時 | トップ | マイクロフィルム »
最近の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大丈夫かい?)
2007-06-28 10:28:54
>でも、なんみょうほうれんげいきょー、っていうとすべてが許されるっていうのにそっくりでしょ?。
>(親鸞とキリスト教の、特にプロテスタントの教えにはびっくりするくらい似ているものがあります

南無阿弥陀仏じゃねえの?

>固有名詞なんです。だからそのもの、つまり戦前の日本軍という意味で現在は存在すらしない。しかもわざわざ帝国!!と断っている丁寧さ。

そういう問題じゃない。
≪嘘は嘘、間違いは間違い≫なの。
仮に、アメリカとは謝る事で決着がついても、「中国&南北朝鮮」は「謝った事自体」を根拠にして猛攻撃を掛けて来る事は経験済みだろう。

カンベンしておくんなまし・・・




 (名無し募集中。。。)
2007-06-28 10:34:17
誤:阿部さん
正:安部さん
Unknown (nanashi)
2007-06-28 11:20:47
強姦と売春では強姦の方が罪は軽いわけですね?
おっしゃる通り。 (かんべえ)
2007-06-28 11:26:27
見事に続きを書いていただき、ありがとうございます。
目からウロコ (MI-6)
2007-06-28 11:46:03
ぐっちーさん、こんにちは。

「慰安婦決議」二つの見方があって、私もどちらが正しいものかわかりませんでした。

①この決議案(ホンダ議員のこれまでの言説含む)そのものは、下院に沢山提出される議案のひとつで、無視していればよろし。

安倍総理が、狭義の強制・・・なんて深みにはまってぐだぐだ言うから、騒ぎが拡大された。ほっとけばいいものを。外交オンチの見本だ。

②日米は60年にわたる友好・同盟国だ。こんな小さな問題で日米機軸は微動だにしない。

親しい友人だからこそ、真実を言うべきである。堂々と、米国内で反論すべきである。でも、英語の達人と宣伝・広告の名人を雇うべき。

①②とも、もっともであり、どちらが正しいか分からなかったのです。
(朝日、毎日等のいつものマスコミの主張は、相変わらずなので検討に値せず)

民主主義国家日本と大日本帝国の使い分け、米国はプロテスタントのふたつは、目から鱗でした。

官邸は、ぐっちーさんとかんベい氏を内外難問解決特別補佐官に任命すべきですね。
(ちなみに、昔、柏市在住でしたので、かんべい氏にも親しみを感じています。
ただ、ブロブの内容とかんべい氏のご尊顔は、ちょっとミスマッチですね)
本文とあまり関係がありませんが (Matui)
2007-06-28 11:59:56
>んみょうほうれんげいきょー、っていうとすべてが許されるっていうのにそっくりでしょ?

文脈から浄土真宗と察しますが
この場合「南無阿弥陀仏」が適当だと思います。

神父と牧師の区別同様、題目と念仏の区別が付かないのはどうかと思いますが。

確かに日本でもしっかり宗教と言う教育をするべきですね
Unknown (K)
2007-06-28 12:08:06
つまり、宗教的原理主義者達で、まともな議論は通じない。
しかし、今の日本に配慮はしていると。

きちんと反論(議論)しないと国際的には通用しないと言われていたのに、反論しないという古い日本的な対応を行うべきだとは。
なんて皮肉。
ごめんじゃ・すまん (ずんだ餅)
2007-06-28 12:25:18
いつも鋭いご指摘に感服しておいます。
今般の米国下院での決議案に関しましては、ひどい事実誤認にもとずくものですよね。(国家権力が女性を性奴隷にした)
こんないい加減な決議案に対して、ごめんなさい、
すまん、は ないと思います。 
国家の名誉、先人の名誉をどうなるのでしょうか?

お節介な連中には、無視するのがよいのでは。
Unknown (Baatarism)
2007-06-28 12:32:02
慰安婦問題に関連して「慰安婦制度は強姦を防ぐために必要だった」という意見が日本ではありますが、プロテスタンティズムの考え方では、買春と強姦はどっちが罪が重いんでしょうか?
もし買春の方が罪が重いのであれば、「慰安婦制度は強姦を防ぐために必要だった」という意見もとんでもないということになりますね。

あと、戦国時代に日本にやってきたイエズス会の宣教師が、当時日本で勢力を持っていた一向宗(浄土真宗)の教義を聞いて、ルターの教義と同じだと言ったという話を聞いたことがあります。
Unknown (ぷか)
2007-06-28 12:43:58
ぐっちー様は少し勘違いしている感じがします。
ポイントは同盟国側の主張より仮想敵国側の政治団体の主張を採用し、
日本国側が何度も働きかけていたなど日本世論が注目していたという状況で、
しかも過去何度もスルーされたものが今回は通ったという展開そのものなのです。

あの状況でイラク攻撃を支持した数少ない同盟国へ対する仕打ちはこれなのか?

全てはこの一言に尽きると思いますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事