債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有料メルマガについての解説

2010-01-12 20:02:39 | 有料配信
26週以上失業者数




人口当たり雇用者数




雇用状況を様々なリセッション期と比較





いすれもCalculated Riskさんのブログ及びその他ファイナンシャルタイムズ、ニューヨークタイムズなどのグラフを転用または合成したものです。
コメント (1)

有料配信をサポートするグラフ(9月7日号)

2009-09-07 20:55:41 | 有料配信

有料配信で取り上げました、いくつかの点について下記グラフをご参照ください。

同じようなものはたくさんあるのですが今回はいずれも愛用のCalculated Risk さんから引用いたします。

 

これは結構すごいグラフです。1960年以降の景気後退局面で速度はともかくも、雇用喪失が最大になりつつあり、長期化しつつあることが特徴的です。

単なる景気循環では考えられない、と指摘しております大きな原因がここにあります

JOBLESS 戦後最大

更にこのグラフは雇用率そのものが人口に対して減っていること。
過去のいくつかのポイントはアメリカ版男女雇用法ができた直後など、特殊要因が説明できるのですが、今回のこの急落はそういう特殊要因では説明できません。
 

人口当たり雇用比率

 

最終的にどこまで下がるかということですが、こちらのグラフも通常の景気後退期であればとっくに反転しているはずです。

コメント (2)

有料配信の皆様へ  8月17日号

2009-08-16 23:53:09 | 有料配信

今週の有料配信用のグラフを添付いたします。最初のグラフ。

アメリカの債務残高 シーリングぎりぎり

デットシーリングを引き上げにかかるのは当然ですが、いくらなんでもすごいことになてます。

 こちらもすごいグラフです。
シーラ・ベアー総裁がどこまでガイトナーに切り込めるか、お手並み拝見、なんて悠長なことをいってていいのか、わかりませんが(笑)

FDIC 残高

 

有料配信の皆様には本文で詳しく説明しております。では!

コメント (3)

グラフ

2009-08-14 02:06:07 | 有料配信

有料配信のみなさまへ

今週配信のメルマガに掲載しておりました表をグラフにしてみました。

ご参考までにどうぞ。

 

クリックしてご覧ください。

コメント (2)

ご迷惑をおかけしております

2009-07-14 22:07:47 | 有料配信

麻生さんのように、俺は関係ない!、

といいたいところですが、気分的にそういうわけにもいかないですね(笑)。

 私の有料配信が、相変わらず未着というご連絡を多数頂いております。

まぐまぐにて原因を調べているようですが、引き続き混乱しております。

何せ連絡先というメアドに送るとデリバリーフェイルとかいって返ってきてしまうなどという事態になると、これはもう根本的に何か違うんではないか、と思わざるを得ない。

まぐまぐさんを選択したのは私ですので、全く責任がないとも言い切れませんね。来週もこんなことが続くようでしたら真剣に配信業者の変更を検討するつもりです。

当面まぐまぐさんから伝えて頂いている事項をお伝えします。

1.不具合の連絡から2時間以内で必ず送っている・・・・そうです。ですから二時間たっても何事もなければやはり何かがおかしい、ということになりますので、再度連絡してみてください。

2.しばしば連絡先から返ってきてしまう、というお話も頂きます。したがって下記二つの連絡先をもらいました。

両方併用してトライしてみて頂けませんでしょうか。

customer@magpre.com

reader_yuryo@mag2.com

3.以下のメッセージももらいました。トライしてみて頂けますか?

 http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html

ご報告を拝見しますと、スパムに入っていた、なぜかゴミ箱に直行していた、などさまざまなところに行ってしまっているようです。

未着の方はお手数ですが、今一度他のボックスを見ていただき、その上で上記まぐまぐ社窓口にその旨お伝え頂くと助かります。

こういうトラブルはぐっちーに言っても仕方ないですよ、とかばって下さる方もおられました。なんだかうれしくなってしまいまして、本当にありがとうございます。

今後とも引き続きよろしく御愛読のほどを御願い申し上げます。

 

コメント (16)

まぐまぐ メルマガ有料配信について

2009-07-06 20:15:01 | 有料配信

ついていないぞ!! 

 

というメールがいくつか届いております。

休刊ではなく、しっかり発行しておりますが、週末のまぐまぐのシステム変更の余波があるようで、到着していない方がおられる模様です。

お問い合わせ窓口はこちらです。

お問い合わせはこちらへ!!

customer@magpre.com

 

配送にかかわるトラブルはすべてこちらで対応させて頂くそうです。

また、私宛にメール頂きました方、できるだけ私の方から転送など致しますが

万が一もございますので、再度このアドレスに未着の旨、ご連絡頂けると

助かります。

 

せっかく申し込んで頂いたのにお届けできないとは本当に申し訳ございません。筆者からも心よりお詫び申し上げます。

私としても基本的に月曜日に読んで頂きたいと思っておりますので、大変残念な話でございます。 急ぎ対応させますので、これに懲りず今後ともごひいきによろしく御願い申し上げます。

 

まぐまぐさん、しっかり頼みますよ♪

コメント (18)

今週のグラフ

2009-07-06 13:19:06 | 有料配信

 

グラフ1:失業率シミュレーション

 

 

グラフ2:JOBLESS 戦後最大

 

 

グラフ3:ついにサブプライムを抜いた

 

 

 

 

コメント (14)

今週のグラフ

2009-06-29 10:00:11 | 有料配信

今週のグラフです。 

コメント (14)

今週のグラフ

2009-06-22 22:08:03 | 有料配信

有料配信の皆様へ

今週のグラフです。参照くださいませ。

はじめのグラフが10年国債と30年モーゲージ債券のスプレッドです。

スプレッドに注目する向きもありますが、このトレンドに注目です。
アメリカ国債とばらばらに動くことはまずありません。

今回の金利上昇局面でも必ず影響が出るのです。

 

 

 

次のグラフ。

住宅ローンの主役交代

 ※グラフをクリックして見てください。

サブプライム問題でおきたリセット問題がいよいよOLT-A、Prime,そしてARMというローンに発生、その規模はサブプライムよりはるかに大きい、ということがわかっていただけると思います。

当然ですが、すべて証券化商品として、同じように世界中にばら撒かれ、ほぼ捕捉不可能です。

 

 

 

コメント (21)

グラフ

2009-06-15 03:41:01 | 有料配信

こちらのグラフご覧ください。

有料配信の方へ・・・・中で引用したグラフはこれです。出所は最近愛用のShocked Investor

いろいろな見方をする必要がありあますが、30年債券の利回りの推移を簡単にまとめたもの。

チャートばかりではなくたまにはこういうのも見てみると何か気がつくかもしれません。

ご存知の通り、30年債はMBSと密接な関係があります。
ただの固定債券のアメリカ国債はともかく、償還期限や返済率が刻々と変わるMBSをコントロールするのは至難の業。

この3年間でMBSファンドが、保有している債券がクレジットリスクと無縁であったとしても次々と破綻していった事実を忘れてはいけません。

ベアースターンズが倒産したのもこれが原因です。
予測できているはずのものがまったく違う結果をもたらす悲劇。ハイテクデジタル型金融商品の末路でありますが、この件についてはまた♪

コメント (2)