北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

平成25年を振り返って

2013年12月31日 | 大村市議会議員の日々


今年もあと数時間。恒例の一年の総括を足早に。

・議会関係

なんといっても中小企業振興基本条例の成立。
3年越しのテーマだったのでともかく嬉しい。



そしてこれからが勝負とも言える
「起業するなら大村で!」というまちづくりの為に頑張ります。

常任委員会構成が変更になり経済厚生に配属される。
医療・福祉関係は関係事業をやっていることもあって身近なテーマが多く、勉強になりました。

反省点は活動報告書第2号を出すことができなかったこと。
原稿はほぼ仕上がっているんですが、JCやら事業展開やらで時間が取れず仕上げることができませんでした。
年明け早々に取り組まねば。

・弊社事業

クリニックの二階を「メディカルエステRana」としてオープン。
オープンまではかなりドタバタがありましたが何とかスタート。

スタッフも増えて介護部門にもいい影響がありそうです。
この会社に来てよかった、と思われる会社づくりの為に頑張ります。


・JC

感無量、胸がいっぱいです。
17年間の集大成とも言える年でした。

グローバルリーダー育成塾では国立大ホールに立たせて頂く。そして最優秀塾生の栄誉を賜った。
この栄に恥じない塾生として今後も学びを重ねなければ。
先ずは国家基本問題研究所に入会します。


JCは私をつくってくれた。

そこでご縁を頂いた仲間は私の生涯の財産。

大村青年会議所に入会して本当に良かった。
そしてこれからが本当の勝負。

ありがとうJC。


昨年の今日の記事を見返す。

何事も全力で、とあった。

私は全力疾走していただろうか。
それは周りの評価に委ねよう。

JCを卒業した、というのは大きい、本当に大きい。
そして彼の死も。

これまで学んだことをどう活かすか。
そして更なる学びを積まなければならない。
一つ一つの言動を丁寧にしたい。


明日、目が覚めるなんて誰も約束してくれないのだから。


我、今成すべきことは何なのか。


真摯に人生に向き合って生きたいと思います。



良いお年をお迎えください!

12月の本ネタ

2013年12月30日 | 本や音楽、講演などなど


非常識マラソンメソッド
ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分!
岩本 能史

かなり前にお勧めされた本
この通りにやれば3か月でフルマラソン完走できるとのふれこみ。
分かりやすくて面白かったです。

私もフルに出てみたいのですが、なかなかしっかりしたトレーニングができません。
来年ハーフに挑戦・・・してみたい・・・みようかな・・・どうしよう・・・

ちなみに今年のロサモタ10㎞レースに参加しましたが、タイムは昨年より1分短縮できました(^^)v




地方自治のヒミツ
小西砂千夫

題名のキャッチーさに騙される(笑)
しかし「全部法律にかかれていること。あえて学ぼうとする人が少なかったことでヒミツにみえてしまう」という著者には頷けます。

地方財政制度について専門用語連発・データも豊富な専門書
これがしっかり理解できる政治家は極めて少数だろうと思われます。私も全く頭に入ってきませんでした。
一般の方には全くおすすめできません。
小西教授の講義は関西学院と大村市で2回受けたことがあるのですが、1回目はチンプンカンプン。3%ぐらいしか理解できませんでした。二回目で5%ぐらい、本書で8%ぐらいでしょうか。

戦後のシャウプ勧告から積み上がってきた制度なのでその深淵たるや。
地方財政への批判はその殆どが誤解と理解不足によるものだと喝破されています。


最後のまとめには納得です。以下引用

構造改革から政権交代へと世論を突き動かしてきたのは、低迷する我が国を浮上させるための一発逆転劇への期待ではなかったか。
だからこそ「抜本改革」という上滑りした言葉が踊る。

~中略~

期待があっというまにしぼんだ今こそ、一発逆転の抜本改革を夢見た私たち自身の愚かさに学ぶべきではないか。
影響の大きな社会制度は、漸進的にしか動かせない。それまで機能してきた制度を捨てるよりも、そこに隠された知恵を学び、どこを微調整するかを考えるほうがはるかに建設的である。
日本人の勤勉さや真面目さは、その中でこそ生きるはずである。
何を変えるかではなく、何を変えてはならないのかを知ろうとする方が大切な議論である。


公開討論会のコーディネーターを何度もやってきましたが、休憩がてらに財政について話すのが私のスタイル。
特に「自治体がデフォルトしない理由」では新しい観点を得ることができたような。

再度精読する時が来るかもしれません。
講義の際にめでたくサイン本となりました。

12月はJC卒業もあいまって殺人的スケジュール、体調も崩してしまい読書の時間がマトモに取れませんでした(涙)
来年は師の教えを守り、キッチリ学習するぞ!

第98号議案(中小企業振興基本条例)についての賛成討論

2013年12月19日 | 原稿等


私が中小企業振興基本条例に出会ったのは市議会に送っていただく1年前でした。
議員として初の一般質問からも継続的に取り組んでいるテーマでありますので、足かけ3年10か月、今議会で制定が実現することについては本当に嬉しく思いますし、大村市の中小企業振興において新たなスタートが切れると意を強くするところであります。

この条例との出会いは条例制定と地方自治をテーマにした京都大学教授の講義でした。
講義後に中小企業者の皆さんと条例や中小企業のあり方について、一経営者として議論したことを今でも覚えています。

それは「この条例は運動なのだ」という事です。

経済活動が活発に行われることにより、雇用が生まれ、様々な技術や製品・サービスにイノベーションが継続的に起こり、文化の醸成が伴った明るい豊かな社会。誰もが望むであろうまちの姿です。

そのまちづくりを実現するためにはこの条例が意味する「運動」すなわち大村市全体での「経済活性化運動」が必要なのです。

この条例は理念条例であり、行政が地域経済の活性化に、中小企業者と共に真剣に取り組んでいくという姿勢を表すもの。言い換えれば「地域の企業と共に歩む」という行政の覚悟を明文化した条例であります。

これまでの中小企業支援・経済活性化の為の施策といえば、補助金助成金公共事業が連想されます。それらの手法が果たしてきた役割を否定するものではありませんし、今後も一定の割合でその効果はもたらされるでしょう。

しかしこれまで通りの手法だけで、これからの社会に対応できる筈もありません。
ご承知の通り、インターネットの普及により地域や国家間の「経済の垣根」は限りなく低くなりました。ヒト・モノ・カネの流動性がますます高まったグローバル社会が既に到来しています。また我が国は超高齢化社会に突入しました。働き手が減る社会の中で、硬直化した財政構造の上にのしかかる社会保障費の増大は避けられない。その様な社会に対峙し、経済を活性化させ税収を確保するためには「経済活性化運動」が必要なのです。

その運動とは何か?

それは「危機感を共通し、共にどんな社会を目指すのか議論し、ビジョンを共有し、共に行動を起こす事」にほかなりません。

その運動を推進するエンジンとなるのが第11条に規定される「中小企業振興会議」です。

「人と人とは支えあうもの」というのが普遍の原理であるように経済活動も同様です。中小企業事業者は小規模な企業です。零細企業と言ってもよいでしょう。一企業だけ、一人だけでできることにはどうしても限界がある。流れの早い、厳しい時代です。いくら頑張っても結果が出ない。そんな時には心折れそうになる時もあるでしょう。
そんな時に、共に理解しあえる事業者がいる、議論しあえる市民がいる。行動を共にする行政がある。そんな交わりの場である「振興会議」が個々人の経済活動を大村市全体への経済活性化運動へと昇華させることができる。新しいアイディアや新しい挑戦が生じ、明るい豊かな社会づくりが具現化する。これこそが、この条例制定が意味するところだと考えております。

担当部局の皆さんには幾度となく勉強会に参加をされました。それが職責とはいえ、この条例への理解をじっくり深めてこられたところに敬意を表する次第であります。また、制定協議会を立ち上げ、熱心に議論をし、条例案を作成された市民の皆さんには心より感謝を申し上げる。政治や行政のお仕着せではない、中小企業者の皆さんが興した制定運動が実った本当に理想的な形の条例制定でありますし、県内で初制定となったことも花をそえる事になるのではないでしょうか。

言及の多い産業支援センターの設置やその形態については、会議の課題の一つとして議論を深めていただき、市民や中小企業者の皆さんと共にする運動の拠点として設置を進めていただきたいと強く要望し、賛成討論とします。

顧問報告

2013年12月09日 | 原稿等
顧問報告
平成八年、二十三歳の私が卒業の年に顧問報告をすることになろうとは夢にも思いませんでした。十七年間の在籍から得た経験やJC魂を後進に伝えきれたのかと問われれば、正直自信がありません。ブロック会長職を終えたあたりからでしょうか、生来の傍若無人さに磨きがかかり、上から目線な言動が数多くあったかと思います。「JCは縦社会」が私の持論でもあります。その理不尽さが修練よ、とどうかお許しを願いたい所です。昨年末、指方理事長より顧問職を頂いた時は「最後の年に理事会に出席できる」と正直嬉しく思いました。また議決権なし、担当なしと両肩に両翼。グローバルリーダー育成塾の塾生として学ぶことを最優先にしておりましたので、全国各地に羽ばたかせて頂きました。私事ですが議員という公職を頂いていることもあり、会議などを失礼する事も多かった。最後の年に例会欠席、ブロック大会欠席も痛恨事です。そんな中での理事会でしたが、理事の皆さんと議論をするのは本当に楽しかった「理事を鍛えるのが私の置き土産」と勝手に思い込み、難くせこじ付け無理難題を吹っかけることもあったかと思います。中には新人とは思えない程の答弁を返してくる委員長もあり、怯む場面もありました。同時に将来が楽しみだなあ、なんて思ったりしたものです。大所高所から理事の姿勢や事業目的を論じ、細部は皆さんにお任せというスタイルで臨んだつもりですが、その評価は皆さんにお任せしたいと思います。全国大会卒業式では何故か京都からのスタート。鹿と戯れ寺巡り。東山魁夷に癒され、奈良の大仏様に引導を渡され、見事に成仏させていただきました。また、グローバルリーダー育成塾卒塾式では「九州です!」「ラストイヤーです!」とのアピールが功を奏したか?なんと最優秀塾生賞を賜りました。これも私を自由に羽ばたかせてくれた皆さんのお蔭です。高い志を抱いた塾生達とともに質の高い学びを得たこの経験を、世の為人の為に活かさなければならない。そんな不退転の決意をした奈良薬師寺でありました。私にとってのJCは学び舎であり、青春そのものでした。若い私は愚かでした。自分勝手な人間でした。人の気持ちを汲み取れるような人間ではありませんでした。ずいぶん衝突しましたし、喧嘩もしました。しかし様々な職責を頂き、担いを与えられ、事業を遂行し、皆と汗をかきながら展開した運動や活動、JCのご縁は私を大きく成長させてくれました。今の私があるのはJCのお蔭と臆面なく語ることができます。後輩の諸君、JCを人生に活かすも殺すもすべて自分次第です。JCを続けるには大変なことが多かろうと思います。加えて腹の立つこと悲しいこと、会社の理解が得ずらい事や、家族と自腹にはさびしい思いばかりさせるかもしれない。私も一度は退会届をしたためた事もありました。しかしそんな時にこそ、じっくり考えてほしい。易きことに何の価値があるだろうかと。人は鍛えられなければ強くなりません。困難に立ち向かわずして強靭な精神は培われないのです。そして共に汗をかき、共に笑い、時に涙した信じあえる仲間達こそ人生最高の財産となります。やせ我慢はJCの美学。ぐっと堪えて顔を上げよう。そうすれば暗いトンネルにも必ず出口が見えてきます。そして、どうかこれだけは忘れないでほしい。私の最後の願いは後輩諸君が全員卒業することです。JCよ本当に、本当にありがとう。生涯一Jaycee宣言!

出向者報告
本年(公社)日本JC長崎ブロック協議会に顧問として出向させていただきました。お声を掛けていただいた岩下会長に感謝申し上げますとともに、出向をお許しいただいた指方理事長に改めて御礼申し上げます。「今の貴様は何点だ?」という殺し文句とともに議長委員長予定者のプレゼンテーションをぶった切り、背中に汗をかかせたのも束の間。グローバルリーダー育成塾に入塾が決まったとたんに顧問職を島原JC林田君に丸投げ。私のブロック会長時代、ブロック大会実行委員長を務めてくれた彼に甘えっぱなしの一年でありました。歴代会長でありながら、ブロック大会を欠席することは本当に心苦しい思いでした。六月議会会期中でもあり、グローバルリーダー育成塾の講義も重なり、せめて数時間だけでも顔出しをと画策したのですが、やはり出席が叶いませんでした。福江JC土岐理事長をはじめとするブロック役員の皆様には本当に申し訳なく思っております。七年後の福江大会には必ず出席することをここにお誓い申し上げます。役員であるにもかかわらず、本会の事業ばかりに参加していたので顧問としての職責は果たせなかったように反省しております。ただ出席している時には厳しめのコメントばかり申し上げました。この理不尽もJCへの愛と思ってお許しいただきたく思います。後輩諸君、出向は良いものです。JAYCEE十訓に「生活圏に止まることなく広く雄飛しろ異文化が発想の転換を可能にする」との一文があります。日本全国津々浦々、所変われば品変わる。狭いようで広い世の中。考え方も風土も多様であり、様々な価値観があるものです。己の器を広げたいのであれば、迷わず出向をお勧めします。

最後になりますが、本年、島原JCの本多弘和君を失ったことは痛恨の極みでした。彼とは2004年、私がブロック委員長を拝命した頃からのご縁でした。お互い出向畑だったせいかよく顔を合わせましたし、私の卒業の年にお互いブロック役員として出向することになりJCのご縁を感じたものです。春に病魔に襲われ、秋に電話で話したのが最後でした。暖かで柔らかな性格がにじみ出る彼にもう会えることができないのは筆舌に尽くしがたい悲しみです。もう一度会いたかった。会いに行けばよかった。悔やんでも悔やみきれません。ヒーロー君、本当にお疲れ様でした。どうか安らかにお眠りください。合掌。


後進の諸君へ。

高い志を持ってほしい。
事業とは何か。地域とは何か。国家とは何か。JCとは何か。
私たちは何を成すべきか。
妥協を排した議論をしてほしい。行動してほしい。
高い志と大きな夢を語ってほしい。

失敗を恐れないでほしい。
逃げたらゼロ。失敗しても課題が生まれる。
命まで取られることはそうそう無い。
明るく笑顔で元気よく。
大胆な挑戦をしてほしい。

学ぶことを諦めないでほしい。
千里の道も一歩から。
それぞれの歩幅でいい。少しづつでもいい。
大きな夢に向かって学びを続けてほしい。

仲間を大切にしてほしい。
「人の人たるは人と人との繋がりにあり」
会社の仲間や趣味の仲間。
家族を大切にしてほしい。

最後に。

必ず卒業してほしい。
これだけは石にかじりついても成し遂げるべし。

ありがとう、JC。

平成25年12議会一般質問

2013年12月09日 | タカトシ動画


質問通告
・中小企業振興基本条例の制定について
・消費税増税における景気対策について
・高速道路ICのパーク&バスライドについて
・黒木住宅について
・フッ化洗口の推進について
・プロポーザル制度について
・おおむらロードレース大会について

12月議会一般質問のお知らせ

2013年12月05日 | 大村市議会議員の日々
今回は16名の議員が質問を通告しました。

私は9番手、12月9日(月)10時からの登壇となります。

ヒアリングを進めるうちに時間配分に不安が。
この勘どころは何回やっても難しいです。

通告した質問は以下の通り、

・中小企業振興基本条例の制定について
・消費税増税における景気対策について
・高速道路ICのパーク&バスライドについて
・黒木住宅について
・フッ化洗口の推進について
・プロポーザル制度について
・おおむらロードレース大会について

すこし詰め込みすぎたかも。
他の質問も用意していたのですが削ったんですが、ヒアリングを進めるうちに不安になります。
この勘どころは何回やっても難しいです。

他議員の質問内容はコチラをどうぞ。


先般提案しつづけてきた本会議のリアルタイムネット配信がスタートする、と聞いていたんですが12月は庁内でのデモンストレーションのみになるそうです。
OSの変更に伴った実験は来年3月議会、本格的なスタートはその後の6月議会からになるとか。

なんでそんなに時間が・・・とも思われるかもしれませんが、コスト削減の為に業者委託ではなく、自前で放映の準備をしているとのことです(素晴らしい)


さあ追込みです。