北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

GL育成塾・第二クール

2013年04月15日 | 本や音楽、講演などなど
第二クールは大阪でした。カリキュラムの覚書。


初日

・櫻井よしこ塾頭講義
「日本と日本人を考える・2」
塾頭の講義は本当に素晴らしいです。
国家情報戦略や中国のサイバーテロ等
今回は我が国の情報戦略について質疑をさせて頂きました。

・島田洋一
「日米印関係とリーダーシップ、中国とワシントンの間で」
地球儀でものを見ろ、って事ですね。


・グループワーク
前回のテーマでそれぞれ調査・研究した内容を共有しました。
次回までに憲法96条についての政策提言を各自作成&プレゼンすること。



二日目

・西岡力
「近隣諸国問題を考える」
主に慰安婦問題、西岡先生の講義は緊張感が途切れません。
韓国の韓国人による親日派の動向について質疑。民間外交大切です。

・加藤康男
「歴史を見る目、近現代史を読み直す」
南京事件と関東大震災、張作霖事件についての考察。


・田久保忠衛
「第二クール総括講義」
世界の軍事バランス等について。質疑で皇室についての解釈に異論を唱えたら言葉の定義違いでした。


今回の予習本は以下の3冊。
もっと読み込んで行きたかったのですが、議会やら公開討論会やら年度末やらで満足に時間がとれませんでした。




明治憲法の思想―日本の国柄とは何か
八木 秀次



聖徳太子『十七条憲法』を読む―日本の理想
岡野 守也



よくわかる慰安婦問題
西岡 力


「明治憲法の思想」はお勧め、明治人の気概が伝わる良書。
じっくり読み返したい一冊です。


今回は造幣局ランナーで桜の通り抜け。
葉桜でしたが知らない街を走るのは楽しいですね。


次回も頑張るぞ!

4月1日長崎新聞報道について

2013年04月01日 | 大村市議会議員の日々
私がフェイスブックに掲載した諫早市議選候補への応援メッセージが「公選法に抵触か」との見出しと共に長崎新聞に掲載されました。
(写真クリックで拡大)

全ては私の不明が原因。
皆様にご心配をお掛けし、お騒がせいたしました事に、心よりお詫び申し上げます。

また掲載した記事は既に削除しております。
コメントやイイね!を頂いた皆様、申し訳ありません。


当日は朝から会派長、議長へと釈明に追われました。

議会全体への説明については、当初何らかの形で釈明が必要かもしれないということでしたが、議論の結果「議長より厳重注意、釈明は必要なし」という形になりました。

今回の件を時系列でお知らせします。

3月31日

9時 同年の友人である諫早市議選挙立候補者(新人)の出陣式へ参加
13時頃 フェイスブックに応援メッセージとともにポスター写真を掲載
17時頃 大村市より「公選法抵触の恐れがある」と連絡、写真を削除
19時頃 長崎新聞社より記事掲載の連絡

4月1日 長崎新聞に記事掲載
早朝より会派長へ釈明、先輩議員のアドバイスにより記事自体を削除
午後より議長へ釈明、関係者と対応協議
「厳重注意、現時点で釈明の必要なし」と決定。

対応が確定するまで、沢山の皆さまからご心配とアドバイスを頂いたことに感謝いたします。

選挙管理委員会は指導はできても、違反かどうかを決定したり、立件する権限がありません。この件が抵触するか否かは今後警察の判断となります(未だ連絡はありません)。


ただフェイスブックに限らず、今回の市議選を含めインターネット上には私と同じような主旨の書き込み等が散見されます。これを全て処理していくとなること、かなりの作業量になりそうです。日本維新の会の橋下さんも確信犯ですね。

だからといって公職にある私の書き込み許されるものではありませんが。


フェイスブック掲載から大村市よりの連絡までは約4時間。
インターネットのスピードを改めて再認識。

中にはメディアの対応が早すぎる。選管への通報だけであればこんなに早く記事にはならない。諫早市議選について云々というよりも北村への個人攻撃ではないか。

というお話も頂きました。

私も政治家のはしくれ、味方もいれば敵もいる、という事なのかも。


本年7月にはネット選挙運動が解禁となるものの、勇み足であることは変わりありません。

今後このような事のないように注意いたしますとともに、改めてお詫びいたします。