北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

政治資金収支報告(平成24年分)

2013年03月30日 | 政治資金収支報告
政治資金収支報告(平成24年分)を県選管に提出しました。

収入総額 284,926
・内訳
繰越  234,926
借入金 50,000

支出総額 283,388
・内訳
組織活動費  9,000
宣伝事業費 274,388

借入金の総額 3,064,205
(と言っても借入先は私、なので利息催促なし。全て自己資金です)

今回は選挙も絡まない政治活動のみの収支報告となります。
ただ会社を事務所にしてますので事務所費は計上していません。

主な支出は政治活動報告書第1号の作成、発送料ですね。
読みたい方はメールにて住所お名前をお願いします。


詳細は県選挙管理委員会へ。
インターネットで閲覧できます。

GL育成塾・第一クール

2013年03月19日 | 本や音楽、講演などなど
櫻井よしこ塾頭のグローバルリーター育成塾
講義と課題の記録

第一クール・3月15~17日

15日、午前中に靖国神社正式参拝、入塾式

・櫻井よしこ「日本と日本人を考える」

素晴らしい講義だった。さすが塾頭です。
そして理知的なお話の中に時折覗かせるチャーミングな一面に撃墜されました。




・屋山太郎「政治家と官僚、官僚支配と行政改革」

自由な講義だったなー。




グループワークは憲法チーム、リーダーにご推挙いただく。

なんとメンバーに井川直前会頭、そしてサブリーダーです。
重い、重すぎるぜ・・・


16日

・松田 学「日本再生のための国家戦略」

現衆議院議員そして元財務官僚
めちゃくちゃ頭が良いのだろうなと思う。
スライド多し、詰め込み型か。
早いペースについて行くのがやっと。




・西岡 力「朝鮮半島情勢と近隣諸国問題」

スライド無しで90分、緊張感のある講義でした。




・西 修「憲法講座 この国の形を考える」

ユーモアのセンスも抜群?笑いの中にも学びが多かった。




グループワークではサブテーマを決定

「憲法96条について」

なんとか政策提言までもって行きたい。


17日

・田久保忠衛「第1クール総括講義」

80歳とは思えない。田久保4原則

・大局観を持つ
・事実に沿う
・個人と国家は別
・外交と防衛は一体

は塾生の命題である。




次回までのグループワークの宿題を決めた

・軟性憲法の制度論、それを取り巻く世論
・憲法審査会
・硬性憲法の制度論、それを取り巻く世論
・日本の憲法史・17条の憲法から大日本帝国憲法まで
・日本の憲法史・敗戦から現行憲法まで

それぞれを分担し資料収集と分析、報告まで。


頭がスパークしそうな3日間、そして素晴らしい向学の時間でした。

最終日はリフレッシュの為に皇居ランナー。
皇居ランはすごく楽しいですね。ハマる理由が分かるなあ。

次回も頑張るぞ!


全国中小企業問題研究会・参加報告

2013年03月09日 | 原稿等
「じい、一緒に逃げよう」

「じいも逃げたい。でも逃げられない。じいには守らなければいけないものがここにたくさんあるからね」

私はそう言って孫を抱き締めました。

私の守るべきもの、それは家族、社員、社員の家族、会社、そしてふるさとそのものです。

その言葉が報告者から発せられた時、会場にいた全員が胸を熱くしました。そんな報告がなされた、第三分科会「福島のその後、私たちは負けないⅡ」に参加してきました。

報告者は全員が被災者であり、彼の地に留まり会社と地域の再生に汗を流す会員達です。大震災発生から二年が経過し、一部では復興需要景気の様相も見せていますが、極端な雇用難、人口の減少、そして勤労意欲の低下など、新しい課題が次々と生まれています。
そして原発事故の恐ろしさをまざまざと感じる報告でした。

グループディスカッションでは様々な議論が報告されました。資源のない日本で電力をどう確保するか、といったエネルギー問題に対しての見解。大規模な非常事態が発生した際の会社や経営の危機管理。普段の小さなリスクに対しても心構えが十分できているだろうか・・・議論は尽きる事が無く、あっという間の五時間。新しい発見が多い深い学びの場となりました。

震災復興は未だ道半ばです。まだら模様にしか進まないのが復興の現状であり、現時点でも全国の避難者数31万人(内福島県民16万人)行方不明者2600名を超え、住み慣れた故郷に戻る事さえ許されません。私達も経済活動、同友会活動を通して復興に力を注がなければならないと認識を新たにした第三分科会でした。

文責 大村支部 北村貴寿