北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

維新を興そう

2010年09月25日 | 選挙戦記

このまちは素晴らしい可能性に満ちていると思う。
しかし変えなければならないものがある。
それは「政争のまち」とよばれてきた「これまでの政治」だ。

選挙は勝たなければ意味が無い。
負ければ何を言っても遠吠えでしかない。
しかしこのまちには勝つことが目的となった政治が根付いてしまった。

勝つことを目的とした政治は有権者におもねる。

活性化のためのハコモノ、
駅の新設、
儲かってるから立て替えるボート場、
海外移転も珍しくない時代に企業団地、
「あれもこれも」と大型商品が並び、このまちに政争をもたらす。

「次世代にツケを回すな」というスローガンは説得力を増しているはずだ。

国の財政はガタガタ、高齢化で増税・社会保障カットは避けられない。
失業率が高止まりして貯蓄率が下がり、生活保護世帯が過去最高という現実。
埋蔵金は幻想だし成長戦略も見定まらない。


頭では分かっているはずだ。

なのにどこか遠くで起こっている事のような気がしてしまうのだろうか?
自分達のまちの事になればビジョンだ、開発だ、と夢を見たがる。
政治がなにをしてくれるのか?を問うてしまう。

そして勝つ為の政治は理念を見失い、バラマキとシガラミに縛られる。


今必要なのは有権者におもねる政治ではない。
立ち止まろう、見直そう、我慢しよう、という耳の痛い政治だ。
だからこそ、政治家自ら身を切る姿勢を示さなければならない。
そして、次世代の為に何が出来るのかを考えなくてはならない。


明日から選挙戦。

徒手空拳の日々、心が折れそうになった事もあった。
しかしその度に皆さんに助けられ支えられながら立ち続ける事ができた。
明日を迎えられる事に感謝したい。
私は私のやり方で、信じていることを有権者に精一杯訴えていこう。

私には経験が無い。しかしシガラミもない。
地盤看板カバンは自前、自分の足と友情に支えられて立ち続けてきた。
だからこそ私にしか出来ない政治がある。

三つの選択がある。

これまでの大村。
それを支えてきた大村。
一から創り直す、新しい大村。

これまでの政治、理念無き政治から脱却し、大村を一から創り直そう。

効率的で無駄のない小さな行政。
バラマキ、シガラミを廃した、市民の声を活かす・民間の活力を伸ばす政治。
人が集まり続けるまち。

次世代に託せるまちづくりの為に、このまちに維新を。
維新の風をおこすのは私でもあり、貴方でもある。

この戦い、おおむら維新に貴方のご支援をお願いします。


やるぞ!

出陣式のご案内

2010年09月24日 | DAYS

地盤看板カバンは自前、シガラミ無しの戦いを続けて来ましたが、いよいよ最後の選挙戦となりました。

つきましては下記により出陣式を行いますので、ご出席を頂ければ幸いです。

・9月26日(日)
・午前9時~
・北村タカトシ事務所前

※当日は駐車場が徒歩4分(チサン・イン、ファミリーマート隣)と離れております。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

地図はコチラ

日本経済の真実

2010年09月20日 | 本や音楽、講演などなど

日本経済の真実―ある日、この国は破産します
辛坊 治郎 (著), 辛坊 正記 (著)

経済関係の本は当たりハズレが多い。
専門用語そのままに難しいことを難しく書いてある本もあるので、私ぐらいのレベルだと勉強だ!とテンション下げずに読まなければならないことも。

しかしこの本は違う、めちゃめちゃ分かりやすいです。
選挙前でかなり時間的にはタイト、それでもスルスルと読めてしまいました。
かなり単純化されすぎている話かもしれないが、これくらいで丁度良いのでは。


この国の経済がかなり綱渡りであることは薄々皆さんも感付いている筈だ。
アレもやりますコレもやりますな政策ではその内大増税&社会保障カット、もしくはディフォルトで経済パニック・・・との前にIMF干渉かな。とにかくマダマダどうにかなるだろう、なんて思ってたら大間違いですよ。


それではどうすれば良いのか?

大型インフラ投資は暫くストップ、民間需要促進の内需拡大を図りつつ、大企業やミリオネアが国外逃亡しないように懲罰的税率を緩和。
成長分野に集中投資&規制緩和、政府は金は出しても口を出さない。
労働市場の流動化、教育投資、子育て世代へのバウチャー政策。
勤労意欲をそがない最低限のセーフティネット整備、移民政策ってところなのではないでしょうか。


しかし政治家には選挙という洗礼が。

そして有権者向けの話をしなくちゃならないという足枷をはめられる。
有権者の政治リテラシーを上げる為にはマスメディアの役割はつくづく大きいな、と。


ただ破綻で日本経済が丸焼けになったほうが、新しいチャンスも広がるのかも。アジア危機を経験した韓国のように、なんて思ったりして。

「辛抱強い国民性」「ハングリー精神の減退」というブレーキがしっかり効けば、ヨーロッパのような長期成熟(もしくは成長減退)社会になるのだろうか。


経済学を通した憂国の書というのは褒めすぎか。
ブータンのGNHが素晴らしいなんて言ってる人に是非読んで頂きたいですね。


オススメの一冊。

引越し完了。

2010年09月13日 | DAYS

看板も付いて事務所の引越しが完了です。

〒856-0828
大村市杭出津三丁目479番地1F
TEL:0957-50-0733

地図

事務所前には3台分しか駐車スペースがありません。
満車の場合、別途駐車場(チサンイン横)をご利用ください

徒歩4分と若干離れておりご迷惑をお掛けします。
どうぞよろしくお願いします。

私はあんまり居ませんが、事務員がおりますのでお気軽にお越し下さいね。

第2ボタン?

2010年09月04日 | DAYS

大中に埋設したタイムカプセルの掘り出し工事をやりました。
といってもシロートの我々は”こどり”をやるぐらい。

タイムカプセルと岩の間には水抜きの隙間があり、そこに色々と詰まってました。
出てきたのが学生服のボタン。

第二ボタンでしょうか。
詰め込んだ生徒はどんな思いがあったんだろうと想像してみる。
やっぱり失恋かな(笑)

タイムカプセルにはワインが3本入っていた。
1本は内圧のせいかコルクが抜けてダメになっていたが赤白2本は無事。
1月2日に開封式がありますのでそこで開封することに。
どんな味がするのか楽しみです。

生徒たちも興味津々で見守っていました。
カプセルの状態はかなり良かったしリユースできそう。
できればまた使って頂きたいです。

カプセルの中には文集や手紙などが
これも開封式でお披露目です。

25年前の私は何を記しているのだろうか。

事務所が決まりました。

2010年09月02日 | DAYS

紆余曲折ありましたが、やっとこさ事務所が決まりました。
来週には引越しできると思います。

〒856-0828
大村市杭出津三丁目479番地1F

地図

事務所前には3台分しか駐車スペースがありません。
満車の場合、別途駐車場をご利用ください

徒歩4分と若干離れておりご迷惑をお掛けします。
どうぞよろしくお願いします。