北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

63本

2010年01月31日 | DAYS

午後から街頭。小雨だったのでカッパを着込む。
ハンドマイクの調子が悪かったが、とうとう故障、音が出なくなった。
バラしてみたがどうやらマイク本体がイカれているようだ。

会社にとって返してカラオケ用のマイクを継ぎ再開
3本で日が暮れ落ちた。
4日からは知事選挙なので街頭は休止。
その間に修理に出すことにしよう。


本屋に寄ったらクラブメンバーと遭遇。
一緒にサンスパ、久しぶりにゆっくり風呂に入れて気持ちが良かった。


昼飯は旧友とソバを食べた。
あいかわらず仕事が見つからず、明日から関東に行くという。
トラックの製造ラインの仕事、3ヶ月の限定で更新は難しいだろうとの事だった。

長崎県の高校生新卒就職率は54%(全国平均78%)
雇用回復には何が必要なのだろうか。

一点突破

2010年01月29日 | DAYS

知事選公開討論会が終了。

今回はメンバーとしてではなく、推進ネットとしての支援。
データマンとして登壇もさせて頂く。

ブロックスタッフは徹夜でした。本当にお疲れ様。


・長崎県知事選挙でマニフェスト型の公開討論会を初開催、ケーブルテレビが生中継。


この1点は誇って良いと思います。

しかし準備不足は否めない。
相当色々な落ち度があったのも事実。
討論もあまり盛り上がらなかったような気がします。


まあ事を興さなければ何もはじまらない。是非さえも無し。

一点突破を成しえたのだから、今後が大事ですよ。
前向きに考えて、参院選でリベンジをお願いしたい。


延べ来場数は700とのこと。

1700席という会場キャパだったのでスカスカに見えたのは残念。
告知予算も無くメディア報道だけだったので広報不足は否めず。

それとも関心が薄いのだろうか。
だとしたら我々の運動は特殊であることは間違いない。

それを当たり前、にすることは果てしなく続く道なんだろう。

60本

2010年01月29日 | DAYS

今日も色々とお話を。
老婆心もホドホドにという事です(反省)

午後から街頭7本。
明日は(というかもう今日)知事選公開討論会。
推進ネットということで支援に入っています。街頭の時間は取れそうもなく二日分ということで。

10分ではやっぱ5本が限界っぽい。
5分ぐらいにしてみようかな。


現在長崎市内のビジネスホテルで投影資料の作りこみ中。
日付が変わって大村よりT委員長も参戦、おつかれっす。

只今深夜3時を回りました。

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ

2010年01月28日 | 本や音楽、講演などなど

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ
有効需要とイノベーションの経済学

吉川 洋 (著)

書評の賛否が分かれているので買い求める。
ちなみにシュンペーターは”イノベーション”という言葉の生みの親です。

20世紀に生まれた偉大な経済学者、ケインズとシュンペーター
両者の経済学を比較した歴史書、という感が強かった。

でも”さわり”ぐらいは学べるのかも。
それでも理解のキャパを超えるところ多数でしたけど。

両者の経済不況に対する主張は真っ向勝負。
しかし、イノベーションの種類によって共通するところがあるのではないか、と結ぶ著者は有名なケインジアンだそうで・・・

凋落するパックスブリタニカを背負ったケインズは官僚だったので有効需要の創出が不況時には必要だと考えたが、シュンペーターは不況はお湿りに過ぎない、政府は何もしないで新結合による新価値を生み出す事が必要だと説く。

私はもちろんイノベーション派なのですが、その考え方には”淘汰”という厳しさもつきまとう。

民主党はケインジアン(と思う)だろうから経済の見通しは暗いかも。
JAL再建みたいなレントシーキングばかりじゃあ新しい価値は生まれないと思いますしね。


経済学の予備知識とある程度関心が無いと厳しいかも。
あんまり面白くないんで読了には時間が掛かってしまった。

興味のある方だけにおススメします。

53本

2010年01月27日 | DAYS

今日もいろいろとお話を伺うことができた。
お時間頂きありがとうございました。

夕方から2本で日が暮れ落ちタイムアップ。
交差点で中学生から「頑張ってください!」と声を掛けられる。
からかい半分なのだろうが嬉しいもんですね。
応援もありがとうございます。

明日から知事選挙公開討論会の準備に長崎入り。
所属のブロック委員会が領土問題の署名活動もやるんですが今回は推進ネットでの参加なんで手伝えそうもありません。
委員長ゴメンネ。

オンライン署名もやってますんでご協力おねがいします。

ブロック

2010年01月26日 | DAYS

日中は色々とお話を頂く。初耳の話ばかりだった。
人脈というのは財産だなあとつくづく思います。

先輩の車に便乗させていただき長崎へ。
知らない間にブロック出向していましたので初顔合わせへ。
旧知の仲や新顔が入り混じり楽しかった。
委員長は創業95年の花火屋さん。
やっぱ長崎は歴史があるなあ。

そんなこんなで街頭には出れずじまいでした。

51本

2010年01月26日 | DAYS

月曜ということで来客も多く今日は1本で日が落ちてしまいました。
人と話すというのは色んな気付きがあって良いです。
ありがとうございました。

写真は8年前(だったかな?)先輩に頂いたポーターのビジネスバッグ。
以来仕事のパートナーでした。

「一針入魂」吉田カバンは造りが良い。丈夫で使い勝手も良く、重宝していましたがちょこちょこほころびも出てきました。

それを見かねたのか母から早めの誕生日ということで同じブランド、同じラインのバッグを貰った。
見た目は殆ど同じだが、細部がバージョンアップされていて便利そう。
これも長く使えそうです。


初代は捨て・・・れないのでなんかに使おう。

50本

2010年01月24日 | DAYS
午前中にイロイロと、持つべきものは朋友ですな。感謝。
会社にいって夕方から街頭へ。

途中でとある市民からお話を伺う。

長年にわたって問題を抱えているということで、行政や議員に対してもかなりの不信感があるとのこと。
一方の話を聞いただけなので判断しかねるところではありますが、不幸な状態であることは間違いない。
直接問題には関われないかもしれませんが色々な気付きがありました。

そしてタイムアップ、今日は4本となりました。


夜の新年会の日程を勘違い。
おまけに携帯不携帯で呼び出しに気付いたのは2時間後、会場に駆けつけると忘れ物チェック中でした。

会費分の”かぶり”を沢山頂く。
予定はしっかりチェックしましょう(トホホ)

心遣い

2010年01月23日 | DAYS

募金のお礼文を頂いた。子ども達の直筆がしたためられている。
お礼なんて期待してもいなかったので驚きとともに嬉しさが。

私達も祭やなんだで寄付を募ることが多い。
こんな丁寧な心遣いを忘れているのかもしれません。

今日はお祝い事やたまった仕事で街頭はお休みでした。

46本

2010年01月23日 | DAYS

今日はバタバタで3本
結構な寒さで早口になってしまっている。
くだけた言葉遣いを心がけているが道路に向かって話すと言葉が詰まる。
スタイル変更って難しい。
中身が重要なわけで、何を主張するかが根本にある訳だから、あんまり無理しないほうが良いのかもしれないなんて思ったりします。

写真は食べてみたかった甘辛カレー。
フルーティ&スパイシー
ごろっと大きいニンジンが特徴的で美味しかったです。

夜は色々とお話を伺うことが出来た。
米軍移転はホットな話題、色んな見方があるんだな、と思います。

私の理想は自国防衛なんですが、今すぐ米軍にお引取りを、というのも現実難しい訳です。
移転に際しても日米地位協定の議論がセットでお願いしたいところ。

43本

2010年01月22日 | DAYS

数日間空きましたが街頭再開。
易しく、分かりやすく、親しみのある言葉で、気をつけて話しているつもりですが、これがなかなか難しい。
気付いたら紋切り型になってしまっている。
日進月歩で頑張ります。

夜は新年会がダブルブッキング
色々とご意見賜ります。ありがたいことです。

富士山登ってみたいなー。

市井

2010年01月20日 | DAYS

御船からもどってLOM総会、そして新年会。
手帳には書いていたはずなのに会場を間違う。
習慣って怖いですね。

新年会では街頭へのご意見を色々と頂く。
もう仰る通りでぐうの音も出ず。
もっと易しく、分かりやすく
気をつけなければ・・・

新聞レベルの話は面白かったなー。


市井を”いちい”とばっかり思っていました(恥)

勝者の器

2010年01月20日 | 政治や思想

御船に到着、まずは役場で2月に控えたマニフェスト検証大会の意見交換を拝聴する。
大会では元総務大臣、元岩手県知事、増田氏を招聘するという。

市民代表のパネラーの方々と打合せ。部外者ながら色々と質問させていただく。
中でも「農業で自立する若者が増えている、産業として成り立たせたい」という若手農業者の「志」に感銘した。

御船町は事務局を行政が担い、マニフェストを題材にした町政運営を積極的に行っている。
いわゆる「マニフェスト・サイクル」のメインエンジンを行政が担っているのだ。
毎年2回の検証大会(!)がある、その為の評価をするワークショップを1年に4回、かなりの力の入れようだ。


今回のマニフェスト検証の題材は税収納。

町長は収納率を90%に、と謳っており3年目に達成したという。
その手法は多岐にわたる。

オークションから期間入札、家捜し、タイヤロックも厭わず。
手法はかなり進んでいるのではないか。マスコミの取材もあったという。
生命保険や退職金の差し押さえまでやるらしい。携帯の充電器やゴルフのロストボールまで出品されているようだ。

その背景には全国ワースト9位(熊本県)の滞納率があるという。
町、市、県と連携しているらしい。会場には人吉市からの競売物も並んでいた。


「差し押さえに踏み切る前に、どのような手続きを踏むのか」

と質問したところ、滞納額が高い、期間が長い、というところから自動的にやります、ということだった。法的にも問題ない、と誇らしげに語る行政マンには危うさも感じた。

悪質な滞納者には強い姿勢で臨まなければ難しいだろう。
矢面の行政職員は大変だろうな、と思う。精神的なケアが必要になってくるかもしれない。
未納者に非があることは明らかだ。
しかし権限執行には細心の注意が必要だと思う私は優しすぎるのか。


そしてワークショップ

懐かしいKJ法も取り入れてある。資料も充実しているし、なにより行政職員が補助に入って進行するのがすばらしい。
そこで税務課担当職員の様々な話を聞くことができた。

強制執行するということを割り切るまでに費やした年月、苦悩、悪質な滞納者とのトラブル。
そして住民の納税意識向上は永遠の課題だという。
様々な手法や気付きがあり実りの多い議論だった。

ただこういった集まりに参加する住民はいつも固定客だという。
住民の意識が低い、というか関心が無いと嘆くのはどこも同じのようだ。

しかし18,000の人口で検証大会に300名以上が集まるという。

90,000を超える大村の大会は何名ぐらいだっただろうか。
人口比率では高いし、行政が事務局ということもあるがここまで高度のマニフェストサイクルが確立されている自治体は稀だろう。

とにかく勉強になりました。
北松浦JCからもO君が参加。検証大会がんばろうねー


ワークショップ終了後、日付が変わるまで町長から薫陶を受ける。

元は行政職員、そこから後継者と目された同僚、元県議と闘い、勝ち残った方の話は説得力があり、器の大きさを感じさせる。
色々と課題もあり綱渡りだ、と表現された町政運営は易くないのだろうが日々を楽しまれているようだった。

それから神吉さんとファミレスで色々と。
やることが見えてきたので気が楽になりました。
大ポカやってスミマセン

とにかく実りの多い1日でした。


御船に入るとコンビニも見当たらなかった。いわゆる自然豊かな町。
人口は微増しているそうだ。
熊本市内へのアクセスがよく便利、それでいて環境が守られている。
車を止めてあるいていると小学生から「こんにちは!」と元気よく挨拶される。


一見何もない田舎町だが、失われつつあるものがしっかりと残っているのかもしれない。

御船町へ

2010年01月19日 | DAYS

今日は午後から御船町へ、神吉さんの計らいでお勉強です。

てことで今日も街頭はお休み。
どんな話が聞けるのか楽しみです。

首相の蹉跌

2010年01月18日 | 本や音楽、講演などなど

首相の蹉跌―ポスト小泉 権力の黄昏
清水 真人 (著)


表題を「首相の”ていてつ”」と読んだのは私だけ?


正しくは”さてつ”と読みます。
意味はつまずくこと、失敗し行きづまること、挫折(ざせつ)。
普通使わないようなタイトルですが、昨年ナンバーワンの政治書というフレコミだったので買い求めました。


小泉首相が戦後三番目の長期(5年5ヶ月)にわたり権力の座に就くことができた所以。
安部内閣の崩壊となぜ政権投げ出しに至ったか。
なぜ福田首相が同じ轍を踏んだか。そして麻生首相誕生まで。

小泉首相が政策を具現化してゆく組織の構図や官僚の操作術、それを受け継いだ安部、福田政権の漂流する様が克明に記されています。日経新聞の解説編集員だけあって安易な賞賛や非難はなく、ただ結果と原因、取り巻く状況が丁寧に時系列でまとめられています。文量も多くなかなか読み応えがありますよ。
政治に興味の無い人にはお勧めできませんが。


権力を”使いこなす”

その源泉が何処にあるのかを見定めることができる、そして非情になれる者のみが許される。同時に強い権力者たりえる資格なんだろうな、と思いました。


小沢幹事長の政治資金疑惑が賑やかですね。
まあコテコテの自民党金権政治を象徴するような方ですから、多かれ少なかれ献金か何かでしょう。政党交付金のマネーロンダリングっぽい報道もありますね。自民党にも心中穏やかでない方々もいらっしゃるのでは。推測に過ぎませんが。

しかし野党時代の話までなら権限がないので収賄までには至りにくいのではと思います。
政党交付金の資金移動も違法ではないのでしょうし。
道義的には勿論×、解党したんだから国庫へ返納するのが潔い。


ここは幹事長を辞任して院政敷くのが政権維持の為には賢いのか、なんて思ったりします。