北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

靖国史観

2009年11月30日 | 本や音楽、講演などなど

靖国史観―幕末維新という深淵
小島 毅 (著)

靖国神社から発せられる言説に心酔しているものは少なからずいるはずだ。
JCメンバーにも一定数は占めているのではないかと思うし、かつて私もその一人であった。しかし様々な考え、書物に触れる折につれ私の思想も変わってくる。
そんな靖国神社にまつわる考えをかなりスッキリさせてくれる一冊

戦犯合祀についてではなく、靖国神社の起源からその存在と「国」の考え方を論じています。

さてここでクイズ

その1
明治維新って日本の未来の為になった?それともテロ?

その2
吉田松陰、坂本竜馬、西郷隆盛、の3人は靖国神社に祀られているでしょうか?

その3
靖国に祀られている英霊は日本の為に殉じたのでしょうか?


まあ色々考え方や認識はあるのでしょうか、この辺の史実は押さえておきたいと思いました。
また英霊の定義や儒教から水戸学、国学と紡ぎ合わされる歴史や国体についての考え方など非常に勉強になった。
歴史イデオロギーを披瀝する以上は、史実とその背景まで押さえていないと説得力が無い、感情論になってしまいそうで怖いなと思いました。

著者は「日本人なら靖国に祭られる英霊に敬意を抱け」という独善的な言説が幅をきかせばきかすほど靖国問題はこじれる、と言う。

そして当初は革命の為に散った烈士を鎮魂する為に同士の生き残り(=明治政府の要人)が創ったにもかかわらず、西南戦争・日清戦争を経て皇軍兵士の霊魂収容所となったために「国体」を護持する側を祀る施設に堕ちた。とする。

「勝てば官軍」の論理から靖国神社は生まれた。起源とされる最初の招魂祭の様を思えば恐ろしさも感じる。そして政治的に利用されたり、逆に利用したりを続けてきたのだ。歴史は勝者によって描かれるがそれは内紛の歴史も同様だ。


著者は檄文と称している。もっと話題になっていい本だとも思います。(こんな感覚を持つことも特異なのかな)
でもこの本を読んで激高する方は所謂"こども"かなと思ったり。
また筆がくだけすぎているようなくだりもあって自らを貶めているような。

私は今後も機会があれば参拝するでしょう。
そこに祀られるとして散っていった日本人達がいることには変わりはないからです。

政治や時代に翻弄されつつそうせざるをえなかったこともあるのだろうが、これが子々孫々の為になると思って散った先人達は靖国で再び会おうと散ったのだろうし(全員では無いだろうし、正しいか正しくないかは置いといて)、そこで鎮めをと思う親族がいる。

そういった先人に敬意を表するのは私にとっては自然な行為だ。
誤解を招く表現かもしれないが靖国神社自体は媒介施設である。

だから著者が最後に投げかけている「国の為に」「英霊に」という主語がなんだかんだという話は聞き流す。同意出来るできないと騒がないのも大人だろうと思うから。


そういや民主党は誰もがわだかまりなく参拝できる追悼施設の建設なんぞを訴えていたと思う。これこそ愚の骨頂だ、早く仕分けして欲しいものです。

馬は旨い

2009年11月29日 | DAYS

週末は先輩方と、そして学生時代からの旧交を温泉で温める。

訳ありプラン(やらしいネーミングですね)で安宿に酒を持ち込みマージャンとwiiに興じる。
馬刺しはスーパーでタテガミと合わせて貰っててんこ盛りが1000円チョット
デフレで嬉しい価格設定でした。

学生時代に戻ったようで楽しかった。
でも話題は年を重ねるとともに変わっていきます。
10年後はどんな話をしてるのかな。

最近ぎっくり腰っぽかったのでいい湯治になりました。

スパコンは長崎にあり

2009年11月27日 | DAYS
事業仕分けで話題のスーパーコンピューター

テレビではタレントやコメンテーターがしたり顔で「科学技術は必要だ」なんて言ってるそうですが、そもそも日本のコンピュータ開発技術に優位性がある、という考え方自体が間違っている、という見解も

池田信夫blog

私もその見解を支持。
既にグーグルはサーバーの数珠つなぎで世界を席巻。
グリッドコンピューティングもあることだし、いまさら戦艦大和を作ってどうすんでしょう。
まあ私も素人なので技術的なことは判りませんが・・・


そんな中で長崎のパワーを感じる嬉しいニュース
すげーぞ長崎大学


ただ技術者さんたちも予算確保で必死なんでしょうし、これが凍結されれば他の分野にも波及してくることは確実なので様々な影響もあるんでしょうね。
だから政治的な動きが出ているんだと思いますが。


ハード開発も大事でしょうが、それを動かすソフトのほうが大事だと思います。

どんな最速マシンを作っても結果はドライバー次第。
そっちに力を入れたほうが良いと思うんですが。

諫言の友

2009年11月27日 | 所属団体・地域活動など

新旧合同会員会議所お疲れ様でした。
毎年のことですが、明暗クッキリ(笑)

「新しき者」の皆さん大村の星をどうぞ宜しくお願いします。

諫言を頂く。本当にありがたいことです。
迷って悩んで考え抜きます。

ゴーストライター

2009年11月26日 | 本や音楽、講演などなど

何度紹介している金沢で頑張っている加賀友禅絵師K
今度はコンクールで県知事賞入賞、確実に力をつけているようです。
俺もがんばらな。

そのKからのお勧め「ゴーストライター」柴田 淳



久々にCD買ったような。歌詞が沁みますよ。
ライブとかいってないなあ・・・


昨日は大村JC創立50周年式典でした。
ご来臨賜りました皆様ありがとうございました。

Pチーム・スピーカーズ、良かったよ!

事業仕分け

2009年11月24日 | 政治や思想

最近何かと話題の事業仕分け。色々ご意見が飛び交ってます。

私は賛成派。これまでになかった試みですし、予算査定の過程が一部でも国民に届けられる、と言うことについては良い試みなのではないでしょうか。今まで密室(と揶揄されざるをえない環境)で予算が組まれてきたわけですし。
財務省シナリオどおりの出来レースという面もありますが、まずは情報公開。そして方法の成熟はこれからかと。

さて全国各地でも自治体の事業仕分けが開催されています。
今回、奈良市の事業仕分けを傍聴してきました。

国会は1時間ですが、なんと奈良市は30分、その殆どが改善や不要という結果。
事業によっては時間は伸びたり、縮んだり。すこし性急だなあ、と思う反面これぐらいのスピード感はあってもいいのかも。と思ったり。


アジアとの姉妹都市交流事業。各国持ち回りで市民スポーツ大会を開催する事業をやっているそうで、数千万かけて渡航するそう。
説明資料には行政自ら「参加する市民が固定化されている」という表記があったりして見直しに。そりゃ1週間仕事休んで海外にスポーツ大会にいける市民はごく一部だろう。もっと地域のスポーツ振興に予算を振り替えては、という意見でした。これは行政のシナリオが透けてみえたか。


77台しか入らず1台あたりのスペースの年間平均稼動が1日2台を切る駐車場の管理人件費に年間2200万、そりゃー無駄だろう、という事業の攻防は面白かった。入札もせずに市の出資が100%会社の優位性を必死に訴える担当課の説明は説得力ゼロ。機械メンテは業者委託で管理のノウハウがある、なんてことは有り得ないでしょう。やはり不要と判定されました。


ハンディキャッパーの任意団体に駅前清掃と啓発活動を委託している事業では、国会質問張りに職員が写真やグラフの大型パネルでアピール。
いい事業だと思いましたが、より良くする為の質問や意見で要改善。
(これは制度の不備にもよるもので職員も納得していました)


ほんの一部の傍聴だけだったが本当に面白かった(不謹慎で失礼)。
青年会議所とも縁深いシンクタンク「構想日本」からの外部仕分け人と議員や地域の代表の話は、市民目線の意見や質問で大いに納得する部分が多かった。

奈良市は3千億円の借金で返済には30年かかると報道されていました。
債務にあえぎ事業を圧縮しなければならないという前提があるようで、その圧縮を市民の意見を取り入れながらやる、というのはある意味合意形成の手法だと思う。

傍聴席には事業の関係者や職員と思われる方々が仕分け人とのやり取りにイラついてたり。仕分けには職員の”説明力”も問われますね。

市民の傍聴は200人ぐらいかな。
会場が大きかったのでスカスカに感じましたが。


1300年の歴史がある都の民が選んだリーダーは、何かと話題の33歳の市長、仲川げん氏
ブログも更新中の現代風市長です。ガムはマナー違反だと思いますが。

大村市でやったら中心市街地活性化はどう判定されるかな?

レーシックレポート

2009年11月22日 | DAYS

レーシック手術を受けて1週間経ち断酒も解禁。検診を受けてきました。
結構皆さんの関心があるようなのでレポートです。

事の発端はメガネのレンズに傷が入ったこと。手荒な使い方のせいかほぼ3年毎に作り直していた。それに強度の近視&乱視(おまけに色弱)なのでレンズが高額、いつも5万円オーバー。

レーシックはもともと受けてみたかった。3年ほど前に某眼科で「レーシックはまだ無理、しかし技術の進歩もあるからそのうちまた再診を」と言う診察を受けていた。

最近手術代金もこなれてきた事だし 品川近視クリニック の福岡院で診察を受ける。
その昔適用外と診察された、と伝えると念入りに検査をしてくれた。結果は手術可能、なぜ適用外という診察だったか分からない、という事だった。
ドクターも色々です。

その日は検査だけ。診断だけなら無料ということで嬉しい。スタッフ&患者さんも多く(私が来院したときは)明るく清潔なクリニックで安心感が増す。

妻とも相談。セカンドオピニオンも進められたが、福岡院のドクターは妻も診察を受けたことがあって良い印象、との事だったので手術を決意。

手術メニューは色々あるが22万円の方式を薦められる。
もっと安い術式もあるが、施術中に手術室の移動があったり、レーザーの種類が異なり回復に違いがでる可能性があるらしい。5万円の割引券を手に入れていたので決定。クレジットカードで支払い。説明は丁寧で回数も多い。しかしマニュアルどおりという感は否めず。

近くの安ホテルに宿を取り、午後から通院、手術。

私と同時に4人が案内され順次施術される。ベルトコンベア式だがこれが価格力の源泉だろう。でもスタッフは多い(多すぎないか?という印象も)

手術時間は10分程。目薬の麻酔を繰り返し点眼される。痛みはゼロ。レーザーを当てるときだけ目を固定するので圧迫感がある。
ベッドに寝て光を見つめてるだけであっという間に終わり。
短時間だが角膜が焼ける音と匂いがして生々しかった。

術後すぐに検査。白いもやがかかったように見えるが既に視力は上がっている。
ちょっと感動。そのまま休息室にて30分休憩。

施術直後はドライアイになる。そして保護メガネを着用。目薬を頻繁にささなければならない。ただ我慢できないほどではないし、食事も外食した。
ベッドで目薬を差しながら安静にする。当日は目を疲れさせる(読書・PC・TV等)&運動はご法度、ipodを持ってくりゃ良かった。

術後数時間は目薬が目にしみて鈍い痛みがある。麻酔の目薬も渡されたが私は使うレベルの痛みではなかった。5時間ぐらい経つと目薬でも痛みも感じなくなり、白いもやが晴れてきた。視力も格段に上がっている。ただグレアと呼ばれる現象は実感。



私の感覚ではこの写真はオーバーかなあ。
汚れたメガネを掛けて光を見てる、という感じ。昼間は全く気にならない。この症状が落ち着くには数ヶ月かかるらしい。首から下のシャワーを浴び、眼帯を貼り付けて就寝。



翌朝、ますます視界がクリアになって視力もあがっている。30年間メガネ生活者としては感動モンです。ドライアイは続いているので目薬を続ける。
これから目薬はなくなるまで、1週間は就寝時は眼帯着用、運動&酒禁止。水泳などは1ヶ月後から。

朝から再び診察。視力は1.5と判定された。経過良好で問題無し。保護メガネははずしても良いそうだが裸眼に慣れていない小心者な私は外出先では掛けることにしよう。車の運転も問題なく出来ました。

とにかくメガネが無いと何も見えない生活から一転。
汗だくメガネの不快感や運動する時の使い捨てコンタクトからも開放される。ラーメンの湯気や気温の差で曇ったりすることもないし、朝起きてめがねを探すことも無い。サングラス掛け放題でバイクの運転も快適になりそう。
交通費のキャッシュバックも嬉しい(上限1万円・宿泊費は出ません)。

心配される合併症としてはグレア(及びハロー)とドライアイだが、数ヶ月経つと落ち着く、ということだった。また疲れ目になる、と言う話も。

1週間経ったので検診、大阪院で受診したがムチャクチャ混んでる。やっぱ人口の差かな。国内数箇所ありますが、検診はどこでも受けれるそうです。

現在も経過は良好、視力は1.2と判断されて問題なし。
手術直後は1.5と診察された。見えすぎているような感覚だったのだが、日が経つにつれてなんとなく落ち着いた感じが。グレアも少しばかり減った様な。それで視力も下がったのか。でも元々メガネでやっと0.8だったので全く問題ありません。
ドライアイっぽさは感じるが、不愉快なレベルではないですね。乾燥する季節ということもありそうです。
次は3ヶ月検診、終わったらまた追記しよう。


レーシック手術で老眼になる、という話は良く聞きます。

手術は万能ではありません。近眼&乱視が矯正されるだけで老眼の進行は食い止められない。
基本的に40過ぎると人間は老眼になる可能性が大きいという。これは手術を受けようが受けまいが変わらない。
しかし近視は矯正されたまま?なので老眼鏡だけで済むので経済的かもしれない。現在は老眼を矯正する手術もあるそうです。


子どもが近眼になったら受けさせたほうが良いと思いました。しかし手術は角膜の成長が落ち着く二十歳以降だそう。

レーシック賛美になってしまったが、とんでもない事件 を起こす眼科もある。
それにリスクはゼロにはなりません。
手術はあくまで自己責任でお願いしますね。


しかし快適です!受けてよかった!
割引券ありますよ~(笑)

経営学

2009年11月21日 | 所属団体・地域活動など

厨房のダクト修理。
リベッターを買いましたが便利ですね、これ。

同友会青年経営社会のセミナーに参加。
講師はF先輩

JCがご縁で10年来のお付き合いさせていただいてますが、やっぱこの人はスゲー。私の目標になっている先輩です。

最近は経営学に触れる機会が減っていたので、刺激を受けました。
弊社で実践してみよう。まずは理念の共有からだな。
事業計画書も新計画がコケてからなおざりになってましたが、またしっかり書いてみようか。

遅くまでお付き合いありがとうございました、ポーギー(笑)

国のかたち

2009年11月20日 | 本や音楽、講演などなど

国民を元気にする国のかたち 地域主権型道州制のすすめ

江口 克彦 (著)

道州制の事を勉強してみようかと購入。しかし期待していたものとは違った。
私も地域主権型道州制には賛成なのだが、具体的なシステムの立案やその論拠となるデータ、先行している諸外国の実情等を知りたかったのだが、ありがちな観念論、理念論に終始し、データも目新しさがなく一般的な報道の枠を出ない。

加えて鼻につくのが著者の文体

知事会で道州制に反対する知事らを名指しで批判し「勉強していない」と切り捨て、反対議員は「道州制が導入されれば議席が減る、反対している議員は選挙に弱いからだ」そうです。
まちおこしは時間の無駄で道州制万能論的な展開には辟易。
政治家とは一線を引いているのかと思いきや自民党の中川秀直氏との距離は近いようで考えが同じだと数回登場。

忙しいわが身を投げ出して講演で全国を回っていらっしゃるようで「講演を聴いた皆が私に何とかしてくれと涙ながらに訴える」とよく恥ずかしげも無く書けるものだ。慎ましやかな日本人は何処へ行ったのだろう、とも嘆いているくだりもあるが、自分のことは良く見えていないらしい。

端々で取り上げるストーリーは情緒的で万人ウケしそうだが、大局観は感じられない。PHP代表である自身がPHPで出版した自費出版本の域を出ない一冊。


・・・と、著者風に批判してみました。
だって北川先生も批判してるんだもの、お返しですよ(笑)


小泉首相ばりに抵抗勢力との戦いの構図を作り上げるこのお方。
勧善懲悪の大衆演芸風で講演はウケそうですね。

サマコンだったかな?講師に招聘していたような記憶があります。
一度聞いてみたい気もするがこの内容だったらもうお腹一杯です。
官僚批判本がお好きな方に。


式典リハーサルお疲れ様でした。
何とか台本も仕上がった。
あとは役者に任せたぞ。頑張りましょー。

演説には準備が必要です

2009年11月19日 | 所属団体・地域活動など

5箇所の手すり工事完了、自分でやれば安上がり。
しかし所詮素人仕上げなので違和感が、まあご愛嬌ってことで。
強度は出てますのでご安心を。

深夜まで実行委員会お疲れ様でした。
Pチームの経過報告、と言う形での若手のプレゼンテーションに落ち着きました。
ロートルが出張るより未来へ繋がるキャスティング、です。


つーことで、プレゼンター諸君へ

・原稿を書く、内容を自分の言葉に直して下さい。
・丸暗記ではなく、箇条書きにしたものを覚えましょう。
・読むのはダメ、説明もダメ、自分の言葉で人を説得するつもりで。
・鏡を見ながら練習、他人に見てもらいながら練習
・とにかく練習
・練習!

いきなりの無茶振りで申し訳ない。
桧舞台でお歴々相手に演説かましてくださいな。

論文はさらにブラッシュアップします。


美術館の建設要望書が記事に。
青年会議所も発起人に名を連ねています。知ってましたけど。

個人的には必要性に???

市長や行政職員の賃金カットをやっている自治体にふさわしいとは思えません。
その前に子育て支援や給食センターが先なのでは。

アーケードの空き店舗利用という手も有るのかもしれません。
市民ギャラリーもあることだしそれなら反対もしませんが。

厳しい財政状況の中で、費用対効果が定量的に図りにくい新しいハコモノ作りには?です。


あ、税金使わずにやるならドンドンやって頂きたい。
大村市の文化的インフラは脆弱であることには違いないですし。
美術館そのものに反対ではありませんので誤解なきよう。

ふるさと納税

2009年11月18日 | DAYS
P会議お疲れ様でした。
まとまると良いのですが・・・どうなるかなあ

さて、私もそうなんですが、事務方の皆さんはそろそろ年末調整の準備の時期では。
弊社は調整が必要なスタッフは20名もいないのでラクショーですが、大きな会社は大変そうです。

そしてこの時期になると”ふるさと納税”がよく話題に。
「著名人がふるさとに○百万円寄付」なんてニュースですね。

好きな自治体を選んで寄付をすれば、住民税と所得税が控除されると言う制度。
東京都知事なんかは「居住地域の税負担というバランスが崩れる」と反対してます。理由はごもっともですが、地方にとっては正直ありがたい制度。

寄付金額から5,000円引いた金額がほぼ控除されますし(金額が大きくなるにつれて控除額は下がりますが)、寄付者には5,000円相当の県産品をプレゼントなんていう特典を設けている自治体もありますね。

面白いのは奈良県大和郡山市の金魚と飼育セット、マニア受けしそう。

特典一覧サイト


長崎県内の自治体は特典無しでした、残念。
雇用を求めて人口が流出している長崎県なのでもう少しアピールしても良いのでは。
しかし壱岐市は1千万超え、スゴイ。

それに寄付金の使われ方を選択できます(教育関係に限定!とか)
納税者の意思が反映できる良い制度だと思いますね。

ちなみに社会福祉法人への寄付も控除対象です。
控除率はふるさと納税ほどではありませんが。

大村市はコチラ

ご寄付お待ちしております~(笑)

当たった!

2009年11月17日 | DAYS

中小企業同友会に出席、弊社の全体会議で遅参し講演には間に合わず。
市政のどんな話があったのかな?気になります。

新入会員としてご紹介も頂きました。今後とも宜しくお願いします。
夜は先輩にお付き合いさせていただきました。
術後1週間以内は断酒なのでウーロン茶ですよ。
しかし飲まないと朝が楽だなあ。

帰りにお腹が減ったのでコンビニおでん。
ファーストガンダム世代としては気になるくじ引き商品が並べられており、ついつい購入してしまう。

2体しかなかったという最後の1体が当たってしまう。
結構リアルでカッコいい。今年の運は使い果たしたか(笑)


今日はプロジェクト会議。

新公民館落成式

2009年11月16日 | 所属団体・地域活動など

町内の公民館の落成式
式典あり懇親会あり余興ありで朝から夕方まで賑やかな1日でした。

建設にあたっては計画が練り直されたり、総会を開きなおしたり。
公民館というか地域の今後を思うあまりでしょうか、内部衝突もあった。

小佐古を思う気持ちは皆同じはずです。
今後はまた一体となって活動したいものですね。

しかし気になるのは年齢構成。
主力は還暦グループ。
我々の世代は仕事や家庭もあってか活動は厳しいものがある。
JCやYEG、同友会等どんな団体でも会員拡大が悩みの種。
しかし人口&経済構造の問題でかなり難しい問題です。
どう収斂するか、というのもひとつのテーマかもですね。


公開討論会を努めさせて頂いた筑後市の新しい市長が決まりました。
今後は検証大会頑張ってくださいね。

夜のお散歩

2009年11月15日 | 所属団体・地域活動など

昼間はプロジェクト会議。
ご参加頂きありがとうございました。
記念式典に向けてのプロジェクトは軌道修正するかもしれません。

しかし”論文”はしっかり仕上げたいところです。
皆さんのご意見賜りたく!お願いします!


夕方からは町内の夜間歩行に参加。
子どもたちも一緒で賑わいました。

コースは約8キロ、大村駅から竹松駅までJR、7時から2時間程度かけて公民館まで歩きます。

大村駅にコミニティFMが出来るのかな?工事やってましたけど。
竹松駅の変わりようにも驚きました。
カッパおとーさんの左手の位置が気になります(笑)

ゴールすると美味しい暖かいうどんがご褒美。
美味しゅうございました。


終了後はまた事務局に戻ってお手伝い。あーだこーだ言い合いながらノンアルコールで就寝2時
この時期は生みの苦しみですね、頑張りましょう。

準備が大切

2009年11月14日 | 所属団体・地域活動など
新人セミナーの講師として15分スピーチ
内容は長崎ブロック関係

先日の例会で3分間スピーチを酷評したので原稿を書いた。
時間内に収めるつもりだったが90秒オーバー。

伝えたかったのは、

・皆同じ会費を払っている平等な会員、上下は無い。しかし役割や責任の重さには違いがある。その重さに敬意を払って。

・日本も地区もブロックもLOMも運動は水平な目線でセクショナリズムを排し、一体的にやってこそ効果が上がる。

・ブロックは日本の運動を全国津々浦々に伝え広げる役割。中央基準で画一した運動ではなく、その土地ならではの状況を加味しながら連携した運動を展開する組織体。

・「政争は水際まで」団体は一体となって外部に対峙すべき、それには議論が必要、言いたいことは遠慮せず。ブロックは日本が一体となるためのインフラを担っている。

・役員や出向者はカネやヒマが余っているからやってる人間は居ない。みなそれぞれの範疇で限界にチャレンジしながらやっている。それを羨んだり、諦めたりするメンバーにはなるな。


15分ではこれぐらいしか話せませんでした。
そのほか失敗談やウラ話とかいろいろ用意してたんですが、原稿を書きすぎて半分も内容を話せなかった。まだまだ修行が足りません。


新人のスピーチはほぼ時間内でたいしたもの。
それに皆原稿を準備していた。新人ならではの鋭い指摘も、JCズレしちゃいかんですね。


術後の為ウーロン茶で頑張り二次会は失礼しました。
今日はプロジェクト会議、夜は町内会イベントです。