北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

ブランニュー

2009年09月30日 | DAYS
中古で買ったノートパソコンとお別れ。

最近立ち上がりが遅いしHDの音がうるさくなっていた。
2年使いたおしたから元はとれたかと新調。

ブロック会長時代の相棒だったもんですから国内外あちこち持って回ったな。
軽くてタフでいい相棒でした。後継も同機種を選ぶ。
しかし慣れるまでが大変です。
設定やインストールかれこれでブログまで手が回らず。


今日はプロジェクト会議勉強会の第一弾です。

テーマは「地方自治」
市議会最年少議員として活躍しているM議員を講師に迎えて開催。
時間が微妙ですがなんとか調整を!
メンバーの参加をお待ちしています。


K泉>

電話ありがとう!
糸通しで早速試してみたけど入らなかった・・・
もっと細いみたいだね

やっぱカニ?

カニの毛ください。

2009年09月28日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー

土曜は仕事も早々にクラブファミリーキャンプへ。
伊佐ノ浦公園キャンプ場という所なんですが、ナイスロケーションでおススメですよ。
ダムの周りの公園なんですが、充実整備でバス釣りなんかもやってました。


前日からの突貫工事で

・テールランプは両面テープ止め
・配線は布テープ止め
・ウインカーレンズはセロテープ止め

というやっつけ整備で走りましたがチェーンがフェンダーにあたる&配線から煙が上がる以外は絶好調(笑

子ども達が元気に走り回る賑やかなキャンプ。
久々に仲間達とゆったり楽しめました。

後はフェンダーとボルトを削って、ステーにメッキ処理、ライト変更、そして禁断の配線作業ぐらいかな。
大村でメッキをかけてくれる所ってあるんでしょうか?
銅メッキもシブイかも。

明けて日曜は山中のとある会合へ。
政治経済文化と幅の広い話題で勉強になりますね。
色々企画するのはワクワクします。
今後の活動が楽しみです。

10年選手のランタンが着火せずバラしてみたのですがどうやらガスのラインがマントルのカスで目詰まりを起こしているよう。縫い針で掃除を試みるも太すぎて入らず。
専用の掃除張りが必要なのですが検索してみたら500円と針一本にしてはお高い。

なんでも毛ガニの毛が代用できるとかなんとか・・・ホントかな?
カニなんてそうそう食べないし・・・。

なにか身近なもので代用できるものないでしょうか。

うーむ

2009年09月26日 | DAYS

4番かなあ・・・



深夜1時の突貫工事、ぐんそー、宮田さんありがとう!

あたくしは皆様に支えられて生きております~(^^)

10%と74%

2009年09月25日 | 所属団体・地域活動など

プロジェクト会議開催。

勉強会の準備状況などですが班別にバラツキがあります。
しかしやっとのことで第1弾は30日に開催できます。
でかしたMRK。

写真は会議で報告されたアンケートの一部、これからも大村に住みたいか?という設問。

・出て行きたいという類の回答が10%
・これからも大村で暮らしたいという類の回答が74%

この回答をどう見るか。

74%は結構高いな、という印象。
10%は回答属性をみると市外から移住者とほぼリンクする。
生まれ育った方々には愛着というかさ上げがあるんだろうか。
市外からの移住者の目には特段魅力のある街とは映らないようだ。
しかしリタイア世代が大村に居を構えるという話もよく聞く。
アンケートはイベント会場などでの回収だったため青年世代が多い。
社会が成熟し緩やかな衰退を目の当たりにする若年層には、街の魅力というより己がライフスタイルに合うかどうかという視点が必要なのかも。


中心市街地再開発の資料を頂く。

様々な事業計画の50%の進捗状況で効果がないという現状。
だから新しい事業が必要だという性懲りもない(失礼)主張には恐れ入る。
「失敗の責任」という観点はないのだろうか?


今日は会員会議所。


トップの悔しさ、情けなさ・・・
こればっかりは、やったもんでないと、ですねえ・・・

謝罪の言葉を聴くのは辛くて、賞賛してあげたいのですよ。
それでもいちばん前に立つしかないんですよね。

おつかれ様です。

サイクリング・ブルース

2009年09月24日 | 本や音楽、講演などなど

サイクリング・ブルース
忌野 清志郎 (著)

彼が自転車に乗ってる映像は何度か見たことがあったんですが改めて。
いやーますますチャリンコにはまりそうです。
これからだんだん寒くなりますが走りたいな。

私の中で「ロック=バイク」という公式に「ブルース=チャリ」が加わりました。
LSD=ロング・スロー・ディスタンスの旅に出てみたいもの。

彼が参加していたホノルル・センチュリーライドというレースがあるそうですが、大村湾1周もちょうど同じぐらいの距離。
オオムラ・センチュリーライドってのはどうでしょう。(^^)


自転車はブルースだ。
クルマや観光バスではわからない。
走る道すべてにブルースがあふれている。
楽しくて、つらくて、かっこいい。
憂うつで陽気で踊り出したくなるようなリズム。
子供にはわからない本物の音楽。
ブルースにはすべての可能性がふくまれている。
自転車はブルースだ。
底抜けに明るく目的地まで運んでくれるぜ。






角打ちFOREVER

2009年09月23日 | DAYS

都会のど真ん中ですが安くって、おばちゃんの声が暖かくって。良いですよね。
角打ちといえども椅子もあるし長居しそうです。
なんかフェリーの中に似てます。

大村にもあれば結構はやるんじゃないかな。

シルバーウィーク

2009年09月21日 | 仕事関係

世間様は休日ですが弊社はイベントウィーク。
近年の出し物はスタッフ中心で私は後方支援に。

弊社最高齢は99歳、コメントも矍鑠(かくしゃく)としてらっしゃいます。
皆で長寿を祝える事は嬉しいことですね。

町内でも敬老会ですが毎年終わってから駆けつけてます。
今年は新築の公民館で盛り上がったようです。

気になるのは町内実働部隊の年齢構成。
20代は見当たらないし30代が私を含めて2~3人。
ニュースでは盛んに高齢化社会の到来を告げています。
70ぐらいまでは働いてもらうほうが良いのかもしれませんね。
体を動かさないと健康も保てませんし。

しかし政治やビジネスの話は別。
常に進化を求められる分野ですから”老害”にならないように次世代を見据えたポジショニングを忘れて頂きたくないもの。

つーことで、自民党復活の鍵は河野氏だと思います。


写真は町内の敬老会用看板。
”ア”が効いてますね(^^)

だまされないための年金・医療・介護入門

2009年09月20日 | 本や音楽、講演などなど

だまされないための年金・医療・介護入門
社会保障改革の正しい見方・考え方

著者 鈴木 亘  学習院大学経済学部准教授

集中して読む時間が作れなかったので時間が掛かってしまったがやっと読了。
発刊は2008年8月。
なにやら物々しいタイトルだが著者は”あえて”一般向けに書いたとのこと。
なんでも学者はこんなタイトルで分かりやすさ前提に本を書くと評価が下がるリスクがあるそうな。大変ですね。


といっても内容は前半は理論編というだけある。
私は業界人なのでまあ読めるが、ちょっと難しいかな、とも思った。
マクロ経済スライドのくだりが良く分からない。
ただ後半と巻末はその理論を踏まえた上での主張なので分かりやすい。


現在(政権交代前ね)のやり方では

「高負担=低福祉」もしくは「”超”高負担=高福祉」

という選択しか存在しないと言い切る。
「低負担=低福祉、高負担=高福祉」という一見フェアに感じる選択肢は官僚都合の喧伝であり、現在の賦課方式から積立方式&全額税方式(消費税ね)の抜本的改革を行なうしかない、と喝破。


ご承知の方も多いと思うが、現在の我々が納めている年金は収めたと同時に給付に回っている。


少子高齢化が続くとして、

・1940年生まれと2005年生まれの世代間格差は8340万円
・1965年生まれ以降は納め損
・2075年には社会保障負担が所得の40%超

という試算でお先真っ暗。

福田政権下に設置された社会保障国民会議等(殿もメンバーでしたね)で行なわれている議論は、

「現在の高齢者の既得権保護、利益供与」
「先送り主義と情報操作」
「本質的でない論点のすり替え」

と手厳しい。

著者は官僚から批判も受けているそうだが、そもそも官僚の数理モデルが政治家と有権者の投票行動を見据えた恣意的なものだと論破。

積立方式にすれば自分の老後生活資金を自分で積み立てるのだから、出生率は関係しない。「歴史的負債・legacy dept(田中角栄が大盤振る舞いした社会保障制度黎明期の受給者分)」に「二重の負担」を組み入れ将来世代100年ほどに渡って清算するとし、保険料を引き上げるが最後の引き上げ・固定化を行い国民を説得すべし、としている。

ここで気になるのが政権交代した民主党の年金政策。
先般コーディネイトを努めた政権せんたく公開討論会でも

・最低7万円の年金額を保証する
・二階三階建ての部分は喜捨して頂く。

と言い切った。

国民年金の未納率は2006年で66%超。
どう考えてもフェアな政策だとは思えない。

また後期高齢者医療制度を廃止し、老健に戻すという。
そもそもネーミングを発端とした政局がらみのマニフェストだ。

老建では増加を続ける老人医療に対応できず未納が深刻だった。
当該世代が収めるべき保険料を天引きにし、納付率を上げ事務コストを引き下げるだけの話(負担については軽減措置が後だしだったが)。
消えた年金と同じ土俵で論じるのはお門違いだ。
民主党は次世代にどれだけの負担を押し付けるつもりなのか。

まあ、どう考えても選挙のためのリップサービスだろう。現実的な政策に転じて欲しいものです。
自民党もマニフェスト評価は55点だったんですからね。


医療の分野では価格統制を撤廃、開業医=医師会の政治力解体、勤務医の報酬増と混合診療、予防医療の抑制などホットな主張が多い。

介護関係の気になったところでは、現在の自治体による総量規制は革新的であった介護保険制度の理念をないがしろにするものであり、悪循環を招いている社会主義的な暴力支配だと批判。混合診療ならぬ混合介護を導入し競争原理を復活させよ、と説く。

業界人なので得心する部分もあるが、保険者(自治体)ごとの料率設定には、完全な地域主権が前提となる。それに経済基盤が脆弱(長崎県は筆頭クラス)な自治体はますます地域間格差に甘んずることとなり国内移民の引き金の一つとなる可能性があるだろう。長崎県の健保は上がったし。
しかしそれは既得権者の主張にしか過ぎないのかとも思ったりする。
自由化されれば色々勝負もできるかもだし。


少々独善的な視点が多いように見受けられるが、現体制では立ち行かなくなることは明白なので改革の試金石にはなりうるだろうと思いました。

業界人にはお勧め?の一冊です。

防災訓練

2009年09月19日 | 仕事関係

今日は弊社の防災訓練
スタッフが作った火がカワイイ

(財)介護労働安定センターへ。
雇用管理制度等導入奨励金の事務確認。

うーん・・・これって対面でやる必要があるんでしょうか・・・

計画の口頭確認だけ。
ビルの12階にあってフロア自体も静か。
活気があるとは感じられません。
ここも特殊法人の一つ、なんか整理統合されそうな雰囲気。

この事業も先だっての景気対策の一環。
今読んでいる本には”効果が薄い無駄な事業”と名指ししてあって驚く。
申請している身分ですが、介護労働人口の底上げにつながるとは考えにくい。

手出しは無いし(補助率100%!)、社会保険労務士というプロの目で弊社規定を洗いなおしてもらうのも良いかも。小額といえど大村に税金還ってくるわけだし・・・ぐらいの感覚で申請してみたんですが。


凍結されませんように・・・

死へのリハビリ

2009年09月18日 | 仕事関係
大村市の環境審議会に代理出席。
報告中心の会議でしたが気を吐いていた委員が。
見覚えがあるなと思いきや市社協の事務局長だった。市役所OBなのかな。

私も悪臭についての質問を。
三浦を通る方なら「産廃施設反対!」という看板を目にされたこともあると思います。
私は仏舎利経由でサイクリングするのですが、その施設の前ではいつも化学系?の悪臭が。その空気を吸いながら自転車をこぐと病気になりそう。

ということでその場所の話もしましたが、三浦からは悪臭の苦情が無かったとのことでした。隣接した民家は無いからでしょうか。

とにかく産廃には反対だ!というわけではありません。
じゃあゴミ出すなよって話になりますし。
生産活動には産廃がセットですから難しいもんですね。


資料の最後に環境用語の解説ページがあり、その中に「マニフェスト」という用語があって驚いた。産廃業者への委託管理票をマニフェストと呼ぶんだそうです。


夜は在宅ケアセミナー。

リハビリテーションについての3名の講演だった。
受講者からの質問のなかでターミナル(終末)ケアについての話が

「リハビリは利用者の良くなる過程が報酬のようなもので、終末に向かってのリハビリには意味を見出しにくい。だが棺に骨や関節を折らずに納めることのできる綺麗な体をつくるという価値があると思っている」

経験豊かなそのPT(たぶん)の悟りに触れたような気がしました。


弊社創立から13年。

入居当初はお元気な方が死を迎えるまでの過程を傍らで経験する。
そのたびにやるせなくなる。
私は後どれぐらい生きるのだろうかと思ったりする。

介護という仕事は死への過程に寄り添うことなのだと再確認した重みのある言葉でした。

覚悟という太刀

2009年09月17日 | 所属団体・地域活動など
の切れ味鋭し。

T直前さすがです。
昨年日本JCの委員長の動きを垣間見せて頂き舌を巻いたものです。
JC会館の空気にまた触れたような。

私は気が抜けているのか、それとも目線が移ろっているのか。
あの烈火のような熱さを伝えきってないな、とも思いました。

日本とLOMには確実に温度差があります。
この温度差をどう埋めるのかもリーダーの資質でしょうね。


まあ言われっぱなしじゃ面白くないですし頑張りましょう

今日は労災関係、環境審議会の代理出席、在宅ケアセミナーでした。

労働力の流動化

2009年09月16日 | 仕事関係
全体会議、町内会、そして深夜は先輩方と。
夜に3本入ると忙しいですね。

さて労働力流動化の波が弊社にも。

というのは冗談ですが、昨日新人が入社。
男性だったので「女性の中での仕事ですよ」と念押しするも、がんばります!という話で採用。

休憩室が狭いし、女性ばかりでは息も詰まるだろうなと拡張することにした。

男性の制服も初めて新調した。


・・・就業1日であっさり退社(- -;)


創業当時から頑張ってくれるスタッフも居ればこんな方もいらっしゃいます。
経営者としては働きたい・働きやすい職場作りを目指すしかないのですがなんか空しくなりますね。

気になるのは弊社が発行した証明書
アパートを借りるために内定通知なるものが必要、とのことだったので発行。
ウチに責任は無いと思うんですが・・・どーすんだろ?

ノイズはスルー

2009年09月15日 | 政治や思想

北松浦JCが英断、平戸市長選にあたってのマニフェスト型公開討論会を敢行します。

ちょっと前にご相談を受けたかと思いきや速攻実現とは驚き。
勢いあるなあ~北松浦

I理事長はブロック同期なんですよ。
マジで応援してますからね。

コーディネーターはおなじみ神吉氏。
10月9日、平戸文化会館にて19時開会です。
私もなんとか駆けつけたい。

事を興そうとすれば批判を受けるのは当たり前。
いわれなき誹謗中傷も付き物です。
また、セオリーや順番に重きを置きすぎると大事なものが見えなくなります。

時間の無い中での開催ですから臨機応変はやむなし。
でも理念は変えず、ノイズはスルーで。

頑張りましょう!

長崎くんちってその程度?

2009年09月14日 | 政治や思想

公民館の引越し作業もほぼ終了。
旧公民館倉庫の棚やらコンパネやら大量のゴミ?資源?が。
捨てる勇気が大事ですよね。

さて長崎新聞の県庁舎移転特集
子どもの太鼓演奏もあったそうで、なんちゅーか・・・
県庁舎移転ぐらいで無くなる祭だったら、とっくに無くなってると思いますけどね。

県庁舎移転懇談会のメンバーでしたので色々と意見は述べましたが、一部ではまだまだ燻っているようです。

独自に数人の県庁マンに質問しましたが
”アーケードでは買い物しない、夢サイトが便利、もしくは住所近隣”
との声が多かった。
県庁が移転しなくても、アーケード自体が変わらなければ、シャッター化は加速するでしょう。行政頼みな時点でもうアウトっぽいですが。

来年2月は県知事選挙
これが争点になるんだそうで・・・なんとも情けない話。
もっと未来のビジョンを語って欲しいものです。


O仁田氏が出るとか出ないとか・・・・(- -;)ハア・・・

一人チャリソン

2009年09月13日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー

天候不良ということで延期となりました。
結構な雨だったので英断だと思います。
これで1ヶ月猶予ができたんですから、リスク低減の為に更なる準備をお願いしたいところ。

こんな 地図 を作ってみました。


地図に無い道は直線で結びましたので若干誤差はあるかもです。
ネットで休憩ポイントや危険箇所の情報共有をしてもいいですね。
グーグル携帯であればGPSにもなるそうで、いろいろ使えそう。


夕方には雨もあがったので残念会へチャリで参加、アルカディアまで登りました。
眺めはサイコーですね。

アルカディアの入り口にお地蔵さんが祀られているのですが、初めてそのルーツを知りました。間引き地蔵だったとは・・・。
まあ自転車は道草が簡単なのが良いです。


今日は公民館の引越しです。