北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

消化不良

2009年07月29日 | 所属団体・地域活動など

公開討論会に足を運んで頂いた皆さんに感謝します。
ご参加頂いたパネリストの皆さまに感謝します。
汗をかいてくれたスタッフに感謝します。

しかし思い描いていたものには程遠く、消化不良。
ホットな論争に成し得なかった所以は私の手腕不足に寄る所なのか。
政策や政見の違いもあまり際立たなかったような。
(というか、あまり違いがないのかな?)

参加者数も振るわず空席が目立った。
事前告知は新聞記事とビラ配りだけ。

しかしそれでも諫早や大村の討論会は満席になった。
この違いは何なのだろう。市民性か、それとも政治への諦めなのか。
いよいよ総選挙ということもあり注目度は高い、会場は埋まるだろう、とタカをくくっていたのは否めない。
JCメンバーは県北はもとより県内、福江からも駆けつけてくれていた。
一般市民と意識の差には愕然とする。やはり我々は特殊なのだろう。

とにかく皆さんお疲れ様でした。
ありがとうございました。

長崎市内で討論会をスタートさせた、という成果は事実です。
次に繋げていきたいものですね。

長崎新聞(拡大)

憂国くん

2009年07月28日 | 政治や思想
私たちが生まれ、育ち、死に場所に選ぶであろう「日本国」

「国」という意識が外交的に確立したのは明治維新以降だといわれここ140年ぐらいの話。
それからこの国には民主主義の足音が聞こえてきた。

民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。
実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。
これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。

              
とはウィンストン・チャーチルの言葉
ようは「民主主義は最悪だけど一番マシなやりかただ」ということ

衆愚政治になるかもしれない。けれどその結果の責任は有権者にあるというシステムだからというところだろうと思う。
我々の代表たちを選び、我々が生産する成果を預け、我々の住む国のシステムをつくる。
その代表を選ぶ機会が再び迫っている。

近代では政治や官僚があれこれ手をかけなかった自動車産業がこの国の経済成長を牽引したのは皮肉かつ幸運だった。
外貨を勝ち取り、それを担保として身の丈以上の成長を成し遂げた。
国土の均衡ある発展というスローガンの下、政治家の役割は霞ヶ関に集まったカネを地元に引き込む事だった。かくして途方も無い額の負債が積みあがる。
保有資産が帳簿価格で売却できる見込みは薄い。朝鮮戦争特需は戦後の日本を立ち直らせたが、今の日本を救う神風は吹きそうも無い。
ダイエットはどうやら成功する前にリバウンドがはじまりそうだ。
デフレは続くし自動車関連の倒産は5割増し。考え抜いて変身できない企業には斜陽が射すことだろう。

とかく失政を論いがちだが、そんな現状を作り出したのは有権者である。
それが民主主義が生み出した結果だ。

「太いパイプ」を提供する政治家を生み出したのも有権者だ。
お願い型の選挙に身を委ね、先のことまではあんまり気が回らなかったようだ。
だれかが何とかしてくれるだろう、と思っていたというところだろう。
そして苦しくなったら自分以外の誰かに責任を転嫁すればよい。
民主主義が最悪たる所以だろう。
しかし圧政や専制を選ぶまで先祖がえりする筈も無い。

そしてこの国の新たな責任世代は投票に行かない。
自分の一票で何かが変わるとは思えず合理的無知となる。テレビ政治を見ているとバカバカしくなってくるのは私も同じだ。
だからせめて政治に翻弄されまいと自己防衛に走るのは当然だろう。車を買わない、旅行に行かない、高級ブランドには興味が無い。
そして既得権益世代の中で迫った寿命に目を背けず次世代に残したい国づくりを考えているのはどれくらいの割合なのだろうか。

満遍なくバラ撒いていた補助金と公共工事をストップし、教員免許を廃止して教育を再生し秀逸な研究者を育て、世界市場に打ち勝つ技術立国になるのが復建の近道だと思うがどうだろう。バランスを欠いているだろうか。
もしくは市場に背を向け食料と文化を糧とした鎖国にしてしまうかだ。文化や国土が美しさをとりもどせば観光外貨が増えるかもしれない。後者のほうが混乱を招きそうだ、優秀なマネージャーはお国替えをするかもしれない。

現実を見ればどんな政治が行なわれても経済的には苦しい時期が続くだろう。
選択枝も豊富とは言えないと思う。
しかしそんななかでも我々は未来を選択しなければならない。

私を覆う政治には諦めの感が強い。
しかもそこから逃げることは今より簡単かもしれない。
麦藁帽をかぶって草を苅るのは気持ちがいい。
単車に向かいスパナを振るうのも無心になれる。
畑仕事をやってみたいなと思ったりもする。

しかし、

くだらねえと思うなら自分で変えてみろ、と
背を向ける前に戦ってみろ、とも言う私がいるのも事実だ。
それの源泉は自らで涵養した愛国心だとも思う。
私の中には憂国くんが居るんだろう。


明日は長崎で命を掛けてくるであろう4人の国士を迎える。
踏み込んだ方々に礼を失してはならない。

身を清め、真摯に、真剣に


切り結ぶのみ。

代償

2009年07月27日 | DAYS

わが弟から旅行のお土産を頂く。
なかなかカッコいいチョークバッグ。


その代償はトライクモンキー(- -;)
公道デビューは弟となりました。


・・・貸すだけだぞ!貸すだけ!

イーネッ

2009年07月26日 | 所属団体・地域活動など

最終日はやっと横浜らしく中華街。

明後日の討論会についてあちこちから電話が入りはじめています。
スイッチ切り替えて行きましょう。
とっととPP仕上げなきゃ。

夏越もあるねえ・・・(- -;)

お疲れ様でした

2009年07月26日 | 所属団体・地域活動など

つわものどもがなんとやら。
委員会ルームも寂しげになりました。

なかなかにいい事業に仕上がったのではないでしょうか。
私は講師担当で久々に全力疾走、汗だくになりました。

よしりんとともだちん(失礼)コンプリート(^^)

ビップな感じ

2009年07月25日 | 所属団体・地域活動など

ハマが一望できるビップな控え室。
そのまま大ホールの貴賓席に通じています。

バックヤードをうろちょろできるのも日本出向ならではです。

伊丹さんとの交流も盛り上がりました。
予定者は同級生K君!頑張って!

連日

2009年07月23日 | DAYS

スパーク中

夏越やら討論会やらサマコン事業やらで訳がわかりません(- -;)

予定者

2009年07月22日 | DAYS

衆議院解散となりました。
新聞に堂々と「予定者」と報道されていますね。

そういや市議選の時にバカなクレームを受けたことを思い出しました。

私のサイトに立候補予定者と明記していたら、警察から呼びだされて「選挙違反だから削除しなさい」とご指導を受けました。
なんでも他の陣営からのクレームだったそうで、警察としても対応しなければいけないので・・・とのこと。

佐賀県古川知事のサイトでも知事選前に「予定者」と明記してあったりするし、持論を展開しましたが、あんまり警察と対立するのもどうかと思い、最後には削除しましたっけ。

そのバカな陣営の人は受かってるんだろうか?


さて目まぐるしい現在

・夏越で神事部会(たまに事業&広報)
・50周年アンケート回収ドサ周り
・週末サマコンで講師案内調整
・28日公開討論会の調整対応

あとやっぱり仕事もありますので、もう何がなんだか訳がわからなくなってきます。

その他にも色々と・・・

バイクも治さないと・・・


夏がキター

週末はサマコンへ!

2009年07月21日 | 所属団体・地域活動など

T委員長をトップとする国防委員会はサマーコンファレンスにて国防フォーラム
「国を護るということ」を開催します。

講師およびパネラーは

・小林よりのり氏
・長谷川慶太郎氏
・佐藤正久氏(ヒゲの隊長ね)

のお三方、私はその案内係です。

あわよくば、よしりんとともだちん・・・(古)どーもすいません



写真は全国デビューおめでとうのA君
今月号には会頭予定者の意見書も載っています。

「論ずるに終わることなかれ」

提言に惑わされずを実現させるロードマップが必要・・・

その通りだなあ。

今日もアンケート回収頑張ります。