北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

今年は神事部会

2008年07月31日 | 所属団体・地域活動など

に配属されました

お神輿のお下りお上り、お旅所周りが担当

実はJC在籍12年目にして初の配属
何がなにやら全く分かりません(- -;)

今日は外作業がメインです

あちーよー

ここから会社は変わり始めた

2008年07月29日 | 本や音楽、講演などなど
とある社長からの頂き物シリーズ第7弾





企業風土の改革に取り組んだ社員の奮戦記
それも自発的にはじめた様々なケースが細やかに記されている
全体的に論理的で固めの本

ただ社員1500人なんて大企業、そして製造業の話が中心なので弊社に応用できるケースは少ないか

ただ「やっちゃいけない」ことはなんとなく学べたような


頂き物シリーズ、長期間手をつけずにいましたがやっと7冊全て読了

なかなかこの手は買わないもので勉強になりました
S社長、ありがとうございました
感謝m(_ _)m感謝

おやじのせなか ~雑感~

2008年07月28日 | 第34代長崎ブロック会長の日々
ご参加いただいた皆さんありがとうございました

段取り不足の面も否めませんでしたが、参加者の皆さんのご協力のお陰で五島の魅力を再発見した3日間でした

この事業については当初から「ブロックでやる意義」で論議がありました
LOM事業と変わりはないのではないか・・・等々で委員長も苦労していたのではないでしょうか


私はやっぱりやって良かったと思っています

ただの親子キャンプ、と言ってしまえばそれまでですが、そんな機会をとにかく一つでも多く提供することが青少年育成には必要だと思っているからです

LOM・ブロック・地区云々というくくりはJCの論理であって子どもたちにはさほど関係の無いことと思っています
(だから議論しなくていい、という事ではないのですが)


今回の事業については、日本JC協働の学の夏休み、そしてすけ漁やマイ箸づくり、環境セミナー、県内一円から参加者を募るのことがブロック事業のエッセンスになるのでしょうか


楽しい夏を親子で過ごした、という「思い出」は子どもたちの心のなかでとどまり続けます

それは親子の絆を深めることに繋がるはず


とにかく大きな怪我や病気もなく一安心
ただ参加者がJC関係者中心になってしまったことが残念なところでしょうか



解散式で子どもたちから「またこんな機会を作って」との言葉が

嬉しいことです


W菜委員長ありがとう、そしてお疲れ様でした
そして事業を支えてくれた全ての皆さんに感謝


五島の青い海、青い空
久々に虹も見れたし最高の夏休みでした

下げ

2008年07月24日 | 第34代長崎ブロック会長の日々
佐世保の会員会議所ではオブザーバーが多く緊張してしまう

審議も6議案の取り下げ
もっと精度の高いものにという事ですから、上程者の皆さんめげずにがんばりましょう
事業も会員会議所ありきでは無い、というコメントいただきありがたかったです


今日も仕事で佐世保
夜はOB交流会
明日からおやじの背中プロジェクト


朝からシートベルト違反
いつもはしているのに今日に限って(- -;)
皆さんもお気をつけくださいね


忙しい日々ですが深呼吸していきましょうね

議事録

2008年07月22日 | 第34代長崎ブロック会長の日々
長崎県庁舎移転懇談会の第1回議事録が公開されていますよ

コチラ からどうぞ

誰が何を言っているか分からない匿名記載はやっぱり違和感がある


「発言内容により委員が恫喝されるなどの危険性がある(過去に実際あった)」
「誰が何を言ったではなく、どういう議論がなされているかが大事」


この二つの意見で私の完全公開を、という意見は覆され匿名が決まったのですが・・・

議会の議事録は完全公開、恫喝・脅迫もあるのかしら?
それを回避するために匿名にするより、そんな輩を一掃するのが先だと思うし、そんなけしからん奴がいる=反面教師にもなるのでは

選挙を経た有権者の代表ということでもないし、強制力もないので仕方ないことでしょうか



まあ今後も頑張ってきます
ご意見あればお寄せください

ありがとうサマコン

2008年07月21日 | 第34代長崎ブロック会長の日々
サマーコンファレンス行ってきました

理事会&ブロック会長会議からはじまり、質の高い講師陣によるセミナーを4コマ
大変勉強になりました

私が受けたセミナーの講師はどなたも高い見識をお持ちの方でしたが、呉 善花(評論家)がマイベスト

韓国人特有のイントネーションはあるのですが、質の高い理論と構成、そして癒し系な雰囲気(^^;)にがっちりハートを捉まれてしまう

聞けば拓殖大学の現役教授で講義にはいつも学生が溢れ返っているとか


都会の人の多さには閉口しますが大きな本屋があるのも嬉しいところ
メインフォーラムⅡでの会頭対談とコーディネーターを務められた屋山太郎先生の新刊とS水ブロ長おススメの本を買い求める

しかしデスクにはまだ読んでない本が積んだまま(- -;)はよ読まねば
サマコンは何度行っても学びと気づきがあります


ただ、カーボンオフセットはどうかと思いました
CO2排出権取引もそうだが、出してるCO2をカネ払ってチャラ、という発想にアレルギーを感じる
そもそもCO2を温暖化の根拠にすることが科学的でない
(温暖化は進んでいるのですけどね)


まあこれも一つの気づきでしょう

なにはともあれ今年は勇気も貰うことができたいい夏合宿でした


そのサマコンは本当に多くのメンバーに支えられています



ご当地LOMはもとよりセミナーを開催する日本JC議長委員長

そして炎天下、案内を黙々と続けるメンバー



声を張り上げるメンバー

本当にありがとう
そしてお疲れ様でした


皆さんのお陰で良い学び、そしてスイッチを入れなおすことができた二日間でした


私たちの任期は12月31日まで
イノベーションには「厳しさ」も不可欠です



反省事項・・・

某日〆の挨拶時、私語が耳障りでしたので「静かにせんかー!」と怒鳴ってしまう
「みんな静かに聞こうぜ!」と呼びかけるべきでした
上から目線ですいません

酒の席とはいえ少々感情的な物言いだったと反省中