北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

公務その3

2007年09月30日 | 所属団体・地域活動など

竹松部隊創立55周年式典に出席
日の丸を掲げる直立不動の隊員、1時間以上微動だにせず
天晴です

しかし3人の国会議員の祝辞はさながら政党討論会のようだった
そんなことを述べ合う場でも無いと思うのだが・・・


ということで全国大会に欠席した週末の公務3連発でした


予定者として行かねばならぬ、という気持ちはあったのです

ただ、次年度の紹介はあったのですが、出席義務のある会議がゼロという状況

そして、他団体ですが、同日程で上海訪問団の報告会&総会&etc


悩んだのですが、全国大会は登録だけとさせて頂き、本年の役割を優先させて頂きました


失礼、不義理、多々あったかと思いますがどうかお許し下さい

公務その1

2007年09月28日 | 所属団体・地域活動など

(財)国際交流協会の理事&今年は上海訪問団の団長でしたのもので、母校の大中で報告会

パソコンが並べられた教室に時代の流れを感じつつ、全校生徒に体育館でスピーチ
原稿準備無しで望んだもので、すこしギクシャクしてしまいました

旅日記的なものは生徒の報告にお任せ
私は団長&先輩としての話をしたつもり

・旅に出よう、新しいことに挑戦しよう
・旅という非日常に身をおくことで日常の素晴らしさを再確認できる
・日常をより良くしよう、という気づきを生む
・旅に出る為にはハードルがある、そのハードルを越えれる力の有る人間になって欲しい
・学校で勉強した「結果」は社会に出てあまり役に立たないが、勉強という「行為」そのものが、社会で必要な「生きる力」をつける為のトレーニングになる。だから勉強やスポーツに励んで欲しい
・みんなが強い生きる力をもてれば、社会はより明るく豊かになっていくと思う
・寺山修二をもじって「ゲームを捨てよ旅に出よう」という言葉を皆さんに贈ります

なんて事を

壇上からだったので私の想いが伝わったのかどうか分かりませんが、思いのまま、心のままに話してみました

失礼な点があればどうぞご容赦
最後に「ご清聴ありがとうございました」と思わず
講演じゃないってのに

体育館はスゲー熱さ、汗だくになりました

全国大会

2007年09月27日 | 所属団体・地域活動など

盛り上がってますか?

この週末、公務が数件入っていたもので参加できませんでした
予定者の身ながら大変申し訳ないっす
m(_ _)m

来年しっかり頑張りますのでどうぞ御勘弁
ということで登録だけとなりました

このモバイルクリーナー使いやすいな

北村弁護士って熱いのね

2007年09月26日 | 政治や思想
三役会明けて予定者ミーティング

皆さん忙しい中のご出席ありがとうございました
いろいろとお気遣いも感謝感謝でございます

今後もお願いばっかりですが、どうぞよろしくお願いします


以下一部のクエストにお答えして

北村弁護士の麻生太郎氏応援演説

in新宿(注・音が出ます&9分弱)



わたくしは、自民党員でもなければ、政治家でもありません。
だから、この自民党がどうなろうが私は関係ない。
しかしながら、麻生太郎が大好きで、日本の国が大好きです。

今、この自民党の総裁というのは、
イコール日本の首相です。
だから、この総裁選は捨ておけない!
捨てておけません。

私から見ると、部外者の私から見ると
この、長老の、あらゆる派閥の領袖といわれる人達が
この麻生太郎に抱いてる感情が手に取るように分かる。
「あの少数派閥の麻生めが」
「あの麻生が、なぜ国民に人気が有るんだ」
「何故なんだ、あんな奴に首相になって欲しくない」という
ジェラシーですよ、これは。明らかに。

なぜか分かりますか?
麻生太郎の話を少しでも聞いた事のある人、
例えば10分以上聞いた事のある人は
あの、具体的で、説得力があって、熱意があって、
この人には力があると、みんな思うんだよ。

ところがどうだ?
今の派閥の領袖といわれる人達、
あの人達の話を聞いて、そう思えますか?
全く僕には思えない。

だから、今回のもし総裁選で、
この派閥の領袖といわれる人達の、この、推す候補が、
そのままエスカレータ式に首相、総裁になって
そのまま首相になるようであれば、
私は今後、自民党の批判を続けるつもりだ。
自民党はもう無くなった方がいい!
そんな、そんなやり方で首相が決まって、
長老達のジェラシーで、首相が決まる様な国であれば、
これは、あの民主党、

私から見て、この民主党の政策というのは、
私から見ればですよ?
素人の私から見れば、
この自民党政権がかつて犯した過ちをそのままやろうとしている。
例えば農業政策。最も悪政と言われた、農家にお金をばら撒く様な政策を
これからやろうとしている。
いいですか?
日本が国際貢献をしようとしている、このインド洋上の給油、についても
これを国益、日本の国益を考えずに中断しようとしている。
そんな汚い政党でも、

いいですか?
そんな汚い民主党でも、
今、この自民党総裁選で、麻生太郎が簡単に負けるようであれば、
まだあっちの方がいいかもしれないと俺は思っている!

どういう事か分かりますか?
どういう事か分かりますか?
いいですか?
人間の言葉が説得力があるというのはどういう事なんですか?
政治の問題は難しい。
だけど、その難しい事を分かり易く、
具体的に話せる人間というのはどういう人間なんだ?
その、政治の本質を分かっているから、
分かり易く我々に話す事が出来るんですよ。

いいですか?
政治の話が分かり易くできない人間というのは二通り有るんだ。
ひとつは、本音を語ろうとしない人間。
もうひとつは、頭の悪い人間なんだよ。
このふたつしかないんだ。
そこが、麻生太郎と全く違う所なんだ。

もうひとつ言わせて貰います。
「私は」
例えばですよ、
「私はお膳立てが全部揃わなければ出ません」と
「私はお膳立てが全部揃わなければ出ません」と
こういう風に言う候補が居たとすれば、
これは、弁護士の目から見ると、非常にプライドの高い男だ。
これはどういう事になるか?
いいっすか?
この人にもし日本の未来を託した場合、
ある局面では、国益よりも、国民の生活よりも、
自分のプライドを優先するだろう。
そういうもんなんだよ!
いいですか?
それは分かるだろう!
私には分かる。

いいですか?
日本の国益を担って、
首相として歩む為には、
強さが必要なんだよ、人間としての強さが。
その為には
「自分こそ総理にふさわしいんだ」と
「自分こそ総理にふさわしいんだ」と
皆が思って、自分も思って
それで、敢然と立ち向かっていく
そういう人間でなければ駄目なんだよ!
それが分かるか!

僕は、今回の総裁選を見てて、
マスコミも分かってないし、
一般の人ももしかして分かってないんじゃないかと思ったの!
だからここに来たんですよ。
でも、先程、ネットの情報を聞いてみると、
実は国民は分かってるらしい!

こないだ、テレビの、テレビのね、ある番組で、
まー、政治評論家と称する人はこう言いました。
「秋葉原で、秋葉原では、だいぶ麻生さんの人気が高い様ですねえ。
だけど、彼らには投票権は無いからなあ」
こういう皮肉を言っている政治評論家がテレビで喋っとった。
こいつは頭が悪いです!
なんで頭が悪いか?

いいですか?
今、この情報化社会においては、
投票権が無くとも、自民党の総裁選にはこれだけ注目が集まってる。
そして、国会議員が投票する時に
国民の声を全く無視する訳にはいかない。
だから、国民の声を無視する訳にいかないから、
じゃあ、何が起こったんだ!

麻生謀略説。
「麻生が安倍の足を引っ張ったんだ」
こういう謀略説を流したでしょう、最初に!
あれはまさに国民の声を無視できないから世論操作しようとしたんだよ!
それが分かりますか?
こんな短い期間で、あの麻生謀略説をひっくり返すのは大変な事だ。
ましてや麻生太郎本人は非常に品のいい男だ。
だから、自分でそうじゃないんだなんて事は言わない。
だから品の悪い私が言ってるんだよ!
分かるかね?

いいですか、僕はね。
この総裁選で、もう一度言いますよ、
この総裁選で、麻生太郎が簡単に負けるようであれば
明日から自民党の悪口を言い続けるんだ!
そんな国会議員はみんな辞めちまえ!

マスコミの人間は、
如何に麻生太郎が力があっても、説得力があっても、
一切報道しない様に、しない様に、しない様にしてるよ。
これは本当の事だ。
マスコミを信用してはいかん!
マスコミに出てくる弁護士が優秀だと思ったら大間違いだ!
中には優秀な奴もおるけど。

いいですか?
そこでね、私は皆さんにお願いしたい。
馬鹿な国会議員でも、ど阿呆な国会議員でも、
麻生太郎が、麻生太郎が首相にならなければ、
国民から目を背けられてしまう、
そう思わせて欲しい。

最後に一点だけ、もう一点だけ、ごめんなさい。
麻生太郎は失言しすぎと言われている、
早く辞めろと言われている。
麻生太郎は失言しすぎと言われているがね、
ここを良く考えてもらいたい。
官僚答弁ばっかりする政治家の話は面白いか!
皆の事を考えて、我々の事を考えて、分かるように話をする
その麻生太郎が俺は大好きなんだ!

今日仙台で、仙台で、麻生太郎ファンが掲げた、この、紙、紙にね。
こう書いてあったそうです。
「四の五の言わずに総理にさせろ!」
それが私の考えだ。
以上!



--------

入閣しないで良かったような気がするのは私だけ?


ピースラリー2007

2007年09月24日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
を開催しました



といってもクラブツーリングみたいなものでしたが
メンバー以外にも数名合流があり、千羽鶴も頂く、嬉しかった



初日は原爆資料館見学、千羽鶴の奉納



翌日は大和ミュージアム、鉄のくじら館
1/10大和はド迫力

その後は独立した友達の店や、オススメのラーメン屋へ
楽しかったです

1000キロぐらいの旅、トラブル数回
高速上でJAYCEE遭遇1回(ほんと何処でもいますね^^;)
楽しく勉強になった良い旅でした

同じような道のりを長崎まで走ってくるバイカーが毎年いるってことに改めて感謝
そしてリスペクトです

また来年から迎える側になりたいと思っています

皆さん本当にありがとう
メンバーのみんな、お疲れ様、また走ろうね


あ~自分の単車が欲しい・・・

自衛消防隊大会

2007年09月22日 | 仕事関係
参加してきました



私は監督兼ジュース補給係(^^;)
惜しくも優勝ならず
選手の皆さんお疲れ様でした

防火防災の為にはいいイベントだと思います
ただセレモニーが長くてちょっと形式ばってたかな
まあ消防隊の大会ですからそれもカラーなのかもしれませんね

利用者さまの安全を付託されてるので、日ごろのトレーニングは大切です
優勝することが目的ではなく、全員が万が一の為に備えておくことが必要
次回は別のスタッフに参加してもらおう

大会では某JAYCEEとバッタリ
色々話しもできて実り多い大会でした

大会は予定より1時間長引き、地区の懇親会にギリギリセーフ・・・
と思いきやもう始まってた

そこでも色々と出会いが

ラストは久々、深夜の男焼き

良い出会いが多くて長~い一日でした


さて明日から広島と呉にいってきます
広島の原爆資料館は長崎とは全く違う演出があります
皆さんも機械があれば是非

呉は初めての土地なので楽しみです

忘れてすみません

2007年09月21日 | DAYS
Aさま>
完全に忘れてました
どうもすいませんでした(>_<)

手帳につけんといけないですね・・・
でも手帳がないとスケジュール何一つ覚えてないんだから困りもの

携帯で管理されてる方も多いみたいですが、今ひとつ苦手でして・・・
それに携帯をよく忘れるんですよね

朝のラジオで自分の恥ずかしい写真を待ち受けに設定しとけば忘れない、っていってたな(^^;)


なんかいい方法はないものか

今日は自衛消防隊の大会
私は監督、めざせ優勝

地区には懇親会から合流いたします

介護保険事業者指定更新制度

2007年09月20日 | 仕事関係
制度変更の説明会に参加

コムスンの不祥事を受け、介護保険事業者の指定(営業許可みたいなもん)が制度変更となったのです

コムスンがやってたことをざっくり説明すると

①架空請求等の不正が発覚
②指定取消される前に自主廃業
③別法人として新規に申請
④県としては申請を取り下げる法的根拠が無いので事業が再開できてしまう

という法の抜け穴をついてたんですね
詳しくは書きませんがコムスンの経営方針についてもどうかと思いますよ


で、今回の改定で

不正により刑を受ける人間が役員や管理者にいるなら免許あげませんよ、ということになりました

でもさ、親族を役員や管理者にして傀儡とする輩もいるわけでしてね
どうすんですかそんな時は


それに更新手数料を取る、ということだそうで
まずは軽く1千万は県の収入に

それ何に使うんでしょうか?

受益者負担の原則で、って言ってましたけど、こちらは手数料取られた上に事務手続きが増えるだけ、負担になっても利益にならない

まあ悪質な業者を締め出すから、全体の利益になるという論法もあるだろうが、それなら事業者だけでなく、サービスを受ける方々や、国民に負担を求めるのがスジだろうよ


こんなが法案さっくり通って話題にもなりませんでした
政治家さんもうちょっと頑張ってくださいな


理事会お疲れ様でした
久々に2時過ぎで眠いです

戦争論1・2・3

2007年09月19日 | 本や音楽、講演などなど
読書の秋ですね







もともと好きな作家だし、ゴー宣はチョイチョイ読んでいたので、半分以上記憶にある内容だったが、加筆部分の読み応え十分で満足
オススメです

主張もほぼ理解できるし、センスも良いし、内容にも賛同できるのです
でも漫画という媒体のせいか、それとも作風のせいか
ヒステリックに心酔する人がいそうで怖さもある

なにより国家観における断定が多いので反発も生むだろう
ただこれも一つの真実なのでぶつかり合いで構わないのかもしれないが、戦争という外交をテーマにしているだけに慎重さも欲しくなるところ
落しどころはいいと思うんですけどね


私は戦争反対のスタンスは崩さない
かといって思考停止しているわけでもない


長崎ピースラリーという活動を7年やってきた中で「9条を守れ!」「改憲は軍国主義に繋がる!」と叫ぶような方々とも接点がありました

そんな夢の世界の住人の話はおいときましょう


更なる平和の維持のために私が考えうるのは

・憲法改憲
(改正か改悪かは歴史が判断するものだろう)
・軍備を増強&志気向上
(でも核装備には反対、それやっちゃうとどこぞの大量虐殺是認国家と同じになってしまう)
・さらなる文民統制
(大臣が次官をとっとと更迭できないようでは困る)
・ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムによる自虐史観を撤廃させうるような史観教育
・靖国神社を国が維持する特殊法人化
・在日米軍に自国へお帰り願う
・イラク補給活動は中止
・日米安全保障は出来るだけ利用しながらいつでも完全なる独立を果たせるように周到に行動すべき
・国連安保理常任入り


ぐらいでしょうかね


なんか小林よしのり信者?って感じですがそんなことありませんからね


再記しますが戦争には反対です
肯定もしません

戦争が起こると大切なものを沢山失うだろうと思う

美しい山河や家族、友人たちを焼き払われる事だってある
英霊には畏敬の念を抱きますが、戦争には美談も醜聞もあるはず

政府は戦争を回避する最大限の努力をやるべきで、そんなパワーバランスを構築する為には上のような事が良いのではないかと思うわけです

あくまでも私の仕込んだ知識の範囲での考えですが



大東亜戦争は起きるべきして起こったのだと思う
今だって戦争は起こるかもしれない


その時はどうするのか?と問われたら


国外逃亡もしたくないし、無抵抗主義者になるつもりはないことだけは断言できる



でもここで志願兵となって戦う!と言い切れないところが弱さなのだろうか
そりゃ目の前に敵兵が迫ってきたら戦うだろうが


まあ自分が出来る事をしたいと思うし、盾と矛をとり戦える人間でありたいと思う



今年のピースラリーは広島と呉

熱烈歓迎

2007年09月18日 | DAYS

弊社に上海より視察団が

視察日程の中で老人福祉施設をとのリクエストだそうで
先般の訪問団長やらせて頂いたのがご縁

上海でお世話になった方もあり懐かしかった
質疑では政府の支援体制や利用料、入居条件などを
気になるところは何処でも一緒ってことでしょうか

夜は歓迎の懇親会

参加者も市長をはじめお歴々勢ぞろい

お開きでとっとと帰るつもりが二次会にお誘いいたく
なんとも濃い面子のなかで”政治上手の選挙ベタ”との評定を(^^;)
色々勉強になりました

G>
呉は江田島を見たほうが良いとのこと
必要なら案内を付ける、ととある将官がオススメでしたがどない?

もどりました

2007年09月16日 | 本や音楽、講演などなど
妻との二人旅でリフレッシュしてきました
色んなスケジュールをぶっちぎり申し訳ない

お互い時間がないもので・・・でも久々にゆっくりできました

で、旅の間も読書で頭もリフレッシュ



古典ですが現代に当てはめられる部分があるんですね
武田信玄の風林火山は孫子がベースとはつゆ知らず
口語体になってて読みやすいです
オススメ



うーん・・・タイトル負けか(- -;)でも売れてるらしいですね
ちょっと軽すぎたか
自己肯定したいときにどうぞ



サマーコンファレンスでもおなじみです
すこし熱すぎるかもしれませんが、イノベーターはこうでなけりゃいけません
勇気をもらえる一冊
経営者なら是~非!オススメ



さてさて社会復帰なんですが、総裁選ですね

個人的にはなんか安部さん可哀想だな、と思ってます

周りに足を引っ張られた、というか・・・
年金改革、公務員法改革、しっかり通しているし、戦後レジームの脱却なんて正面切った政治家は少ないのでは
国民投票法も成立させてますしね

まあ生活感がないのは否めませんが、天下国家の計を司るポジションですからして・・・

今回は民主党の選挙戦略とマスコミに負けたかな・・・と思ってしまいました
まあ時の運も政治家の実力なんでしょうか
とにかくお大事に、でございます

で、ネクストリーダー

私は麻生氏に一票(もってないけど)

政策については似たり寄ったり
その中で決め手になったのは靖国の見解がポイントです
地区大会で話しを聞いたからじゃありませんですよ

日経新聞の両氏のプロフィールには作為があるような気がするのは私だけ?

911

2007年09月11日 | 政治や思想

911というテロ行為についての考え方が変わりつつある

テロ行為は決して許されるものでは無い

しかしその後のアメリカの行為を見ていると、ハイジャックした若者たちの心情を慮ってしまう自分がいるのだ

私の家族や郷土が蹂躙され、自分が生き残ったとしよう
そして死を恐れず、ジハードで命を賭すのはむしろ名誉なことという教義に育ったとしよう
私も同じ事をやるのではないかとふと考えてしまう

現に「俺たちに核があれば即座にアメリカにぶち込んでやる」といってはばからない若者がいるのだ

こちら側からみるとまさに憎悪の連鎖だ

しかし、その渦中にいたとして、それを止めようとするが出来るのか
そんな聖人君子になれるのか



私にはそんな自信が無い



しかし、考えることだけは止めない様にしたい

Do it yourself

2007年09月11日 | 仕事関係
こんなんできました

素人仕事なんで粗多し
どうぞ眺めにきておくんなまし

例会お疲れ様でした
理事長挨拶が気迫がこもっててマイベスト
新しい仲間もおめでとう

さて今日から旅に出ます
敬老の日に戻りますので探さないで下さいね(^^)