北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

部会始動

2007年05月31日 | 所属団体・地域活動など
長い1日でした
午前中は講演、午後は評議会

夜は夏越の出店事業部会、広報部会が開催



今年のポスターデザインも確定

その後は事務局にて設営と催物の事務局会議
帰宅2時半(- -;)

まあ、いい休肝日になりました

社会福祉協議会

2007年05月30日 | 所属団体・地域活動など

評議員会に参加

基金取り崩しについて少し質問をさせていただく
事業って大変ですよねえ、国の政策に左右されるもんで社会保障関係は厳しいです
弊社も社副なんで基本的には同じです
頑張りましょう

現役市議もいらっしゃいました
少々勉強不足の方もいらっしゃるようで、キャッシュフローを読み解く勉強ぐらいはして頂いて質問していただきたいです

サービスを充実させる事は良いことだと思いますが、その原資をどこからもってくるのかぐらいは理論武装して望んでいただきたい
議場が混乱するだけです

公共的なサービスを充実させる=原資を確保する=予算の配分でしょう

それは政治家の仕事です

連合婦人会にて

2007年05月30日 | 政治や思想
総会の講演を依頼されましたので恐縮しつつまちづくりの話を

演題は「よりよい大村づくりのために~私達に出来る事~」

まちづくりの種類や政治に関係した話をさせていただきました
どこでも行きますんでお気軽にご依頼くださいね
もちろん無料でございます

連合婦人会は昭和23年創立の歴史あるまちづくり団体
私も勉強になりました


誇り高き国、日本

2007年05月28日 | 本や音楽、講演などなど
旬としては過ぎてますが
I直前会頭の著書

私の理事長時代に会頭選挙があり、勝った会頭
討論会も開催され、良い闘いだったと思う



素直に共感できる部分多し
教育と子育てについては激しく同意
でも違和感があるところもあり
全体的にすこし危うさを感じるのは私だけでしょうか

I直前会頭ってやっぱり保守本流なんですねえ
青年会議所と銘打つなら、総裁との握手写真なんかは野党派からの異論があるのではと心配してみる

しかし、ハードのまちづくり=政治、立法に口出すことは大賛成
ソフトのまちづくり=市民意識の改革を幾らやっても投票率は上がらない、って現実もありますしねえ

それに、まちづくり団体は他に幾らでもありますから
「JCごっこはもうやめよう」とよく言われていたのを思い出しました
その通り!と思う反面、会員減るかもね、って思ってたっけ

でもねえ、サロンやサークルならば存在意義はないでしょうな

ちなみに会頭選挙で敗れたHさん、今は衆議院議員
I直前会頭も是非出馬していただきたい方です

ちなみに私の理事長時代の会頭、第54代T会頭は民主党から参院選出馬です

佐世保で名刺交換したっけな
頑張って下さ~い

自治体連続破綻の時代

2007年05月25日 | 本や音楽、講演などなど


現役埼玉県和光市議 松本武洋

著者の写真にどっかで見た旗が(^^;)

専門用語が多いのでとっつきにくさはあるが、専門書まではいかない
是非議員には読んでもらいたい
夕張市の経緯なども書いてあります

単式簿記は止めたほうがいいですよホントに
私もあと数回読み直そうと思います

現状を知れば知るほど、政治家って割の合わない商売だな、と思う
もちろん「政治屋」を除いてだけど

自分の商売だけしっかりやってたほうが良いかもしれない、と思わせる一冊です

ここまで悪くなった現状を作りだしたのは政治家であり、選挙民である

まあ今後負担が下がる話はあんまりないだろう
当然の報いかもしれない

4年でなんとかなるレベルの借金じゃないし
議員を名誉職だとか人気投票で選んでいるうちは政治の未来は無い

でもねえ、難しい話しても選挙は勝てないんだよなあ・・・

分かりやすい話を、ってのは分かりますよ

でもね、政治家も市民もあくまで対等だと思ってる訳ですよ
だから媚びる必要もないと思うし、偉ぶる必要もない

「分からない」なら「知ろう、学ぼう」という思考になるべきなのではないか
手取り足取り噛み砕いて分かりやすく説明してくれる人をただ待っているうちは進歩や進化はありえないです

それとも言いくるめられているうちが幸せなのかな?
まあ税金の話ですからね
給料全額もって行かれるわけじゃないし

負担が大きくなってから政治に目を向けだすんだろうか
もう遅い、ってケースが多いでしょうけど

私見ですが政治とは「強制力を伴うまちづくり」であると同時に「経営」である、と思っています

経常収支比率や義務的経費比率の適正値を知らない議員が大村にいない事を願うばかり

会員会議所会議&仮入会セミナー

2007年05月24日 | 所属団体・地域活動など
午後より諫早にて会員会議所会議



議場は体育館のような感じ
開放感溢れてます

夜は仮入会セミナー
私は「夏越とは?」というテーマでスピーチ



制限時間4分オーバー
原稿も書いていたのだけれど全くその通りに行かず(- -;)
↓別記事でアップしましたんでどうぞ

全体的に準備が行き届いたセミナーだったな、と思いました
委員会の皆さんお疲れ様でした
m(_ _)m

「夏越とは」~仮入会セミナー~

2007年05月24日 | 原稿等
今回「夏越とは?」というテーマを頂きました。
夏越まつりは本年で28年目を迎える地域に根付いた夏祭りであり、本当に多くの市民がかかわりを持つ祭りです。
そこには多種多様な思いや見識があることでしょうし、私に与えられた10分という時間で語りつくせる物ではありません。
ですので、今回は「おおむら夏越まつりの起こりと現状認識、そして今後我々はどうあるべきか」に絞って、私見をお話しさせて頂きます。

この祭の起源は大村青年会議所が1973年から開催を始めたバンバン祭、というイベントでした。
この祭の起こりは「まちに夏の賑わいをつくりたい・市民との接点を増やしたい」という先輩方の思いを形にしたものだったと聞います。
また、「夏のイベント」という性格が強く、精神的・宗教的なバックボーンはありませんでした。
そして開催を重ねるうち、いつしかその祭にイノベーションを求める声が出てきたのでしょう。

ちなみに手前味噌ですがイノベーションという言葉には継承と革新のバランスがとれた良好なサイクルを作り出そう、という意味でご理解ください。

・市民の心に密着した伝統的な祭がほしい
・市外に出ている人たちが帰ってくるような祭りを創りたい

そんな思いが生まれ、祭の見直しが始まりました。
そして市内団体を巻き込み、相当な議論を重ねるうちに「神事としての祭」に意義を見出したのです。

神社には6月と12月に大祓いという神事があります。
この神事には半年間の罪やケガレを祓い、残り半年間を大過なく過ごせるように、という願いが込められるものであり、同時に「生かされている」という神への感謝の心や畏敬の念を醸成する手段でもありました。そして夏の大祓いは、夏を越す祭、夏越祭と呼ぶのです。

そこに注目した先輩方は、市内25神社合同にて全市の大祓いを行うという形で、おおむら夏越まつりを発案しました。
JC主体で行ってきたイベントであるバンバン祭を、「神への感謝の心」を基調とした、みんなで創り、みんなで楽しむ市民総参加の祭としてイノベーションした、といえるでしょう。

そして、おおむら夏越まつりには4つの基本方針が策定されました

(1)みんなが参加し、創造し、楽しめるまつりであること
(2)全市民が理解し、協力し、誇れるまつりであること
(3)大村独自のまつりであること
(4)いつまでも受け継がれるまつりであること

この4つの基本方針のもと1980年、神事をバックボーンとしたおおむら夏越まつりが誕生しました。

今でさえ大村の夏のスタンダードな祭となっていますが、開催にこぎつけるまでには先輩方は相当なご苦労があったとのことです。

皆さんのお手元の資料をご覧頂ければお分かりの通り、市内の主要団体の殆んどが組織図に名を連ねています。
この数の団体への呼びかけや説得には相当なご苦労があったことと推察できますし、一口に25神社合同で行う祭、とはいいますが、前例などあるわけもなく、一升瓶片手に神社を回る毎日だったそうです。

また、まつり場は期間中歩行者天国となっておりますが、許可が下りたのが前日だった、なんていう綱渡りのようなエピソードもお聞きしました。

予算についても市の補助金も一部は頂いておりますが、市内全域からの寄付金や事業収入で成り立っている祭りです。
このことからも、行政主導の祭りではなく、大村市全体の「民の力」を結集した祭りである、ということがいえると思います。

黎明期の話や夏越の歴史をもっと詳しくお知りになりたい方は、OB交流会などに積極的に参加されて先輩方にお尋ねされたり、夏越マニュアルを参照されれば良いのではないかなと思います。

この祭は紆余曲折ありながら毎年開催を重ね、本年で28年目となりました。
私たちの愛する郷土「おおむら」の夏の風物詩として市民に定着しています。
私にとっては生まれながらにある郷土の祭であり、青年会議所入会のきっかけでもあります。
そして、我々は「明るい豊かな社会」づくりを目指すまちづくり団体として現状に甘んじることなく、このまつりを「大村の誇れる文化」へと更なる進化を、新たなイノベーションを起こさなければなりません。

大村JCにとっては、夏越まつりは夏の一大事業である、といっても良いでしょう。

前段のように市民の認知もさらに深まり、まつりの運営に必要なスキルやデータの蓄積も年々進み、いわば「安定期」に入っています。
それと同時に、私たちのまつりにかける熱意が薄れてきている、まつりへの関わり方がおざなりになっているような面も感じます。
また現在では実質的な運営を大村JCのメンバーが行っていることもあってか「市民のまつり」というよりも「JCのまつり」と揶揄されるような側面もあります

このような現状は、夏越まつりを興された先輩方の思いにともすれば反しているのではないでしょうか。また、まつりの基本方針に逆行してしまうような危惧も抱かれます。

このような現状を打破する一つの方法として、鶴田理事長はあらたな改革案を投げかけられました。

それは青年会議所の本年度事業計画の一つである

・おおむら夏越まつり参画の窓口およびまつり事務局の移転検討

です。

これは本年後の総会承認事項であり、大村JCの総意です
夏越企画室ではこれを実現すべく勉強会を開催し、議論や調整を重ねた結果、一つの変化を起こすことができました。

それは実行委員長職を観光コンベンション協会会長に務めていただく、ということです。

例年ですと大村JCの理事長が勤めていた役職です。
ご存知の通り、JCは単年度制をとり理事長も毎年交代します、それに合わせて実行委員長も毎年変わっていたのです。
果たしてそれはまつりにとって良いことなのでしょうか?

実質的に祭りをきりまわす実行委員会のトップに、JCメンバー以外の方が就任することによって「JCのまつり」という閉じられた状況を脱することができるのではないでしょうか。

長らく運営側に携わっていると、色々なシガラミや慣例・前例を抜け出ることができにくい側面もあるのではないでしょうか。
この改革にはそんな状況を打破できるのではないか、と考えていますし、事実、本年は各部会に様々な改革案が提示されています。

また、実行委員長職の継続人事によって、トップに寄せられる意見や情報などが蓄積され、更なるまつりの進化が期待できると考えていますし、観光コンベンション協会との連携により市内の他のまつりとの連携や情報の共有などがなされるのではないか、と考えています。

この変化は「いつまでも受け継がれるまつり」という基本方針に資する進化だと考えています。

「郷土に誇れるまつりがある」

それは大村で生まれ育つ者や、異郷でふるさとに思いを寄せる者、大村に生業をもつ者たちすべての市民の心のよりどころとなりえます。
郷土に誇れる文化を創ること、
まつりにより熱意をもって関わり一層の進化をもたらすこと、
それが大村JCの使命であり、同時に提唱団体としての責任です。

それらを果たす為には今以上に、私たちが一丸となってこのまつりの将来ビジョンについて考え、学び、議論し、行動を興すことが必要なのではないでしょうか。

最後に会員となられるであろう皆さんに私の大好きな言葉を贈ります

「世界に変化を望むなら自らがその変化となれ」
マハトマ・ガンジー

皆さんの活躍を期待しております
ありがとうございました。

総会

2007年05月23日 | 所属団体・地域活動など

無事に総会が終了
本年の目玉は人事異動です

例年青年会議所の理事長が実行委員長を務めているのですが、本年より観光コンベンション協会会長に

JCは単年度制をとっているので、これまで夏越の実行委員長も毎年変わる、という状態でした

「いつまでも受け継がれるまつり」という基本方針を鑑みれば、毎年実行委員長が変わるよりも、継続的な人事のほうがメリットが多い、という考えです

継承と革新のバランスでより良いサイクルをつくる
夏越をイノベーションでございます(^^)

その他にも色々なブランニューも

決算予算ともにご意見を頂きながらではありましたが、承認を頂きました
オクトパルスさんも生中継に挑戦だとか

いよいよ熱い夏がやってきます



シーマンシップ

2007年05月22日 | DAYS
免許が更新されて送ってきました
昔のデザインのほうが好きだったなあ



免許の区分など色々と改正がありました
事故が増えている、ということで禁止事項等も追加

・酒酔い運転
・無免許者の操縦(今までは船長が免許もってりゃOK)
・救命胴衣の着用義務

などなど

今までは暗黙の了解で守ろうよ、という事でしたが、今回禁止事項に追加され罰則も作られました

更新時の講師は「今まではシーマンシップに託されていたのですが・・・」という話をされていました

なんか寂しい話ですねえ、文化が失われていく、というか・・・


今日は夏越総会
野球練習は総会準備で失礼

夜は活き活きです

わんぱく相撲大会

2007年05月21日 | 所属団体・地域活動など
西大村小学校にて開催
今年も100名弱のわんぱく力士が熱戦を繰り広げました



私は土俵周りを
個人的には一番楽しいポジションだと思います

毎年のことですが素晴らしい事業
勝って意気揚々な子どもや負けて悔しくて泣き出す子どもたち
保護者や先生たちの声援、本当にいい刺激になります

勝っても負けても相手の気持ちになってみる思いやりの心
勝った君は次も勝てるように努力を怠らないする心
負けた君は次こそ勝てるように諦めない心
応援してくれたみんなに感謝の心

そんな普遍のテーマを内包している素晴らしさを再確認

逞しく優しさを持ち合わせた子どもたちを育てるのは大人の責任です

相撲は格闘技であり怪我のリスクも
力の差が現れ、勝敗がはっきりする厳しさを持ち合わせたスポーツ
また、国技であり日本の文化を継承できる面もあります

次世代を担う子どもたち、そして親にもうってつけの社会開発だと思います

リング(土俵?)ドクター&ナースも完備で安心
来年もふるってご参加下さい

ここで押えておかなければいけないのは、強いだけの力士を育てるのが大会の目的ではありません

地域ぐるみで子どもたちを逞しく優しく育てていくということが大きな目的です

両国での全国大会、部屋のスカウトまであることもあってか、参加形態など、色々と問題も出てきています

私たちは目的をしっかりと見据えて取り組まなければならないと思います

取り組み終了後はちゃんこの配給
行列も例年通り



大人味最高(^^)
委員会の皆さん本当にお疲れ様でした

ハラショー

バーベキュー

2007年05月19日 | DAYS
開催

五月晴れで気持ちよかった
ご参加いただいた皆様ありがとうございました

仲間の支えを感じた1日(^^)
今後とも末永く宜しくお願いいたします

次こそ勝つ!