北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

国家の品格

2006年02月25日 | 本や音楽、講演などなど
S監事に借りた本



国家の品格 著者 藤原 正彦

面白かった、お勧めです!(`・ω・´)つ
なにやらモノモノしい題名だが、よんでみればそんなことはなく
ジョークと主張の度合いがちょうどいい感じ

なるほどねーと納得する部分多し
この人の講演面白いだろなーと思った
さらさらっと読めちゃう軽さも良い

そしてところどころに書き込んである
S監事の寸感がまた良い( ^∀^)

日本の誇れる文化、情緒、もののあはれ

良いですね、うん
教育のヒントにもなるんじゃないでしょうかね

読書をしましょう( ^∀^)

イコールフッティング

2006年02月24日 | 政治や思想
今春から社会福祉施設の退職金共済の制度が変わる
その説明会で長崎に行ってきた、会場は満席&追加の椅子席も
関心の高さが伺える、というのも決していい話ではないからだ



この共済に加入していれば国家公務員に準じた退職金が支給される

が、今春の制度変更で

事業種別でカテゴリー分けされ、そのまま条件継続の事業や
負担が増える事業に仕分けされる
共済負担が増える、支給額は一割減、等々の厳しい話ばかり

イコールフッティング=官民格差是正の考え方だという
国も借金まみれ、特殊法人改革の一環だそうだ

分かってるさ

超高齢化社会がすぐそこ、そして納税者は少ない
医療や介護業界は必ず拡充する、それを支えるのは納税者
このまま行けば破綻するのは自明の理

だから厳しくなりますよ、ってことだ

そして、圧倒的なニーズに対応する為、
規制緩和&民間参入を許したのは正解だったろう
そして競争原理が働くのも当然だ
しかしその「競争」という言葉に乗っかって手荒く稼ぐ輩が台頭してきた
与えられた権利を使い尽くすのが正しい
保険点数を目いっぱい使うのがその人の幸せになるという考え方

これも財政危機を煽るのに一役買った

あのね

その権利を担保しているのは納税者なんですよ
自分で自分の首を絞めてる、っちゅー話です

つーかさ、その負担、我々&次世代に負担させちゃうわけ?

まあ医療や介護の世話にならずに
健康であるのが一番幸せだと思う、難しいけどね

社会保障はあくまでバックアッパーであるべきだ

だから次の法改正で

介護予防を重視しよう
地域で介護をサポートしよう
小規模で多機能なサービスを重視しよう
大規模施設はスケールメリットがあるから報酬カット

という流れになる

当然でしょう
辛抱しなきゃならないでしょう
これが痛みなんでしょうね
診療報酬も下がるしね

し か し だ!

どー考えても、お か し か や ろ が!(`Д´)

 年金の官民格差 議員年金

人に冷や水浴びせる前に!
てめえも滝に打たれてこんかい!


なんて、憤った一日でした

公的機関の人事考課や費用対効果、事業仕分け
の流れも加速してるし、年功序列・終身雇用はとっくに崩壊

親方日の丸って訳にもそうそう行くまい

みなさん頑張りましょうね

第5回三役会

2006年02月23日 | 所属団体・地域活動など
内職をしつつ耳をそばだてながら出席(^^;)
皆でルール、というか道標をしっかり確認しましょう

それが積み重ねの第一歩でしょうから
土台が広くしっかりしてないと積み上げても不安定になっちゃいます

その後の食事会の議論もアツかった
理事長例の件宜しくお願いしますm(_ _)m
JCしかやれない事って確実にあります
たぶんそのうちの一つだと思います

今日の臨時理事会、やんごとなき事情により欠席させていただきます
みなさんスンマセンm(_ _)m

観光コンベンション協会

2006年02月22日 | 所属団体・地域活動など
イベント委員会が開催、T室長とともに参加してきました
観光協、色々とありましたが、組織刷新となり新しく生まれ変わろうとしています



この委員会は我らがN村先輩が委員長
花祭りや花火大会を仕切る委員会です
そして配属メンバーは先輩ばかり
今日は初回ということで懇親会もありましたがOB交流会かと思いました(^^;)
皆さん昨日今日の間柄ではありませんから、
歯に布を着せぬアツ~イ議論が展開されそうです



散歩中の1ショット、老梅が花ひらいてました
芳しい香りが春を感じます(^^)

長期政策協議会

2006年02月21日 | 所属団体・地域活動など
が開催

50周年へ向けての事業や定款の変更なども視野に入れた「大局観を」という理事長の思いの現れた会議体



リーダーを務めるのはノリにノッてる?T事務局長
私はアドバイザーというお役目、会議の締めスピーチ係(^^;)
よい「基軸」が生み出せるようにガンバリマショウネ





広報、拡大で事務局は賑やかでした

今日は拡大幹事会が開催
(出席義務聞いてないよお~(´;ω;`)

ですが観光協のイベント部会開催
そちらに出席しますので公欠ちゅーことで

オイル交換 30,410キロ

2006年02月20日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
もつキャンから戻り、購入してから初のオイル交換
まずは抜けやすくする為に30キロほど走行、寒い



フィルターレンチを持っておらず、裏ワザで対応
エンジンオイル レブテック20-50 4QT
フィルター K&N
プライマリーオイル レブテック 1QT
ミッションオイル トルコ 1QT
Oリング 2個
シールテープ 少々
プライマリードレンのマグネットには鉄粉多し
オドメーター 30,410k

たかがオイル交換だが、旧車の整備性の良さが懐かしい
心なしかノイズが減ったようだ



タツヤからミラーをもらう、ありがとね( ^∀^)
ぐんそーお誘いありがとう、また今度ね

もつ鍋キャンプ

2006年02月20日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
に行ってきた



ようは顔見知りのもつ鍋パーティー、それも野外で(^^;)
とにかく寒いんでブルーシートで壁を作り、防寒着を着込み何台もストーブを焚いて、もつ鍋や持ち寄った美味しいモノをつつきながら今年はあーだこーだと酌み交わす、遅めの新年会、といったところか

室内でやれよ、という野暮はいいっこなし
キンキンに冷えた空気の中でやるから色んな暖かさが際立つってもんです
( ^∀^)



私は例年車中泊だが、バイクでやってきてテントを張る猛者もいる
主催は博多の山笠などに絡んでる熱い人
政治の話になって参議・松山政○先輩を推してた、と聴いて驚く
世間て狭いね



もつ鍋・おでん・馬刺し・から揚げなどなど
どれも美味しく頂きました、皆さんお世話になりました

今年も宜しくお願いしますm(_ _)m

海外通販

2006年02月18日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
で頼んでたパーツがやっと来た

ハーレーの純正パーツは国内正規店で買うとメチャ高い
なんで海外通販にチャレンジ、モノによっては半額で買える

初めての海外通販、英語は全くダメだが、指南サイト
WEB翻訳を駆使してオーダー

・・・しかし、3ヶ月経っても来ない・・・(- -;)

在庫切れの場合、入荷を待つ、と指定しておいたせいだろう、と思ってたが、
あまりにも遅いのでメールで問い合わせ

すると送料が最初にお知らせした時より高くなる、
それでもいいか確認のメールを出したが返事が無いので保留していた、とのこと
どうやらそのメールをスパムと間違えて削除していたようだ(- -;)
さっそく追加OKのメール

10日で届きやがった(;・∀・)



近いねーアメリカ、ボーダーレスだねー
パスポートも取ったこと無いがプチインターナショナル気分

んで、ウキウキしながら早速開封



パーツが足りねえよ・・・・orz

またまた問い合わせるとそれは別売りとのこと
キショー!(ノ`Д´)ノ

次のセール日を待とう・・・

海外通販はよーく注意してオーダーしましょうね(- -;)

こころ

2006年02月17日 | 本や音楽、講演などなど
青空文庫
という素晴らしいサイトがある
著作権の切れた作品がフリーダウンロードできるのだ
つーことで、



こころ 著者 夏目漱石

読みました

うーん、カルマってやつですか・・・
表現の美しさはさすがクラシックです

S監事より新しい本を借してもらった
速読術の本も借りっぱなしでスイマセン(- -;)

第4回理事会

2006年02月16日 | 所属団体・地域活動など
理事会前に2件のキャラバン
まずは我々にはおなじみ商工観光課のT氏による観光活性化シンポジウムの案内
パネリストには先輩の名前も
3月23日14:30シーハットおおむらさくらホールですよ~

そしてT山先輩による市民ミュージカル 具足玉伝説のPR
昨年ご案内いただいたが、いよいよ本番が迫ってきたということで
この市民ミュージカル、どあろ に続くもの
前回がとてもよかっただけに今回も楽しみ
私も見に行きたいと思います、頑張ってくださ~い
チケットはJCを通してT山先輩に注文すれば優待措置があるとか( ^∀^)

T岡会計のカミングアウト
いや~短気は損気、修練ですよシュウレン
お互いガンバリマショウネ

今年初の新入会員が紹介ヤッタネ(^^)ノシ
インターナショナルホテルさんならではの話題も取り混ぜた自己紹介
M浦議事録も世話になる日が近いとか(゜Д゜;)

議事は協議事項多し
今年の色が出てきたな~と感じる
少々蚊帳の外気分で内職など(^^;)でもちゃんと聞いてますよん

やはり時間延長(;´Д`)
しかし長さを感じさせなかった理事会ではなかったか

1時終了、食事会にて3時帰宅・・・orz

お祝い事

2006年02月15日 | DAYS
友人にベイビー誕生
それも二人が一日違いで

いやーめでたい、そして赤ちゃん可愛かった( ^∀^)

どちらも二人目だから出生率の平均値を上回り、
身をもって日本の少子化に歯止めを掛けてる訳です

偉いぞ!凄いぞ!羨ましいぞ!

まあ子育って色々と大変なんだろうけど、
この幸せって何物にも変え難いものなんじゃないかな
(未経験なんで分かりませんが)

二人が健やかに成長するようにお祈りしてます(^^)ノシ

この子達が夢を持てるような、
生まれてきてよかったと思えるような社会

つくらなきゃあね(`・ω・´)

第4回三役会

2006年02月14日 | 所属団体・地域活動など
事務局にて
三役会開催場所を移して2回目だが特に弊害も無いみたいだ
委員会が活発にやり始めたらまた考えればいいのかな
それに会議費が節約できて助かる

・・・去年の分まだ残ってたな・・・(- -;)

案件は協議多し
そして、去るもの来るもの

そんな流動性があるから
この組織が長続きしてきたんだろうな、とも思う

出会いがあれば別れもある
新しい出会いを楽しみにしましょ

ハッピーウェディング

2006年02月13日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
メンバーの結婚式に出席してきた



本当におめでとう!末永くお幸せに~!(^^)ノシ

友人代表の挨拶と余興
余興はハプニングもあったが、それを演出のようにまとめてくれた
本人の機転に感謝感謝m(_ _)m
彼の決意に感動した挙式でした、ありがとう

泊りがけだったので温泉つかって風邪もなおったみたいだ
久々にゆっくり飲んでメンバーと語り合うことができた
酒乱が一名 い た け ど な !( ̄- ̄)

まあ思うのは、色々な変化が訪れてる
クラブにもピースラリーにも

変わるものと変わらないものがある
変わらないものはスピリット
あとは色々と変わるんだろう

行く川の流れは絶えずして
しかも元の水にあらず
よどみに浮かぶうたかたは
且つ消え且つ結びて久しくとどまることなし

俺も頑張ろー

2月公式訪問例会

2006年02月11日 | 所属団体・地域活動など
いよいよ例会のスタートです
今回はFブロ長&役員の皆様をお迎えしての公式訪問例会



さすがのパフォーマンス、掴みはOK、スピーチは後半が良かったですよ
まあ前半の内容はお役目、なんでしょうね
”F岡ブロ長の言葉”をみんな聞きたいとおもってるんじゃないかなあ
本編に入るまでの・・・ですね(^^;)

今年より三分間スピーチが復活、お手本としてM崎副理事長



相当緊張していたそう
しかしそこは百戦錬磨、比喩を使って聴衆の興味を引く文学的なスピーチ
完成度が高すぎるだけに、辛口の総評にさせていただきました m(_ _)m
S方君は新人らしく好感のもてるスピーチ
消費者の資質まで突っ込んでいったのはGOOD(^^)
時間切れは惜しい、もっと聴きたかった

という私も出番を頂き講釈師となりました。
またまた時間オーバーして申し訳ないっす、直前の特権つーことでm(_ _)m
原稿を載せとこう

例会とは何でしょう。
私達が共通として持っている知識を踏まえてみることは重要と思いますので説明を。
例会の意義とはバイブルにはこう書いてあります。

青年会議所の活動で最も基本的で且つ重要な会合が例会です。例会は、所属の全会員が一同に会し、「JC宣言」「綱領」に基づき遂行される活動の実施並びに報告の為の調整、反省と今後の検討を行うとともに、会員相互の友好を図る為の会合です。従って会員は例会に出席し、所属の青年会議所の活動について、総合的な報告を聞き、他の会員の意見を聞くとともに自らも意見を述べ積極的に参加しなければいけません。

との記述があります。これが例会です、というか例会のあるべき姿であり、ルールともいえます。
例会とは?と問われれば以上のようなことを簡潔に述べれば正解、でも、マニュアルどおりで、まああまり期待されてないツマンナイ話ともいるでしょう。
それに現実の例会とのギャップを感じる方もいるのではないでしょうか。
この例会のあるべき姿めざして理事長そして担当委員長は先頭に立って頑張られている訳ですね。
クッキー美味しかったです。

そこである話を一つ。
2005年の世界会議、理事長セミナーを予定者として受けたときの話です
ある国の女性理事長が講演をされていました、それを同時通訳で聴いたのですが、活動の停滞に悩んでいたそうです。
しかしある事をおこなわれました。
すると出席率は向上し、会員数が倍になり、活気が戻り、事業を展開し、地域に認められる団体となったそうです。それは何でしょうか?
半数以上の会員に退会勧告を出し、実際に退会させたそうです。
そしてまさに同じ志をもつものの純度を高め、そのロムは劇的に蘇った。
腐ったみかんを入れておくと回りも腐るそうです、ですから早めに取り除く、ということでしょう。

さてこれを行えるリーダーはいるでしょうか。
会社だとやりますね、生活かかってますから。
私は理事長やる前は、来なきゃ止めればいいのに、と思ったこともありました。
しかし理事長をさせていただいた昨年は行いませんでした。
それは優しさでしょうか?それとも甘さでしょうか?

先ほどお話した例には、一極統制されたような、排他主義的な感がありませんか?
とても強靭な組織をつくれるのかもしれません。
例会の出席率はすこぶる良く、活気があり、同じ志を持つ同士が連帯し、懇親を深めることができるのかもしれません。
JCがことあるごとに謳いあげる、あるべき姿でしょう。
腐ったみかんを切って捨ててから純度を上げていく、ということは、即効性の高いやり方だろうと思います。ですからビジネスの場では求められるやり方なのでしょう。実際に行われているLOMもあるだろうな、と思います。

しかし、強靭な組織に、しなやかさが無ければ自身の硬さによって
ひびが入ったり、砕けることもあるでしょう。

別の方法もあるはずです。

単純なことで、そこに人が集まるようにすれば良いわけです。
我々が集う価値を創って行くことです。
長崎ブロックのリーダーたる藤岡会長はリアルな価値を見出そう、
とも言われています。
企画の為の企画、事業の為の事業ではない、もっとわくわくできるもの。
よりダイレクトで解り易いもの、と言われています。

人はどんな物に集まるのでしょうか?

活気があり、驚きがあり、新しい発見があり、学びがあり、楽しさがある・・
そういった価値があるものに集まるのだと思います。
例会に人が集う価値、その価値を我々が創り出せば、会員はもとより、
新しい仲間があつまってくるのではないのでしょうか?

私達はみかんではなく、寝たりもすれば
起き上がったりすることができるのでしょうから。

藤岡会長の言葉を拝借すれば例会は情報のクロスポイントであるべきなのかな、と思います
それは決して壇上からの話を聞くだけの一方通行ではなく、会員の意思や情報が相互通行できるクロスポイントであるということです。
まずは質疑応答を充実させてみるのも一手かもしれませんね。
対話の中には発見があり、驚きがあり、相互理解があります。
そしてただのオーディエンスではなく、例会をクリエイトしている一員なのだと感じることができると思います。
そういったものが例会の価値を上げていくのです。

まとめて言えば、例会のあるべき姿を目指す為には、我々自身がそこに集う価値を作り出さなければならない、そして相互理解を深めることにその価値を作り出す鍵があるのではないか、というお話でした。

スピーチは原稿から少しズレた話になってしまいました(- -;)
腐ったみかん主義をとらない私達なら、
リアルな価値を創っていかなければいけませんね

気持ちは100%、ということで(^^)ノシ

その後は懇親会、ブロ長&役員の皆さんにもお付き合い頂き
ありがとうございましたm(_ _)m
私は体調不良で一次会のみで退散

理事長お疲れ様でした、あとはでっかい雪だるまになるだけですね



それと突発命令は勘弁してください
海外いったことないんですから(- -;)