北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

九州地区協議会

2005年01月29日 | 所属団体・地域活動など
会議に出席
一発目、ということもあり、委員長を輩出しているので
その支援&訪問例会のお願いご挨拶

7時に出発し、2時間ちょいで熊本へ到着、
少々挨拶させていただいた
同じことを考える理事長様が沢山おられ、
熊本ブロックは勢ぞろい
挨拶もあわせてオブザーバー紹介が全部すむまで1時間もかかった

審議に入る前に退出し
一緒に来ていたメンバーと合流
アーケードをぶらぶらした後、コーヒーショップに
こりゃ終わるまで時間かかるだろうね~
なんていいながらサンドイッチを食べる

予想とは裏腹に早めに終わった、と連絡があり、
昼から、メンバーが目をつけておいたホルモン屋さんへ

店構えは・・・まあ、一言で言えば・・・アジアである

メニューも台湾風豚シャブ、ミラノ風ビーフシチュー、横綱ラーメンetc・・・カオスである

加えて、清潔感がない・・・(別に平気ですけどね)
お茶のグラスのべたつき感がなんとも・・・
横綱ラーメン3倍食べたらタダ、1万円進呈!とか書いてある
まあ、ローカル色の濃~い店だ

でもお味はなかなかでした。

熊本の街は面白い
アーケードを中心に昼の店も夜の店もHな店も一極集中している
短い時間だったが、散歩で楽しめた。
今年は色んな街に行くんだろうなあ・・・

昼を済ませてとんぼ返り、3時には会社に戻ってました

夜はサッカーの練習試合、寒そうだなあ、
と思っていたら雨が降ってきた。中止でラッキ~

さて1月も終わり
理事長職もあと11ヶ月、どんなことがまっているのか
散歩するように軽やかに行きたいもんだ

性格上無理、かねえw

桃園の誓

2005年01月27日 | DAYS
だったかな?三国志のアレ

料飲業組合の新春の集いに出席、先般の総会懇親会のお礼回りをする。
夏越まつりのお願いも

次の約束があったので2時間ほどで退席させていただいた。

クラブ幹部のみの忘年会を毎年やっていたのだが、昨年末はできなかった
そこで新年会を、と言っていたがのびのびになって、二人都合が悪いとなったが、
とりあえず飲もう、と言うことで決行

個室で3人、
互いの今後の夢を語り明かし
その夢を肴に論戦し、
最後にはやっぱり頑張ろうな、となる

そして今年の目標を出し合い、
達成できなかったヤツ(ここがミソ)が来年おごる

まあ良くある話だけど、これで勇気が沸いてくる

モチベーションアップの為の飲みにケーションか(うわーセンスねえな)
お蔭で頭が痛い

きょうはトイレに手すりを追加
材料は買って来た
ただし、安いからコッチかな・・・
と迷いながら買った材料、やはり突っ込みが入った。
返品交換にいってこよう

夜は夏越の決算だ、今日は飲むまい(^^;)

むかむか

2005年01月25日 | DAYS
県庁と電話

若い(声だけだが)役人態度ナメスギ
最近は変わってきたといわれてるが
まだまだ・・・

親の顔が見たい

買い物のついでにタイヤキ一個

アンコは一杯入っていたがアマスギ
最近では昔のようなべたべたした甘さはなくなってきたといわれるが
これまたどうして

胸がむかむかした

京都会議~2日目~

2005年01月24日 | 所属団体・地域活動など
朝からオエップとなりながらシャワーを浴び
式典に参加するべく会議場へ

つつがなく次第が終わり、
式典の締めは会頭スピーチ
日露戦争の話から憲法改正その他もろもろ
全体的に右向きな話、面白かった
俺も国旗ピン、つけようかなあ

ウムウムと納得できる部分も有り日本の今年の事業展開が気になるところ
あえて言うなら、最後のパフォーマンスはちょっと・・・
まあ有名税ってことでご勘弁を

国民意識を高揚させる、
としている日本のJCはもともと生まれが右である、
と思うし「強いJC」を目指すのは大賛成だ
強いJCには強いメンバーが必要で、強くなる為には修練がいる
そして修練とは己との戦いであり、その外的発信としてJCにはまちづくりがある

途中をすっ飛ばすと、己を鍛え上げる=まちの為になる

と理解して良いと思う。

頑張らなきゃね、仕事もJCも

式典が終わり伊丹さんともお別れ、
夏の夏越祭りに来ていただける、とのことでなんとか恩返しをしたい。
程なく全員が合流し、食事

京風蒸し寿司を食べた、上品なお味&腹八分目、そして京都価格、でした(泣
京極あたりからぶらぶらしてお土産購入
風情がある京都の町並みを抜け、もとお茶屋だったところで、
京都会議の経済効果などを話しながら抹茶セットw
有面人が来てます、との写真にはチョット冷めたが、
なかなかに風情がある家だった。
舞妓さんには遭遇できず、残念

そして寺めぐり、あくまでも私的見解、一件目はハズレかな・・・
ちょっと雑然とした感じだった。
二件目はメジャーだったが、やっぱり良かった。
特別拝観中、とのことで五重の塔の内部を見学できた
1階のみだったが、元極彩色の曼荼羅の世界、エクセレントでした
行った全員が階段を登りたいと思ったに違いないw

めいめいの京都を楽しんでいたメンバーと京都駅で合流し伊丹空港へ
空港価格のとんかつを食べ(美味かったけどね)長崎に舞い戻った。

全体的に楽しくて、色々な刺激も受けた、
のだけれども、長崎に戻る時間が近づくにつれ、
プレッシャーのほうが大きく膨らんだ京都会議、でした。

さてこれで年末からの定例のJC行事が一段落となる
いよいよ今年のカラーを出す時期だ

日曜に大村市内全域に大村JC新聞が発刊
仕事の用事で花屋に行った際に、がんばってくださいね、声を掛けられた
いろんな人が見てるんだなあ。

あるメンバーが引用した言葉
「英雄と呼ばれる人は自分のできることをした人だ」
というのを覚えている

気骨をもって信じたことをやらねばならん、とは会頭の言葉

そのとおり、だねえ・・・

以上、京都の巻き、でした

京都会議~初日~

2005年01月24日 | 所属団体・地域活動など
京都会議に行った

のっけから名刺を忘れてしまった事に気付いて
あわてて引き返し、集合時間に10分遅刻ゴミンナサイm(_ _)m

飛行機にのって伊丹空港へ1時間のフライト
1時間でも機内サービスがある、スッチー(死語)も大変だ
そんことしなくていいから運賃安くしてくれ、というのは国民的意見ではなかろーか

空港では姉妹JCの伊丹JCさんが大勢でおでむかえいただいた
45周年式典に来てくれたメンバーもいた
車を用意していただいて昼食のセッティング、今日の夜の設営まで
完全お任せコース、本当にありがたいし心強い

バタバタと昼食会場を後にして、まずは総会
審議事項荒れ気味・・・そこまで言うかね、と思う意見もあった
審議というより協議になりかけ

まあ分かるけどねえ・・・
700人以上、理事長がいるあの会場でそんなこと言ってもはじまらんじゃないの?
と思う俺は事なかれ主義だろーか?
満足に応えれなかった役員側にも問題はあるが、
そんな質問するのなら自分で事前にアクセスしとけよ、と思う。
あんな議場だったらシャンシャンしかできんでしょ?
質問する側にも配慮がたりない、と感じました。

それから全く興味が起こらない次第が続き、
(ウィーンでの世界会議のPRは面白かったが)
最後のセミナー2本立てまで参加

最初のセミナー、すいません興味がわきませんでした
最後のセミナー、これだけでも京都会議に来たかいがありました

それから九地区会員会議所に出席、
こちらはなごやかムードでつつがなく終わり宿泊先の旅館へ

なんとも風情がある旅館街を通り抜けて
懇親会、二次会、ラーメン、旅館で飲みなおし・・
3時まででした・・・うっぷ

本当にこってり交流、全てのセッティングを頂いた伊丹JCさんには大感謝です
この恩義には必ず果たさねば・・・あ、お礼メール送らなきゃね

そんなわけで、JC!って感じの?初日終了でございました

総会懇親会終了

2005年01月21日 | DAYS
つつがなく終わった。

緊張するかな、と思っていたので、挨拶は車の中とか、自宅で練習をした。
先輩からチョットつっこみが入ったが、大勢の方からいい挨拶だった!と
お褒めの言葉を頂いた。

自己採点は90テーン!がっはっはっは~

・・・と天狗になってみる。

身内からも良い採点だったし、
”とにかく若々しく元気に行くぞ”作戦で大正解
やっぱ勢いだな、やっぱ、

・・・と自己肯定してみる。

ま、酒の席も盛り上がったし、良かった良かった。
先輩の差し入れもありがたかった(涙
帰り着いて酔っ払いながら理子に電話した
えらい饒舌だったとのこと
しゃべるだけしゃべってオチタとのこと

総会の方が緊張していた。
実際、身内の前で話すほうが緊張する
なぜか、身内だからだ。
勢いだけでどうにもならないことがあるからだ。
だから構えてしまう、そして固くなる。

兜の緒を締めよ、だね
先は長い、のかな?

明けて少々宿宵、葬儀、全体会議
仕事もマジでやらんと・・・

さて、明日は京都だ

どんなメンバーがいるんだろう
どんなスピーチがあるんだろう

マジ楽しみだ

平和

2005年01月20日 | DAYS
活き活き大村推進会議に久しぶりに出席

今回はテレビ取材があるとあって、動員もあり、出席率高し(^^)
市民ミュージカルのPR?もあって盛りだくさんだった
その模様はバレンタインデーにKTNでながれるそうだ。
大村の軍事産業の歴史と共に・・・

海軍航空廠

活き活きが掘り起こした、大村の記憶

強大な軍事工場の歴史

これをどうやって平和教育につなげていくのか難しい所だ。

兵器には力がある、ともすれば(特に男子)はその力に惹かれがちで
肯定してしまいがちだろうとおもう(私もそうだ)

だけど、これは人殺しの道具を作っていた工場だ、ということを忘れてはならない。

ウイビリーブの最新号の表紙、軍事雑誌と思った。

日本が新しい時代シフトし始めたのが良くわかる。

ガンジーに国は護れないと思う。
パワーバランスが必要だ。

どっちかというと、私も右向きだし、
日本はアメリカから軍事的にも独立すべきだ、と思っている。
ピースラリーという活動を5年やっているが、
丸腰になれと思っているわけでは毛頭ない

ただ急ぎすぎるのは良くないと思ってはいる

これも先送り、なんだろうか。

あしたは葬儀1件、そして総会懇親会

あああ、挨拶考えねば・・・

総会終了

2005年01月18日 | DAYS
第58回総会が終了

基本方針や運営方針、組織図などを、改めて承認
まあ、理事会承認を経ており、通る、のだが、それでもホッとした
それから新年会、2次会、3次会、帰り着いたのは4時前
3時間ほど寝て、理子に起こされ、怒られる・・・涙
ブレスケアしながら朝礼、恒例の御礼メールマガジン?を流し、まだ酔っ払ってる・・・

挨拶は何点でした?と専務に採点を求めたが、
「採点なんてできないですよ、でも今日の挨拶は感情が出ていて良かったですよ」
との採点w 今後も宜しくお願いいたします。

拡大委員会のパフォーマンスにびっくり、大ウケ
即席、だそうだが、びみょーなまとまり感をかもし出していた
幻ビデオ、見たいなあ・・・いや、ありがたやありがたや

それと、つくづく、専務と会計には感謝しております。
ほんとうにありがとう、です。

20日は総会懇親会、大村VIPが集合だ

挨拶考えよ・・・

ジョギング

2005年01月15日 | DAYS
昼間時間があったので、20分犬の散歩でウォーキングし、
犬を小屋につなぎ戻し、30分ジョギングをした。

寒いので、頭にはタオルを巻き、耳まで隠す
手は軍手、ウインドブレーカーとジャージ
寒かったけどいい汗かいた

決してジムでBGMにノリながられっつワークアウト!って感じではない

昼にジョギングするのは久しぶりだ
だいたいいつもは予定がない日に夜中にこそこそ走るのが好きなのだ。
昼間に走るのはなんか気恥ずかしい

見られていると分かっている日記でこそこそもないもんだろうけど

走っている最中は、考え事をあまりしない。
走るスピードで流れていく(あたりまえだ)街の景色を眺めるのが楽しい
コースは毎日違う
毎日走るとなるとコースも決まってくるんだろうけど
せいぜい多くて週一回
今日は神社の長い階段を取り入れてみた
毎回少しずつだけど、新しい発見がある

ダイエットにもいいしランニング、ほどマジじゃない
実際ウォーキングより走るスピードは遅かったりする

インストラクターのバイトしてたこともあり、
ジムでのトレーニングはアッパーな感じで、嫌いな雰囲気じゃないが
一人で走るのが最近は性に合うみたいだ

ジョギング終了、風呂に飛び込み極楽極楽
冷え固まった皮膚を引き伸ばす

リコの電話指導のもと、スーツにアイロンをかけ

いざ博多へ出発

専務と合流し
第1回目の地区委員会に合流、理事長挨拶をさせていだだき撤収
副会長は熊本でも委員会が開催されていたらしく、ダブルヘッダーで参加されていた
おつかれっすm(_ _)m

博多でご飯かな、と思ったけれどもなんとなくとんぼ返り
今週は毎日JCだったしな

さて来週は総会だ

挨拶考えとかなきゃ・・・

今回は博多行きの社中で一人ぼそぼそ考えていた
自分ではまあまあだったかな、と思うけど
少々カタにはまりすぎてたかな、と・・・

今度からも、採点してもらおう
よろしくでっす

明日はアイロン台を買おう
おおっと総会懇親会の景品も買わなければ・・・

役員セミナー

2005年01月12日 | 所属団体・地域活動など
昨年より計画していた役員セミナーを敢行

事業などではなく、理事長名での主催、モチベーションアップが目的
迷える後輩に渇を入れていただく、ってのもあり。

尊敬する先輩をお迎えして、経験則に基いた講話を1・5h
懇親会を1,5h
メンバーの店で2次会
先輩と別れて3次会・・・2時すぎ帰着(あたまいてー)

でも、ホント勉強になった。

出向した時の話
JCマナー、JC十訓
仕事とJCとのセメギアイ
会費の重さと責任・・・

迷える後輩は私も含まれているようだ。

3次会では副理事長と論戦

そのとおりです。
会として進むべき方向の考えは同じです。
ただ孤軍奮闘が心配なのです。
それでスジは通るんですが・・・

先輩から頂いた言葉

「一人でやるんじゃない、みんなでやるんだ」

が頭に残っています。

明日は三役会
翌日理事会
翌々日博多で地区の委員会(これは顔出しだけ)

ああっつ、仕事が・・・書類の山が崩れる・・・(TへT)
デスクはちらかり放題、

日記なんか書いてる場合かよ

うーんなんか、追われてるな、乱雑になってきたな
84キロ超えたし・・・

日曜はジョギングでもやるかねえ

92さい

2005年01月11日 | 仕事関係
入居者が亡くなった。92歳だった

もともと心臓が弱い方で、気分不良の為、通院。
そのまま入院となり、1日足らずで容態が急変、天命を全うされた。

92歳、入院するまえまで、全くといっていいほど、介護を必要とせず、
矍鑠とした方で、私自身言葉を交わしたばっかりだった。

いわゆる、ぽっくり、という逝き方。
誤解を恐れずに言えば、理想的な逝き方だと思う。

それに、考えてみれば、いつ逝っても不思議でない年齢だ。
本当に健康でいい性格の方だった。

ウチにこられてから、7年。

この年齢だと同年の友人は殆ど亡くなられており、
晩年は別れを積み重ねられてきたのであろうと思う。
そして今日、別れた方々のいる、世界に旅立たれた。

出会いがあり、そして別れがある。
喜びがあり、悲しみがある。

人は生まれた瞬間から等しく死に向かって歩きだす。

死に到達するまで、遅いか早いかが人生、人生が長ければ長いほど、
悲しみも喜びも、出会いも別れも、絶えることがない。

命とは切ないものだが、その刹那がかさなりあってこの世が成り立っている。
その刹那、願わくば、味わいの深い人生をすごしたいものだ。

彼女のように

ご冥福を心よりお祈りいたします

合掌

外報誌 新年号挨拶

2005年01月10日 | 原稿等
●新しい年を迎えて
新年あけましておめでとうございます。2005年の新春を迎え、皆様方のご健勝を心よりお慶び申し上げ、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
さて、昨年の認承45周年記念式典および記念事業におきましては、大村市をはじめ県内外の関係者の皆様方に、多大なるご支援とご協力をいただき誠にありがとうございました。改めて心より御礼申し上げます。
本年、認承46年目を迎える年となりました。これも偏に多くの先輩方が、私たちのまち“おおむら”の発展のため、勇気と情熱をもって活動をつづけていただいたこと、並びに大村市をはじめ関係諸団体、市民の皆様や地域企業のご理解とご支援の賜物であり、重ねて感謝申し上げます。
先輩方が築いてこられたこの歴史を、私たちの「誇り」とし、「驕る」ことなく、現代の感性を大切にしながら46年目の新しい歴史を刻むべく、活動に邁進いたします。

●日本の美徳・道徳の再生
昨今、インターネットや携帯電話による情報検索が定着し、だれでも簡単に情報が入手できるようになりました。情報の垣根が無く、とても便利な時代になりましたが、それと同時に、人同士の垣根は高くなっているのではないでしょうか。個別化が進み、隣に住んでいる人を知らない、自分の子どもが何を考えているのか分からない。凄惨な少年犯罪、マナーの低下、モラルの失墜等々、毎日のように紙面を賑わしています。
そんな今、私たちは“道徳”という日本古来の生活規範を真剣に見つめなおさなければならないと考えます。誰に強制されるでもなく良心に沿って行動する。己を律し、誇りを重んじる精神をもつ。一生懸命、誠実、まじめ、正直、思いやり・・・道徳に沿った行動を実践する。言葉にすればありきたりなものですが、それだけに軽視せず、改めて見つめなおす時期なのではないでしょうか。
大村に生きる青年として、これからの日本を創っていく青年として、日本古来の美徳である“道徳”を再確認し、その精神と行動を実践することが「明るい豊かな社会」へ向けての新しい第一歩だと考えています。

●100年続く“まつり”の為に
本年で26年目を迎える「おおむら夏越まつり」は、私たちのまちの夏の風物詩として定着し、大村に住む若者にとっては、生まれながらにあるまつり、となりました。そして、大村の文化へとなりつつあるまつりであると思います。
本年は、私たちのまちの文化となりうるこのまつりを100年、200年と歴史あるまつり、永遠につづくまつりへと進化させていく為に、過去をふり返り未来を見据え、今私たちが何をなすべきかを徹底的に論じ合いたいと思います。その上で、一参画団体として、大村に生きる青年として、気概をもって積極的に取り組み、市民の皆様と共に手を携えながら、新しい一歩を踏み出したいと考えています。本年も皆様方の変わらぬご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

●青年らしく、熱く楽しく!
世界では戦争が絶えず、日本でも震災や目を覆いたくなる事件が頻発しています。明るい豊かな時代、とは言いがたく、未だ混迷している時代といえます。そんな時代のなかで、本年、我々の活動スローガンを、

「百花繚乱・異体同心、熱く楽しくまちづくり!」

とさせていただきました。
個々の多様性を認め合いながら、同じ“こころ”をもっていることを忘れずに、青年らしく前向きに、熱く楽しく夢を語り合いながら、元気よく行動を興していきます。そして、その行動こそが混迷する時代を切り開いていくのだと信じています。語り合った夢を現実のものとするために、熱く一途に思い、笑顔を忘れずに行動します。
本年も皆様方のより一層のご指導とご協力をお願い申し上げ、合わせて皆様方のご健勝を祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

~スローガン注釈~

百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
・・・色とりどりの花が咲き乱れること。すぐれた業績や人物が一時期に数多く現れること。
異体同心(いたいどうしん)
・・・身体は別々であるが、心は同一であること。

人生いろいろ

2005年01月10日 | DAYS
きょうは職場の新年会だった。

忘年会ができなかった為、新年会に切り替え、歓送迎会と抱き合わせた。

ウチには送迎者運転手としてリタイアした方を雇用している。

始めてそのスタッフと飲む機会だったのだが、いろんな人生談を聞くことができた

鹿児島から出てきて、自衛隊に入り、暴力団みたいな?ものにも片足を突っ込み、
トラッカーになり、離婚し、死んだ親友の嫁と再婚・・・
いまは3人の孫が関東にいて、帰ってくるのが楽しみな毎日だそうだ。

カラオケが上手く、酒好き、いいおっちゃんであることを再確認(親父より年上)

スタッフとインフォーマルな場を持つのは久々だったが、距離感が小さくなったようでいい時間だった。中華も美味しかったし。

今後も難しいとは思うが、時間を探して場を設けよう。

商工会議所新年会

2005年01月07日 | 所属団体・地域活動など
よくもまあ続くことで・・・

てな感じで今日も新年会だ。今日は商工会議所主催の新年会

これがまた、挨拶が長いの何の・・・

そして大村市主催の新年会と面子がほぼ変わらないw

来賓扱いで胸にリボンなんぞをさされて、前の方に席が・・・(TへT)

理事長になってみて、あて職の多さに驚いた
あと、御呼ばれ関係の多さにも

はっきりいってJCのことしか考えてなかったとです・・・

まあ挨拶回りは苦にならない性質なんでいいんだけど、
明らかに多すぎだろうと思います。

この辺も見直しドコロだねえ・・・

まあボチボチやりましょかい。

第1回

2005年01月06日 | 所属団体・地域活動など
理事会開催

各委員会の運営方針が審議、承認された。
事実上のスタートを切ったことになる。

また、禁煙会議、そして開催時間を30分繰り上げ

新しい試み、といえば大げさだけど、ちょっとした変化だ。

イレギュラーな部分もあったが、なんとかつつがなく終了

そして新年会
先輩から御樽をいただいた、ありがたい。

全23回、あと22回(臨時がなければ)

熱く、楽しく、いきたいっすねえ